蘇る緊張感と腹痛

ピョンチャン・オリンピックで観るのは8割がアルペンスキー。
まあ、自分がやってたってこともあるから・・っていうのがもちろん理由だけどね。

だから、ゴンは私にいろいろ聞いて来る。

『なんであのストックは曲がってんの?』だの

『なんでジャンプしないほうがいいの?』だの・・・。


で、極めつけが


『今でもあんな風に滑れる?』


お〜イ!!!私をいくつだと思ってんだお前さん。


あと、知ってるか?
お前が観てるのは世界の頂点に立つ人たちばかりが集まるオリンピックですぞ?!

その辺の草大会とは違うんだぞ。。。



でもね〜。

ほんと時代を感じますよ。


だって、今家に記念に飾ってある大昔の私のスキーの写真を見れば・・・

なんとポールがだもん!ですよ!! (←しつこい)


                 ほらね👇  アハハ〜106.pngおはずかしっ!103.png
b0334436_09540749.jpg

これ、まだ 昭和の時代 です。
私11歳。

群馬から長野までわざわざでかけたあの頃の自分にとっては一番大きな大会だったんだけど
それでも竹だったんだねえ〜〜。。。懐かしいわ。

そんでもって、あの頃は『流れ止め」と言う紐がスキーの金具にくっついてましたねえ・・・・。

あと、なんとも時代を感じさせるセーター!129.png129.png129.png

今の子供達はワンピースのあのパツパツのを着て競技してますけど
私達がワンピースを着て競技し始めたのはもうちょっと先だったなあ。
確か中学3年の時初めて着たんじゃないかなあ。


まだまだスキーが楽しくて
なんのプレッシャーもなくて
ただ滑っていれば楽しかった良い時代でもあります。


それから中学、高校へをあがるにつれて
陸上トレーニングがとんでもなくきつくなり
午後のトレーニングが始まるのが憂鬱で
5時間目の授業あたりから腹が痛くなったもんですよ。あはは。
先輩もおっかなかったし〜〜〜〜122.png

まあ、この辺りから精神力っていうんですかね
そうゆう強さが要求されるってことを学んで行く訳ですけど
所詮、私なんかは国内の大会止まり程度で
それこそオリンピックに出る人たちとの精神力なんか
畏れ多くて比べられませんけどもね。


でもね、オリンピックを観ているだけで
昔の記憶が蘇ってきて、なんかドキドキしてきてちゃってねえ。

スタート地点の映像がよく出るんだけど
あそこで、スキーのサービスマンがスキーの最終点検をしたり
バインディングの調整をしたり
コーチがリラックスさせる為にマッサージしてくれたり
選手は選手で、イメージートレーニングで、目をつむってコースを滑り
緊張と寒さで身体がこわばってしまわないように、太ももをバシバシ叩いたり・・・・

レベルこそ違うけど、あーゆうのを全部自分もやってきたことがあるので
もうこっちまで緊張で昔と同じように腹が痛くなってしまう〜〜〜〜アハハ122.png122.png122.png


でも、みんなすごいよなあ〜。
(って当たり前だけども)

金メダルを撮った羽生君もそうだけど
オリンピックなんかに出てるアスリート達の心臓とか精神力とかどうなってんだろう?と思っちゃうよね。

あんな大舞台で自分の実力を発揮することができる人たちを心から尊敬する。

っていうか、実力を発揮できなかった人たちでも
あそこまで行き着くことを無条件で讃えたくなるよね。


ある人に言わせると
あーゆう大きな大会とかで頑張っている人たちは
もちろん『頑張って』はいるんだけど、それよりもなによりも『楽しんでいるんだ』
ってことだけど、そういわれてみるとそうなのかもな、、、とも思うね。

あの有名なアメリカ人のリンゼイ・ボンなんか
テレビで、「滑ることが大好きで、負けず嫌い」って自分で言ってたもんな。


そんなリンゼイ・ボン。
ダウンヒルで銅メダルでしたねえ。
33歳で最年長のメダリストだそうです。
(ちなみに彼女は2010年のオリンピックのダウンヒルで金メダル取ってます)

33歳まであの競技をする女性っていったいナニもの!??

ひ、膝とかは大丈夫なの???


いやいや〜、もうすごいとしかいいようがありませんな。



さあ・・・・

今日もまた男子スラローム身体揺らしながら観戦しましょ。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-22 12:06 | ニュージーランド | Comments(5)

Commented by いちこ at 2018-02-22 18:24 x
私もアルペンやってました。竹のポールは、使いませんでしたが、小学校上がる前は、流れどめでした。^ - ^
あまりにも、同じ事を感じてらっしゃって、そして、同じ質問を相方にされてらっしゃって、思わず吹き出しました。
昔とった杵柄か?見ている最中に速い遅いが分かって、相方に驚かれませんか?

気温マイナスの中、わざわざウェアー脱いで、ワンピで滑って。ポール当たると痛いのに、わざわざあたりに行って、
滑るの1分リフト乗ってるの10分以上、大半じっと待ってる。
そして、コーチにしろ、大会設営にしろ、大半がボランティアで地元のスキー馬鹿のオヤジ達に支えていただいてる。
相当のM族の団体ですね。


実は私、もう20年近くスキー履いてなくて、もちろん試合も観てなかったのですが、先日、甥っ子の試合の引率に駆り出されまして。。。
一挙に、血がたぎりました。

BSでアルペン競技観戦始めました。
昔の記憶が蘇ってきて、切なくなったり、苦しくなったり、そしてあのスピード感、ワクワク感、
プレジャンで、ウワッって声あげたり、もう、心臓が止まりますね。
女子SGご覧になりました?チェコのボードの選手が優勝しましたね。
もう、後ろからのまくりまくりの、大快挙。ゴールした時本人が、気づいて無くて、可愛らしかった。
解説の岡部哲也さんも、まさかの展開で支離滅裂なコメントも面白かったです。

なんだか、懐かしくて、私こそ、支離滅裂なコメントですが、興奮をお伝えしたくて。。。
Commented by miki-argentina at 2018-02-24 08:36
> いちこさん
コメントありがとうございます!うれしいです、同じような経験をした方が読んで下さって共感してもらえるなんて・・・。
日本のテレビは観れないので岡部哲也さんがどんなコメントしたのか聞きたかったなあ。
岡部さんと言えば私達の世代ですから!(笑)
チェコのボード選手、こっちでも夕方のニュースであげられてましたよ。あのビックリした顔がかなり印象的だったんでしょうね。
それにしても、あの硬いバーンではもう滑る体力も筋力もないですけど(苦笑)、メダリストたちのあの切れのいいターンには惚れ惚れしますよね。ちなみにいちこさんはどちら出身ですか?
Commented by miki-argentina at 2018-02-24 08:36
> いちこさん
コメントありがとうございます!うれしいです、同じような経験をした方が読んで下さって共感してもらえるなんて・・・。
日本のテレビは観れないので岡部哲也さんがどんなコメントしたのか聞きたかったなあ。
岡部さんと言えば私達の世代ですから!(笑)
チェコのボード選手、こっちでも夕方のニュースであげられてましたよ。あのビックリした顔がかなり印象的だったんでしょうね。
それにしても、あの硬いバーンではもう滑る体力も筋力もないですけど(苦笑)、メダリストたちのあの切れのいいターンには惚れ惚れしますよね。ちなみにいちこさんはどちら出身ですか?
Commented by いちこ at 2018-02-24 17:16 x
兵庫県出身です。
mikiさんと違って弱小県なので、お腹が痛くなるような恐ろしいトレーニングもせず。。。楽々お祭り大会へ出場^_^
ついでに、高校選抜やジュニオリまで、推薦枠で物見遊山という、なんちゃってアルペンです。
ニュージーランド合宿では、降雪機バーン、カンカンで硬くて硬くて、この時は、流石に朝、お腹が痛くなりました(笑)
なので。。。NZ恐いってイメージが大人になっても消えませんわぁーーー。
1ヶ月居ましたが、一週間に一度は救急ヘリがやってきてたような。。。

日本のテレビで見るオリンピック、川端さんや岡部さん木村さんが解説されてて、ビックリです。
我らが憧れ選手が!!!時の流れを感じますね。
オリンピック選手のように、滑れたら、一本でも!!天に昇るほど気持ちいいでしょうね!!
Commented by miki-argentina at 2018-03-02 16:09
> いちこさん
お返事ありがとうございます!兵庫県ですか?すごいですねえ。それにニュージーランド合宿までするなんて本格的!ヘリコプター救助はこちらではほぼ日常的ですけど、日本ではあまりないですからビックリしますよねえ。それとNZのイメージ、、ちょっと悪いですねえ。。。(笑)まあ、イメージ間違ってもいなくはないような気がしますが(苦笑)。もし機会があったら悪いイメージ撤回の為に遊びに来て下さい。春、夏、秋、それぞれきれいですよ!