夏に近づくアンデス村

つい最近、「アンデス村は春が来ました〜056.gif
なんて言ってたんだけど、最近の日中の暑さはハンパじゃなくなってきました。

朝晩は寒くて外に出るにはフリースが絶対必要なのに、太陽が出ると気温がぐんぐんあがり、それに強烈な紫外線も加わり、たぶん気温は軽く30度は超えているかと思います。

乾燥しているのでじとっと言う暑さではないんだけど、日向の暑さっていったらすごい。
紫外線も上空にオゾン層がないニュージーランドよりも強いかも、と思える強烈さ。058.gif058.gif058.gif
日焼けを気にする日本人の女性の皆様(私は部外者)には、ここはとっても危険でございますよ。(もしもこんな所にくる人がいれば、の話だけど)

でも、こんな暑さは地元民に言わせると、「まだまだ」なんだってー。

ここから2時間の町サンファンは、真夏40度は普通に超えるっていうから驚き。
そこから比べればまだ少しはいい方だ、と言うこの村ももう既にこの暑さってことは、12月、1月の一番暑い時期になるとどこまで行くんだろう。

あと、最近毎日風が強いです。

洗濯物、ふっ飛びます。

だから、風の強いときは一枚のTシャツに洗濯バサミ4個くっつけて、となりの犬や人のゴミが散らばっているとなりの空き地に飛んでいかないようにしてます。それでもぐるんぐるん暴れちゃって大変なことになるんだけど。

さて、、、

この間、隣村に行ったときに、途中の山でこんな子発見!

b0334436_00373203.jpg
きつね?っぽい。

うまい具合に岩の色と同化してるので、なかなか目にすることはないんだけどラッキーにも道脇に出て来てました。
あっという間に逃げてしまったけど、振り返ってくれた瞬間をとらえたラッキーな一枚。

あと、ラマみたいな動物もいるらしんだけど、私はまだ見てません。
山にいるごん兵は、何度か群れを見たそうです。あと、巨大なコンドルも。 
うらやましい。。。。私もコンドルみたーい。 もちろん、そのときのBGMはアレ。「コンドルは飛んで行く」。でしょー。

。。。

と、そんな感じでいろんな生き物がウロウロし始めた初夏のアンデス村ですが。。。。



あいかわらず、雨一滴も降ってません。


。。。。そろそろ、潤いがほしい。。かな。


今日も訪問ありがとう!


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-10-17 04:12 | アルゼンチン | Comments(2)

夜中まで大騒ぎの村

まる2日間インターネットまったくつながりませんでした。。。。

ここは電話もつながりにくく、ごん兵に電話してインターネットのことを連絡しようとしても、今度は電話がつながらない。。。。
これはここが田舎だからなのか、それともアルゼンチンだからなのかわかんないけど、どっちにしてもとっても不便なことには変わりない所〜015.gif

さて

週末はなにかお祭りがあったらしく、その話は聞いていたものの。。。。。

始まったのは夜10時半過ぎ!!!  

ええ、私たちが寝る時間とっくに過ぎてる〜っつうの!

まあ、日曜日休みだったので土曜日はまあ許すとして、なんと日曜日の夜もお祭り続行だった。。。。。

そして、日曜日の夜はもっと大騒ぎで、村中にスピーカーが鳴り響き、太鼓はバンバン、演説ガンガン、音楽ガンガンで耳栓してても全然ダメ。
夜中1時半頃、結局ごん兵も私も起きちゃって二人で本を読んでまた2時過ぎにウトウト〜とし始めたんだけど。。。。。

ドッカーン!!ドッカーン!

ウソ〜!!やめて〜〜!
なんでこんな夜中に花火上げる???????  それも音からして安そうな花火。

ワイワイガヤガヤ道を歩く人たちがいなくなってやっと静かになったのは、夜中3時半をしっかり回ってました。

でも、犬達は余韻が残っているらしく、ワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワン。。延々と鳴き続ける。

そして、犬も疲れ始めた頃、、、、、、

朝5時。はい、私たち起きる時間なのでありますよ。047.gif047.gif047.gif047.gif047.gif

さすがに二人とも朝から機嫌悪かった。
いくら宵っ張りが「文化」だとは言え、さすがに寝られないと心の余裕もなくなるってもんです。

そして、いつものように午前中は村は死んだようにシーンと静まり返り、ひとっこ一人歩いてない。。。。
あのうるさい犬たちも朝は静なんだなこれが。
洗濯物干している私だけが外に出ているような感じ。
そして夕方5時過ぎにわらわらと村が起き始める。
で、私たちが寝る頃、村人たちのテンションはピークに達する。

あ〜、、、この生活サイクル、絶対無理。慣れない。
みんなが「アルゼンチン人、仕事したがらない」って言う理由、わかります。
だって、みんな寝てないんだもん。で、昼寝たっぷりしたいんだもん。
朝から12時間もぶっ続けで仕事なんか、できるわけない。あちこちでこっそり昼寝している人がいるっていうの、そりゃあ出て来るだろうよ。
アルゼンチンの文化と鉱山業、まずつり合わない、と思うね。

ここには私たちのようにアフリカで働いていた経験がある人が結構いるんだけど、みんな口を揃えて、アルゼンチン人のことを ”ホワイト アフリカン” と呼んでます。

はい、それだけ仕事っぷりが『似てる』ってことです。残念ながら。

。。。

。。

。。

話、変えよう。

これ、学校のそばにあるサインです。持ってるのは本、、だねきっと。
b0334436_20555971.jpg
そして、最近ちょっとイタズラしたりはしゃいだりするようになった家のおぼっちゃま。
b0334436_04185359.jpg
水が好きみたいで、小川に入りバシャバシャ遊びます。
ホースから出る水は怖いらしいけど。

あと、私が靴を脱いで外に出しておくと、一足ずつ口にくわえて一足は自分のベッドへ、もう一足は庭のどこかに持って行きます。
そして靴を枕にして寝てる。。。。

いけないことだとわかっているらしく、私が「靴はどこ!?」って聞くと、隠れる。。。

洗濯物もうっかりすると、汚い靴下をかごから出して自分のベッドに持って行くようになってしまったし。。。

今までは人に怯え、餌をもらえるだけで喜んでいたボブ君だけど、今はいろんな喜びを表現するようになってきました。

嬉しい時には、「ホエ〜」とかいう、何とも言えない声を出すし。。037.gif

6ヶ月のブリタを預かった頃は、パピーに比べてボブもおとなしかったし、もういいオッサンかな、と思ってたんだけど
このはしゃぎっぷりやイタズラっぷりをみると、実はまだ若いのかもしれない。。。。と、最近ボブの推測年齢をぐっと下げてみました。

さあ
今日も暑くなりそうなアンデス村です。

今日も訪問ありがとう!
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-10-15 21:58 | アルゼンチン | Comments(4)

ボブとパラグライダー

すっかり忘れて書くのを忘れてたんだけど

先週隣町(村かな)のホテルに泊まりに行った翌日の帰り道、ごん兵は前に下見をした小山で 

。。。。。。飛びました。


前日はものすごい強風で、絶対無理だろう、、、と読んでいた私の予報は外れ、風、、、穏やか〜。

ここは風がちょくちょく変わるので「変わらないうちに早く飛んじゃえ〜」と言う事で。。。。。。

「ハイ、イキマース!」(ホントにそう言った)
b0334436_02510663.jpg
b0334436_02584569.jpg
近くに小さな集落があるので、「へんなもんが飛んでる〜!」 と村人達を脅かさないかどうか心配だったんだけど誰も気づかなかったようで一安心。

飛べばひとまずは満足したようなので、そのまま家に戻ったんですけど

もう一カ所、仕事場のそばに飛べそうな所見つけたから今度はそっちで飛ぶ、、、と、言うので家で留守番をしていたボブを連れて違う山へ行く事になりました。

今度の山はかなり急。

私とごん兵はヒーヒー言いながら登り、ボブはサクっと軽〜く登ってました。
でも、奴は偉い。教えたわけでもないのに常に私の後ろを歩くからね。

そして、ごん兵が飛んだ時のボブの反応。。。。。

カメラを持って行かなかったことを後悔してしまったんだけど、ボブ君、明らかにびっくりしてました。037.gif037.gif

ごん兵が宙に浮いて飛んだ途端、山のギリギリのところまで追って行って、その後はじーっと見つめてキュンキュン言っててかなり可愛かった。。。

へ? なんだ?なんなんだ!あれは? 父ちゃん、なんで行っちゃうの?  と言う心境だったんじゃないかなあ。

で、下り道はかなーり急な傾斜でうっかりすると石がゴロゴロ〜と落ちる危ない所。
からからに乾いた地面もざーっと崩れてしまうので行きよりも倍の注意を払っておりたんだけど、すごく急な所はボブ、ずっと私の後ろを歩いてたんです。

「あー私が心配なんだなー」「まあ、良い子!」なんて勝手にうれしがったりしてたんだけど。。。。。。。

中腹まで来た時、

ボブ、既に下に下りていたごん兵を見つけたらしく

「あ、父ちゃんだ!!!」 と、立ち止まって見つめた後、

もんのすごい勢いで走って下って行ったんです。
あんなに早く走ったボブ初めて見た!ってくらい。

途中で、2回くらい立ち止まって私の方を振り返ってくれたので、「あ、あそこで私を待ってくれるな」と思ったのに。。。。。

あ〜あ、結局私は置いてきぼり。015.gif

それから15分くらい一人で寂しく歩いて下りました。

シッポブンブン振ってまとわりつくボブに、グライダーをたたんでいたごん兵もびっくりしてました。
まさか私を置いて来るとは思ってなかったらしい。。。。私もまさか置いてかれるとは思わなかったよ。

声が聞こえるくらいの所まで下りて来てから、ボブを呼んだのに奴は下でシッポぶんぶん振ってるだけ。
お迎えにも来てくれなかったよ。。
ええ、まあそんなもんです、犬なんて。。。(でも可愛いから許す)

さて

ここは風が変わりやすいと書いたけど、本当に風、、、安定しません。

静かだな〜と思ってると、突然強風になって延々とそれが続いたりね。

あと、ここはこんな雲がけっこう頻繁にみえます。 ↓ 

b0334436_03564022.jpg
ニュージーランドの南島でもよくあるんですが、ノーウェスター(Nor'wester=North West の風ね)と呼ばれる、北西から吹いてくる風がなんちゃらかんちゃらで、南アルプスに当たってどうのこうの、、、と言う、この妙に暖かい風が吹くと、頭痛がしたりイライラしたりする人が増えちゃう、と言うやっかいなもの。

やっぱりここも地理的には似ていて、アンデスの山々が同じような現象を起こすみたい。(たぶんね)

ニュージーランドではこんな雲のことをアーチを呼んでいるんだけど、本当に見事なアーチができます。
b0334436_03585205.jpg
やっぱりここでも、風は生暖かく、頭がツーン痛くなってちょっと不気味な気配さえする不思議な雲(アーチ)です。


今日も訪問ありがとう
皆様よい週末を〜


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-10-12 04:18 | アルゼンチン | Comments(0)

折り紙初体験

週に1回だけだけど、子どもの英語教室にお邪魔してます。

その英語教室がどうゆう経緯で経営されているかはまた後で話すとして。。。。。(長くなるのでね)

とりあえず、サンファンから来ている女性の先生が週に1回夕方4時と6時の2回に分けて教えてます。

で、

この間、ちょっとだけ時間をもらって子ども達に折り紙を教えました。
ガーナにいた時に折り紙を教えたことがあったんだけど、教室が一瞬にしてとんでもない状態になってしまったので、たった一度でギブアップした経験があります。
色のついた紙を見た途端、ガーナの子ども達はぎゃーっ!と紙に向かって突進。ついでに先生も「くれくれ」と飛びついてくる。
友達は蹴飛ばすは引っ掻くはで、紙なんかみんなぐちゃぐちゃになりました。
あと、手先を使ってする作業に慣れていないせいか、とにかく四角の紙を三角に折るだけでもんのすごい大変。
まず、角と角を合わせる。。。。なんて至難の技。 そこに行き着くまでに日が暮れてしまいそうなほど時間がかかった記憶があります。

ま、でもとりあえず、このクラスは少人数だし大丈夫かな。。。と思ってやってみました。

そして。。。。。


ジャン!完成〜!
b0334436_20422692.jpg
意外にみんな器用にできるんでびっくりよ。

b0334436_21521779.jpg
帽子じゃないんだけど、ま、いっか。。。。

折り紙をしながらも、四角形を英語でなんていうか、とか紙の色を英語で言ってみたり、子ども達は遊びながらけっこういろんな単語を覚えていたと思います。はるかに私のスペイン語よりは上達が早いです。(当然だ)
私が英語で言うと、子ども達はそれをスペイン語で教えてくれるんですけどね。いや〜、覚えられないっ!ホント恥ずかしいもんです。

もう、「赤」っていうスペイン語すら忘れてるからね。004.gif  (コレ書いたら復習しようっと)


さて、

昨日 パブロん家に野菜を買いに行った時の写真をちょっとお見せしましょう。。。。

これを売るのか?とマジで聞きたくなる ヨレヨレのレタス!
b0334436_21553303.jpg
卵は割れているのもいっぱいあるよー。

あと、店の商品の一部。。。。。↓
b0334436_23155832.jpg
上の棚には木製マテ茶カップ、中段には子どものオモチャと隣に工具箱、下段にはホースとか紐。
そして地べたに米が積んでありました。(あ、一袋だけスパゲティが見える)
いかにも『何でも屋』って感じの大雑把さが見えます。

昨日はなんだかすごく混雑してて(レジの前だけね037.gif)私の前に5、6人。そして後ろにはざっと10人くらいの人が並んでました。
一つ一つ計算機で足していくっていうやり方だからおっそいんだよね。
b0334436_00231577.jpg
でも、アルゼンチンって、スーパーでもどこでもみーんな並んでるのを見かけるので、こんなのは普通の光景。


今日はアンデスからの風がものすごくまた外に出られませーん。
山はきっと雪。

今日も訪問ありがとう!
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-10-11 00:29 | アルゼンチン | Comments(2)

昔の人の知恵と工夫の品物

ホテルに置いてあった古いあれこれ。。。

どれも趣のある物でいっぱい写真撮ってしまい、さらにどれがいいかも選べないのでどどーっとここに載せてしまいます。

まず、、、、いろんな椅子たち。

その① 何か動物の皮のを細く切ったような物で座るところが作ってあります。
(物は使いよう、、、ですね)
b0334436_02414223.jpg
その②小さな椅子。どのくらいの大きさかわかるように23センチの誰かの靴を置いてみた。
b0334436_22393514.jpg
その③もう一個小さい椅子。。。。
b0334436_22415195.jpg
どのくらい小さいか。。。。。ってーと。。。。


どん060.gif  こんなに小さいの〜↓かわいい〜!。。。。。けど、誰が座る?
b0334436_22435737.jpg
これはたぶん動物の皮を使って作った丸椅子。

b0334436_00381568.jpg
実はこれ、私が気に入った椅子。座り心地も悪くないです。
第一このアイデアがいいでしょー、ねえ。横に取っ手が付いてるからきっと持ち運びしてたんだろうと思うんですがどうでしょう?

あと、キッチンの勝手口はこんな感じで、御用の人はベルを鳴らす仕組みになってます。
どんなに小さな人でもベルを鳴らせるように(?)ウールで編んだ紐とボンボンがたら〜り。
b0334436_00271208.jpg
そして、その脇には手作りっぽさ満載のほうきと、乗り心地悪そうだけど可愛い三輪車。
b0334436_00290304.jpg
そして、寝返りうったら絶対落ちるベッド。 でも可愛い。毛布も枕も可愛い。
b0334436_00182382.jpg
さあ、これは何でしょう?↓↓
b0334436_22473686.jpg
b0334436_22533140.jpg
羊の国の男が「こうやってウールを洗うんだよ。」と言ってシャカシャカ動かしてました。「ほんとかよ?」って疑ってみたら、「たぶんね」と自信なさそうだったので実のところはっきりわかりません

あと、これわかる人は意外にいるかも。。。↓
はい、脱水マシーン! いや、マシーンじゃないけど。
私はうどんとかを薄くのばすものかと思った。。。。あは
二人で両方の取っ手を回して濡れた洗濯物を押し込むと水がしぼれる。。。。らしい。です。
これはごん兵が「これは自信ある!」と言ってたので、「君がご幼少の時にはこんなので脱水していたのかね?」と聞いてみたら

「いや、俺の両親が使っていたのはもうちょっとだけマシだった」ってことです。あは。
まさかと思って冗談で聞いたのに意外な返事にびっくり。歳がわかりますなー。
さて、

こんな感じで時代の流れと、昔の人の知恵工夫を伺える品物がいっぱいのホテルでありました。

ホテルのそばにはこんな古い建物(誰も住んでいない)があったりするので、そうゆう場所からも見つけた品々かもしれません。
b0334436_00561688.jpg
日本からはるばるこんな田舎に来る人はあまりいないでしょうけど、是非泊まってみるのもいいかもしれませんね。

私たちもこの村の騒音に耐えられなくなったら、また逃避で週末に泊まりに行きます。


今日も訪問ありがとう。
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ

[PR]

# by miki-argentina | 2014-10-10 01:19 | アルゼンチン | Comments(0)