栗みっけ

昨日、いつも行く散歩道へ出かけたんだけど
ちょっとだけ道を外れてみたら・・・・


あらあら!
こんながゴロゴロ・・・
b0334436_08455249.jpg


b0334436_08481193.jpg

栗ってこっちの人はあまり食べないからねえ。
こんな立派なのが落ちてても誰も拾わないんだろうねえー。


・・・などと言いつつ、ゴンとせっせと栗を拾ってポケットへ。

二人ともジャンパーのポケットがいっぱいになったので
「大収穫〜!」と喜びながら帰ろうと思った、、、そのとき・・・


あれ???

ここって、もしかしてどこかのファーマーさん家の一角????

ってことに気づき、早々に逃げていつもの散歩ルートへ戻りました!とさ。あはは106.png


まあ、でもきっと大丈夫。
こっちの人って、クルミは拾うけど、栗ってそこまでポピュラーじゃないから。

栗の木ってあることはあるけど、市場に出回ってないっていうか
おそらくニュージーランド人はあまり食べる習慣がない。(と思うんだよね)
クライストチャーチとかでもたいてい公園とかで拾っているのは中国人だったし・・。

ゴンなんかも意外と知らなくて
私が「子どもの頃は山栗を拾って生で食べてた〜」とか言ったら

「え〜!!!生で食えんの??!!」とびっくりしてたし。


なんでも食べてみたいオトコは早速皮をむいて食べようとしてたんだけど
渋はそのまんま。。。知らないんだねーホントに。

こうやって剥くんだよ、と爪でくいっくいっと渋の剥き方を指導。(指導って・・・・)

でも食べたら意外に美味しかったようで感動してました。


栗の木の側にはこんな絵に描いたようなキノコが生えてたよ。
b0334436_08582786.jpg
「食えるかな?」・・・・と栗を食べながらつぶやくオトコ。



絶対ダメ〜〜〜!!!


やたらに何でも口にしたがる性分だけど
キノコはやっぱりヤバいでしょ。

「でも、誰かがニュージーランドには死ぬような毒キノコは存在しないって言ってたよ。」

なんて言ってましたけど、この色はどう見ても「毒」っぽいでしょ。
可愛いけどね・・。

b0334436_09023202.jpg


ってことで、本日の散歩の収穫はこちら↓
b0334436_09035382.jpg
さすがに、キノコは収穫してきませんでした。



さあ、この栗、、、、どうしよう。

誰か栗おこわとか作ってくんないかなあ〜。



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-05-15 09:10 | ニュージーランド | Comments(0)

アルゼンチンと言えば肉?!

ちょっと前に、偶然ここワナカでアルゼンチン一家と出会いました。

お父さんがパラグライダーのパイロット。
子ども二人と奥さん連れて3ヶ月ニュージーランドで生活しているんだそうで
すぐにお友達になりました。

でもって、さっそくお宅へお呼ばれされて行ってきたんだけど・・・

やっぱりあった!!!!

アルゼンチンの人たちがだ〜い好きなマテ茶!
b0334436_08195483.jpg
なっつかしい〜!

アルゼンチンの人たちみーーーーんな飲んでたよなあ。
店のレジのおばさんやお兄さんまでもがレジの脇に置いて、チビチビ飲んでたっけ。

アルゼンチン人の友達はわざわざマテ茶を飲むストローみたいなのモノ☝️もニュージーランドまでちゃんと持参してきてました。
「カップはどうでもいいけど、これはやっぱり自分の好きなのじゃないとダメなのよ!」
って言ってたからそれぞれこだわりがあるんだね。

私も「記念」にマテ茶のカップを買ってきたけど
今ではすっかり「飾り」となっています。あはは。
(ちょっと前までペン立てだったし!)
b0334436_08362140.jpg
あと、懐かしいと言えばやっぱり、あの肉でしょ〜〜!

アルゼンチンの家族も、自分の国の肉の美味さに叶う場所はない。。。と思っているようでした。


あのアルゼンチンの肉の美味さはもうびっくりする。
なぜあんなにただ焼いただけの肉があんなにすごい味があるのか不思議だけど
本当に「何コレ〜!!!!」っていう味でしたねえ。

あとはきっとこうやってバーベキューでじっくりと焼くっていうのにも秘訣があるらしいね。
b0334436_14405743.jpg
木を燃やすところから始めるんだけど、その木の香りが肉に移るんだそうで
フライパンで焼くなんてダメ〜!と何度も言われたっけな。

木を燃やして木炭にして・・・だから結構時間がかかるんだけど
その手間があの味を出す訳なんだね。
もちろん肉自体の質も違うんだけどね。

あの味はもうちょっとこの辺の肉とは比較にならないほどだったなあ。

でもって、「へっ?!」って言っちゃうほど安い!と来たもんだ。あはは。

最後まで適当なスペイン語で注文して肉買ってたっけな・・・。
女優の佐藤仁美さんと買い物行ったときも全然通じなくって大笑いだったねー。
b0334436_14434870.jpg



たいてい何処の家でもこんなバーベキューをする場所が外にあって
やっぱりそこで肉を焼くのはオトコの仕事だったね。

これは友達の家で👇
b0334436_08254567.jpg


これは👇アルゼンチンの住んでいた村にあるホテルと言う名の民宿みたいな宿のバーベキュー。
b0334436_14444402.jpg

もうアルゼンチンに行かない限り、あの肉は味わえないんだなーと思うとちょっと残念・・・。



・・・あ〜なんかこんな肉肉の写真を見ていたら肉食べたくなって来た。。。

ってことで、今晩は肉にします。


アルゼンチンの家で肉を焼くゴンとおこぼれを待つ犬(サブとボブ)
b0334436_09192968.jpg
今日も訪問ありがとうございます


[PR]

# by miki-argentina | 2017-05-12 09:29 | アルゼンチン | Comments(0)

不思議な岩を訪ねる

昨日の記事の続き。

初日にランチに腹一杯魚を食べた後は
近くにあるこんな珍しい岩がある場所に行ってみました。

Moeraki Bolders・モエラキ・ボルダーズと呼ばれる場所。
こーんなまん丸い岩がゴロンゴロンしてます。
b0334436_11221392.jpg
でも、何故かこの辺りだけ。
ほんの100mくらいの海岸に、自然にできたこんなまん丸な岩があるんです。
不思議〜!でしょ。

割れちゃったのもあった。
b0334436_11461939.jpg

私がここに立ち寄ったのは・・・はて・・・いつだったか?
たぶん1998年だったかな。
ひえ〜かれこれ20年前???!!!ってこと???


いやいや、自然ってすごいね。
b0334436_08573385.jpg
あと、すごいって言えばさ
こんな場所にも中国の方がいーーーっぱい!
この海岸、9割が中国人でした。(ちなみにペンギンさん見に行った時も同じ)


さて・・・・

岩続きでなんですが、2日目こんな場所にも寄りました。


エレファントロック(象さんの岩)
b0334436_11262379.jpg
こんな場所にこんなすごい場所があるなんて知らなかった〜!!!

あまり知られてないだろうし、メインの道から離れるので人もほとんどいなくてちょっとかわいそうな気もしないではないけど
岩たちはこうやって静かにいるのがいいのかも・・。

象さんの岩と名がついているからには、「象さん」型の岩があるんだろうけど
なんの説明もなくいったいどれが象さんかはわからずじまいで帰って来ちゃった。


でも犬の横顔・・・みたいな岩があったよ。👇

b0334436_11271411.jpg

私は大きな岩の上に乗った途端、ツル〜ん、スッテ〜ン!!と転んでしまって大爆笑。
漫画のように足が3回行ったり来たりしましたわ。おほほ。

運良く思い切りは転ばなかったのでどこも痛くなく私はケラケラ笑ってたんだけど
なんとそれを一部始終見られてました・・・・若者男子3人に。。。

おまけにその中の一人が
「ダイジョウブ?キヲツケテ〜!」

そうはっきりと日本語で「大丈夫?気をつけて〜」・・・だって。

あ〜恥ずかしかった!

b0334436_08464488.jpg

それにしてもこんないろんな形をした岩が自然にあっちこっちにあるのに
それを見に来ていたのは私達と、若者3人組だけ。
ある意味あの静かさが神聖さを増していてよかったな。


ニュージーランドに長く住んでいても
まだまだ知らない場所がいっぱいあるんだなってことに改めて気づいた今回の2日間でございました。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-05-11 09:27 | ニュージーランド | Comments(0)

オンナ食い倒れ?旅

数日前、オンナ友達とちょこっと1泊で出かけてきました。

東海岸にあるOamaruと言う町。
発音はどう聞いても「おまる」106.png としか聞こえない町。あは。

ワナカから車で3時間弱で行くかな。
(私達みたいにあっちこっち寄り道しなければ)

「ペンギン見に行かない〜?」って言う話から、実行日まで3日くらいだったでしょうか。

うん。暇。行こう!いつ?明後日?

みたいにあっさりと決定していたと思います。
いいね、こうゆうさっぱり感が。

Yちんは会社の慰安旅行の幹事さんみたいに、事前に全て予定を組んでくれて

「朝はあそこでコーヒー買って、昼はあっちでアレ食べて、夜はこんなんで・・・」

と、まあ頼りがいがあること!

おまけに行きも帰りも彼女の運転だったので
私はただ隣りに座ってぺちゃくちゃぺちゃ〜〜〜と喋っているだけ・・という
ひじょ〜に楽チンで楽しい2日間でした。

前回もそうだったけど
やっぱり食った食った!
きっと1泊2日で3キロぐらいは肥えたと思う。

お昼に食べた魚たち
タルタルソースと、コリアンダーとチリのソース二種類で頂く「魚5種、食べ比べ!」
b0334436_11145437.jpg
・・・ええ、ここはニュージーランド。
この シンプルかつ大胆な ”魚達5種” の盛り合わせっぷり!がたまりませんっ。128.png129.png

私達が住んでいる場所は海が近くないのでどうしても魚を食べる機会が少なく
ついつい海のそばにいくと欲張って食べてしまうんだなあ。

日本だったらもっと気の効いた料理をするよね〜、とか失礼なことをコソコソ言いながらも
このシンプルな魚料理をがつがつと頂きました。
美味しかったっすよ。・・・でもね、食べすぎた。

だってこの後にこんなデザートまで食っちゃったんだもん。
 
スティッキーデイツ・プディング(こってりあま〜いヤツ)とクリームブリュレ。
b0334436_11205279.jpg

この後、夕食の時間になっても腹が空かず
二人でホテルの部屋で腹筋やらヨガの体操なんかをして頑張って腹を空かせました。106.png


あ、そうそう今回は「ペンギンさんに会いに行こう!」がテーマだったんだ。
「食い倒れ」がテーマっぽいけど・・・。

もちろん見てきましたよ。
世界で一番小さいペンギン達を。

リトル・ペンギン、またはブルーペンギンと呼ばれている30センチくらいしかないちっちゃなペンギン。

(撮影禁止だったのでこの写真はお借りしてます)
b0334436_12035115.jpg
こんなのが30〜40羽の団体さんでひょこひょこと岸にあがってくるのはかなり可愛い。
コテっと蹴つまずくヤツもいて笑えます。

暗くなってから戻ってくるので、フラッシュの光はびっくりさせてしまうらしく
撮影禁止で写真は撮れなかったけど、合計で約140羽のペンギンさんが巣に帰ってくるのを見れたよ。
この時期にしてはかなり多く見られたらしい!ラッキー!


天気には最高に恵まれ快晴の2日間でした。
なのでちょっとあっちこっち寄り道してきたので
その話はまた次回にします。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-05-10 12:24 | ニュージーランド | Comments(0)

寝る子は育つ秋の夜長

数日前、私だけお泊まりで出かけていたんですが
帰ってきたら・・・


もうこんな風にひっつかれて幸せ〜!
(スコティは私の足の上)
b0334436_09232449.jpg
でも、あっちの方では父ちゃんが

「オレだってエサあげてブラシして遊んであげたのに・・・ずっとマミーを探してた・・・・134.png118.png

と悲しんでました。

まあね、仕方ないよね。
世話の量が違うもの。
誰がエサやおやつをくれて、気持ちいいブラシもしてくれて
さらには追いかけっこして遊んでくれるか、猫だってちゃんとわかってるんだよ。ねえー。


さて・・・・

暖炉をつけ始め、椅子の位置も変え
すっかり「猫様使用」になった家の椅子。
去年買ってから9割がその『猫様たち』がお使いになってまして、

家のモン太郎(モンティ)なんか、もう殿様並みのくつろぎ用です。

まるで人間、それもオンナの人みたいなセクシーなポーズで寝てたり・・👇
b0334436_09371016.jpg

優雅に枕に頭を乗っけて寝てたり👇
b0334436_09422539.jpg

それに比べ、スコティはいつも「猫らしい」っていうか
はだけた103.png寝方はしない・・・

でもって、私の膝や足の上で寝るのが好き〜
こんな感じで・・・・👇
b0334436_09473124.jpg




たまにモンティも私の足元で寝るんだけど
寝方はこんな感じ。103.png103.png
顔つぶれてますけど??
b0334436_10094514.jpg

去年の今頃もこんな大胆なポーズで寝てたしね〜〜👇
b0334436_09455811.jpg

ほんと気持ちよさげ〜〜〜❤️で、見てるだけで癒される〜。


おかげさまで、二匹が寝てると起さないように自分たちもじっとすることが多くなってしまい
ますます肥える秋の夜長・・・です。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-05-09 10:12 | ニュージーランド | Comments(2)