懐かしいアフリカのハウスキーピング

ハウスキーピングの仕事をしながら
時々思い出したことがあります。

それは・・・・・

アフリカのハウスキーパーたち。


タンザニアの鉱山キャンプに住んでいた時は
何日もかけて帰らなければならないような、遠い場所から働きにきている人がたくさんいました。

鉱山のメインは男の仕事だけれど
キャンプの部屋掃除、洗濯などは女の仕事。

私達の部屋にももちろん毎日掃除にきてくれたんだけど
最初に彼女達の掃除の仕方を見てびっくりしたもんです。


タンザニアキャンプの私達の最初の部屋👇👇(一部屋とシャワーとトイレがついている簡単なもの)
と、掃除をしにきてた女の子。。。
名前、なんだっけかなあ。アシャーだったかな。
b0334436_11234959.jpg
掃除の女の子たちはこうやって長靴で仕事するんだけど
この長靴をずさっ、パコーン、ずさっ、パコーン(パコーンは長靴のゴムの音)と引きずりながらゆ〜〜〜くり歩くのがタンザニア流。109.png
もちろん、仕事もすべてゆ〜っくり。

ポーレポーレ(スワヒリ語でゆっくりゆっくり)が合い言葉ですから!


掃除って言っても、入り口と部屋の段差もない、タイル張りの部屋なので
ささ〜〜っとほうきで軽く掃き、そのままほうきでゴミを外に掃き出します。
部屋の端っこに死んだトカゲとかもいるからね。



そして、モップがけ。
問題のモップがけ!

バケツに洗剤を入れたどうみてもキレイそうじゃない水にモップをぬらし
バケツについている穴みたいなのにモップを通して水を切る。

とうぜん水なんか切れるわけはなく、水ぽったぽったたれてます。
手でなんか絞りませんよ。

そしてそのまま部屋の一番奥から、右〜〜左〜と横に往復しながら床をなでてって
そのまま後ずさりして部屋から出て終わり〜169.png

ゴシゴシとかキュッキュとかそうゆう言葉はなし。
ただ床を水で濡らしているだけだから。

びしゃびしゃのモップで床をぬらすのが目的・・・?

まるでペンキ塗りでもしてるのか?
ってくらいゆっくりなモップ拭き!


まあ、でもアフリカの粘土状の赤土が着いた仕事靴で入り込む人もいるし
(たいては入り口で脱いでるけど)
普段の靴では土足で出入りするので、一応モップでなでてあげればキレイになったような気がするんですね。あは。



最初はそんな彼女達と会話をするのも私の日課だったので
一応してもらってたんですが、途中からどうにもこうにも見ていられず
丁寧にお断りをして自分たちの部屋は自分で掃除するようにしたんですけどね。

若干赤土色だと思っていた部屋のタイル、
自分でこすってみてびっくり。
軽くこすっただけで真っ白〜〜!!になりましたわ。


夕方になると、一輪車で乾いた洗濯物を各部屋に運ぶタンザニア人ハウスキーパー。
(部屋からこっそり撮ったら見られた!!)

b0334436_11322133.jpg

さて、

ガーナでも同様に掃除のする女の子達がいまして・・・。
ガーナの鉱山はそれほど町や村から離れていなかったので
その辺の地元からやってくる子がほとんど。

私達の部屋掃除はしてもらうことがなかったんだけど
彼女達の掃除っぷりを端で見ている限り、やっぱりアフリカ式だったなあ〜。103.png

歌を歌いながらの〜んびり。
噂によると、テレビつけて観ながらやってる子もいたりして注意を受けたり
あるべき物がなくなってしまっていたり・・・
と、いろいろ問題はあったらしいヨ。122.png


そう思うと、アフリカの時間はなんだかゆっくり流れているのかもしれないな〜。

まあ、掃除の規模も質も違うんだけどね。



、、、と、ちょっとアフリカの掃除の仕方を思い出し
せっせと水一滴も残さない、鏡のわずかな曇りも残さない
そして、時間との戦いの掃除をしなければならない今のハウスキーピングの仕事との雲泥の差を実感するのでした。



タンザニアの掃除のお姉ちゃんの斬新なタマネギ頭髪型を最後に👇
b0334436_11404818.jpg

今日も訪問ありがとうございます


オセアニアランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-10-16 12:34 | アフリカの話 | Comments(1)

肉体労働奮闘記:最強15歳

ハウスキーピング(=肉体労働)3日目。

本日もスーパーバイザーは日本人のYさん。
そして、もう一人はなんと15歳の女の子!!149.png149.png

25歳でも、若い!って思うのに
じゅうごさい・・・って。。。。。

おまけにその女の子、どうみたって15には見えないんですわ。
すっかり大人びた顔つき(身体もでっかいが)
落ち着ききった態度と自信のありげな表情。114.png
なんか色気♥️までない?っていう感じ。

日本人のYさんに、こっそり
「マジで15歳?」と聞いちゃったもんね。


そして、15歳と思えないのは、いでたちや態度だけではなかったんですわ。

彼女は地元の学校に通ってて、土日やホリデーの時期だけ働いているそうなんだけど
それでもその仕事を1年以上やっているらしく、なんつったって仕事が早い!

ちんたらしてられない仕事だから、ある意味「早さ」は絶対求められるんだけど
彼女の早さはハンパじゃない。

さらにびっくりするのが、「早さ」だけじゃなくて
「キレイさ」と「気の効き方」!
どう見たって15歳じゃないね、あれは。
少なくとも私が15歳の時には逆立ちしたってできなかったね。

働く人たちは9割が20代だから(30代がたぶん2、3人?、そして50代が1名←誰だよ?!)
掃除する時は部屋のラジオを結構大きくかけて音楽ガンガン聞きながら仕事する人が多いんだけど
彼女はそのラジオもかけて、さらにイヤフォンつけて何か聞きながらやってる。

まあ、その辺はティーンエイジャー。若モノっすね115.png



本来はベッドはふたりで作らなければダメらしいんだけど
(一人だとキレイにできないし、たぶん腰とか痛めてしまう可能性もあるからじゃないかと勝手に想像)

15歳ってば、Yさんが私にバスルームの仕事を教えてくれてる間に
さっさと一人でやってしまう。それもすっげーきれい。シワなんかビシっと!
ベットメーキングに関しては、スーパーバイザーのYさんも感心する早さとキレイさなんだそうですよ。

まだまだ掃除に時間のかかる私なんか、とてもじゃないけど着いて行けず
彼女はさっさと次の部屋に移動しちゃう。

きゃ、遅れてごめーんとか言う間もなく、クールに表情1つ変えず出て行くので
「あれ、ちょっと私が遅いから怒ってる?」とか思ったんだけど
15歳ってばクールに「いいのよ。大丈夫109.png」とイヤミなしで言ってくれて、ウィンクまでしちゃってくれる。

なんなんだ、この15歳!


で、遅ればせながら50歳の私が息を切らして次の部屋に行くと・・・・

なんと、私がバスルームの掃除をしやすいように
いろんなものを片付けておいてくれたりする、すごい気の利きよう!!!

サンキュー〜!!!と言えば、またウィンク109.pngでクールにお返し。

もうビックリマークが何個あっても足りません!ってくらいのビックリ15歳です。


さらに・・・Yさんの話によれば


彼女には2つ年上の姉がいて
その姉もつい最近まで働いていたらしんだが、その姉なんかもっとすごかったらしい。

「家で二人でベッドメーキングの練習してるんじゃないですかねえ」

っていうのがYさん談。103.png106.png


最強10代姉妹!!166.png166.png

キウイの子供達は普通に15歳くらいで週末にバイトをしてお小遣いを稼ぐので
働くってことに関しては別に驚く事ではないんだけど

あの気の効き方と仕事の正確さっていうのは
時間で覚えられるってもんでもないと思うんだよね。

ホントは10歳くらいサバ読んでねえ?って冗談言いたくなるほどのオトナ。
(25歳でも私はあんなに気が利けなかったけどね)


結局最後まで彼女に追いつく事なく、彼女は終いには終ってないグループのお手伝いに行ってました。

ヘロヘロでオフィスに戻ったら
15歳から「Well done!」(良く頑張ったわね)って言われちったよ。

15歳に「よくできました〜」って言った事はあるけど
逆に言われたのは初めてだったわ。


うーん、これもまた経験っすね、センパイ103.png103.png

「また来週もよろしくね〜。教わったこと忘れてしまってるかもしれないけど・・」
なんてジョーダン言ったんだけど、顔色1つ変えないで「バーイ」と帰っていきました。

114.png114.png114.png114.png

15歳、クールすぎ・・。


おそるべし15歳。

目指せ、ベットメーキング選手権チャンピオン!



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-10-14 12:49 | ニュージーランド | Comments(0)

肉体労働奮闘記:トイレ掃除新記録

肉体労働奮闘記のつづきの前に・・・・・

今が最高に見頃のウツクシイ八重桜をみなさまとシェアしたいと思います。👇

b0334436_16001631.jpg

向こうの見える山はまだ白いですけどね。
春ですよ。春。




はてさて、

ハウスキーピングの奮闘記の続き。

はい、2日目!


前日あれだけ足腰使って痛かったから絶対筋肉痛で起きられないかな〜〜
と心配していたんですが、なんと普通に起きれた!
(まだ緊張感が身体にもあったと思われる。歳とったら筋肉痛は数日後!とか言わな〜い)


この日のスーパーバイザーは日本人!それも二人!!

一人はもう6年くらいこの仕事を頑張ってしていると言う、”ホンモノ”のスーパーバイザー。
もう一人はまだ20代半ばだけども2年近くこの仕事をしていると言う、彼女もスーパーバイザーと言う肩書きが付いてるベテランさん。
(あのハウスキーピングは1年もやれば十分ベテランです)


前日は部屋のみで、バスルームの掃除は教わらなかったので
(「バスルームはいろいろ難しいから明日ね」って言われたのだ〜122.pngおばちゃんに一気に教えるには無理がある・・と思ったのかもね〜)
その日はバスルームのご指導を受けることになりました。



「ゴミ袋はこうやってビニールを被せるとキレイにできます〜」
「雑巾3つを使って、こっちはバスルーム、こっちはトイレと使ってくださーい。お願いしまーす」

などと、さすがに日本人らしく丁寧に教えてくださるスーパーバイザー!
さすがニッポンジン✌️


言われる通りにせっせと仕事をこなしているつもりでも
やっぱりうっかり忘れてしまうこともあり
タオルの向きが違ったり、鏡の恥じっこにうっすら拭き残しみたいなのが残ってたりすると
スーパーバイザーさん達は、それはそれは申し訳なさそうに
「あの〜、スミマセン。。。。これはこっちの向きでお願いします。」と指導してくださる。

「いいんだよー。スミマセンなんて言わなくて。バンバン言ってちょうだい!」
なんて言っても、ニコニコ笑って「あ、大丈夫です。ありがとうございます」
とかお礼まで言われちゃったりしてね。

・・・・そりゃあそうだろうなあ。
Mちゃんのお母さんは私と同じくらいの歳らしいし、そんなおばちゃんに

「ちょっとお〜〜!136.png こんなとこに拭き残しがあるわよ!タオルはこっち向きって何度言ったら覚えるの!」

なんてさすがに言えないわよね。129.png
昔の体育会じゃないんだから。

おまけに私の歳を知って(きっと思ったよりおばちゃんだ!と思ったに違いない)
途端に気の毒に思ったのか、Mちゃんはとっても親切に、そして心配までしてくれちゃって
「腰痛めないように気をつけてくださいね〜」
「大丈夫ですか〜?」
「あ、ここは私がやります〜」

と、初心者で誰よりもいっぱいやらなきゃならない身のくせして
逆にお世話になってしまいました。

それでも、その日に終らせなければならないノルマがあるので
そうそうのんびりもやってられないわけですよ・・・。122.png

その日もランチ休憩30分(正味座った時間20分弱)だけで
12時半から5時過ぎまで休みなし、動きっぱなしでした。

おまけにバスルームの掃除を主にしていたので

掃除のスプレーにむせるわ144.png

うっかり頭にシャワーの水をかぶっちゃうわ135.png

トイレの水までも顔にかかるわ145.png
で、なんか前日にも増して見た目ヨレヨレ〜〜。
頭なんかぼっさぼさだったけど、気づかずに家まで帰宅。



でも、せっせとトイレを雑巾で拭きながら

「あ〜、今日トイレ掃除何個目だ?」
掃除したトイレの数を数える余裕もありましたけどね。

自分の家のトイレだってあんなに頑張って掃除したことなんかないのに・・・。
それもトイレに顔がくっつきそうになるまで便器大事そうに抱えて!103.png103.png



・・・うーん、良い経験だわ〜。



もうちょっとつづく。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-10-13 16:51 | ニュージーランド | Comments(0)

肉体労働奮闘記:みんな外人

ハウスキーピングという名の部屋掃除係:クリーナーのお仕事でのお話。

ランチはスタッフルームでサンドウィッチをそれぞれ作り食べるわけですが
初日、そこに私と同じハウスキーピングの人たちがぞろぞろと集まってきてました。

人数はおそらく12、3人ってとこか?
(この時点では、多いのか少ないのか理解できてない)

そして、どう見たって皆様私よりかな〜り若いってことが一目瞭然!!144.png149.png144.png

昔日本のホテルで働いていた時
部屋掃除をする人って、パートのおばさまたちで
20代の私にしてみたら、おばあちゃんみたいな感じの人たちばっかりだった・・・気がするんだよね。
リーダーのおばちゃんなんか、確実に60代後半だったし、70代の人もいたと思う。


でも、今回私が働くホテルのクリーナーさんは平均年齢25歳・・・って感じ。
歳全員に聞いてないから、あくまで私から見た感じだけど。


さらに・・

みなさんの会話を聞いていると、あっちこっちのお国から来ているらしいってことが英語のアクセントでわかる。
(自分だって日本語英語アクセントしっかりだけど)

ちなみに私と同じ日に始めた女の子は、スウェーデン人で24、5歳。
1年間旅行中で、12月にはスウェーデンに帰るんだけど
帰る前にまだあちこちニュージーランド内を回る予定らしく、その前にお金が必要なので
1ヶ月だけハウスキーピングとして働くの〜〜〜って言うお気楽な感じ。

ひえ〜〜1ヶ月だけでもいいんだ〜〜〜
と彼女の話を聞いてびっくりしちゃったんだけど
雇用側としては1ヶ月でも1週間でも、ぶっちゃけその日だけでもいいから人が欲しい!ってことみたい。

他には台湾人の男の子と女の子。
二人も働き始めて2ヶ月。

それから、見た瞬間懐かしさを覚えた女の子二人。
ちょっとウェーブのかかった長い黒髪と黒い瞳。
そして南米独特のはっきりした美人顔

そう!!アルゼンチン人の女の子も二人働いてました。

私:「アルゼンチンの何処から来たの?」

若者:「ロサリオってとこ〜」

「あ、メッシ(サッカーのヒーローね)のホームタウンね」(とちょっと知ったかぶり)

「え〜〜!!?知ってるの〜?」(途端に表情が明るくなる)

「私もアルゼンチンにちょっとだけ住んでたよ〜」

「へ〜。どこ?ブエノスアイレス?」

「いや違う違う。カリンガスタっていうちっさな村」

「・・・カ・リ・ン・ガ・ス・タ??どこそれ?」(絶対そうゆうと思った!)


でも、そんな会話をすると一気に距離が縮まりおばちゃんも仲間に入りできた感じ♥️。



結局その日働いている人は、1名を覗き全員外国人ってことが判明。
その1名っていうのは大学生のアルバイト。(大学の休みの時だけ限定)
あとは、イギリス、ドイツ、



・・・・う〜ん・・・何故地元の人がいないのだ?
謎。不思議。

・・・って、働いてみてわかったけど
そんなのは謎でも不思議でもなく、ただ単に給料は安く体力的に大変な仕事!
だからってことみたいです。


そんなところに、とってもお気軽な気持ちで混じってしまったわたくし。

「あれ?やっぱり(みんなに散々言われた通り)私には無理な仕事だったかな」

と、思ったのは初日8時間半のキツい労働を終えた後。
正直、なんだかんだ言っても大丈夫だろうな、と変な自信があったので
それを仕方なく認めたのは、腰も腕も痛くて歩いて帰れないほどだったから。

実は、それは後で聞いたんだけど
こんな忙しくて遅くまでかかってしまうような状況は、マネージャーのおばちゃんが働き始めて15年
初めてのことだったんだそうですよ!

よりによって、初めての3日間。
普段は2時3時で終る仕事が、5時過ぎまでかかってしまうと言う、
とってもラッキーな(前向きに!)巡り合わせだったってことです。

なかなかできないきちょーな経験させていただきました。


肉体労働奮闘記、もうちょっと聞いてください。

つづく・・・・


写真もない地味なブログなので、最後に一枚。

テレビを観るネコ😼😼
b0334436_07455537.jpg

今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-10-11 17:04 | ニュージーランド | Comments(0)

肉体労働奮闘記

さて、ホテルでの肉体労働=ハウスキーピングのお仕事。

最初に言われた

「9時からだいたい2時か3時だわね〜」

なんていう予定をぶっちぎりで破ってくれて
初日は終了6時。
2日目は5時半。
3日目は5時。

と言う、それはそれは非常に長い肉体労働となりました。

おまけに休憩は12時から30分間だけ。
30分って言っても、12時になってから各自掃除している部屋からスタッフルームのあるブロックへ歩いて行くまでに5分は経過。
手を洗って、ランチをぱぱっと食べてお茶飲んで・・・なんてしてたらあっと言う間に12時半。

キウイの職場にしては珍しく時計きっかりに仕事開始。
12時半には見事にみんなさっきまで掃除していた各部屋に戻るのです。
トイレも大慌て!

もう、動く動く!!!
じっとしていたのは15分くらい座ってランチを食べていた時のみで
あとは夕方6時までずーーーっと動きっぱなしでございました。


いくら昔ホテルで働いていたからと言っても
その大昔の知識がこのハウスキーピングで役立つことなんかほぼナシ。
・・・ってか、事務仕事だったしね。ははは。


だから、もちろんセンパイに一から教わりました。

初日のセンパイは27、8歳って感じでしょうか。
イギリス人で1年くらいそこでハウスキーピングとして働いているピチピチパリパリの若者
(「若者」っていう言葉を使う時点で歳の差を感じますわな・・122.png

そしてたった1年でスーパーバイザー!ですって。150.png150.png
スーパーバイザーって、日本でいうところの「監督」「監視役」みたいな感じなんでしょうけど
その話を聞いた時点で、この仕事のローテーションの短さを知っちゃったもんね。
はは〜〜〜ん・・ナルホドね。と裏事情をちょっとだけ知ることになるわけです。

そう、この仕事長く続ける人はいないってことヨネ・・・フムフム・・・。


でも、もう始めちゃったもんね。
とりあえずやってみましょうよ。
と、センパイにあれこれ教わりながらがんばりました。

まずは、ベッドメーキング。

「シワはナシね」
「角はキッチリね」
「枕はかならずこっち向きで」


と、がっつりアイロンがかかって畳んであるシーツを
どっち方面からベッドに置くか、、、ってところから教わりましたわ。

「ひょいって広げればいいんじゃないの?」
なんて心で思っても、そんなのは言っちゃダメっすよ。(笑)

センパイに言われたと〜りに言う事聞くいい後輩でなければ・・・。

それでもやっぱりスーパーバイザーっていうだけあって
シーツ一切シワなしできっちりベッド作れるからすごいよなあ〜と感心しちゃったわ。
(私も1年、いや1ヶ月もやればできると思うけど)

それからやっぱり私は遅い。
初日だから当然なんだけど、やっぱりセンパイは早い早い。
私がどんなに頑張って早く枕をカバーに入れていても
私が1個キレイに入れ終わる頃にはセンパイは2個終ってる〜!


一通りベッドを作り終わった後は、ダスティング(拭き掃除)。
こんなこと言っちゃなんですが、「これで(こんな薄汚れたタオルで)拭いていいわけね?」と内心びっくりしながら
言われた通りのタオルを使って拭く。

でもって、拭いたあとはセンパイのまさかの「姑チェック!」

仕事始める前に、友達から
「こうやって指で姑みたいにホコリをチェックされるよ〜〜〜149.png」なんて冗談を言われてたんだけど
まさかホントにやられるとは思わなんだ!!!


その後はセンパイから、「じゃあ掃除機かけてくれる?」と言われたので
ハイハイと嫁は言われた通りに掃除機かけましたよ。

そんな感じで言われるがままにせっせと仕事していたらあっという間にランチタイム!早!

一応、ランチは出されるんだけど
いたってシンプル。

ハム、サラミ、トマト、ツナ、チーズなんかが入ってるタッパーがあって
それをパンに挟んでトーストにしたりそのままで食べたりする。
すっかり硬くなったスクランブルエッグが初日はあったけど、きっとあれは朝食のあまりだろうな・・と。

ささっと、食べて紅茶飲み始めたら、もう12時25分!
トイレ行ったりしてたらあっと言う間に午後の活動開始。

センパイの後をせっせと着いていく。


・・・と、言う感じで初日の午前はあっと言う間に過ぎてしまいました。


でも、なんかこうやって動くのは気持ちいいかも・・・
なんて、その時は思っちゃったのですよ。

まさか、その日それから夕方6時まで休みなしで働くとは知らないからね。



・・・ってことで、ちょっと私の肉体労働奮闘記続きます。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2017-10-10 12:41 | ニュージーランド | Comments(0)