<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

子猫(王子達)の成長

我が家に王子達(・・・誰だよ!親ばかだよ!)がやってきて4ヶ月・・・

え〜〜っ!まだたったの4ヶ月しか経ってないの??!!

っていうのが、本音。
なんか、もうずーーっと一緒にいたような気がしちゃってます


生後7ヶ月となり、身体もぐんぐん大きくなって男らしく(?)なってきている2匹ですが
その2匹の昨日のお昼寝風景

ぐで〜〜〜ん!037.gif なが〜〜〜〜っ!
b0334436_08010302.jpg
最近はさすがにこの場所が2匹では狭くなり過ぎて、2匹一緒で寝る事は少なくなったので
久しぶりに見る「兄弟お気に入りの場所」でのお昼寝

それにしても、こんなんでよく眠れるよなあ。
スコティなんて、手を前の乗っかるところに置いてバランス取ってる〜〜!!
b0334436_08070347.jpg
これでいいのか?
こんなんで寝てられるのがすごいよ、お前さん。
もっと気持ちよく楽に寝れる場所がいっぱいあると思うんだけどなあ・・・・・
やっぱり兄弟の側がいいんだろうかね


4ヶ月前は、2匹がすっぽり入ったのに・・・☟
b0334436_08014340.jpg
b0334436_08122108.jpg
あ〜〜ちっちゃかったのねえ〜〜
かわええなあ〜〜〜〜〜016.gif

ゴンの足にすっぽり入っちゃってるじゃん!かわいすぎだぜ、モンティ!
b0334436_08140995.jpg

毎日見てるからそれほど違いは感じなかったりするんだけど
ベッドに寝ててどかっと胸に乗っかってるくる時の重さとか、キャリーバックに2匹を入れても軽く持てたのに1匹でも十分重く感じると
「あ〜大きくなってるんだな」と改めて実感するのですよ


最近、父ちゃん好きなモンティ
b0334436_08152743.jpg
膝に完全に乗らずにこうやって寝るのがモンティは好きらしい


4ヶ月前、ゴンの膝の上で寝る2匹(きっと今の1匹よりも軽いかも)
b0334436_08221801.jpg

これからも大きくなるんでしょうかね・・・・
メシの食いっぷりも半端じゃない今日この頃〜



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-30 14:43 | ニュージーランド | Comments(2)

物を運ぶ方法:アフリカ流

このおっさん👇のお仕事はなんでしょ〜か?
b0334436_08325160.jpg
はい、見ての通り「鶏を売る人」
(あえて質問するような事じゃなかった・・・スミマセン)

おじさんはこの鶏を乗っけて、チャリ〜ン!チャリーン!と鈴を鳴らしながら村を歩き回ります
日本のラッパを吹きながら豆腐を売るおじさんと似たかんじ〜

それにしても、アフリカ人ってホント、頭にモノを乗っけるのが上手だよね

子どもも何でも頭に乗っけてたし
b0334436_08470553.jpg
特に女性は強かった!
b0334436_09165570.jpg
見てこの母親を!!!👇
b0334436_08504827.jpg
背中にいる赤ちゃんに落ちたら・・・・と思うと見ている方が冷や冷やしちゃう
でも「1回運んでいくら」のこの仕事。
きっと彼女はこれを何度も繰り返し、わずかでも収入を得ているんだと思います。エライなあー。強いな〜。

今、私は肘を怪我していて、ちょっとした動きでピキっと痛みが走るのでやたらに物が持てなくて不便してるんですが
この前、スーパーで買い物をして5個くらいのビニール袋を下げて家に帰ったら、ゴンが

「ガーナ人みたいに頭に乗っけて歩けば、腕を痛めずに済むんじゃね?」と・・・。

あ〜〜〜確かにね!
じゃ、そうしましょ!!!

・・・って、アナタ! そんなに言うほど簡単じゃないのよ!

ガーナ人は小さい時からいろんな物を乗っけて練習してきているわけで
ちょいとマネしてうまくできるようなもんじゃないのよ!

ほれ👇みてみ〜
b0334436_09053460.jpg
この子達は水の入ったペットボトルを手を使わずに頭に乗っけて、ふつ〜〜〜〜タッタカと歩けるんです!お見事!
私もやってみたけど無理無理046.gif

子ども達に散々冷やかされて薪も乗っけてみたけど、ひたすら笑われただけだったしね
(結構重たいんだ、コレが)
b0334436_09190059.jpg
よっぽど心配だったんだろうね
私両手で支えているのに、更に女の子後ろから支えてくれてます・・・

水も運んでみたよ👇・・・・3歩くらい・・・・・支えてもらってだけど・・・

b0334436_08582634.jpg
確かに今の私の肘にはいいのかもしれないが・・・・

・・・・今度は首を痛める予感がする・・・・




今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-28 11:34 | アフリカの話 | Comments(0)

野生に囲まれたくましくなった私

ちょっと前
倉庫の冷蔵庫とキッチンの冷蔵庫を入れ替えることにしたんだけど
たまたま身長2メートルの大男さんが遊びに来ていたので手伝ってもらいました。
ほら、なんせうちは、ケガ人(リハビリ中)のオトコと、か弱い大和撫子(うそ)だけだから・・・。
ちなみにこの自称「大和撫子」(って自称したこと一度もないけど)、身体を鍛えるはずのジムで肘を怪我し療養中(あたしのこと)


参考までに身長2メートル男と153センチ女(私)の靴の違い (靴は23センチ)
b0334436_14444576.jpg

結局2メートル大男さんがほぼ一人でやってくれたんだけど
彼が倉庫の冷蔵庫を移動したら、でっかいクモがいたんです

そしたら、なんと「きゃ」とも「ひえ〜」とも聞こえないような悲鳴を出したのが2メートル男子!

いるんだよねえ、クモの苦手な人って・・・。

そして、この大和撫子もどきの私は、実はクモはへっちゃら〜ときた。
いやうそ、へっちゃらじゃないんだけど、飛び上がって避難するほど怖くないっていう程度なんで、持っていた冷蔵庫を落としそうになってへっぴり腰になってる2メートルの目の前でささーっと棒でクモさんを誘導し移動願いました。

それを見ていた2メートル
「おーーーーーっ!」と今まで私に向けた事のないような「尊敬」の眼差し!

任せなさい!066.gif066.gif006.gif

なーんつってね
私も実はヘビとかあーゆうものは苦手なんだけど
やっぱりほら、アフリカの「経験」で多少の度胸が付いたっていうか、慣れたっていうかね・・・

だってこんなのが普通に玄関にいたりするんだもん、そりゃ慣れていくわさ〜
b0334436_14180743.jpg
私のゴム草履と比べてもらえば大きさがわかるでしょ?↑


ヘビなんかは普通に道でウロウロしてたしね。(きらいだけど)


ガーナの家の周りはこんなトカゲ君一家が大集合 (30匹は下らない数の大家族がへばりついてます)
b0334436_14341247.jpg
もちろん家の中だって普通にトカゲはいるし、ある人の部屋のトイレにはヘビがとぐろを巻いていたこともあって大騒ぎだったし・・


ちょっとサソリの写真を見つけてたらこんなのが出て来たので載せちゃおう
b0334436_13560800.jpg
これ↑人間が棒切れでずずーっと線を引いたみたいに見えますけど
実は、「アリの大移動」でできた道です

これはタンザニアなんだけど、雨が降る時は豪快に降って洪水になってしまうので
大雨が降る数日前になるとアリ達は安全な場所へ移動してました

その移動っていうのがまたすごい!
この道脇には見張り役の大きめなアリがじっとしてて、小さいアリがせっせと何かを運びながら移動します
b0334436_14402420.jpg
b0334436_14020470.jpg
うっかりこの渋滞を踏んづけちゃったりしたら大変!!
あっと言う間に靴を駆け上がり、ズボンの下から足に向かって突撃が始まる
がっつりかじりつくんだけど、それがちっさいくせして痛いのなんのって!

だからこんなに小さいアリでも要注意のタンザニアでした

あ、私達が住んでいた家の前には常時この方が待機してました↓
b0334436_14330813.jpg
あと、こんな醜い鳥さんもいたな〜
b0334436_13591838.jpg
そう考えると、ニュージーランドなんてヘビはいないわ、熊もいないわで、もちろんアルゼンチンみたいにタランチュラもいないで
ちょっと10円玉くらいのクモなんてかわいいもんに思えて来ちゃうから・・・人間って変るっていうかたくましくなるもんですねえ。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-27 15:31 | アフリカの話 | Comments(4)

猫のコミュニケーション

スコティ:「ちょっとさあー。オレ、そっちに行きたいんだけど〜」
b0334436_09003771.jpg

モンティ:「いや、オレはそっちに行きたいんだよ〜」

す:「どーする?」
も:「じゃ、オレは下から行くから」
す:「おっけ、じゃオレは上から・・・」



b0334436_09015675.jpg
す:「早くしてくれ〜」
も:「お前の足が邪魔なんだよ〜」


も:「早く足をどかせっちゅうのに!・・足噛んじまうぞ」
b0334436_09035266.jpg


す:「ふ〜っ・・・落ちなくてよかった」
b0334436_09080820.jpg
・・・

・・・
b0334436_09104191.jpg
も:「あ、オレやっぱそっち行くわ」 (と、回れ右)
  



・・・と言う、会話がされていたかどうかは知りませんが、見てて面白かった

たまに、ニャーじゃない、なんとも言えない声を出してコミュニケーションを取ってる2匹。
あれは絶対猫語で会話してるんだと思うよ!


b0334436_09141906.jpg

こんな風にちょいと前まではフェンスの上が限界で、その外には出た事がなかった我が家の箱入りムスコたち。

しかし・・・

何かのきっかけで(きっと落ちた)、フェンスの外に出ちゃったモンティ

「うわっ〜!世界は広いぞ〜!オイ、スコティ来いよ!」

と言ったかどうか知りませんが、モンティの後をついてスコティも外野へ出ちゃいました

そして、あれよあれよと言う間にどっかに言っちゃったみたいで、10分ほど行方不明で母も父も大慌て!
っていう出来事がありました


そしたらその日以来、外に出たがっちゃってたーいへん
いよいよ、外出許可を出す日も近いかもしれないな。


昨日はスコティが下だった・・↓
b0334436_09252675.jpg

猫語・・・・いずれはマスターしたい!

今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-26 10:24 | ニュージーランド | Comments(0)

春の訪れ?

過去約5年間、あっちらこっちら移動しながら生活していたので、ワナカの我が家で冬を越すことはなくきましたが
今年は「いよいよ越冬だぜ!」と意気込んで冬に備えていた私達

バンバン燃やすのでちょっと足りなくなさそうになった薪も再注文したし

「さあ、来い!ワナカの冬!」

と待ち構えているんですけどね・・・・


あれあれえ〜〜??
b0334436_08122612.jpg
なんか、花が咲き始めちゃってるんですけどぉ〜〜〜

b0334436_08175750.jpg
サクラ?みたいな花。。。。
どうやら彼らは「春が来た!」と思っちゃったらしい。
まだ冬が来てないっていうのに・・・・・あ〜あ、完全なフライングですな。

2ヶ月前の早朝マイナス3度とか言ってた事があるのに
ここ2週間以上、霜すら降りる事なく気温もプラスの朝。
10日前なんか朝6時で10度もあって温度計ぶっ壊れているのかと思っちゃったほど

どーすんでしょ、2週間前にオープンしたスキー場
雪がなくてスキーどころじゃないでしょーに・・・ソリすらもできないんじゃない?


猫チンたちもポカポカ陽気で外に出たがっちゃって大変!
(最近行方不明になった話はまたあとで・・・)
b0334436_08274848.jpg
寒くて丸くなるどころか、のび切っちゃってます、うちの子
b0334436_08303383.jpg
それにしても、モンティーよ、お前はいったい本当に猫なのか?
と思いたくなるような寝相です。

ゴンはいっつも
「お前はエイリアンか?」
「どこの惑星から来たんだ?」
「お前の惑星では何語を話すんだ?」
「仲間はいるのか?」
と聞いてます。037.gif

ゴン曰く、
「ウィンクして返事してる」らしいです



あ、エイリアンと言えば・・・

この間夕方見た奇妙な雲
b0334436_08363287.jpg

b0334436_18364651.jpg
UFO・・・・・でてきそう〜〜〜


あ、ゴンはモンティに向かって
「オレはUFO見た事ないから、今度お前の友達に頼んでビームで機体に吸い上げてちょっとどっか連れてってみてくれ」
なんつーことも言ってます。

決して、怪我で頭がどうにかなったわけじゃありません・・・(046.gif念のため)




今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-24 08:44 | ニュージーランド | Comments(0)

誕生日のサプライズ

実は、スコティの手術の翌日は私の誕生日だったんです
ただ誕生日なんてどうでもいいほどスコティが心配で心配でね
その晩はソファで寝たんだけど、やっぱり眠れずにいたら・・・

12時を回った時、私の携帯がピーン!!

なんだ?と思って見てみたら・・・

なんとタンザニアにいる友人からハッピーバースデーのメッセージ!
時差があるので彼女は昼で、わざわざちゃんと12時を回ってからメッセージを送ってくれたの〜
きゃあ、やるじゃん!うれしいじゃん!
と速攻で返事送ったら・・・

「オー Sh○t!(あまりお上品でない言葉)、そっち夜中でしょ?起こすつもりじゃなかったのよ!ごめんごめん!」
と慌てておりました。

スコティのあれやこれやで寝てなかったから全然オッケーだったので、そのあと1時間もチャットしちゃったさ。


そして、ろくに寝ないで迎えた誕生日
・・・っていうか、自分の誕生日なんてどーでもよかったんだけど

やっぱりというか当然、ゴンはすっかり誕生日のことなんて忘れているわけよ。
いや前の晩まで覚えていたんだけど寝たら忘れてしまったんだとさ!

泊まっていた友人が朝起きて一番に、「ハッピーバースデー!」と言った瞬間・・・
飲んでいた紅茶を吹き出し「おっ〜!!!ダーリン!ハッピーバースデー!!!!」と大慌てのゴンでございました
まあね、別に期待はしてないので全然いんだけどさー

そんな私を気の毒に思ったのか、友人は私に朝ご飯を作ってくれたよ (うっ、、、泣けるぜ)
(サーモンとスクランブルエッグと私の手作りパン)
b0334436_17543457.jpg

実は、友達も私の誕生日だってことをFacebookで前日に知ったので、もちろん準備も何もしてないわけです。
まあ、特に私も気にしてないし特別何もする気もなかったので、おめでとうって言ってもらって朝食作ってもらえただけで十分!って言う気分だったのー

だから「ちょっとミルクとビールがないから買いに行ってくるね〜」
なんて出かけた友人が、まさか私の為にプレゼントとケーキを買ってくるなんて夢にも思わなかった!!!

b0334436_18070235.jpg
おめーが消すか?おい!

実はね、あとで聞いた話なんだけど
このケーキにロウソクを付けるのも私に隠れてこっそりやった友達夫婦だったんだけど
なんと二人がガレージでそれをやってる時に、私はトイレに行くついでにガレージの電気が付いているのに気がつき
「あ、電気つけっぱなし〜」と消しちゃったの〜〜!!もちろんガーレージに二人がいるなんて知らないからね。

ガレージで真っ暗になっちゃって大慌ての二人は、マッチでなんとか手元を照らしロウソク全部に火を付けたらしい037.gif  ごめーーーん!!!

そして、私を驚かそうと、こっそりとロウソクの付いたケーキを持って二人で「ハッピーバースデーツーユー〜」と歌いながら
リビングに入ってきた二人・・・

なのに・・・・

リビングにいたのは・・・ゴンだけだった!・・・・・と言うオチ。

あははははは〜〜〜!!003.gif003.gif

なんと私はトイレに行っちゃってて、ケーキを持って歌を歌う二人を後ろから逆に驚かす・・・という結果になってしまったんです


でもねえ〜〜〜
そんな友達の心遣いがうれしかった

大好きなベア・グリルのナイフももらっちゃったもんね!006.gif
ハンドクリームも!
b0334436_18180564.jpg
最近はメールで全部済んじゃうので、カードなんかももらうことも送る事もなくなったけど
二人にはちゃんとカードをもらいました

実はこの友人は、ゴンが退院した時にも私達二人別々にカードを送ってくれた人たち

私には
「ザ・ベスト・オブ・ナース 2016!」
と、でかでかと書かれたカードを送ってくれましてね。
笑えたと同時に胸がぐっと熱くなったもんです。
ありがたいっすね、そうゆうのって。



すっかり家のぼっちゃんに惚れてしまった友人↓
b0334436_18252991.jpg
スコティが思いっきりリラックスしてこんな格好で寝てたら
奥さんに向かって「おい・・・俺たちが帰る時この子たちを連れてったら、ミキ達は気づくかな」なんつってたよ!オイコラ!


さらに、ベッドで寝てるスコティに
「オイ、オレんちの子になるか?」「お前はかわいーな〜」とデレデレのおっさんなってた ↓ 
(ちなみに彼2mもあるんで横になるどと更にでっかいんですけど!)
b0334436_18320734.jpg

そんな4○歳の誕生日でした
え?!○○代最後??!!ひえ〜〜!!


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-23 07:58 | ニュージーランド | Comments(2)

猫、猫ドアに挟まれる?!

もう1週間経ってすっかり元気なんだけど
実は、うちのスコティが怪我をしちゃいました002.gif002.gif

友達夫婦が来ていてちょっとバタバタしていたので
実際に怪我をしたときの状況はわかんないんだけど
気がついた時にはシッポから血がタラタラ出て来て、怖い時(掃除機とか)に隠れる場所にじっとしているのを発見
よく見れば皮もはがれ、骨まで見えちゃってる〜〜〜!!!うそ〜〜007.gif
(一応写真を撮って記録しておく余裕はあったけどね)

で、あれこれ捜索してみたんだけど
どうも最近付けた猫ドアに挟まれちゃったらしい

ドアの前にごっそりと抜けた毛
血も少し付いていたんだけど、決定的だったのはスコティがドアに異常な反応を示したこと
すごい怖がって近寄らないし、私達がドアを閉める動作にもサーッと逃げてしまったのでこりゃ間違いないな・・と。

事故は夜だったので朝まで待って獣医さんに連れて行ったら
血管が切れてしまっているので、このまま放っておいてもシッポの先の神経はやられてしまっているので
切断しかないだろう・・ってことになりやむなく切断

元々ながーいシッポを持つこの子達、幸いにも先の方だけだったのでそれほど目立つ事もなく本人も大丈夫そう(に見える)
b0334436_06431208.jpg
毛を剃られているけど、更にこの先に同じくらいの長さのシッポがあったわけですよ

獣医さんなんか、「あ〜あ、君はびゅう〜てぃふ〜な長いシッポがあったのににねえ〜〜」と気の毒がってましたけど・・。


手術を終え帰って来たスコティは、まだ目が虚ろ・・・
そして私を見て鳴く声が、それはそれは悲しそうで思わず私が泣く・・・という情けない母

獣医さんのアドバイスでモンティとスコティは別に寝かした方がいいかも・・っていうので
まだ麻酔が切れないでずっと寝るであろうスコティを私達の寝室に入れ、モンティをいつも通りにリビングで過ごして頂く・・・・
なーんつう事がそんなにうまく行くはずはない!

だって、生まれてこのかたずーーーーっと一緒の2匹だもん
離れていられるわけがないわな。。。

結局2匹のミャーミャー声に、みんな(友達夫婦も泊まってた)が眠れないだろうってことで
私は枕を持ってリビングで寝る事にしましたよ
(もちろん眠れなかったけど・・・・)


これは翌日のスコティ
カラーにも少し慣れて来てオモチャで遊ぶようになって母も一安心

b0334436_06465220.jpg
さて・・・

スコティは手術の日、朝10時から夕方4時まで獣医さんに行ってたんだけど、その間、留守番のモンティ君はと言うと・・・

いつも遊ぶ相手がいねーぞ〜!・・・ってことにもちろん気づき、あっちこっち探しながら鳴いてました

それを見て気の毒に思った友達は、「よーしよーし」とモンティを抱っこしてあやしてくれてた〜〜〜
かわええ〜〜〜
b0334436_06320049.jpg
モンティもなんか心地よかったんだろうね。ゴロゴロ言いながらずっと抱っこされてたよ。
よっぽど寂しかったんだな・・・002.gif


あとですねえ

怪我をした時、あまりにもうろたえた私はついつい「アニマル・エキスパート」(って勝手に私が言ってる)ゆうさんに泣きのメールを送ってしまったんです
「ちょっと聞いて〜〜!うちのスコティがぁさぁ〜〜〜 お〜い、お〜い(泣)007.gif008.gif」とね。

ほら、なんせ「新米母」だから、オロオロするばかりなんですよ。
だからなんか「センパイ」に頼りたくなっちまってね・・。

そしたら、なんと彼女は翌日にわざわざお見舞いに来てくれました〜
おまけに猫チン大好きなおやつまでお土産に持って来てくれてさあ〜
あ〜〜、、、こうゆう優しさは本当にこたえます。
本当うれしかったなあ〜
ありがとう!アニマル・エキスパート・・じゃなくて、ゆうさん!

スコティもゆうさんからおやつをいただいてご機嫌でした
b0334436_07574373.jpg

猫の為に作られた猫ドアで、ナゼあんな大けがを??!!といろいろ言いたいこともあるし
それこそあのドアを作った会社に訴えるぞ!と2秒くらい思った事は思ったんですけど
事故って言うのはそんなもんで、起こる時には起きてしまうもの・・・と思ってなんとか自分を抑えてます

ちょっとシッポが短くなっちゃったけど、今は元気なのでね・・・




今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-22 08:07 | ニュージーランド | Comments(0)

ガーナのチョコは頑丈?

カカオって言えば、チョコくらいしか思いつかないんだけど
あれ、かなり身体にいいらしいねえ。
最近じゃ、カカオはスーパーフードとか言われてるし
なんでも簡単に信じる私は037.gifしっかりカカオパウダー買ってスムージーとかにして飲んでるしね。

ガーナの最初に私達が住んでいた村の周りはもうカカオ畑だらけ
こんな感じでポコポコとなっていました
カカオの実が幹になるってことを初めて知ったのもこの時
b0334436_06532512.jpg
カカオにもいろんな色があって、上の写真のは黄色と緑だけど木によっては濃い紫だったりします。
b0334436_07063492.jpg
「なんで?」と地元の人に聞いたんだけど「さあ?」というあっさりとした返事だった・・・アラアラ

このカカオをパッカンと割ると、種があってその周りはぬめっとした感じの果汁がちょっとある
山に案内してくれた若者二人が↓、休憩におやつとして(?)その辺の畑から拝借したカカオを割ってくれた〜
b0334436_07080004.jpg
b0334436_07031816.jpg
b0334436_07054959.jpg
ちょっと見にくいけど、白いのがカカオの実で
それを口に入れてぬめぬめした甘いのだけをなめてカカオの身は捨てます
身を食べないの?と聞いたら「ノーノー」と言われたので腹でも壊すのかもしれませんね

これがチョコになるとは想像できない味だったけど、カカオの身(の周り)はやさしい甘さで美味しかった
この辺の子ども達はこうやっておやつ代わりになめているらしい


でも、大人にとってはカカオは貴重な収入源
大事に天日干しして市場へ持って行きます

b0334436_06541920.jpg
この乾燥されたカカオが、あーなってこーなって、美味しいチョコレートになっていくわけですけど
もちろん、この村の人たちは我がニッポンに「ガーナ」と名のつくチョコレートなるものがあるのなんて知らない

さらにチョコがあんなにまろやかでスムースに口でとろけるなんてこともきっと知らないんじゃないだろうか・・・

だって、あの村でチョコなんてもちろん売ってなかったし
唯一あの子達が食べられるチョコは、車で3時間行った町に売ってる「ガーナ産」の「溶けないチョコ」だけ
きっとそのチョコだって、あの村の子どもには貴重な食べ物だから食べた事ない子がほとんどだろうし・・・



あ、ところで「ガーナのチョコレートは溶けない」って知ってます?
あのムンムンとする蒸し暑いガーナの炎天下、頭の上にチョコを乗ってて売ってる人たちがいるんですけど
もちろん、そのチョコはガーナで作られてるもの

普通、あんな暑い所にさらされてたらチョコレートなんてトロトロに溶けてしまうのに
すごいねえーさすがだよねー、ガーナのチョコは太陽の熱にも負けない!溶けないんだもん!

っていうか、あの暑い場所でそう簡単に「溶けちゃったら」困るわけだな




最後に・・・
ゴンの部下のガーナ人にいただいたもの↓
b0334436_07163849.jpg
この葉っぱに何かが包まれているわけではなくこの葉っぱが贈り物〜

日本ではほぼ食べられる事のない、里芋の葉っぱ!

最初はなんだかわからず、掃除の女の子にどうやって食べるのか聞いたら
茎のところは切って葉っぱを茹でて食べる・・・と言う

言われる通りに料理してみたんだけど・・・・・

ひえ〜〜口の中がピリピリピリピリすごいことになってしまった!
これ、食べて大丈夫なわけ〜?
とネットで調べてみたら、「里芋の葉っぱはアクが強くて食用にはなりません」ときっぱり。
そりゃそうだろーあれだけ強烈なアクだもん!

でも、ガーナの人は食うらしい・。・・すごいね。

b0334436_07545872.jpg
私の500円傘は、「オレが持つ!」「私が持つ!」と喧嘩しちゃうほど人気(?)


今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-20 08:16 | アフリカの話 | Comments(2)

ガーナの家庭料理の食べ方

アフリカ・・・っていうだけで食べる物もワイルドなものを想像してしまうのは私だけではないはず

タンザニアにいた時は、それこそ「飛んでる虫」を煎ったものを、「アーモンド」だと思って頂いた。
(だって、みんなに「アーモンドの味がするから食ってみろ!」って言われたんだもーん!)
b0334436_19234998.jpg
↑これを羽根ごとムシャムシャ食べて、あとはビールでかーっと!068.gif



お祝いの肉は丸焼きが定番だったから
こんなのがぐるぐる回っているのを眺めながら、「う、うまそう・・・なのか?!」と思ったもんです
b0334436_14354819.jpg
でも、ベジタリアンでもなく、普段は普通に肉をいただいている訳だからね
本来のお肉さんの姿を見せてもらっていただくのはなかなか感慨深い(?)ものがあったり・・・した・・・・かな?

珍しいものもいっぱいあったけど、このマシュルームは結構貴重らしく
お店で売られていることはあまりなくて、道脇でこれを手に持ってあげて「売ります〜!」と言う個人商売の人が多かったかなあ
b0334436_19254220.jpg
ガーナ人にこれは美味しいと言われて買ったけど、日本人にしてはあまり味のしないマシュルームだった気がします
最初見たときは「このシッポはなんじゃ?」と思ったけど、根っこみたいで硬くて食べられなかった・・


さて・・
ガーナの家庭料理の代表的なもののひとつはこれでしょう
b0334436_07420071.jpg
餅・・・・!!!

じゃなくて、これはフーフーと言う、ヤムイモとプランテーン(バナナの甘くないやつ)を茹でたものを臼でついて作っているところ

b0334436_07410068.jpg
男の人がついて女の人が捏ねる、、、っていうのは日本の餅つきに似てる
杵の木屑が入っちゃったりするから、女の人はそれをさっと取る役目もしてます
もちろんハエもブンブンだよん

食感は「伸びない餅」みたい

それをスープに浸してぺろっと口に放り込むわけ
b0334436_07353538.jpg
ここで、ガーナ人から聞いた「フーフーの食べ方」

1:指で食べるべし(スプーンで食べるのと指で食べるのでは断然味が違うらしいっすよ・・・・ホントか?!)
2:フーフーは噛まずに飲み込むべし

私がくちゃくちゃ噛んでたら笑われて、「飲むんだよ〜」と言われました
もちろんスプーンなんか使ったら邪道っつうこと!

一度、地元の人だけが行くような町の片隅にあるフーフーの店に連れてってもらったんだけど
なかなか見つけられるような場所じゃなかったし、とっても庶民的な店でございました↓

b0334436_19084614.jpg
これがスープでいろんな肉がそれぞれ入ってます
はっきり言って強烈なニオイとモノによっては強烈な辛さ!

ガーナ人がこれは最高に美味しい!と私達に勧めてくれたのはグラスカッター
グラスカッターっていうのは、私からすると

超でっかいネズミ(キャー!!)

それはそれはデリカシー(珍味)で美味しいらしいです
これもまた、道ばたで子ども達がこのでっかいネズミの足を持って逆さにして売ってたりしてます
でもガーナ人にとっては結構な値段のする高いものらしく、なかなか食べられないんだってさ

でも、「ものは試し」「郷に入れば郷に従え」です。
食べたよ、食べた!
b0334436_07564504.jpg
もちろん、手で!
店の人が「お、オブローニ(白人)だ!」と言う目をして、スプーンを持ってきてくれたんだけど
ゴンも私もみんなと同じく手でいただきました
ゴンが手にしてるのがでっかいネズミの肉のその隣にはフーフーがボッテン

その「でっかいネズミさん」はですねえーーー
ものすごい分厚い皮でそれが油っぽくて、ちょっとブタの脂肪を食べてる感じだった

あと、肉の味はともかく、このスープに使われている調味料が強烈で
ニンニクだのチリだの、他にもなんだかわかんないいろんなものが入ってるらしく
手に付いたニオイは3日間くらい取れなかった気がしたよ
洗っても洗ってもニオイが残ってる気がして、何日もゴンも私も指をクンクン嗅いでました

結局これを食べたのは一度だけ・・・・・・
どんな味だったってことはそれでおわかり頂けるでしょう037.gif

ちなみに、フーフーと書きましたけど
この発音、熱いものを食べる時の「ふーふー」と言うのとは違って
どっちかと言えば、お茶目に「ウフフ」って言うときの、「ウ」と取った感じ。。。と言えばいいかな。(わっかんない?)
ま、そんなことは何の訳にも立たないことですね、はい、


他にも日本でいう、「白米」のような役割をしているものはいくつかあって
フーフーの他には、バンクーと言ってプランテーン(トウモロコシの甘くないやつ)を茹でて潰して、更に何日か置いてすっぱくしたものがあります
b0334436_08153058.jpg
これはたいてい辛ーーいソースがかかった魚と一緒に食べるんだけど
あの酸っぱさが慣れず好きにはなれなかった味だったなあ



さて・・・

私達がガーナで最初に住んでいた村の周りはカカオ畑ばっかりだったんだけど
やっぱり日本人で、「ガーナ」と言えば「ガーナチョコレート」じゃないですかねえー。ねえ?

b0334436_08091046.jpg
そんなわけで、次回は最近ではスーパーフードと言われている栄養たっぷりのカカオの話〜


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-19 08:40 | アフリカの話 | Comments(0)

アフリカの食べ物:学校編

そりゃ、お国も違えば「食うもん」も違うのは当然です

我が国が誇る「納豆」なんざ、そりゃある国の人にとっては

とんでもねえ!
なんじゃその臭いネバネバは?
そりゃ、食いもんかあ、おい!?

と、なってしまうことだってある

だから、ガーナの人たちが食べてるものだって、それなりに前向きに受け止めていたつもりです
例え美味しそうじゃなくても、ハエブンブンでも、彼らにとっては貴重な「食」ですからね

それもこんな重い思いをして、料理に使う薪を毎日集めてくる女性達の苦労を思えば余計にね
b0334436_14221179.jpg

水道なんて自分の家にある人はいないから、鉱山が寄付して作ってくれた水汲みポンプ(手動)で汲み上げられた水を使う
これも絶対女性か子どもの仕事
満タンに入った水、これを片手で支えてバランスを取ってこぼさず運ぶテクニックはさすが!
とうてい私なんかにはマネのできないワザですよ、これ(実はやってみた)
b0334436_14285309.jpg



下の写真↓は、私達がいる間に始まった「学校給食」・・・と言えばなんとなく聞こえがいいが
とりあえず、「食べられない子」がいないように作られたシステム(一部の地区だけ)

b0334436_14364163.jpg
この辺りで料理と言えば、必ずと言っていいほどの確率で使われるのが
トマト(日本のトマトのように甘くもなければ、あの青臭いトマトのにおいしない)
ニンニク(いっぱい!)
チリ(辛いの大好き!)
タマネギ(安い!)

たいての料理はこの4つの材料をこってこてに煮て(上の写真参照)これがスープになったり、シチューになったりします

上の写真のあの量のソースで、100人以上の子ども達に行き渡るわけなので
どれだけ濃い味か想像してもらえれば・・・005.gif


空の弁当箱を持って配給を待つ子ども達
b0334436_17400313.jpg
弁当箱はみんなそれぞれ。とりあえずご飯が入ればいいんでね。
その容器を各自家から持ってきて、ご飯とこのこってりスープがランチ
それもメニューはほぼ毎日これだから!

子ども達はこれを手でポイと口に運んでそれはそれは美味しそうに食べる!
こぼれてるけどねえ〜。いいのいいの、まだちっちゃいから。でもって、後で全部拾って食べるから!006.gif
b0334436_17423502.jpg
b0334436_17440923.jpg
両手は空いてても、頭に載せる・・・これアフリカでは鉄則!


「座って食べる」のは世界共通!!
b0334436_17462944.jpg
それがコンクリートの床であっても・・・・ね



・・

・・

本当はもっと強烈な食べ物を紹介しようと思って書き始めたんだけど
なんだか、ちょっと「普通」っぽかったかな
(写真を見てたらついつい紹介したくなってしまったのです、スミマセン)


せっかくなので、もっとアフリカの食べ物の話、続きます
だって、写真がありすぎなんだもの!
よかったらおつきあいください


今日も訪問ありがとうございます

ガーナと言えば・・・・チョコ・・・だよね〜
チョコの話はまたあとで

人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-06-16 18:04 | アフリカの話 | Comments(4)