陶芸体験と漢字テスト

ちょっと前、フランス人の知人から陶芸を教わってきました。

教わった・・・っていうよりも
体験させてもらった。。。って言う感じか。

よく言われるけど、陶芸って見た目簡単そう〜!!!!だよね?

「うん!私にもできる!」

と密かに思ってやってみたけど、やっぱり難しいっ!
子どもが泥でまんまるなダンゴを作る、、、っていう風にはなかなかいかないもんだ。(当たり前だ)

センセー(知人)はもう20年以上やってるので
さら〜〜〜っと形作って行きます。

b0334436_19042526.jpg

こんなんなって〜〜〜〜☟
b0334436_19075790.jpg
湯のみでも作るのかと思ったら・・・・


一瞬にしてこんなんなりました〜!

b0334436_19111491.jpg
はい、簡単でしょ?
やってみて〜

と、言われ、怖々ろくろを回す。

「もっと早く回さないとダメよ〜」と言われても回せねー。

でも、ぎゃーぎゃーわめきながら作りました、こんなに!

b0334436_19121527.jpg

よく見ると、厚さが均等じゃなかったりするんだけど
「それも愛嬌!」と勝手に決めて2時間の泥遊び、、、じゃなくて陶芸レッスンはとりあえず終わり。

数日間乾かしてから、今度は色を塗りに行ってきました。

好きな色で模様書いていいって言われたし
行く前は、
「さあ!何書こう〜〜??どんな模様にしよう?幾何学模様とかカッコいいな〜」

などと、とんでもなく簡単に考えていたんだけど、いやいやあなた(←私自身に言ってる)
そりゃあ無理でしょ〜。図々しいにも程がある。

テストの作品に色を付ける時点で、もう幼児の落書きみたいになっちゃったので

青だけでいいです!
線だけにします!
幾何学模様なんてとんでもない身の程知らずなことを言ってスミマセン!

と、降参しました。


でも優しい知人センセーは「じゃ、日本語書けば?」とアドバイスをくれたので
ラインと漢字一文字ずつ入れてみた。さすがセンセー、グッドアドバイス!

b0334436_19184188.jpg
あ、調子に乗って猫の足跡🐾🐾もテキトーに・・・・。


ところで、筆で漢字なんてしばらく書いてなかったので手がブルブル震えちゃったけど
もっと困ったのが、漢字を覚えてないってこと!!


筆でゆ〜くりそろ〜りと書いていたら
「あれ?こんな漢字でいいんだっけ?」とわけかなんなくなっちゃった。

ネコって、こんな漢字だっけな?
あれ?・・・・・・


・・・・・

・・・・・


なんか違うぞ。。


ぎゃ〜!!線が出ちゃってるじゃんけ。
田んぼの田だよ。由じゃないよ!!

。。でもすでに遅し(泣)


あと、茶すらも書けなかった!!!
なぜか、最後のホが木になってる。。。

なぜだ?「茶」すらも書けないのか?

筆だ!筆が悪い!

などと、筆のせいにしたくなりましたが
はい、筆は悪くありません。(そりゃそうだ)


もう漢字どころか、日本語を書くってことをしなくなったので
本当に字が書けません。書けてもへたっぴ。


陶芸を習う前に、小学生の書き方の本で勉強したほうがいいかも、私。


でも、知人センセーはびゅーてほー!
と褒めてくれたので、漢字の間違いは言わないでおきました。
彼女には漢字が 芸術!に見えるらしい。


私が日本に帰っている間に釜に入れて焼いてくれるそうなので
帰って来た時には世界で1つだけの、漢字間違いのユニークな焼き物が出来上がっているはず・・・です。


それもまたよし・・・ってことで。


今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-06-13 19:46 | ニュージーランド | Comments(0)

クレープの正しい食べ方

ワナカの町中にこんな可愛いトレーラーがあります。
でもって、これはクレープ屋さん

b0334436_05390802.jpg

さらに名前もかわゆくて「チャーリー・ブラウン」
(私はスヌーピー好きなので)

ちょっと前に、オプラ・ウィンフリーとリース・ウィザースプーンがワナカに映画の撮影で滞在してたんですが
リース・ウィザースプーンも自分のインスタグラムだかなんかに写真を投稿してたらしいです。
(ローカル新聞に載ってた)

こんな感じで〜〜〜👇
b0334436_06071881.jpg


「クレープはやっぱりフランス人が作らなきゃね!」

と、フランス人の友達が言ってましたけど
このお店もフランス人のカップルがやってて
なんとトレーラーもわざわざフランスから持って来たそうですよ!!

私はクレープ好きで自分でも『もどき』をよく作るのでこの店にはあまり行ったことがなかったんだけど
この前ゴンとおやつに食べに行ってきました。

私はクレープと言えば、シンプルな「砂糖とレモン」!!!(家でも同じ〜)
b0334436_06042097.jpg


で、私達の後にフランス人観光客のカップルがいて
私達の横で食べ始めたんだけど・・・。


あれ〜〜???
なんか食べ方が違う〜〜〜。

私とゴンは渡されたクレープをそのまま持ってかぶりついてたわけです。

(このパリパリした部分から行くのが私流・・・だった)
b0334436_06223631.jpg
だって・・・

それが普通だと思ってたし。

みんなそうするんだと思ってたし。

それ以外にどうゆう食べ方をするのか考えたこともなかったし。



なのに、クレープの本場のフランス人カップルはどうしたかっていうと・・・



クレープを包んである紙をはずして、クレープを取り出して
三角をもう一回折って細長い三角にします。
(わかります〜?)

そして、三角の尖った部分、
いわゆる私が普段一番最後に食べる底の部分を、まずやっつける。


カップル男女二人とも同じ風にして食べてて
思わず私達じーーーっと見つめてしまった。

でも、はは〜〜〜ん!!!となんか納得〜〜。

クレープって、確かに底(っていうの?)に味が全部たまって濃くなってしまうし
クレープの皮もシトシトになっちゃう。
最初の方は味がなかったりするしね。


だからあのカップルみたいに底にクリームやらレモンからジャムやらがたまらないうちに
半分に折って、その先から食べるっていうのは非常にお利口さんな食べ方だと思ったわけです。

へ〜!
次回は絶対あーやって食べよ!
と、言ったらフランス人カップルにがっつり聞かれ笑われてしまったけどね。

「賢い食べ方教えてくれてありがとう!」言ったらもっと笑われました。


まあ、決まった食べ方なんてないし
日本みたいにクリームとかフィリングがたっぷり入ってたら無理だし
自分の好きなようにかぶりつけばいい話なんだけどねー。

ちょっとクレープ好きな私にとっては嬉しい発見だったのですよ。

すみません、くだらない話で・・・。


b0334436_06365724.jpg
バクリと一口かじられたクレープと、甘くない自家製ホットチョコレート。
寒い冬の日にはぴったりのおやつでした。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-06-09 06:44 | ニュージーランド | Comments(0)

金の延べ棒を求める泥棒さん

アフリカの話をちょっとしましたけど
もしかしたら、これを読んでる人の中には


「ナゼ、アフリカなんぞに???」と思っている人もいるかもしれません。
(私の前のブログを読んでくれていた人はともかく・・・)

今更ながら言うと、アフリカにはゴンの鉱山の仕事で言ってました。

鉱山ってことは、金や銀なんかを掘ってるわけで
主にゴールドだったので、それを狙う悪い人たちもいたわけ。
もうそりゃあ、びっくりするほど。
正式に働いている人と同じ人数くらいのドロボウさんがあっちこっちに隠れてました、はい。

特にタンザニアの鉱山なんか、本当に陸の孤島みたいなところなのに
わざわざケニヤとかのギャング仲間とかが仲間を連れてやって来たりしててびっくりしたもんです。

なので、やっぱり危険が伴うので私達の住むキャンプは完全に塀に囲まれてました。

こんな塀☟
b0334436_09571129.jpg
まるで刑務所。

ドロボウはドロボウでも、こんな風に近くの村からサックを持ってウロウロしているような人はまだ可愛い。
・・・ドロボウを可愛いっていうのもなんだが・・・。

b0334436_10075762.jpg

私が歩いていると

「シスター!!なんか食べ物ちょうだい!」

とフェンスの向こうから声をかけてくるんだけど
鉱山のマネージャーはそれはそれは私の安否を心配して
「絶対に一人では外を歩かないで下さい!!」と何度も言われたもんです。

普通に歩いてたけどね〜。127.png

2キロくらい林に入って行くと
そこにはもうドロボウの団体さんが何日も滞在中だったりしました。

一度ゴンに連れて行ってもらったら、そこで穴を掘ってた100人以上のドロボウさんが
どーーーっと逃げて行きました。

その写真がこれ☟

b0334436_10344982.jpg
女性もいたし、テントみたいなのも見えたので家族総出て金探し、、ってことでしょうね。

まあ、ドロボウって言っても、このくらいはアフリカは日常だからまあいいとして・・(←いいのか?)



でも、やっぱり怖いドロボウもいて
そうゆう人たちは昼間なんかウロウロしないよ。

でもって、泥まみれになって土を掘って金を探したりしない。

どうやるかっていうと、すでにゴールドだけになった
それこそ「金の延べ棒」を目当てにやってくるわけ。
手っ取り早く大金を・・・ってことだろうね。


一度、マネージャーが銃を突きつけられ誘拐されてるところをバッチリ見ちゃって
(家が隣りだったので見ちまっただよ!!怖っ!)
銃はバンバン飛び交うし、翌日には200人の警察がどーっと集まって大変だった。

まあ、そうゆうドロボウは真剣!
銃も持ってるし、どこに延べ棒があって、誰がマネージャーで何処で寝てるかも全て把握してるわけだからおっかない。


結局誘拐されたマネージャーは「延べ棒倉庫」(って名前じゃないけど)に連れて行かれる前に
警備の人に救助されたので人間も延べ棒も無事だったんだけど
やっぱりモノの価値が高いだけに、犯罪もかなりヤバいレベルになってしまうわけです。



あともう一回、『金の延べ棒』がしまってある倉庫を直接狙ったドロボウもいたな。

彼らは頑丈なドアを壊す爆弾を持っていて壊して侵入!!!!
しかし・・・

なんとドアはもう一個あって、ドロボウ達は爆弾を使い切ってしまい入れなくて
あっけなくミッション完了できずに逃げた。。。
っていうちょっとマヌケな結末。

でもって、そのマヌケな一部始終がセキュリティカメラに完璧に録画されていて
彼らの行動一部始終が全て見られたらしい。




まあ、私達が滞在中はそれほど大きな事件もなく
(人の命が危険っていうほどの事件という意味で)
盗まれる物はテントで寝ているタンザニア人のベッドだったり、テレビだったり。
あの高い塀をどうやって登ってでっかいベッドを運ぶんだ?
って思うよね〜〜〜。

b0334436_10453504.jpg
(👆 壊されてばっかりいる塀の作成途中。この上にクルクル巻いたトゲトゲだらけのワイヤーが巻かれます)


でも、考えてみれば
どんなに先進国であって、裕福な国でも泥棒はいるわけだから
とてつもない価値のあるゴールドや、見た事もない洗濯機やテレビなんかがあれば
盗む人も出て来るのは、まあ、無理もない事なのかな・・とも思うね。


・・・と、言うタンザニアの泥棒さんの話でした。
(何度もしてるか?この話・・・・)


今日も訪問ありがとうございます


オセアニアランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-06-08 12:13 | アフリカの話 | Comments(0)

アフリカのマーケット

この間、ワナカのマーケットに行ってきました。
b0334436_06115523.jpg

毎週木曜日はファーマーズマーケットで、地元の人が作った野菜やお菓子、パンなんかが売られてます。

あのマーケットに行く時は、完全に空腹で行っていろんなものを食べまくるか
もしくはなにも食べられないほど腹一杯の状態で行く・・・と私達は決めてます。

そうじゃないと、もう目が食べたくなっちゃって大変!
あれも食べたい、これも試してみたい!と大変危険な場所でもあるのですよ。

それで、あまりにも新鮮で、美味しそうな食べ物を見ながら

「あ〜、贅沢だな〜」としみじみ思ったわけです。

そして、やっぱりこんな時に思い出していろいろ比べてしまうのは

アフリカのマーケット!!



「美味しそうなものって何もなかったよねえ〜〜〜」
と、しみじみ二人で思い出してしまったわけです。

タンザニアで住んでいた鉱山は本当に陸の孤島みたいな場所で大きな町までは車で5時間。
首都のダルエサラームからは鉱山のチャーター機で3時間とかかけて行ってたほど。

近くの村にはマーケットなんてなくて
一度だけ車で1時間ちょっとの小さな町に連れて行ってもらったことがあったんです。
確か、タンザニア人のスタッフが布だかなんだかが欲しいとかで行ったんだっけな・・。

そのマーケットはこんな感じでございました。


まずは、ヤギの販売!!!
なんか競りみたいな感じでワイワイと売買されてた。
b0334436_06273820.jpg


貴重な塩はこんな感じで豪快に・・・☟
b0334436_06064685.jpg

内陸で海や湖からはとんでもなく離れているし
当然冷凍庫だの冷蔵庫なんかないから、魚はすべて乾燥したもの☟
b0334436_06075824.jpg




こんな感じでいろんな店がならんでいるわけですけど
まず新鮮な野菜とかはなしです。ちょっとした果物はあったかな。

b0334436_06101332.jpg

b0334436_14021050.jpg


白人は完全に私達だけ!!
珍しいので歩いていると、後ろから子ども達がそ〜っと後を着いてきます。

私達が止まると、子ども達も止まって隠れる!
「だるまさんが転んだ」ゲームか?

b0334436_06555549.jpg

でもって、こんな風にそっと覗き込む。
か、かわえ〜な〜〜!!!

b0334436_14002518.jpg

私達が「欲しい」と思う物は残念ながら1つもなかったので
このマーケットでは何も買う事がなかったけど
あの場所に「行ってみた」っていう経験は貴重だったと今でも思います。

人間の汗と、魚とホコリと動物の匂いたっぷりのマーケット。
んーーーーちょっとだけ懐かしい。

・・・と言いつつ、帰ってきて美味しいもんがあると食べきれないほどバンバン買ってしまうのは
やっぱり私の中にある「欲」、煩悩のせいなんだろうな。
まだまだ修行が足りませんな。144.png



もちろん、「おやつ」はこんな香ばしいカルシウムたっぷりの・・・虫だよ!!
b0334436_06085969.jpg
大丈夫!ちゃんとから煎りしてあるから!129.png129.png
味はピーナッツと言われているけど、私としては「煎った虫」の味だった。
悪くはなかったけどね、5匹くらいでやめときました。
(ゴンは1つ食べてアウト)


今日も訪問ありがとうございます


[PR]

# by miki-argentina | 2017-06-07 07:04 | アフリカの話 | Comments(0)

日が暮れた・・・

タンザニアでの話を書こうと写真を見ていたら・・・・


日が暮れた!!!!


ってことで、今日はこの写真で勘弁を〜!



b0334436_14031353.jpg

千枚単位であるし、ついついのんびり見入っちゃってねえ〜〜〜・・・・


かわいいな〜・・・とか

懐かしいなあ〜〜・・とか

大変だったな〜〜・・とか。



明日は是非、たっぷり写真を載せたいと思います。

ってことで、今日はご勘弁を。

b0334436_14072815.jpg
今日も訪問ありがとうございます。


この子はガーナの子。☟

人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-06-06 14:11 | アフリカの話 | Comments(0)