ノラがいっぱい

話には聞いていたんだけど

ここ、野良犬がいーーーぱいいます。それも結構大型のやつが。

私たちの家にはゲートがないもんで、いろんなノラ君たちが庭をウロウロしてお土産(ウ○コ)を置いてくんです。047.gif

おまけに、夜中に喧嘩してんだか、じゃれてるんだか知らないけど、団体でワンワン吠えまくるので大迷惑。
その団体の騒ぎが遠くで聞こえる時はまだいいとしても、この間なんて家の真ん前で大騒ぎしてくれちゃってうるさいのなんのって。。。夜中の2時だよ!

ごん兵が窓を開けて、彼らに負けずに怒鳴ったらどっか行ったけど、5匹くらいいたらしい。

そのノラを誰もどうこうしようと思わないのか(去勢とかね)、どんどん野良犬は増える一方で、石を投げればノラに当たる状態です。

大抵のノラたちは人にむかって吠えるわけでもなく、ただ餌をあさってウロウロしてるだけなんだけど、ここに着いた初日から妙に人懐っこい奴が一匹いましてね。。。。。

はい、このでれ〜ん、と昼寝してるのがソイツ→
b0334436_18432471.jpg
まるでここが自分ちの庭だといわんばかりにくつろいでる ボブ
(誰だよ、もう名前までつけちゃったのは〜?! 。。。。私だけど

目つきの悪いノラと違って、このボブはちょっと怯えたような目つきをしてて、おまけにとってもおとなしいくじーっと私たちを見つめるのでついつい。。。。 残り物の肉あげちゃったの〜。

そしたら、毎日出勤してくるようになって、私の後をウロウロくっついたり、洗濯物を干しているとこうやって日向で昼寝なんぞしちゃうほどリラックスするようになりました。

ドックフードもまで買ってきて(ごん兵がね)与えてるのでボブ君はもう「オレんち〜016.gif」気分たっぷり。

b0334436_19031198.jpg
餌をあげる前に「お座り」を教えてるんだけど、まだダメ。
英語のコマンドじゃわかんなーい!とでも言ってるような、困惑した目で私を見つめるだけ。(そりゃそうだ)
でも、あのシーザー ミラン が、言葉じゃなくてエネルギーが大事だって言ってたから、スペイン語じゃなくてもなんとか言う事聞かせたいと密かに思っているわけ〜。

昨日の夜は、走っているごん兵の車を見つけたボブは、一目散に駆け寄ってきたらしくごん兵と一緒に帰宅しました。

そんなことすると、どんどん情が湧いてしまうもの。
夜はどこで寝てるか知らないけど、寒いから古い毛布とか家の角に置いておこうか〜とか、考えはじめちゃって、、、。マズいマズい。

更に、、、

ごん兵の通訳の女の子たちがレスキューした猫(4ヶ月)を飼ってくれないか?と言われてまして、どうしたもんかと検討中なんです。

彼女たちはAnimal Loverで、一人の子は小さい時から動物が好きでそのせいでベジタリアンになったというほど。
鉱山の近くで子猫が生まれて、オフィスの人が処分しようとしたのをなんとか止めて一匹を飼う事にしたんだそうです。

彼女たちの住むキャンプはゲートがあって野良犬が入れないので、猫にとっては良い環境。
でも私たちの家は誰でも自由に入ってこれるので、猫なんかいたらノラ犬たちにやっつけらるのは目に見えてるので、ゲートをつけない限り猫は無理だなーと。 元々野生で生まれて来た猫なので、今更こんな狭い家の中で飼うのも可哀想だし。。

まあ、今の所毎日訪問してくるボブで十分かな、、と言う感じ。


b0334436_19353062.jpg
↑↑ 家の入り口で見張り番(?)をするボブ。

よろしかったらこっちのボブ↓も応援よろしく。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-07-16 19:38 | アルゼンチン | Comments(4)

寒さのレベル

ここへ来て、既に2週間経過。

身体が慣れて来たのか、それとも気温が違うのかわかりませんが、だいぶこの「冷え」具合に文句を言うこともなくなってきました。

でも、最初はほんとびっくりしました。あまりの寒さに。。。。

日中はそれでもニュージーランド並みの強烈な日差しになるアンデスの麓。外に出るにはサングラス必須でガンガン容赦なく日差しが照りつけるんですけど、日差しが強いからと言って=(イコール)暖かい。。。とはならないわけですね。

こんな青空で暖かそうに見えるんだけどね、、、、。
b0334436_21514643.jpg
初めて来た時、町で肉や冷凍食品を買って保冷用の氷の袋も買ったんですけど、その氷を溶かして袋を捨てる為に外にほっぽり投げておいたんですわ。
もちろん、日差しが当たる場所に。

なのに、、、、

二日経っても芝の上のゴロゴロと残っている氷。

どうゆうこと〜!??

いやいや、びっくりよ。この日差しでえ〜??  と思わず足で 「ホントに氷か?」と蹴って確認してみたほど。
ガーナだったらものの5分で跡形もなくなるね。

更に、

ごん兵が仕事に出かけた6時過ぎに、洗濯機を回しまだ薄暗い8時半ごろ外に干したんです。(通常で2時間かかる洗濯機)
まだ手が凍るほど寒かったんだけど、あと1時間もすればお日様が当たるだろうと思ったわけ。

で、お昼ごろ外に出てみたら、なんとカンカン照りつける太陽の下で、干したジーンズがカチンカチンに 

凍っていたっ!005.gif

う、うそでしょ? もうお昼過ぎだよ?
と、凍って硬くなったジーンズを写真に撮ってごん兵に早速送ってみたりしちゃったよ。

ほら〜060.gif ↓↓   すごいでしょ? この日差しでだよ!
b0334436_06455141.jpg
なので、最近は洗濯をするのは10時過ぎ。
洗濯機が何故か外にあるので、当然水もキンキンに冷たくて洗剤も溶けないので、ペットボトルにお湯を入れて隙間から注ぎ足してます。

北側の太陽に向けて干してるけど、どうしても裏の部分がなかなか乾かないので、時間をみてひっくり返して乾かします。
特に白いシーツなんかはなかなか乾かない。

b0334436_22142365.jpg
。。。。。。。あれ??

誰ですか、君は?

。。。。。

つづく。


これは犬じゃないけど、よかったらポチっと。。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-07-15 23:25 | アルゼンチン | Comments(0)

寒い我が家

私たちの住む、小さな村は標高が1300だか1500メートル。(いろんな意見があり正確な数字は不明)

アンデスがそばに連なっているし、今南半球は真冬なわけだし、当然 寒い!わけっす。
そんなのは聞いていたし、わかっているんだけども。。。。。。。

身体がついていけな〜い!。。。025.gif007.gif 

一応、私たちの家はブロック塀で村の人が住んでるような土で固めたようなシンプルな家とは違うけども、タイルばりの床はほぼ地面と同じ高さだし、とにかく隙間だらけ!!!「底冷え」と言う言葉をここで使わずいつ使う!?っていうほどの寒さ。

まだ建ってから2年も経過していない言う新しさ、、、、の割にはあちこち壊れてる家。
b0334436_06281177.jpg



一件外身はまあまあな感じには見えるんだけど、中身は ”アフリカ並み” の雑さで、あっちこっちが壊れてて、とにかく冬を越す家としては私たちの常識をはるかに外れた家。天井も吹き抜けっていうか、屋根そのまんま。

おまけに、壁につけられているエアコンヒーター(一応、日立だ!)の一つが壊れていて、まったく部屋が暖まらない小さなヒーターが代わりにおいてあるだけ。

午前中は太陽があがる10時近くまでキンキンに冷えきっているので、朝起きてすぐに完全防寒着。マフラーもしちゃうし。
冷える足元と言うと、、、、

あはは〜! こんな感じよ。006.gif   (まだ物を置く場所が決まってないときで、レンジが床に置いてあるのは無視してね)

b0334436_06041297.jpg
日本にいる時に、アマゾンで念の為に買ったこのスリッパ(靴下かな)とクロックスの冬靴のダブル〜!(クロックスはサンファンで購入)
(あ、靴下スリッパ履いてじゃ私のサイズじゃ入らないので、仕事に行ったごん兵のを履いてます。)
当然、ズボンの下にはタイツ履いてるし、それでもまだ寒くてこのストープの真ん前から動けない私。

日本にいる時に、ごん兵にもこのスリッパを買うのを勧めたのに奴はまた強がって、「オレはいらない」なんて言った為に家の中で履く物がなにもなかった男は、このクロックスの靴を買うまで私のこの上の靴下スリッパを無理矢理履いてました。(私はユニクロのスリッパも持ってきてあるので貸してやった)

木製のドアは、強い日差しと風でボロボロで、あちこち隙間ができてしまっていて冷たい風がぴゅうぴゅう入ってくるので、紙と段ボールで詰め物をしてなんとかすきま風を防ぎました。 こんな風にね。↓↓  、、、、ええ、必死ですよ。
ついでに鍵穴も異常にでっかいので鍵閉めたあとはそこにも詰め物〜。

b0334436_06335171.jpg

と、まあ、こんな感じでアルゼンチンの村での生活をスタートしたのでした。

雪国生まれのこの私が、「こんな寒い家に住んだの生まれて初めて〜!」 と言ってしまうほと冷え冷えの家なんですが、それでもごん兵も私も

「、、、でも、ガーナよりはマシだよね!」

言ってしまえるんだから、いかにガーナがすごかったかわかっていただけるかと思います。

あ、いや、、、、それともあれか?

私たちがたくましくなっているってことかな。

こんなときこそ、じっくりお風呂で温まりたい、、、、。
よかったらここぽちっとお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-07-15 06:49 | アルゼンチン | Comments(0)

オラが村へ到着

私たちが住む、”ど田舎” まで、サンファンと言う町から2時間ぶっ飛ばし

はい、着きました! 
人口2000人(らしい)村の入り口です。。。。。。。。さ、寂しい。
b0334436_01574662.jpg
あ、第一村人発見!
b0334436_01592998.jpg
実は、ちょうど、この時間ワールドカップで、アルゼンチンが試合をしている真っ最中でございました。
みんな、どこかでテレビに食い入るように試合観戦をしていたらしいです。

で、村にあるオフィスに立ち寄ってしばらくしたら、子どもたちがアルゼンチンの国旗を持ってワーッと走り回っていて、「あ、勝ったんだな」と言うことがわかりました。

そ、それにしても。。。。。。
b0334436_02283034.jpg

b0334436_02023024.jpg
こんな↑光景を見ると、「あれ、ここは アフリカ か?」と思ってしまうんだけど、、、、、。
庭にある丸い土釜も、同じようなもんがガーナでもあったよなあ。。

正直に言いましょう。。

「あちゃ〜、かなりベーシックな生活環境だなー」 と、ちょいとびっくり。

アフリカも同じだったけど、私、アルゼンチンのこと、いや、南米についてほとんど無知と言っていいです。

アルゼンチンに関しては、スペインとイタリアからの移民がほとんどを占めるとあったのをどっかで読んだくらい。

だけど、まさかこんな家にまだ住んでいる人がいるなんてちょっとショックでもありました。
だって、ここ、かな〜〜〜〜り寒いし、どうやって暖をとってるんだろう?と心配になるよお。ねえ。
ガーナは、それこそ土で盛った家に住んでいても、常に25度以上の暖かさだから別に裸で寝ようと、雨風がしのげればオッケーなわけだけど(極端な話ね)、ここはそうはいかないでしょー。

と、着いたそうそう、ちょっとショックな光景を目にして、ちょっとこの先が不安になってしまったよ。


。。。。


で、早速これから私たちが住む家に向かったわけですが、、、、

まあ、さっきみたような家ではなく、一応ちゃんとしたブロック塀の家。
小さいけど、私は下手に無駄に大きな家に住むよりは、小さくても居心地の良い家が好きなのでそれはオッケー。

だけど、よくよく見ると、あちこち壊れていたり、穴が開いていたり、メインテナンスは、、、、、、 ガーナ並み 037.gif かな。

でも、住み心地の良い家になる可能性はガーナの家よりは はるかに高いぞ〜! 049.gif と、ひたすら前向きな姿勢でお互いを励ます私たちでした。




人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-07-13 02:39 | アルゼンチン | Comments(2)

アルゼンチン2日目

アルゼンチンについて2日目。

我が住処となる村へ向かう前に、町であれこれとりあえず思いつくものを買いました。

とにかく、寒いので毛布は2枚購入。他にも羽布団らしきもの1枚。(これらは買ってきて大正解!)

聞いてはいたものの、ここの寒さが身にしみて、重ね着もいいとこ。
オークランドの空港でメリノウールの手袋とマフラーを買って持ってきてほんと良かった〜〜。欲を言えば、帽子も買っておくんだった。。。
ごん兵は、強がって「オレは大丈夫」とか言って買わなかったんだけど、大いに後悔していた模様。。。ハッハッハ。ホラ見ろ

食べ物は、スーパーの野菜があまりにも元気がなくて買う気になれず、パスタ、米、塩などを調味料、ソースなどをとりあえずかごにぶっ込み、ダニエラの勧めで肉類はオフィスの前にある小さなスーパーで買う事にしました。

ダニエラに勧められ、あれこれ注文するごん兵 ↓↓ (いろんな種類のハムやチーズを切ってもらってます)
b0334436_23593496.jpg



b0334436_23573347.jpg
さすが、「肉食民族」だけあって、小さな店でも肉はすごい量で売ってます。上にまでぶら下がってるの見えます?

しばらく前に、アメリカ人の友人が
「おお〜!アルゼンチンに行くのかい!あそこはいいよね〜。肉、ワイン、そして美女!が揃ってるからね〜006.gif」 
と、(どんな良い経験をしたのか知らないが)自分の過去の滞在を振り返って嬉しそうに話してくれたけど、ほんと肉が好きな人種らしいです。
あと、ワインは特にこの辺りは有名らしく「はぁ?!」って一瞬固まるほど安く売られてます。

あ、あと美女?

。。。。。。う〜ん。。。。びっくりするような美人さんは、私はまだこの辺りでは見てない。。。。かな。
きっと、美人さんたちは都市に繰り出しているんじゃないかと思われます。037.gif  


さあ、買い出しも済み、ここからはごん兵と私だけで鉱山のある村へ向かいますよー。
あ、私のブログ初めての方はご存じないかもしれませんが、ごん兵は鉱山で働いてます。(アフリカでもそうでした)

まあ、鉱山と言うところは、ほとんどが郊外にあるのでどうしても私たちの住む場所は、それこそ「こんな所に?」と言う僻地になることが多いんですよねえ。日本のテレビ番組じゃないけど、それこそ「なぜこんなところに日本人がいるわけ?」と思われるような場所です、ええ。

今回の鉱山は、アンデス山脈の麓にあり、標高が2000メートルだっていうから、それこそ山の中です。


さあ、私たちは町からアンデスの山めがけてまっしぐら。

そして

町を出てものの10分で、この風景。。。。。。。家がなくなるのが早過ぎませんか?
b0334436_00063099.jpg
そして、こんな風景を見ながら山を越えて行きます。こんな青空だと暖かそうだけど、風は刺すほど冷たいのですよ。
b0334436_00104654.jpg
それにしても。。。。。

木がないよなあ〜。 そして乾燥していてからっから!
雨がほとんど降らないらしいから、どうしたって木が生えないわけですね。

所々に川らしき跡があるんだけど、見事にからっからに干上がっちゃって。。。。 ほら↓
b0334436_00224830.jpg

でも、だんだん山に近づいてきたら、雪解け水の川が見えてきた〜!
b0334436_00314114.jpg
水が見えたとたん、なんだかほっとした私。 
やっぱり乾涸びた川を見るのはなんとなく寂しいよね。

そして、やっぱり水がある場所には動物も集まるんだね。
野生の馬やヤギたちが川岸で草食べているのを見て、更に安心しました。

だけども。。。

ここまで来るのに、一度も村を通過してないんですけど、、、、。
当然、人も見てない。
すれ違った車も3台くらい。

私たち、どこ行くの????

なんだか、道もちょっと荒れ気味になってきたぞ。(上写真参照)

ごん兵、「あと30分くらいで着くはず」 なんつってるけど、この景色を見る限り人が住む場所がこの先にあるようには思えませんが。。??



さあ、いよいよ「我が村」になる場所に到着します。

続きは明日!
よろしかったらポチと応援願いまーす。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by miki-argentina | 2014-07-12 00:53 | アルゼンチン | Comments(0)