ただいまアルゼンチン

アルゼンチンのど田舎へ到着しました〜。

いろいろ書きたいことはあるんだけど、まず言ってもいいでしょうか?

すんげ〜あっち〜!!!!!

んですけど・・・。

村に来る前にサンファンに一泊したんだけど、なんと日中は45度あったとか言ってました。。。ひえ〜!!

それでも多少標高があがるので、この村はまだサンファンに比べれば涼しいらしいけど、それでもあまり経験したことのない暑さです。
ただ、湿度が20パーセントくらいなのでアフリカのような、空港についた途端じっとり汗〜〜〜・・・みたいなことはなく乾燥してます。


村に着いたのは昼間1時頃だったんだけど道には人っ子一人いない。
日曜日の午後だっていうのに、子どもも一人も外に出てない。
し〜〜〜〜〜んと静まり返って怖いくらい。

みんな暑いからかろうじて日陰のある家にいるんだよね。(クーラーのある家はほぼない)


留守中に嫌な事件があったし、知人からメールで「庭のホースが盗まれてたよ」と言う連絡ももらっていたので、とりあえず「家の中が無事であること」を願って帰ってきたんですが、有り難い事に家は無事でした。泥棒は庭だけで家にはさすがに侵入なかったらしい。

ただ、この家の作りは非常に雑で簡易なので、家中が外から入った砂だらけになってました。
あと、たぶん小さな地震もあったんだろうな、あちこちの天井の壁がはがれ床に落ちてました。037.gif

なので、時差ぼけと暑さで疲れているにも関わらず身体にムチ撃って、二人でとりあえず家の掃除。
掃除機なんてものはないので、ごん兵がほうきで掃き、私がモップがけ。あちこちの棚拭きや片付けを汗だくでして、とりあえず生活できる状態にしました。

この写真↓↓は夜8時過ぎだけど、アンデスの山にすんごい入道雲。
この後、風が強くなって空がピカピカ光ってたのであっちのほうでは夕立があったようです。
b0334436_19090197.jpg
こっちでも一雨降って涼しくなってほしかったんだけど残念ながら雨は降らず、夜7時の時点で37度でした。
まあ、45度よりはいいか〜。

b0334436_19104559.jpg
「芝がすんごい伸び放題だよ」と言う、知人の報告をもらってたんですが、私たちが帰ってくるのを知ったオフィスのパブロが慌てて芝刈りをした形跡がありました。

・・・

・・・

さあ、またアンデスの生活が始まりました。
さっそく、昨日私たちを見つけた子ども達が訪ねてきてくれて、「コンニチハ〜!」と挨拶してくれたのは嬉しかったな。
ってか、日本語を覚えているのがエラいな。私なんて簡単なスペイン語すらすっかり忘れてしまっているのに。

今日はまず、荷物の片付けと買い物。

あ・・・ところでボブですが、上の写真にも写ってますけど元気でした〜。
まあ、いろいろ彼の話もあるんですが追々書いて行きます。

また良かったら訪問してくださ〜い。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2015-01-19 19:32 | アルゼンチン | Comments(2)

残りわずかだニュージーランド

ぎゃ!

やべ〜やべ〜、時間がねえ〜。。。

家に入れない10日間、あっちこっち泊まり歩いてヤドカリ生活してましたが、今日やっと我が家に帰ってきました。

帰って来る前は、こんなところへ行ったり
b0334436_03580753.jpg
b0334436_05312863.jpg

こんな広大な景色の場所を歩いたり、
b0334436_04294917.jpg
こんな美しい光景を見たりして
b0334436_04595417.jpg
ニュージーランドの夏を満喫しました。



が、しかし・・・・

明後日の朝にはアルゼンチンに向けて出発〜〜〜〜〜〜〜〜!

そして待っているのは、

あれこれと買い置きしておいた食料や日本から送ってもらったいろんな品物がスーツケースのほぼ8割を占めるであろう荷造り。

さっき、始めたんだけど、10分で気持ち悪くなって休憩。。。。037.gif


いつもそうなんだけど、私は荷造りをすると気持ち悪くなると言う症状に襲われます。(大掃除でも時々なる)

アフリカ生活でももういやと言うほど、”詰めちゃ〜取り出し、詰めちゃ〜取り出し”の荷造りを繰り返して来たけど、何度やっても嫌なもんな嫌。
面倒くさいのは変わりません。
そして、数ヶ月に一度こんな荷造りを繰り返しても、別に荷造りが上手になったわけでもなく、効率良くできるようになったわけでもなく・・・
あえて言うと

雑になってる〜〜!!!


・・・・ ダメじゃん、わたし〜。

昔年に一度ニュージーランドから日本に帰ってたあの頃の荷造りの方がよっぽどこだわってキレイに詰めてた気がするな。

でも、考えてみれば、「意気込み」が違うから、それは仕方ないのかもな・・と自分で言い訳を言ってみたりしてね。

年に一度の日本への帰省は楽しみであり、アフリカや今回のアルゼンチンに行くのは、「楽しみ」と言うところからはだいぶ遠いところにあるからね。お仕事ですから一応。(働くのはごん兵だけども)

「いかに心地よく生活できるようにするか」と言うのを求めて、重たい食料や生活用品を持って ”行かなければならない” 荷造りというのは、全然楽しくないです。はっきり言って・・・。当然かあ〜。

特に、ついこの前、私たちが住むアンデスの村で強盗事件があったと言うニュースを聞いてから、特に憂鬱。。。ってか心配になっちゃったよ。

実は

オラたちが住むアンデス村にはアルゼンチン人以外の外人の配偶者は私しかいないんだけど、たまたまオーストラリアからご主人に会いに来ていた奥さんが家にいる時ナイフを持った2人組の男が押し入って脅しお金を要求したらしいです。それも日中で、旦那さんが留守の間。
奥さんは大きな町でカウンセリングを受けているほどショックを受けているそうだ。
そして、なんとそれは私たちが村を出てニュージーランドに帰ってきた2日後だかに起こったらしい。

005.gif005.gif005.gif

オイオイ、もし私がそこにいたら私がターゲットになってたってこともありえたりするわけ??
もし、そんな災難が自分に起こったら・・


うわ〜〜〜〜〜!怖い怖い。怖いよ〜!
ど、どうする私?

・・・・

・・・・


そんなことが起こりえる所に帰らなければならないっていうのは、更にドンと鉛を追加させられた感じで気が重いんです〜。

だから荷造りも更に面倒臭さが増すわけです。(でっかいナイフ持って行こうかな?とか考えたりね)



でも、こんな美しいニュージーランドで散々遊んだんだから、当然だ〜!と怒られそうなので(誰に?)
前向きに気持ちを切り替えて荷造り再開します。

ニュージーランド滞在残り1日。
明日荷造りが終了すればブログアップするかも・・・・ですけど(たぶん無理)

なので、次回のブログアップはアルゼンチンに着いてからになると思いまーす。

今日も訪問ありがとう
よかったらポチ応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2015-01-15 18:04 | ニュージーランド | Comments(0)

金の町 Arrowtown

今日までお世話になった友達の家はアロータウンと言う、有名な観光地クィーンズタウンの近くの町にあるんですが
ここは昔、金がどっさり見つかった場所として有名です。

100年以上も昔、中国人の鉱夫たちが山を切り開き開拓したらしい鉱山村が山の奥深くにあっては今は観光地となってるようなんですけど

ほんじゃ、せっかくだし行ってみるか?

と言う事で、夕方出かけてみました。

・・・


・・・が・・・・

しかし・・・

そこへ行くには川を渡りガタガタの狭い道を走って15キロの山の中にあるって言うんじゃん。

「4WD車じゃなきゃ通れないよーん」

と言う警告を見て、「おれんちのスバ〜ルならオッケーだもんね〜」

と、自信満々に言う男がいるのでとりあえずスタート。

最初は浅い川を3回くらい横切り、すば〜る君を褒めちぎってたごん兵ですけど、だんだん山が深くなっていくと当然川も狭くそして深くなるわけです。

最初の難関は、ごん兵がバシャバシャと水の中に入って水の深さを確認し、大きな岩をどかしなんとか通過。

だけど、思ったより川超えが次々にやってくるので、運転はごん兵にまかせビーサンに履き替えた私が川へ入り、とりあえず膝までだったらオッケーってことで、いくつもの岩をどかし通路を確保。

これがすっげー疲れた。。。。。

水は氷のようにつめたいし、岩は車にダメージを与えそうなでっかいのをどかさなきゃいけないので「ふんっ!」と踏ん張って30個くらいどかしたんじゃないかなー。

b0334436_05532904.jpg
わがすば〜る君のすばらしい走りを記念に!・・・なんつってこんな風に写真を撮っているうちはまだよかった・・・

でもだんだんヤバいくらい道も狭くなり、私が川の中で「オーライオーライ」と車を誘導し、亀よりも遅いくらいの速度で走ってやっと山の上の道に出た・・・と思って時計を見ればすでに1時間半も経ってる!!!

そして、鉱山村跡まで15キロと言う看板から、なんとたった3キロしか走ってない!!!!! 
うそでしょ〜!あと10キロ以上もあるんかい?

ってことで、実は私たち無念の途中棄権。。

すば〜る君に頑張ってもらったけど、もう時間もなくなったし、これ以上酷使するのはかわいそうだったし、帰りに釣りもしたかったので、Uターンすることにしました。

ただ、Uターンするったって、場所がない。
とりあえず走ってなんとかUターンできる場所まで行き着いた時は、5キロまで走っちゃったよ。
b0334436_06184180.jpg
b0334436_05543863.jpg
それにしても、中国人100年以上も前にこんな険しいところに道を作り金やら工具やらを運んだんだからすごいよなあ。
何がすごいって、言葉も通じないこの国で村までつくって開拓したってことがすごい、その執念というか、欲というか・・・。

頑張ってその先10キロ走れば、鉱山村の跡地があるんだけどいったいどんな感じなのかいつか見てみたいと思います。

帰り道は、いい釣り場があったので遊んできました。
夕方(すでに7時半だけど)だったので、30分ちょい遊んだかな。
車を止めた時点で、ジャンプする魚が見えたりしてちょいと興奮。二人で2匹ゲットしたけど食べる予定もなかったので川に返しましたー。

このアロータウンの川ではいまだに金が見つかっているようで、一攫千金を求めて川に入っている人があっちこっちにいます。
私たちが釣りをした場所でも、掘ったあとがいっぱい。
みんな欲しいんだろうね〜ゴールド。

あ、そうそう、アロータウンにはミルブロックと言う結構有名なゴルフコースがあります。
その中に、Kobeと言う日本食のレストランがあるので友達夫婦と行って見ました。

b0334436_06251830.jpg
旦那さんの方はスコットランド出身なので、伝統のキルトスカートを履いてお出かけー。
このキルト、家ごとに色が決まっているらしいです。
彼はたまに山に登るときもこれをはく時があるらしく、そのときは皆にジロジロ見られるらしい。そりゃそうだろうな。

奥さんはアロータウンで生まれ育った人だけど、彼女が小さいときは人口300人しかいない小さな町だったらしいです。
でも今はどんどん人口がふくれあがり2000人を軽く超えてます。町も大きくなり、家の値段なんかびっくりしちゃうほど『たっけ〜』です。
大きなスーパーもなければ、ガソリンスタンドもないんだけど、可愛い町だし、秋の紅葉の美しさは見事だし、いろんなアクティビティーがあって魅力のある町なので住んでみたい気もするな。
あ、金もまだいっぱいある・・・って話だし〜〜。。。。グフフ037.gif

今日も訪問ありがとう!
よかったらポチお願いします。




人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2015-01-10 04:14 | 旅:ペルー | Comments(0)

マウンテンバイク散策

我が家を他人に乗っ取られ、かれこれ4日。・・・・いや・・・うそだけども。

かろうじて親切な友人夫婦が私たちに居心地の家と良いベッドと提供してくれているので、まったく問題はありません。

で、家を出るときも私たちの荷物。。

ジャン!!!
b0334436_18384136.jpg
車の中には食料や着替え、パラグライダーなどが入ってて、このトレーラーにはご覧の通り

Toys!

バイク、マウンテンバイク、カヤック、キャンプ用の椅子&テーブル、ガス、バイクとマウンテンバイクのヘルメット等々がぎっしり!!!!
更に・・・
なんとカヤックの中には私のゴルフクラブも入ってます。016.gif

友達の家はクィーンズタウンのそばのアロータウンと言う町なんですが、せっかくなのでその近辺を散策させていただくー。

b0334436_04192854.jpg
マウンテンバイクで「ちょっと魚釣りの下見」って言うんで出かけんだけど、サイクリングのコースが結構あって、ほんじゃ最後までとなってしまい結局往復35キロ!!!!のアップダウンのトレーニングとなってしまいました。。。。とさ。

久しぶりのマウンテンバイクで尻は痛いわ、腿はパンパンだわ、でへーへー言いながら帰ってきました。

でも、体力あって坂道もオッケーな若者やフィットな人にとっては景色もいいし最高のサイクリングの場所かも。

b0334436_04170012.jpg
b0334436_04241723.jpg
片道のゴールはバンジージャンプの場所。
b0334436_04353341.jpg
私、もうかれこれ15年以上も前にここで飛びましたけど、相変わらず人気。
ちなみに、今飛ぼうとしている女性は、3、2、1とかけ声をかけられたのに怖くて飛べず、3回目にやっと飛びました。いや、『落ちた』と言う表現が正しいかな。
b0334436_04382045.jpg
b0334436_04403761.jpg
そこで皆が飛ぶのを見て30分ほど休憩し、また同じ道をえっちらおっちら。
さすがに20キロ以上も走った後は、急な坂はもう自転車から降りて押したね。。。

で、ギリギリ夕食に間に合う時間に家に到着。
汗びっしょり、足パンパン、日焼けジンジンでくたくたでございました。

でも、また機会があったら行きたいコースかな。でも今度はもっとゆっくりのんびりと・・・・。

結構ファームの近くを通るのでこんな看板が出てたりします。

b0334436_04220439.jpg
「馬のウンチ1バッグ3ドル〜」

親切に馬がプー(ウンチ)している絵付きです。かわえ〜。
馬のウンチはガーデニングに良いんだそうだけど・・・・いらないな。



今日も訪問ありがとう
よかったらポチおねがいします。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2015-01-08 04:47 | 旅:ペルー | Comments(0)

また山歩いた

家のケガ人・・・

もしかしたら「自然治癒力」がちょいと強力なのか?と思ってしまうほど、最近すっげー「普通」です。
普通に靴下も履けるし、’プールでは私よりも長く泳ぐし、元旦にはパラグライダー飛んじゃったし(ドクターは12週間待ってって言ったのに8週間で飛んだバカもん)、この間はまた山登り3時間しちゃった。

b0334436_18104524.jpg
行ったのはワナカの近くにあるアスパイアリング国立公園の短いトレッキングコース。
友達に、「え?まだ行ったことないの?行った方がいいよー」と勧められたので今回実行。
でも、「行くか〜?」と急遽決めて家を出たのが午後3時。歩き始めたのは4時。

普通(日本だったら)みんな朝早く山に登るんだろうけど、日没がまだまだ遅いニュージーランドは午後4時でも十分歩ける時間なんです。
歩き始めたら降りて来る人たちにかなり多くすれ違ったので、私たちが最後か〜?と思ったらもう7時過ぎているのに登り始める人もいてびっくり。

氷河から流れる川のそばを歩くので、楽しみにしていた鳥のさえずりは川の音に消されてしまって残念だったけど、確かに行く価値はある場所でした。
こんな↓今にも落っこちてきそうな岩のそばを通るときは、「今地震が起きないでほしい!」と思いましたね。
近くには注意書きもあって、「止まらずさっさと歩きましょう」みたいな事が書いてあったので、アブナイってことなんでしょう。
b0334436_18123223.jpg
b0334436_18270146.jpg
展望エリアからはこんな景色が見えます。
そこから30分ほど歩けばもっと景色の良い場所に行けるんだけど、帰って来た人に聞くとかなり急斜面だということなので、一応ケガ人だし、また来れるし今回は我慢しろ!と言ってそこで戻ってきたんだけど、戻ってきて正解だった。
降りるのが結構腰に来るらしく、途中で何回か休憩しないとダメだったんでね。
まあねえー、その日ごん兵は、朝は家のアスファルトの部分を壊して木を3本植えて、プールで1時間泳いでたのでたぶん動き過ぎだったんですね。

最後まで行けなかったことに本人は非常に不本意だったようだけど、「我慢」も必要だ、と言い聞かせておきました。

b0334436_18321033.jpg
天気は薄曇りでそれほど暑くもなく、歩きやすい陽気。
b0334436_18364402.jpg
下の方では、羊や牛がふつ〜に生活(?)してます。
「こんなところで新鮮な草を食べてキレイな川の水を飲んで、こんな景色のところにいられてあんた達は幸せだね〜」
とか、ここしか知らない牛達に話しかけてみたたけど、「なんだよ?おめーは」と言う目で見られました。
b0334436_18385802.jpg
家から車で30分くらいでこんな場所に行けるなんて、人間の私たちが幸せだよね。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらここポチお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2015-01-05 18:45 | 旅:ペルー | Comments(0)