<   2016年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ニュージーランド V アルゼンチンの冬

最近、運動不足とストレス解消の為にジムのメンバーになりました
(メイン目的はストレス解消だな)

そのジムの話はまた別の機会にするとして
昨日のジムの帰り、山の雲が降りて来て、真っ白な雪が見えててすごいキレイだったので
思わず車を止めて写真撮っておきました
b0334436_06575031.jpg

日中はそれでも日が当たるのでだいぶ溶けるけどそれでも午後もこんな感じでまだ白かったよ↓
b0334436_07070477.jpg
b0334436_07072813.jpg
寒くなって来たとはいえ、まだ本格的な冬ではないので
これからもっと寒くなるであろうこの地方・・・
初めてのワナカでの越冬ですぞ!

・・・・って大げさな!

あのアルゼンチンの凍り付くような寒さを思えば
暖かい暖炉もあって、すきま風も吹かない家に住めるなんて幸せ幸せっ!


もうアルゼンチンもだいぶ冷えてるはず
こんな風にアンデスの山もたっぷりと雪を頂き、カラカラに乾燥した村はもうピリピリに冷え込む時期ですな
b0334436_07143323.jpg
そして、お昼を過ぎて、太陽がさんさんと照りつけても氷は溶けない寒さのアルゼンチンの冬・・・↓
b0334436_07173873.jpg
まったく効率よくないヒーターだけで、全然温まらない家で
家の中でマフラー巻いて、足元はこんなんで過ごしたことを思えば・・・・
b0334436_07325380.jpg

冷えで多少膝が痛くなってきたって、ぜーんぜんへっちゃら・・・の・・・・はず


と、今日もせっせと暖炉の薪を運んでおります



今日も訪問ありがとうございます


あ、ついでに、アルゼンチンの小学校の教室にあったガスヒーター↓

b0334436_07435724.jpg
これが壁の上の方にぽつんと1個だけ置いてあります
ないよりはまし・・・と言う程度だったな



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-30 07:47 | アルゼンチン | Comments(0)

猫の寒さ対策

我が家の王子達(誰だよ!)

3ヶ月のご幼少の頃(ちっせ〜!)
b0334436_07145755.jpg
3ヶ月前にご縁があって我が家にやってきた兄弟

ゴンの希望(猫を飼うなら短毛のサイアミーズ)で、このサイミーズ君たちを選んだんだけど
よくよく考えてみたら、この子達 寒さが苦手!だったんだよ〜!!

サイアミーズはタイ出身
本来あんな年中暖かい国で育った猫だもん、そりゃ寒いとこ苦手っていうのは当然だろうなあ

それもよりによってここはニュージーランド・・・、下手したら夏でもフリースが必要になるような国で
更にその南の、雪が降って、冬はスキーヤーたちで賑わうこの地方に来ちゃったんだもんねえー

ど、どうする???
朝晩マイナスになる日が増えて来て
更にこれからもっと本格的な冬がやってくるというのに!!焦る焦る!心配心配!どーしましょ!
・・・と、今更ながら「サイミーズの寒さ対策」なんていうのをネットして検索してたりしてる悪い飼い主です040.gif

でも、ここの近所の友達の家でもサイミーズ飼ってたし
彼女は思いっきり外に出てもちゃんと生き残ってたから037.gif大丈夫だとは思うんだけどねー

暖炉の前にあるレイジーボーイ(リクライニングになるチェア)は完全に彼らの特等席だし

b0334436_07391066.jpg
寒ければこうやってお互いの体温で温め合って寝てるし

「兄ちゃ〜〜ん・・・」と抱きつくスコティ (どっちが兄ちゃんか知らんけど)
b0334436_06592312.jpg
と、なるべく前向きに、あまり心配を表に出さないようにはしてるんですけども(夫婦喧嘩になるから!)
やっぱり「風邪引かないかしら〜」「寒くて夜中ブルブル震えてないかしら〜」と何かと心配してしまう新米母なのですよ




空気は冷たくてもやっぱり太陽の日射しは気持ちいいらしい
b0334436_07551647.jpg

・・・

・・・

そうだ!セーターでも編んで着せようかしら〜〜

なんつったら、思いっきりゴンに睨まれた・・・015.gif


今日も訪問ありがとうございます

こたつ・・・・猫たち好きだろうなあ〜〜〜


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-28 07:58 | ニュージーランド | Comments(0)

ガーナ・ゴルフ事情と思い出

昨日、まだアフリカに残っている友人からメールがきまして・・・

今回の報告は「ゴルフ」。

彼女はガーナに行ってからゴルフを始め
今では完全にはまっちゃって、「ゴルフ命」になってる人

私もガーナの2つ目の鉱山にいるときは、彼女とほぼ1日置きくらいにゴルフしてたっけなあ
滝のような汗を流しながら・・・・

その彼女は今ガーナを出てタンザニアの鉱山にいるんですけど
あまりゴルフ仲間がいなくて寂しいとかで

なんと,この間わざわざゴルフの大会の為になんとガーナまで飛んで行ってきたそうです

クマシと言う町で行われたその地方のキング主催(酋長よりもさらに上のお方かな)のゴルフだったらしく
「みんなに是非!って言われちゃったのよ〜」と、誘われたことにまんざらでもない感じでした


そして、届いたメールの内容っていうのが

「も〜〜〜〜っ!みんなズルばっかする!031.gif


・・・

・・・

あははははは〜
そうだったそうだった!
私達がガーナ人とゴルフすると、かなりの確率でズルしてたっけなあ〜
こっそり足で蹴って良い場所に移動したり、絶対パットは5回打っただろー!ってところでも「あたしは3つ〜」とか言っちゃったり
空振りなんて数えないのが普通〜〜〜のガーナマダム達だったなあ〜

と、『ガーナ流ゴルフ』思い出しました〜


これ、ゴルフ場ですから・・・↓ 037.gif037.gif037.gif
b0334436_11562735.jpg
アブナイからダメだって言っても来る

唯一、ホコリにまみれない芝のある場所・・・と言えば、ゴルフ場くらいなもん
ほとんどの家には物干しっていうのがないから、みんなこうやって芝があれば芝に、あとは植木などに引っ掛けて干してました
あと、ゴルフ場にはちょうどよくコースの真ん中にちょろちょろと川が流れているので洗濯にはもってこいの場所
水はどうみてもキレイとは言えない汚れた茶色だったけどね

もちろん、そこで身体を洗っている人もいたよ

アフリカのブログでも書いたけど
一度、私のボールが小川に落ちた時、ちょうどそこにオッサン2人が真っ裸で石鹸まみれになって身体洗ってたことがありました

うへっ〜!と回れ右をしたら、オッサンたちは
「マダム、大丈夫大丈夫!ボールはここだよ!」なんてケラケラ笑ってたっけな

おっさんの言う「ボール」が何を意味しているかは知ったこっちゃないけど
「私のこのアイアンでその(おっさんについてる)ボール打とうか?」と言っちゃおうかと思ったよ

他にも、ちょっとした林からごそごそとおじさんが出て来たと思ったら
まさかの「トイレ大」をしてきた後だった・・ってこともあったなあ


もうなんでもありのゴルフ場だったけど、今思うとちょっと「いい思い出」
b0334436_11542519.jpg
これはゴルフ場を横切る「物売り」の子ども達



もちろん、「プレー中のズル」なんていうのは日常茶飯事のことでしたよ

意外に「負けず嫌い」な人が多くてびっくりしたもんです
別に賞品がかかっているわけでもない、ただのお遊びでもはっきりと「負けたくない精神」むき出しだったり
悪いスコアだとすねてさっさと帰ってしまったり・・・

だから友達が「みんなズルする」って言って来た時も
「あ〜、変わってないなあ〜」と、ある意味納得しちゃったもんね

それで賞品なんかがかかっていれば、まっとうにプレーする人の方が少ないんじゃね?と思っちゃう
賞品が今では日本でほぼ見なくなった「魔法瓶」だったとしてもね。
(魔法瓶って今でも言う?・・・っていうか、ある? 知らない人もいたりするのかな?)

友達曰く、その大会では見事に消しゴムでせっせと消してスコアを書き直してて、それが見つかって3位だかの人が失格になったらしい

うーーん・・・
他人事で遠いよその国で行われていることだから今となってはどうでもいいけども
実際にそこで真面目にプレーしている人たちにとっては

「やってらんね〜!」

と言うのが本音でしょうね



b0334436_11514144.jpg
ティーグランドにたっぷり干されている洗濯物と洗濯桶↑


b0334436_12503091.jpg
私の専属(?)キャディ、ジェシー
たった2百円くらいでも、彼らにとっては十分なお小遣いなので、彼はいつも私を待ち構えて真っ先に私のクラブを確保する子でした



まだ頑張ってアフリカに滞在している友人のお陰でいろんな情報が入ってきてます
懐かしくもあり、内容によっては「もう思い出したくない」出来事もあったりしたけど
あれはあれで貴重な経験だったな・・と、やっぱり最後は自分にとってはプラスとして残しておきたいアフリカ体験ですな


また、たまにアフリカでのこと思い出したら書きます


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-27 12:59 | アフリカの話 | Comments(0)

昔懐かしのチップス

ブラフ・オイスターフェスティバルに出かけた私達
b0334436_14154416.jpg
ごっつい指が私達が住んでるワナカで、一番下の更にぽつりと半島っぽく飛びでている場所がオイスターで有名なブラフ


しかし、昨日話した通り、オイスターフェスティバルに行っておきながら、オイスターを食べずに会場を後にした私達
やっぱり、ここへ来たらオイスターは食べておくべきだろうってことで・・・・

私達がリベンジに向かったのは

その会場の側にあるごくごく普通の・・・『フィッシュ&チップスの店〜!』
(揚げた魚とポテトフライのとってもヘルシーとはほど遠い安いテイクアウト)

そこの店にはちゃんと「ブラフ・オイスター」と看板もあったので絶対あるだろうと行ってみたわけです

そして・・食べましたよ、ブラフでブラフオイスターを!!

いやね、、別にそんなに意気込んで食べなくてもいいんですけどね・・
だって、今の時期ワナカのスーパーでも買えちゃうんだもん〜003.gif
でもやっぱり地元で食べるモノは絶対美味しいはず!って思うでしょー誰でもー。ねえ?


例え、こんなんでもさ・・・・↓
b0334436_13290356.jpg
大量のチップスに隠れている半ダースの ”ブラフオイスター様” たち

これ、私達、車の中で食べました。


ゴンがご幼少の頃は、このブラフオイスターなんてとても高くて手が出せるもんじゃなかったんだそうですよ
なので、彼が小さい時はオイスターの時期になると、近くのフィッシュ&チップスの店に行って
オイスターを揚げた油で揚げたチップスだけを買って、「オイスターの香りがかすかにするチップス」を食べて満足してたんだそうです

あ〜なんて気の毒な少年・・・・

でも、そんなチップスも今じゃ食べる事もなくなって、今回すごおーーーく久しぶりのオイスター風味のチップス
更に、今回は本場のホンモノ・オイスター付き!!

「これはなあ〜こうやってこっちの恥じっこから開けて〜」

「最初はチップスだけを食うんだ・・・・これがルール」

とかなんとか言いながら車のなかで「袋の開け方」から教わりました(メンドー)
b0334436_13420587.jpg

あなたがご幼少の頃は、新聞紙に包まっていたわけだよね?
って言ったら、「あったりめーだ!」と睨まれました037.gif

ゴンにとっては何十年かぶりに食べた『オイスター風味のチップス』と,オイスター(油たっぷり)
最初は感慨深げでしたけども、私達、、やはり決して若くはありませんな。。。
頑張って食べたけど、どうにもこうにも油っぽくてねえ。チップス半分も食べられなかったわ。
おまけに最後はげっぷ〜っと胃がもたれる・・と言う結果になってしまった(残念)



ところで・・・

このブラフという町
ちっちゃな町ですけど、建物もこじんまりとした家が多く、更にとっても古くてびっくり
b0334436_13513993.jpg
b0334436_13522135.jpg
ボロボロに剥げちゃった壁や、カーテン代わりに使われているシーツがちょっと悲しかったな・・・


それから

ブラフの町のはずれには、結構ガイドブックなどで見るこの標識が立ってます
b0334436_13560339.jpg
こっから南は、南極〜
あっちはニューヨーク〜
こっちはロンドン〜

という風に距離と町の名前と方向が書かれてます

そして・・・

もちろんトーキョーもあったんだけども
よく見れば一番下に・・・

クマガヤ・・・????
b0334436_14035581.jpg
これはどう考えても埼玉の熊谷でしょうね
でもナゼ、ここで熊谷?
姉妹都市かなんか?それとも、ここに熊谷出身者が住んでたとか?
沖縄とか北海道ならわかるけど、東京からろくに離れていない「熊谷」の名前があるのか不思議〜


そんなわけで、ゴンにとっては初めての外泊と長距離運転(行きはゴンが運転)
とりあえず、無事に行ってこれてなりよりでございました



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-26 14:25 | ニュージーランド | Comments(0)

牡蠣のお祭り〜

この前の週末は、ニュージーランドの南島の、更に一番下の端っこにあるインバカーギルと言う町に行ってきました。

なんで行ったかというと、そこの近くにあるブラフと言う小さな港町でオイスター・牡蠣のお祭りがあったから。

その名もそのまんま「ブラフ・オイスター・フェスティバル」

小さな町の1年に1度の大祭り〜〜・・・(らしいですよ)


牡蠣は牡蠣でも、ブラフ近辺で採れる牡蠣は特別らしく
ちゃんと「ブラフ・オイスター」と言う名前がついてて、ちょっと日本で見る岩牡蠣とは見た目も違ったりします。
殻も丸くゴツゴツしてない
牡蠣自体の色もクリーム色で、丸くぷくぷくしてる・・かんじ。
味も岩牡蠣よりもまろやか・・な気がする(あくまで私の味覚)

そこの牡蠣は海底にいるらしく、機械でごごーっと海底を掘りながら取って行くんだそうですよ。

この辺りのスーパーで買えないこともないんだけど(季節限定)
ちょうどこの時期にここにいた事もなく、ゴンも外泊できるようになったのでちょっくら行ってみるか〜?
ってことで初めてのインバカーギルとオイスターフェスティバルです



フェスティバル当日

モーテルのおばちゃんに
「早く行った方がいいわよ!」
と言われたので、開始時間10時半きっかりに到着

b0334436_14321771.jpg
それなのに、もうこの混雑、行列〜005.gif

左側ではバブパイプを演奏するじいさんおじさん達
右側の長い列はチケットを買う為に並んでいる人たち


会場は屋根付きでちょっと市場みたいな感じで既にすごい人です
b0334436_16171462.jpg
朝っぱらから生ガキはなあ〜・・などとゴンと話してたら
近くにいたオッサングループは、生ガキ1ダースの皿とビールを持ってやる気満々でびっくり

他の人たちもみんな目的は同じで、みーんな「オイスター」へ突進!

私達はどこの店のオイスターがいいのか、生がいいのか、焼いたのがいいのか、揚げたのがいいのか、決まってなかったので
とりあえずウロウロしてみることにしました

そしたら・・・

おっ!ウニだ〜
マオリ語でキナと呼ばれてます
b0334436_14201663.jpg
私個人的にはウニよりもイクラ派なんだけどね、一応ニュージーランドのウニをいただいてみましたよ。
おいしいシャリにアレを乗っけてもらって、海苔をくるっと巻いてもらったら、絶対もっと美味しくいただけたな・・・

この店の隣には生のオイスターがスタンバイ
b0334436_16303520.jpg
「オイスターはあとでいいやねえ〜」

と、余裕ぶっこいて写真だけ撮るわたし〜
(結果的にはこのフェスティバルで見たオイスターはこれで最後になってしまったわけだが・・・)

キナをツルリと頂いたあとは、その隣にあったマトンバードとやらをゴンがどうしても食べたいっていうので
またオイスターを後回しにして、食べた事のない「鳥さん」をいただく
この白い食パンが非常に安っぽくてキウイらしいっす!

b0334436_16343595.jpg
このなんかよくわからない揚げ物が、ゴンが「すっげーウマい!」と絶賛するマトンバード
マトンバードって、日本語でなんて言うのか知らないんだけどこんな鳥です
b0334436_16403207.jpg
味はねえ、結構ウマかった
黒っぽい肉で、はっきり言ってあまり食べる所がないんだけど「いい味」してました
ゴンも、「うんめ〜!」と唸って大満足だったようですよ。だって骨もしゃぶってたもん。


さて、、

結局ですね、この後も私達が食べたのはお祭りの主役の「オイスター」ではなく
なぜか「ホタテ」に足が向いてしまったんですよ
b0334436_16442837.jpg
あ〜あ。

実はですね

私達がこうゆうお店を見れたのがこれが最後だったんです

あれよあれよと言う間に人が増えて行って、1時間もしないうちにこんな!
人、人、人!
b0334436_16550411.jpg
この人ごみの向こうに、いくつも店があるんだけどもう店なんか見えません!
いったいこの人たちはどこの店の行列なのか、はたまた実はただ歩いているだけなのか
もうそれすらも区別つかないほどぎゅうぎゅうで、歩くのもたーいへん!!!
わずかにあるテーブルもあっと言う間に埋まってしまってて、みんな立ち食いです

ゴン、松葉杖持っててヨカッタよ。
だって歩いているとあっちこっちで押されるし、足の悪い人なんか絶対アブナイ

結局、歩けない、買えない、座れない、、、ってことで
止むなく退散することにした次第です

30ドルの入場料を払って、滞在したのはだったの1時間でございました002.gif
なんだそりゃ。。


・・・

・・・

あれ?
オイスターフェスティバルに来て、主役のオイスター食ってないんでない?私達・・・・
うっそ〜!そんなことってあり?


ってことで、会場を後にした私達はリベンジすることに決定


さて、私達がしたリベンジとはなんでしょーか?


長くなったので続きは明日〜


今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-25 17:20 | ニュージーランド | Comments(0)

雪やコンコン冬到来!

週末に出かけたイベントの話をする前に・・・

昨日、午後に帰ってきたんですけど
どうもクィーンズタウンからワナカに向かう峠がどうにも怪しい
雲で見えないけどなんか「雪」になるっぽい雰囲気

天気予報通り帰り道は雨で
気温も3度とか4度とか、まるで冬並みの気温(あ、冬だったんだ!)

本当はアロータウンの友達の家でちょっと遊んで帰るつもりだったんだけど
夕方になってしまうとあの『峠』超えがやばいんじゃねーの?
と言うゴンの意見で寄り道せずに帰る事にしたんです

そしたら、、、ゴン、大正解だったよ

雨だったのがあれよあれよと言う間にみぞれ・・・そしてぼってんとした雪に変わってきちゃった!
b0334436_07322802.jpg
この時点では↑運転していた私はまだ余裕ぶっこいていて

「お〜〜〜いいねえ〜〜!雪が降るのって神秘的だよねえー。久しぶりでいい感じだわ〜」

と、雪国の故郷を思い出してワイワイしてたんです


b0334436_07435546.jpg
お〜〜、ぼた雪(でっかい雪のことね)だ〜
早く写真撮れ!

とゴンに命令しながら、

「地面はまだあったかいはずだから道は大丈夫だべ〜」

と、まだこの時点でもよ・ゆ・うの私 006.gif


しかし・・

いやいやびっくり、『まだあったかいはずの道」が上に上がって行くとみるみると白くなってきた!

でも、雪国育ちの私
このくらいの雪はまだ大丈夫だべ(どこの人?)
4WDの我がSUBARU君だもん!
と自分に言い聞かせる・・・
(ノーマルだけどね)


b0334436_07510364.jpg
そして、この上の角を曲がったあたりから
あっちこっちで立ち往生している車を発見

つるつると滑っちゃってどうにもうごけましぇ〜ん!と泣き顔の観光客らしき女の子
ハンドルをがっつり握ったまま、呆然としているインド人(らしき人)

そんな明らかに「わーい、雪だ〜!」と雪を触りにきたとしか思えないような観光客たちが
雪道の怖さを始めて知った・・・と言う顔してビビりまくって立ち往生してました

てっぺんの気温はマイナス2度

頂上からワナカ方面に向かう下り道
反対側から登ってくる車は何台も登れずに止まっていてみんな困った顔してました

助けてあげたいけど、私だってノーマルタイヤ
雪道運転散々経験ありとはいえ、スタッドレスなしでの運転なんて滅多にしたことないしね
寒くなってこの雪が凍る前に、さっさと山を下りなきゃ!!と言うのが本音

ちょっとてっぺんでブレーキかけて滑り具合なんぞを確かめてみたら
ズズーーーーッと結構滑ったし! 

雪道で怖いのは、もちろん雪もそうなんだけど
結構怖いのが「他の車」
つつーっと滑ってこっちにこられても逃げられないし、後ろからもつつーっと滑ってくることもある
(両方経験あり)
だから、前の車が思いっきりブレーキばっか踏んでるのを見て、怖くて50メートルくらい開けて走ってました


途中、登りで止まってしまった一台の車から女性が私達に手を振ってなんか叫んでたので止まったら

「娘を学校に迎えに行く所なんだけど行けないから、峠を降りたら私の旦那に電話してちょーだい!!お願い!!」

ともうそれは泣きそうな声で訴えていたので、大慌てで番号と旦那と彼女の名前を聞いて
「グッドラック!!」「サンキュー!」と窓越しに叫び合って別れました

そうなんです。この峠、携帯の電波届かないんです。
みんな救助頼みたくてもできない・・・っていうね・・困った峠ですよ。

結構切羽詰まった感じがこっちにも伝わってきたし
立ち往生している車の数もどんどん増えてきたのでなんだかゴンもかなりナーバスになっていたらしい
カメラ係が撮った写真はこんなんなってました↓



b0334436_08254622.jpg
「なんで真っ白なんだ?!え?どーなんってんだ?ええ?!」

と、普段使い慣れていないiPhoneのどっかのボタンを押してしまいこんな真っ白になってしまったらしい。
いかに動揺しているかがわかります


でも、なんとか私の落ち着いた運転で黒い道が見える所まできたからもう安心
・・・・っていうのはウソで、実は結構ドキドキしてました、わたし。
なんたって雪道運転、それもこれっぽちの雪だったけど、すっごい久しぶりだったんでね。

b0334436_08214495.jpg
そして、これから夕方になってもっと危なくなるというのに
どんどんと峠に向かって行く車に向かってバンバンパッシングをして、「行かないで〜」「アブナイよ〜!」
とサインを送ったんだけど、きっとみーんなギリギリまで行ったよね。
そして動けなくて立ち往生・・・ってことになっただろうな

あ、電話での伝言
峠を超えて電波がつながったところで旦那さんのスティーブにちゃんと伝えました

「え?あなたは誰?」と最初はびっくりしてたけど037.gif
事情を伝えると、「ありがとう!今から4WDでレスキューに行くよ」と言ってました



あ〜、私達もいよいよチェーンを買わなきゃだな。

知ってました?ニュージーランドってスタッドレスタイヤって売ってないんですよー。
だからみんなチェーンを使ってるんです。

まあ、ほとんどの町中は雪が積もる事がないのでそこまでの必要性もないんでしょうけど
12月に入ったらスタッドレスに履き替えるのが普通だった私からするとちょっとびっくりだわ

あと、車のチェーン・・・・ね
買っても付け方また練習しないとダメ
だって、むかーーーし、むかーーーし実家の側で一度だけ、大雪の中の峠道で付けたことがあるだけなんだもん


あー冬に近づいてるなあー
寒くなって来たなー
膝が痛くなって来たな・・・002.gif




b0334436_08424262.jpg
4日ぶりに帰ってきた猫チンたち
暖炉の前でこんなんなってました


あ、週末のイベントの話は次回に書きます


今日も訪問ありがとうございます


あ、さっきゴンが買って来た今日の新聞に、あの峠で昨日レスキューされたのは36人だった・・とか載ってました。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-23 08:58 | ニュージーランド | Comments(0)

お出かけ

ちょっと週末にかけて出かけてきます

ニュージーランドの一番下(南)にある町

ゴンにとっては怪我以来初めての「外泊」
ちゃんと「お泊まり」できるかな〜? ナンツッテ


b0334436_06295514.jpg
猫兄弟は友達の家でお泊まり(2回目)
昨日の午後、家でこんな風に気持ち良さそうに寝ている所を起こして連れてったんだけど
一度外泊しているので今回はあっさり馴染んだような感じだったなあ(・・・そうであってほしい)

昨日の夜は猫のいない我が家はなんだか静かで寂しかったなあ007.gif



天気予報によると、雨、雨、雨らしいけど
あそこはいつもそうだっていう噂なので、覚悟して行ってまいります!


オイスター、いっぱい食べて来るぞっ!

今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-20 06:38 | ニュージーランド | Comments(0)

カヤックと夫婦問題

つい先日、久々の青空だった朝
アロータウンにいる友達から電話があって

「今日は天気がいいから、いまからそっちいくから湖でちょっとカヤックしない?」とのお誘い

あれ?今日は平日・・・
「仕事は休み〜?」と聞けば


「いや、急遽「休み」にしたの。久しぶりのこんないい天気の日にデスクに座ってるなんてもったいないじゃない〜」

さらに

「明日にでもできることは明日すればいいのよ〜060.gif だとさ・・・

あ〜良い言葉!いただきっ!

いやいや、とってもフレキシブルな気前のいい仕事っぷり・遊びっぷりにひたすら感心だわ〜
さすがキウイ! 

b0334436_07180690.jpg
いや〜〜〜雨の後の晴天・・・・
きっもちいいんだけども、さぶいっ!!
気温4度でございましたよ。
遠くの山は雪でまっちろけ!↑

b0334436_07225355.jpg
友達夫婦はシングルのカヤック(赤が旦那さん)
私達はダブル

途中で私がゴンに「なんでそっち行くんだよ〜、こっちこっち」などと言ってたら
近くにいた友達がボソリ

「夫婦でダブルカヤックはアブナイって聞いた事あるけど(喧嘩になるから)、離婚の危機にならないように仲良くねー006.gif


そして

「俺たちがダブルだったら(喧嘩になって)グルグル回って前にすら進まないよ。シングルにして正解〜!あはは〜」


となぜか得意げだった。


・・・・

・・・・

うーーん、私達もシングルにする日も近いかな?
夫婦円満の為にも。


さて

ここんとこずっと雨続きだったため、一気に湖の水量も上がったようで
湖の真ん中にある小さな島のピクニックテーブルがこんなことになってました〜!
b0334436_07462012.jpg
↓↓
こちらは完全水没!005.gif あ〜あ・・
b0334436_07485058.jpg

帰りはシングルカヤックと競争でせっせとアッパーボディーを鍛えてきましたー
b0334436_07495040.jpg
なので、2日たった今日、がっつり筋肉痛&腰痛
(もう次の日にはでない身体になってます)



ちなみにこの夫婦
ちょっと前にカヤックでこの近くの川から400kmを4日間かけて下って東海岸まで行ったチャレンジャー!
テントと食料をカヤックに積み込んで、川岸で火をおこしキャンプしながらのチャレンジ。
運良く雨には降られなかったようで「意外に簡単だった」などと軽ーくおっしゃる50代!
私よりもちょいと年上なのに、その体力と気力はどこからくるのかしら?

私は根性なしなので数時間、いや1、2時間ゆっくりカヤックするだけで十分だわ〜



今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-19 08:05 | ニュージーランド | Comments(0)

猫社会の決まり

家でよく見る光景


オモチャのネズミをもてあそぶモンティをじっと見つめるスコティ
(またはその逆)
b0334436_08091441.jpg
2匹で年中追いかけ回し、かくれんぼをし、じゃれ合い、遊んでいるのに
なぜか、オモチャは共有しない。。。。

特に小さな動物のオモチャ(ネズミとかヘビ)を一匹が見つけると
そのオモチャで遊ぶのを近くでじーーーーっと見つめているだけ

あと、時々おいしそうな(?)ネズミやウールの靴下を見つけた時には
それをくわえ、もう一匹の近くに行って「う〜〜〜〜!」と唸って脅しをかける・・・
きっと「これはオレのだかんなー」と言う威嚇だと思うんだけど
もう一匹はそれでも離れず、じっと見ている

なんかねえ、きっと「猫社会」のルールっていうのがあるんでしょうけど
遊んでいない方の後ろ姿がかわいそうになってしまってねえ・・・


昨日はスコティが「見学役」

b0334436_08121652.jpg
昨日はモンティが「所有権」を獲得したらしい


ソファの下にネズミを押し込み夢中になって遊ぶモンティをじーーーっと見つめるスコティ
b0334436_08205205.jpg

そして・・・

「ほれ見てみろよ〜!オレのねず公だぜ〜!」
とネズミを見せびらかすモンティと、また近寄って見学役に徹するスコティ
b0334436_08220590.jpg
でも、ちょっと待て・・
スコティ(上)のすぐ横(シッポの脇)に違うネズミがいるぞ・・・

なんでそれで遊ばないんだろうか?

b0334436_14150421.jpg
15分ほど遊んでいた最後の方はモンティ、ソファのブランケットの中にネズミを隠し
それに狙いを定めて突進!・・・みたいな一人遊びをしてたんだけど
それもスコティはずーーーっと見てた・・・



もちろん、日によって、またはオモチャによって「役」が交代します


くだらない話だけども
私達に取ってはひじょーに興味深い「猫社会」のルール
・・っていうか、まだ社会に出てない子どもなので「子ども社会」のルールかな



猫って・・・・・
おもしろっ!


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-17 14:30 | ニュージーランド | Comments(2)

晩秋の候かな・・

ちょっと前までずーーっと秋晴れで
紅葉もキレイで「秋はいいなあ〜〜〜」「やっぱり秋が好き〜」
なんて言ってましたね・・・私。

b0334436_09451947.jpg
スーパーからの帰り、いつも通る家のそばがあまりにもキレイだったので
運転中にも関わらず撮ってしまった・・・↑
(アブナイのでそーゆーことはやめましょー)


でも、ここ数日ずーーっと雨057.gifでキレイだった葉っぱもなんか薄汚れて散ってしまい
ちょっと寂しい秋となっています
でも、暖炉に火を付けまったりと過ごすのには最高なのでそれはそれでよし。



ちょっと前、友達が来ていた時にこの辺を散歩したんだけど
落ちた葉っぱの色が木によって違ってて、それはそれはキレイで二人で写真撮りまくってました

b0334436_09000219.jpg
b0334436_09123089.jpg
あ〜自然が創り出すアートだわ〜〜
(と、わかったようなことを言いながら)
b0334436_09242074.jpg

こんな写真を帰ってからゴンに「どうだ、美しいだろー?」と見せたんだけど
”ただの枯れ葉”としか彼の目には映らなかったようで、
「なんで地面なんか撮ってんだ?」なんて言われちまった・・・

あ〜あ、この美しさがわからないなんて、かわいそうなオトコだわね〜
と、本来、芸術センスの「げ」の字も持ち合わせていない私がいうのもなんだが・・・
やっぱり人によって見える「美しさ」は違うってことだわね、オホホ(と思いっきり高めの視線で)
b0334436_09542779.jpg

実を言うと、一緒にいた友達が芸大卒で
葉っぱ一枚の美しさを絶賛する彼女に、ついつい置いていかれまいと必死だったっていうのもあるんだけど
ほら、体育大だから私。頭が筋肉でできてるとか昔は言われたりしたしね・・・037.gif

b0334436_09405380.jpg
うわ〜〜〜なにこのエネルギー!
なにこのゴールドカラー!
きれ〜!!癒されるう〜!!

と、木と話をする友人↑



天気予報によると、明後日あたりは近くの山は白くなるそうなので
もっと冷え込みそう・・・

冬ももうすぐ!って感じのワナカです


そういえば・・・・

私達ってまだワナカで「冬」を越したことがなかったんだったよ!
いつも寒い冬は避けて帰ってきてたんだよなあ

2年前に買った新品のスキー道具一式
もしかしたら今年はデビューとなるかもしれませんっ(きゃ)
筋トレ始めなきゃ!!


今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-05-16 10:06 | ニュージーランド | Comments(0)