本場のクレープをたっぷり!

ニュージーランドに住んでるフランス人に

「クレープはやっぱりフランス人じゃなきゃ作れないよ」

みたいなことを言われたことがあったんだけど
ほんと、あっちこっちにクレープ屋さんがあるよなあーと感心。

私の好きなデザートの中でトップ3に入るのが「クレープ」なので
気がつけばほぼ毎日クレープ食べてるような感じです、わたくし。


ただ、本場フランスだからと言って
どこもかしこもクレープが美味しいとは限らない・・・・
そりゃあそうだよな。

だから食べてがっくし・・・ってこともあるんですが
今滞在中の町の側を通りかかったついでに立ち寄ったクレープ屋さんが大正解だった!!!


ゴンは甘くないので、ハムとチーズだったかな。
もちろんビールも頂いてます。
b0334436_04575690.jpg

じゃあ、私は甘いので・・・
ってことで、マロンのを頂く。
b0334436_14473210.jpg
外側がパリパリで生地もしっとりでうんま〜〜い!

ところで、右端にあるマロンクリームの缶。
スーパーで小さいのからでっかいのまで売ってるけど
先週お世話になったPさんは毎日これを食べてました。
でっかいパンに付けたり、ヨーグルトに混ぜたり、アイスクリームにどかっと乗せたり・・・。

ゴンはあまり栗料理とは縁のないニュージーランド人なので
ろくに感動もしてませんでしたけど・・・。

で、半分はクレープに乗ってたんだけど、半分は缶に入ったまま。

半分で十分だったので、缶には手をつけないでいたら
途中でお店のおばさんがやってきて
「フランス人はみんなスプーンですくって全部舐めるのよ」ってウィンクされた109.png

・・・ので、ゴンと二人で頑張って缶のクリームを完食したら
「Well done!!♥️」で褒められましたわ・・・・・あはは。

正直言って、甘かったので半分で十分だったんだけど・・・。



一昨日の夜は、友達が家で手作りクレープを作ってくれました。
彼女の小さいころは毎週土曜日がクレープの日と決まっていたそうです。

日本でいう、ホットプレートみたいなクレープ焼き器があるんだねー。
私にお土産に是非持って帰って!って言われたんだけど
ちょっと重すぎて無理だわ〜。残念だけど。

b0334436_05005812.jpg
甘いのとそうじゃないのどっちがいい?って言われたので
「両方!」とリクエストして、最初はマシュルーム、ベーコン、チーズなんかが入ったものを頂き
その後は、それぞれ好きなものを乗っけて食べました。

b0334436_05041891.jpg
アルコールもバンバン飲みまくっていたので
可愛いクレープっていうより、酒のつまみになってしまったけど美味しかった!



ちなみにクレープは白い粉で作り
甘くないSavory(甘くないお菓子)はそば粉みたいなので作るんだそうですよ。
知らなかった〜。

友達は半分半分に混ぜて作ってくれたけどね。

b0334436_05254194.jpg


おかげさまでこの日も腹一杯!
こっちって夕食が9時とか10時だから、消化する間もなく寝てしまってこりゃあまずいだろう・・・って感じ。


ゴンは、「オレはもうチーズはいらない・・・・」
っていうほど、チーズには飽き飽きしている様子。
(それでも目の前にあれば食べてしまうんだけど)

私もチーズはもともとそんなに好きじゃないので
もうしばらく食べなくても全然へーき・・・・・


とか言いつつ。。。
昨日、友達と夜10時過ぎにまたまたこんなの食べてしまった!!

b0334436_04375881.jpg
丸いヤギのチーズが乗っかったピザ。
これでもチーズ少ないピザを選んだつもり。

ゴンと二人で半分こしようと思ったら
友達は「薄いし小さいから大丈夫大丈夫!余裕で一人で食べられるから!」
なんつうので、その言葉を信じて注文したら、私達でいうところの「特大」サイズだったよ!!



・・・というわけで

もうこれで太らなければいつ太る?ってくらい食べてます。
プラス、アルコールも飲んでるし。
だって、ワインがえらく安いんだもの。
ニュージーランドのワインの高さがバカらしい。

・・・・

・・・

さあ、今から腹筋して寝ようっと。


今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-07-15 05:43 | 旅:フランス | Comments(0)

思わぬ嬉しいネコシッター

ひょんなことからフランスでキャットシッターしています。

友達の家に泊まっていたんだけど
その友達の友達たちがホリデーに行くとかで

「もしここにいるんだったら家に泊まってネコのエサあげてくれない?」

と、さっき会ったばかりの他人なのに、いいんですか〜?と言う感じの軽いノリ。

私達が着いたその日にゴンはパラグライダーでそのカップルとも一緒に飛んでたし
その晩はそのおうちでご飯を頂き、ネコとも遊んでなんかすっかり家に馴染んじゃってたました。あはは

とーーーーーーってもフレンドリーなネコだったし
第一、高台にある大きな家で、目の前にワイナリーが広がるきれいな景色のこんな家にいられるなんて
とっても贅沢なことなので、二つ返事でオッケーしました。


ネコの名は、ポリックス。
かなりおデブちゃん。

でも、もう会ったその日からゴロゴロ身体をすり寄せてきて
隙あらば膝に乗っかって来る、今まで会った事のないフレンドリーなネコなんですわ。❤️


顔スリスリ・・・。「撫でて〜〜」とグイグイ押してきます👇

b0334436_04225280.jpg

ゴンがソファでゴロンすれば・・・


「プヨプヨのお腹がたまりませ〜ん」とばかりにモミモミ・・・。
爪が痛くて、それでも嬉しいゴンはぐっとこらえてます。
b0334436_04194066.jpg


夕方はちょっと上からブドウ畑の監視👇


b0334436_15030815.jpg



でもって、ゴンとまたごろ〜んとソファでくつろぐ・・・・

b0334436_04183092.jpg

身体がでっかいので、ちょっと人に乗っかって寝るには無理があるんだけど
それでも乗っかりたいのだ!103.png103.png103.png
b0334436_15202284.jpg


思わぬ嬉しいネコシッターに
ゴンも私も旅のストレスが一気に吹っ飛びました。
(・・・ってそんなにストレスのある旅はしてないんだけど)


・・・・


そしたら、ニュージーランドの我が家のネコ、モンティとスコティの面倒を見てくれている友人から
こんな写真が送られてきた〜〜〜

b0334436_15271273.jpg
ワナカ、だいぶ寒いようです。
トムおじさん(私達の友達)の膝で温かくしてもらってるらしい。
ヨカッタヨカッタ❤️



旅はいろんなことがありますな。
まさかネコシッターするとは思ってなかったよ♥️♥️



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-07-13 15:35 | 旅:フランス | Comments(0)

フランスのネコたち

なぜか写真がアップできませーん。
せっかく,今シッターしているネコ君の可愛い写真を載せようと思ったのに・・・・。


なので、ちょっと前にアップしといたフランスで出会った猫たちを載せます。


まずはこちら。👇

城下町のにらみを効かすジンジャー君
b0334436_00322895.jpg

コレは私達が塀から下を覗いて高い場所から撮った写真。
私達がにょきっと顔を出したらこんな顔して睨まれました。160.png



次!


植木に隠れるグレイ君👇
b0334436_00280461.jpg
グレイ君の存在に気づかずゴン達が前を歩いています。
彼は草をむしゃむしゃ食べてて、私が近づいたら逃げた。。。


私達古い田舎町ばかりに滞在しているせいかネコがいーーっぱいいます。

今滞在中の場所は村と言うよりは、ちょっと町なんだけど
それでも入り組んだ路地とかではあっちこっちで「ネコの会議」が開かれてました。




今日は1日ドライブで更に南へ行ってきます。
友達曰く、建物がだいぶ違ってくるらしい。



次回は写真アップできるようになってるかなあ。。。。


今日も訪問ありがとうございます。




人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-07-12 17:29 | 旅:フランス | Comments(0)

不思議なつながり

今私達は、ちょっと南に下がったフランスの小さな町に住む友達を訪ねて来てます。

着いた日の夕方、早速

「飛べそうだよ、行くかい?」と友達に言われ
ゴンは彼と二人で40分も山を登って飛びに行ったので
私と彼女の方はスーパーで買い物して、後でビールもって駆けつけました。


「再会を祝してかんぱーい!!!」
b0334436_17382736.jpg

彼らのことはずっと前のブログにも書いたと思うけど
なんとも不思議な偶然でニュージーランドで知り合ったカップルなのです。

おまけにゴンが拾ったヒッチハイカー!

出会ったのは今年の1月中旬
ゴンが一人でクィーンズタウンに会議があって出かけて行き
夜9時過ぎに峠を越えて帰ってきたんです。

会議が遅くなるので友達の家に泊めてもらうことになってたのに
なぜか「帰ろう」と思ったらしい。

そしたらヒッチハイクをしているカップルがいたらしく
夜にそれも一人の時にヒッチハイカーは拾う事はまずしないんだけど
(危険なこともあるからね)
なぜか乗せちゃった!


二人は1時間も立ち通しでヒッチハイクしてたらしいんだけど
あいにく夜で誰も止まってくれず、もう疲れたのであと5分したらその辺にテントを張って寝よう、、と言う時だったらしく
あと5分遅かったら私達は出会わなかった・・ってことになります。

さらに、二人がパラグライダーパイロットだってことを車の中で知り
よくよく話していたら、私達の知り合いの友人達だった!!!!!

一昨年にフランス人のアドベンチャーボーイズがニュージーランド南島をパラグライダーで横断して
そのあと我が家に滞在したんですが、なんとその二人の友達だっのですよ。

ひえ〜〜!!とお互いにびっくりの偶然でした。

アドベンチャー男たちの話はこちら★


結局ニュージーランドの天気があまりにも悪く、カップルは我が家で1週間ほど滞在することになったんですが
そんなきっかけでとても仲良くなり、「今度はわが家へ!」と言う二人の言葉に甘えて訪ねて来た・・・ってわけです。

ホント・・・ご縁って不思議ですなあ〜。
いろんなところでつながってる。



で、数日間その友達の家にお世話になってたんですが
実は昨日から別の家に滞在中。。。。

それも、『ネコシッター』として!!

ちょっとネットの調子が悪く写真がアップできないので
明日その可愛いネコちんの写真アップできたらします。

代わりに家の可愛いねこたちの寝相を・・・。👇
b0334436_08124318.jpg


昨日の夕方は雷、雹の大嵐。
今朝も雨でさっきから雷ゴロゴロです。

ネコと一緒にソファでゴロゴロするには最高の天気!
・・・他人の家だけど。。へへへ

今日も訪問ありがとうございます。


ニュージーランドランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-07-11 19:38 | 旅:フランス | Comments(0)

フランス人はカーレーサー

前にフランスに来てレンタルカーで走ったときも思ったけど・・・・

フランス人て超飛ばす!!

制限速度なんてないようなもんだ。

制限速度で走ってたら、バンバン抜かされていく。


・・・・まあ、一般道とかハイウェイだからそれはいいとして・・・

もっと怖いのが
田舎の車一台分くらいしか幅のない狭い道で
更にキツいカーブでも、みんなキュンキュンタイヤ鳴らせて飛ばすから怖い。

友達のPさん70歳も
穏やかなあの性格は何処へ行ったの?ってほど人格が変わったようにぶっ飛ばします。
ゴンなんか
「前世はカーレーサーだったんだね?」とPさんに言っちゃったし。

カーブミラーもない場所でも、速度を落とす気配もなく
これで対向車が来たらアウト〜!
っていう場面が何度もあり、一緒に乗ってる私たちはもう冷や汗ダラダラでした。

一度、「きれいな景色を見に行こう!」と連れて行ってくれた場所が
世界共通(?)の「進入禁止」のサインの場所。

いいの?って聞くと、「いいの、いいの、オレは見なかったから」
・・・って。。。。122.png122.png いいのか?


そして、「侵入禁止」の道を走っていたらこんな場所を通過。👇

b0334436_23472946.jpg
ここ、一度では絶対に曲がれない場所!
更に対向車が来たら・・・・どうすんだ?って場所。
一緒に行ったPさんの友人が外に出て「オーライオーライ」のかけ声をかけて
何度かハンドルを切ってやっと通過しました。
そんなのが数回。

他にもあまりにもいくつも「ひぃ〜っ!!!」って冷や汗モンの場所を通過したんだけど
あまりにも怖くてカメラさえも出せなかったよ。


でも、Pさんが連れて行ってくれた場所は確かに絶景だったよ。
b0334436_00135763.jpg




冷や汗をかいたあとの眺めは最高!👇
b0334436_00092256.jpg

1週間もお世話になったPさん宅。
その村は麦やブドウ畑が広がっているんだけど
ひまわりの畑もものすごく多くて、これが満開に咲く頃は最高だろうな〜っていう場所でした。

私達が着いた時には咲いてなかったヒマワリも帰る時にはちょっと咲き始めてて
満開を見れないのがちょっと心残りだったなあ。

b0334436_00151474.jpg


「全部やり尽くしたら次に来る楽しみがなくなるからね・・・。」と、Pさん。

またの再会を約束してPさんの住む小さな田舎の村を後にしました。



でもって、今度はそこから南に車を走らせ
違う友人達を訪ねて出発です。


そろそろフランス流の走りに慣れて来た(?)ゴン。
真剣に走りまっせ。👇
b0334436_00231050.jpg

次回は次の場所での話です。



今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-07-11 00:28 | 旅:フランス | Comments(0)