<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

シマ子の赤ちゃんに対面

昨日、やっとシマ子の赤ちゃんに会う事ができました〜!!

毎日遊びにくるシマ子に

「赤ちゃんは元気なの?」
「ちゃんとミルクあげてるの?」

と様子を聞いていたのに全然教えてくれないので
しびれを切らした私はシマ子の家まで訪問しちゃった037.gif


b0334436_03404448.jpg
「私の子どもになにするのよ?!」
と、しっかりプロテクトモードのシマ子!
よっ、エラいぞ!006.gif


それにしても・・・
産まれて10日目の子猫なんて
どう転んだって可愛いに決まってます

可愛すぎて卒倒しそうになるかもしれませんので警告しておきます


いいですか
いきますよ〜



ジャン!!

b0334436_03460503.jpg
こんなのもどうだ!
b0334436_03484622.jpg
さらにもっといっちゃう!
b0334436_03494777.jpg
可愛いなあ〜
たまんねーなあ〜

私はこんなにちっちゃい子猫を実際に見たのは初めて!
まだ歩けないし、鳴き声もかすかに聞こえる程度・・・



もしかして気づいている人もいるかもしれませんが
前に「シマ子に4匹の赤ちゃんが産まれました」と報告しました

・・・

そうなんです
2匹は残念ながらサバイバルできなかったそうで、産まれてしばらくして亡くなってしまったそうです

b0334436_03512081.jpg
こう見ると、小柄なシマ子が巨人(巨猫)に見えるなあ


飼い主さんに「抱いてみる?」と聞かれたので
一応シマ子にもお断りして抱いてみました〜」

b0334436_03564777.jpg
柔らかくてフニャフニャで壊れそうで怖々そーーっと・・・

でも、シマ子の「私の赤ちゃん、壊さないでよね!」ビームが激しくって
すぐに返しましたー


b0334436_04015360.jpg

この白い方の子猫 (これは怪我をしている飼い主さん↑)
この子を見て「父親」が誰だかすぐにわかっちゃった

我が家の回りにデブちんの白い猫がウロウロしてるのを見た事があって
ずっと前にシマ子のそばにいたのも目撃してるんです

あれがトムキャットだったんだな

あと、飼い主さんの話によると、父親は2匹いるそうで
もう一匹は隣の家のジョージ(譲二、3つ足)だそうだ

ジョージはシマ子と同じような柄で、足が1本なくて
その子もたまーに見かけるんだよね

あ〜、アイツかあ〜〜・・・・



さて実は・・・

シマ子の飼い主さんに
「白い方は飼い主が決まっているんだけど、シマシマの方もらってくれない?」
って言われてましてね・・・・


またいつかどこかの田舎へ出稼ぎに行く事があるかもしれない私達にとってはとっても難しい選択なんですなあ

飼い主さんは「大丈夫よ!その時にまた考えればいいのよ!なんとかなるものよ」

なんてとってもお気楽なことを言ってたけど・・・

いよいよになれば、出稼ぎにはゴンだけ行ってもらう・・・ってこともありかもな〜

などと、ペットを理由にゴンだけを単身赴任させることまで考えている私だったりする・・・
028.gif028.gif028.gif



今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてってください



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-30 04:18 | ニュージーランド | Comments(0)

タンザニアのキャンプ生活

たぶん、「田舎生活」と言う事であれば
今までの中ではタンザニアの生活が一番の「田舎」だったと思います

だって、そこまで行くのにもともと道がない所に道を作ったくらいだから・・・。

タンザニアの空港(ダルエスサラーム)に着いてからは
会社の小さなチャーター機で2時間ほどかけて内陸に入ってこんなところに行くわけ↓
回りは見渡す限り何もない・・・

b0334436_06150735.jpg
そこに、労働者が住むキャンプを作り、オフィスを建て、採石場まで作ってしまうんだから
鉱山っていうのはほんとーーーーーーに『カネ』のかかる仕事だ

トラックとかだって、日本じゃみたことないような巨大な機材がバンバン走ってるし
あんなのだって、1台何億?の世界

だから、逆に言えば

金が採れなければ、失う金額もケタが違うほど激しいわけなんだけど・・・

さて・・

私達は塀に囲まれた住宅地(キャンプ)に住んでました。

b0334436_06160485.jpg
b0334436_06390851.jpg
プレハブの家で、ほぼ白人全員が単身赴任できていたので、部屋も小さくて本当に「寝るだけ」みたいな広さ
でも、海外から助っ人として働きに来ている人たちはまだいい。
個人だしシャワーもあるし、『鍵もかかる』・・・037.gif

地元のタンザニア人達の住む場所と言ったら・・


テント!!だもん


それでもそれなりにランクがあるようで
下っ端は大部屋で10人とかでシェア
b0334436_06534776.jpg

で、少し 『格が上がる』と小さいけども一人用のテントでプライバシーを保てるようになってました
b0334436_06551029.jpg

もちろん、シャワーやトイレは共同だけども
水があって身体を洗える・・と言うだけで彼らには十分満足の行く施設・・・だってことらしいです。


この辺りを比べても、ガーナよりもはるかに粗末な施設で、いろんな意味で貧しい国だってことを感じます

b0334436_06260273.jpg
床屋も自分たちでやるよん!・・・・↑


でもこんな感じなので、当然蚊はブンブン飛び回っている中で寝る訳で
そうなるとマラリアに感染する可能性がすごく高くなってしまい、結構たくさんの人たちがマラリアにかかってました

会社の規則で夜は絶対に長袖着用!と決まっていたのと
部屋の窓はネットが張ってあったので私はタンザニアではマラリアにはかからずに済んだんですよねー
(・・・ってそのときはマラリアの恐ろしさは知らないんだけども・・・その話はまた後で)


そこで働く人はほぼ9割が男性で、掃除や洗濯する人は、女性

遠くから出稼ぎみたいな感じで働きにきてる人がほとんどで
8週間ここで毎日休みなく働き、1週間とか2週間休んで故郷に帰るっていうシフト

b0334436_06224568.jpg
b0334436_06594138.jpg
↑ 夕方になると、洗ったシーツや洗濯物を一輪車で配り歩く

社食があるので、毎日3食腹一杯食べられて、寝るベッドがあって、給料がもらえる・・・・
ってことはこの彼女達にとってはとっても貴重な仕事だったんだろうな。


さすがに、回りは森なので、こんな野生動物はふつ〜にウロウロしてたっけなあー


b0334436_06370621.jpg
b0334436_06325912.jpg
このバブーン・・・
結構怖くって、親分になると体重軽く50キロは超えるほどでっかいので近寄らないようにしてました
b0334436_07094562.jpg

特に地元の人に、女性は生理の時は一人でキャンプの外を歩かないように!と注意されました
なんか察知しちゃうんだってーーー
で、襲ってくるらしいよ!(怖〜〜〜!)

またそんな野生動物の話はあとでしまーす


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてってください




人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-28 07:12 | アフリカの話 | Comments(2)

ドロボウも命がけよ

私達が住んでいたタンザニアの鉱山は既に閉山してるので
本当に今となっては懐かしい場所になってしましましたねえーー

こんな風に鉱山はなっていて
水がたまってあぶねーーっつうのに
そもそも『泳げない」っつうのに

「金」欲しさに、命がけてドロボウたちはこんなところに入り込んでました。
白い丸印のところには数人ドロボウが壁に張り付いて隠れてます↓ (見え見えなんだけど一応隠れてる)
b0334436_07272311.jpg
ただ、どうしてもアブナイ場所に入り込んでくるので
実は10人ほどのドロボウたちが水に溺れて命を落とす事故もありました

ドロボウは入っては行けない場所、危険な場所にわざわざ入ってくるくせに
結局は、そうゆう事故の処理は鉱山の会社がすることになるので会社としてもその処理が大変なわけ


キャンプ(作業員の住宅)の回りでも勝手に穴を掘って金を探している人が100人とかいう単位でいて
見回りに行くと、どどーーーっと林の方に逃げていく・・・ ↓
b0334436_07325148.jpg
どんなに警備をしようが、脅そうが、逃げてはまた戻ってくるので
一度ゴンはそのドロボウたちに話をしに言ったことがありました
(面白そうだから私も着いて行った・・・037.gif

b0334436_07354923.jpg
こんな風にカラカラに乾いた土を6、7mも手で掘っていくんですよ!
それも手作りのシャベルで!!!!
b0334436_07445754.jpg
み、見事な穴・・・・・・


b0334436_07391136.jpg

ドロボウさんたちは何も構造などを考えずにただ穴を掘って、更に横にも掘って行く訳なんだけど
地形的にすごくアブナイ土壌なので、穴の上が崩れてこれまた命を落としてしまう・・と言う事故も発生してしまうわけですよ
(実際に生き埋めで亡くなったどこの誰かかわかんないドロボウさんの遺体を回収するのも会社の役目)


なので

定期的に見回りし、穴に誰もいないのを確認し、ブルドーザーで穴を埋める・・っていう作業をしてました


↓↓
穴に入って人がいないのを確認しに行くゴン

b0334436_07454035.jpg
これがまた「クサい!!!」んだってーー

この中は横にも10m以上掘られているらしく
作業しながらトイレもその中でしてしまうわけ・・・

うへっ〜〜!
想像しただけでも息止めてしまうわ

b0334436_07520265.jpg
こんな風にブルドーザーで穴を埋めたとしても・・・・


下手したら翌朝には別の所に穴掘ってあったりするから
結局これもまたイタチごっこ・・・みたいな感じだったねえーーー


ガーナとは違って、ここは本当に回りに町も村もないので
あんたたちどっかから来たのぉ???
と聞きたくなるような数のドロボウさんがはるばるここまで稼ぎにやってきてたけど
それだけ、ある意味「魅力」、、いや「価値」のある場所だったんだろうな。



ところで
若者のドロボウグループと会って話をしたときのことなんだけど
私のパナソニックのデジカメを見て一人の若者がこんなこと言ったのは笑えたなあー


「ヘイ、シスター!君はそんなカメラを持ってて、アメリカのハリウッドで映画作ってるのかい?」


003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif

あのちっさいデジカメで「映画」ねえーーー・・・
できないこともないだろうけどーーーーー
まあ、ハリウッドを知っていたのだけでもすごいよ


「そうだよ!」

って言えばよかったな。。。004.gif037.gif


今日も訪問ありがとうございます
良かったらポチおねがいしまーす



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-27 08:04 | ニュージーランド | Comments(2)

タンザニアのドロボウの話

この前、ガーナに住んでるキウイ人の友人が
「ドロボウ達の暴動が起こり家庭内監禁」されてた・・・って話をしましたが

鉱山がどんどん縮小され、失業者が莫大に増え、そして・・・

泥棒だらけの町! 075.gif075.gif となっているらしいです。

私達がいた時もドロボウはいたし、それがクリスマスが近くなると益々増えたもんです。
それが今では手に負えないほどの数にふくれあがっているらしい

泥棒なんて、裕福な国だろうが貧困の国だろうが絶対にどこにでもいるもんだけど
特に「鉱山」と「泥棒」は絶対に切っては切れないモノだと言う事をこの数年で学びました

特に『金』ゴールドの鉱山、そして場所がアフリカとなるとそれが更に顕著に現れてました

タンザニアなんかは目の前を、ドロボウさんたちがズタ袋を抱えて逃げてたりする光景は日常だったしなあ。


そんなわけで・・・

アフリカでの私のブログを読んでない方用に昔の写真をひっぱり出してみましたーーー

まずは タンザニア

鉱山は陸の孤島みたいな場所で、そこに行くのには会社のチャーター機での乗り入れのみ
周り20キロ以上村がないのに
鉱山の回りは全てトゲトゲのフェンスで囲まれているのに
毎日100人以上のドロボウがこうやって鉱山に入り込んできてました

カメラを向けたらじーっとこちらを見ていたドロボウ↓
b0334436_11113053.jpg


私達が住んでいたキャンプ(住宅)の回りは特にこんな高いコンクリートの塀↓
その上にトゲトゲのクルクル巻いたフェンス
b0334436_11175670.jpg
なのに・・・・

ここを軽く乗り越え、マットレスやテレビを盗んでいるドロボウは後を絶たず・・・だったなあーー
b0334436_11371495.jpg
特に、タンザニア人が生活している場所はこんなテント↑だったので
塀さえ超えて見つかりさえしなければ、ベッドだろうがマットレスだろうが運ぶことは可能だからねえ

b0334436_11220659.jpg
こうやって莫大なフェンスを使っても、ドロボウは普通にフェンスの反対側を歩いてて(右上に小さく二人歩いて見えるのはドロボウ)
翌日にはあっちこっちに穴が開けられてるんだから、永遠に終らない戦い・・・です。

b0334436_11275166.jpg
こんな銃を持った一見真面目そうな警備員もいたりするんだけど

これがまたよくわかんねーんだな。

コイツがどこの誰とつるんでいるのかわからないし
往々にして、『ドロボウとお友達』だったりするからね


あ〜、なっつかっしなあー
久しぶりにタンザニアでの写真を見てたら、いろいろ思い出してきたーーー

ガーナとはまた違った生活で
それも私の初めてのアフリカ生活だったので、全てが物珍しく
フェンスの後ろを歩いているドロボウでさえ珍しくて面白がって写真ばっか撮ってたもんなあー


・・・

ってことで、ちょっとタンザニアの田舎生活をまたここでちょっと書いてみようと思いますけどいいでしょうかね?

キャンプ(住宅)の敷地に堂々と入り込んでくるバブーン(巨大ヒヒ)とかの話も・・・
b0334436_11343986.jpg
興味のある方はまた覗いて見て下さい
「あ〜、前のブログで見た見た〜」って人も復習のために(?)また見て下さーい037.gif


今日も訪問ありがとうございます〜
よかったらポチお願いします


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-25 11:47 | アフリカの話 | Comments(0)

ラム肉と食習慣の違い

ニュージーランドと言えば・・・??

やっぱり「羊!」
とくる人は多いんじゃないかと思います。

人の数よりも羊の数の方が断然多いんですからね〜。
(ちなみにニュージーランドの人口たった4百万人、それも北島に3百万人集中しちゃってる)

だから、ラム肉なんかは安くて美味いんだろうな〜〜〜

なんて思ってる方いらっしゃるかと思います

私も昔はそう思ってました。

でも、昔ホームステイをしていた頃
スーパーにホストマザーと買い物に行くと・・・・

「まったくラム肉はこんなに高くなっちゃって・・・もう買えないわ〜」

と、ラム肉の値段を見るたびに言ってたのを聞いていたので
決して安いもんじゃないんだなーーーと思った記憶があります。


で、この間
ゴンの姉が来ていた時、スーパーの広告を見てラム肉のセールを発見!

ラム・・って言えば「子羊」だけど
なんだかんだ言って、普通のスーパーでは本当の「子羊」はなかなか売ってない・・・っていうのが現実らしいですが

それでも羊のモモ肉が安い!!っ・・・・らしいので買ってきました

でも、骨付き・・

b0334436_07054142.jpg
骨をつけたまま、ローストにしたっていいんだけども
この日はゴンの義理兄(通称熊さん)が上手に骨を取ってくれて焼きやすいようにしてくれたーー

ちなみに、この肉の塊
かなりでっかいんですけど、お相撲さん並み・・・いや、野球グローブくらいの大きさの手を持つ熊さんの手にかかると
肉がちっせー!
おまけにナイフもまるでフルーツナイフ〜に見える〜!


熊さんにとってはこんなのはオチャノコサイサイ・・の作業らしく
あっと言う間に骨撤去!
b0334436_07185109.jpg
ここが関節だよーーとクリクリと回しながら解説してくれてます


「で、その骨はどーすんの?」

と質問したら・・・


「これでスープをつくればいいよ」

ってことなので、とりあえず冷凍庫で待機しててもらってます



最後に、熊さんの「ガオー!」

b0334436_07201459.jpg
あまりにもあっと言う間に骨を取ってしまったので
それをやったことのないゴンは

「あれ〜〜!オレも見たかったのに!」
と残念がってました



日本では羊の肉と言うと、「臭み」があるとかで嫌いな人もいるようですけど
私はあまり臭みを感じたことはないなあーー
(っていうか、嫌いな食べ物がないのでそうは感じないだけなんだけど)


あと

羊の肉に合うソースって言えば・・・

もちろん・・・・・・「ミントソース!」
b0334436_07295929.jpg
日本じゃまず見かけない食品だと思うけど・・・・

私は特に羊肉にミントソースが合うとは思えないので
滅多に使わないけども、みんなこの「歯磨き粉の味」のするソースをかけていただきますよ

ソースの好みの違いはやっぱり生まれ育った環境に大きく作用するもんですな
目玉焼きにかけるのだって、ゴンは絶対『ケチャップ』
私は『ポン酢』だったり『トンカツソース』

できれば白いご飯で食べたいけど
どうしても、パンに乗っけて食べることが多くなってしまってます。

外人にすれば、「パンにしょうゆぅ〜〜?なにそれ〜〜!」とトンチンカンな組み合わせ・・・なんだろうな


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチお願いします


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-24 07:43 | ニュージーランド | Comments(2)

ミニチュアフルーツ農園

最近のこの辺の天気は変わりやすく
おまけに寒いです・・・・002.gif

でも、植物は確実に季節を感じているようで順調に成長中

まず、イチゴ〜

b0334436_05452146.jpg
真ん中に植えてあるのは違いますが、回りのポケットみたいなところに植えてあるイチゴもだいぶなってきましたよ

ところで、このポット、ちゃんとした「イチゴ用のポット」として売られています。
へ〜そうなんだ〜〜とまた新しいことを発見

この写真と新しい畑の写真をガーナにまだ住んでいる友人に送ったら

「あなたは私を殺す気?!」

と怒られました037.gif037.gif

そりゃそうだ
ガーデニング大大好きな彼女にこんなのを送ったら酷だわな・・・・。

おまけにそれを送った日、彼女は外出禁止例を出されていて家に監禁中!
この話はあとでまたしますが、泥棒たちの暴動が始まりあまりにも危険なので24時間監禁状態だったらしいです(怖!)



あと、今年の始めに植えた果物の木も順調
b0334436_05495662.jpg
それにしても、塀を隠したいからってこんな風にコンクリートに穴を開けて木を植えてしまう・・っていう発想!
まあ自分ちの敷地だから誰も文句は言わないだろうけどさあー・・・木たちはそれでいいのかな?

実はこれはクライストチャーチにいる私の元上司もやっていることで
元上司の家では洋梨やリンゴが豊作だったのも見たので、ゴンはすっかりやる気になったらしいです

植えたのは、洋梨、アプリコット、桃、リンゴ
更にびっくりしてしまうのは、この一番前にあるリンゴの木

3つの違う種類の混合の木なんだそうですよ!

もちろん接ぎ木(っていうの?)をしてるんだけど
そんなんで1つの木から緑のリンゴや赤いリンゴがなる・・・っていうのは不思議〜
(無事になればの話だけども)

b0334436_05583821.jpg
こんな小さな木でも結構リンゴがなり始めてて農園のおじさん(ゴン)は毎日毎日うれしそうに眺めてます


これは↓
なにかな?桃か?アプリコットか?
結構大きく育ってる〜〜!
b0334436_06064956.jpg
さて
昨日は暇だったので松ぼっくり拾いに行ってきました
b0334436_06090150.jpg
手袋しないと痛くてとてもじゃないけどつかめないのでちゃんと私も手袋使用

持って行ったバックが小さくてものの5分もしないうちにいっぱいになってしまった・・・・
b0334436_06102108.jpg
まだ朝晩冷えて暖炉を使っているのでこの松ぼっくりも毎回火付けの役をしてくれてます
こんなのでも道ばたで売ってるのは5ドルとかするので、自分たちで拾うのはやっぱりお得だ

「今無職で収入がないから、これ売って家計の足しにするか?」

なんつっている男もいましたけど、確かにこんなのでも小遣い稼ぎにはなるので
いよいよパンが買えなくなったら 売ります!004.gif


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてってください


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-23 06:20 | ニュージーランド | Comments(4)

楽しい火遊び

この前、お隣さんだった友人夫婦が遊びにきました
ゴン姉夫婦が既に泊まっていて、彼らの最終日にこの友人夫婦が加わりその一晩は狭い我が家は満室でございました。

特にゴンの義理兄は185cmの熊さん(がっつり140キロ!)
そして友人のジェフは2メートルの巨人なのでそれだけでも密度がぐっと増すわけよ

二人はブレナムと言う町に引越して行ってしまったんだけど車で9時間かけて遊びに来てくれたー

二人がお隣さんだったときもやった 『火遊び』 
(↓去年の写真)
b0334436_05594558.jpg

今回もやりました・・・


「マッチも紙も使わず火をおこせ!」

と言うミッションを勝手に決めて、まずはジェフがトライ
今回は原始的なもの(木)から現代的なもの(ナイフ)にちょっとグレードアップ
b0334436_05464472.jpg
でも煙は出るんだけどなかなか炎まではいかず苦戦中


横で見ていたゴンも「オレにやらせろ」と挑戦
b0334436_05541498.jpg
私はカレーを作っていたのでこのお遊びには加わらなかったんだけど
見に行ったら、大の大人が真剣!

「これを使ったらいいんじゃね?」
「いや、それじゃダメだ」
「こっちの方が火が付きやすい」
「あーダメダメ、それはもう試した」

と、3人で苦戦してました。

そして30分後・・・・

なんとか火がつきそうだ!
b0334436_06455813.jpg
ゴンが必死でフーフーしてます。


でやっと完全に火が付いた〜!!
b0334436_06541591.jpg
火を絶やさないようにみんな必死!

同じように、火の粉を飛ばして松明にも火をつけいい感じだ
(ちなみにこの松明は友人からのプレゼント)
b0334436_06554929.jpg
b0334436_06565257.jpg
夕食はお客様の希望で誰でも上手にできる日本のカレー(簡単でいいやね)

でもって、その後は『お決まり』のマシュマロ焼き
相変わらず、ジェフはマシュマロ焦がしてて自分でウケてた・・・


その晩はとっても寒かったけど、クリアな夜空で
ニッキー(奥さん)が、「あれなに?」と結構なスピードで移動する光を発見。

調べてみたら、宇宙ステーションでした!
あっと言う間に去ってしまったけど、見れてラッキーだったかも


それにしても
まだまだワナカは寒い!
焚き火だけではどうにもこうにも寒くなったので、10時前には暖炉のついている家の中に入りました

b0334436_06593107.jpg
初夏だとはいえ、まだまだ油断はできないニュージーランド
でも、こうやって「火遊び」をして温まるくらいがいいよなあーと思う


・・・

・・・

今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-20 07:26 | ニュージーランド | Comments(2)

シマ子の出産と正体発覚

私達が家に帰って来たその当日から

「あたしんち〜060.gif

みたいな顔して出入りしていたシマ子(猫)
b0334436_09502097.jpg

首輪もつけてないし、腹空かせてるし・・・なので
飼い主がいるのかどうかもわからないまま

妊娠発覚!!

どーすんの〜?
飼い主きっといるよね〜

と自分たちを安心させるために、言い聞かせていましたが
この間、ちょっと「あれ?」と言うような兆候を発見
一応ネットで「猫の出産」なんつーものを調べておいたんだよね

そしたら

案の定、その晩は一度も顔を見せず
翌日も来ず

「オレは絶対犬派!」と言い張るゴンだけど、いたたまれなくなったようで

「探しにいく!」

と言うので、近所をウロウロと歩き回ったんです。

雨風がしのげて静かな場所だろなあー

ということで、家のすぐ裏側にある放置されている倉庫に行ってみた

b0334436_09424406.jpg
ゴンは
「ここは子育てに最適!049.gif」 とまるで猫の気持ちになったような事言いながら
「シマ子〜!シマ〜!シマチャーン!」と小屋の中を探したけど見つからず・・・


まあね、猫は猫でちゃんと自分の好きな場所を探すから大丈夫だろう・・・

と信じて探すのをあきらめたその晩!
シマ子が現れた〜〜!!



b0334436_09370739.jpg
・・・・・?????

・・・・・!!!!!

腹が凹んでる〜!!!!!

ちなみに2週間前のシマ子
お腹がポッコリしてます↓
b0334436_09515733.jpg


「赤ちゃん産んだの?」
「何処に産んだの?
「何匹産んだの?」
「みんな元気なの?」

と聞いてみたものの、当然返事なんかするわけないわな。


「産まれたばかりの我が子を置いてそんなに長い間ウロウロするわけはない」
と思ってその日の夕方、遊びに来てどっかに行く所をずっと尾行してみたんです
(今までにも何回か尾行してたんだけど、あっちの家の庭、こっちの家の庭とよくわからなかった)


そしたら・・・


なんと

・・・・・裏の家の猫だったよ!!!アハハ005.gif005.gif003.gif003.gif
(正確には裏の家の隣の家)

裏の家は入り口がまったく違う通りでバッタリ会う事もないし、塀も高くまったく見えないので交流もなし
でも、シマ子が塀をジャンプしたのを見たゴンは同じく塀によじ登った!

そしたら、ちょうど夕ご飯を食べている若い女性とバッチリ目が合ってしまったらしい

後で「超恥ずかしかった!」と言ってたけど
猫の飼い主さん、いい人そうで良かったよ。

シングルマザーらしく、7歳の男の子と住んでいて
シマ子は無事4匹の子猫を出産したと教えてもらいました〜!
良かった〜赤ちゃん無事で。

名前はミルって言うんですって。
シマ子って名前つけました・・・なんて言えなかったよ037.gif037.gif

シマ子・・・いやミルはまだ1歳にもなってない若い猫らしく
「10代の娘を妊娠させてしまった悪い母親の気分よ」
と言ってました。

もうこれ以上妊娠しないように落ち着いたらちゃんと手術するそうです


・・・

・・・

そんなわけで、うっかり人様の猫を我が家の猫にしてしまうところだったけど
シマ子の出産で全てがクリアーになりミステリー解決となりました

とりあえず私達としては若いシマ子(ミルだってば!)に家があって、無事に出産したってことが何より

「ミルの子猫いる?」

って聞かれた時の私の目の輝きを絶対見透かされた・・・けど
またその話はあとで・・・・


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチお願いします



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-19 10:19 | ニュージーランド | Comments(2)

畑づくり

植物好き、庭いじり大好きな男でもあるゴンですが
(っていうか、いろんな事に興味ありすぎじゃねーか?って感じなんだけど)

ニュージーランドにしてはとーーってもせまい我が家の庭に

「野菜畑の箱」を作る!とだいぶ前から言ってました

この辺にある家の中では、たぶん我が家の土地は一番小さいと思われるほどの狭い土地

でも今までアフリカやアルゼンチンがベースだったので、小さくて管理が楽〜ってことで
あのときの私達にはピッタリの物件だったんだけど
やっぱり住めばあれこれモノが増えるし、ましてや庭好きな男がいるのでポットや木がどんどん増えてくるわけです

花好きな男が帰って来てすぐにしたのはバスケットと花を買ったこと037.gif
こんなバスケットが5つ!
b0334436_07521434.jpg
確かにあればきれいだな〜〜と私は思うんだけど
ゴンの花や木の思い入れに比べれば、鼻○そ程度です
b0334436_07540364.jpg
トマトも吊るしてぶら下がるようにしたり、レモンなんかも買ってきちゃって・・・
もうあっちこっち植物だらけになってきてます


私はゴンとは正反対の性格というか
別になければないでいいじゃーーーん。。っていうタイプ
アルゼンチンみたいに野菜が買えないわけじゃないし
別に野菜を育てなくても、そんなにたくさん花に囲まれなくてもいいよおーって常々言ってるんだけど

どうしても狭い土地に野菜畑を植えたかったらしい男は一人でホームセンターで木を買ってきちゃった

b0334436_07393343.jpg
最初はこのわずかな芝を全部野菜畑にするって言ってたんだけど
やめてくれ〜!とお願いし、小さくしてもらうことに・・・


b0334436_07461255.jpg
日本で買って来たノコギリも出して来た!

ちなみに知ってます?

日本のノコギリは「引く」んだけど
ニュージーランドのノコギリは「押す」んです

ゴンは日本のノコギリが好きなんですってよ


さて・・・・

野菜畑・・・いや、野菜「箱はたけ」はあっという間に完成し
ちょうど義理兄たち(熊さん)が来ていた時に、熊さんの力を借りて土を運び入れ畑完成〜!となりました

b0334436_08030267.jpg
植えたのは

レタス、チリ、ピーマン、インゲン、イモ、シルバービート(ほうれん草みたいな野菜)、チンゲン菜

チリ、ピーマンはゴンは嫌いなんだけど
彼は野菜を育てること自体が好きなので、別にそれを食べられるかどうかはどーでもいいようです
他にも私はパセリが好きなのでプランターにいろんな種類のパセリを植えてもらってますが
実はゴンはパセリ全般が苦手〜ときてる

適当に刻んで料理に入れてるけど、本人は気づいてないんだかどうだか食べちゃってますけども・・・


細い棒が植えてあるのは霜対策でカバーをかけるため。
ここはまだうっかりすると霜が降りるほど寒くなるので夜はカバーをしておくのです


確かに、普段食べるものがちょこっと庭で採れるのはうれしいし便利
野菜ができた暁にはありがたく頂きたいと思います


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてお帰り下さい


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-17 08:15 | ニュージーランド | Comments(2)

クロスカントリー

興味のない方には本当にどうでもいい情報なんですけど・・・

とりあえず記念だもんで
ここに記録させてもらいます

先週、ゴンはパラグライダーで自己記録を更新しました024.gif024.gif

目標は30キロのクロスカントリー!


ニュージーランドでは、普通のパラグライダーのライセンスのあとに
もう1つ上のライセンスを取得する為には、最低30キロの長距離を飛ばなければなりません。

30キロっていうのは直線距離にしてなので、どんなに同じ所を行ったり来たりしてもダメ
車の道で30キロあっても直線で3キロしかなければダメ(くねくね道とか)

ちょっと前には初めて3時間かけて20キロちょいを2回ほど飛んだんだけど残念ながら30キロには及ばず・・・


前日から天気予報で「良し」のサインが出ていたので
もしかしたら行けるかも!?と本人もたぶん期待していたと思います

そして

テイクオフ
日本では元気のいいインストラクターさんが「いってらっしゃ〜〜い!」と叫んで送りだしてくれるけど
ここじゃそんな風にしてくれる人はいませんよ、残念ながら・・・
b0334436_12195684.jpg
グラウンド・クルーの私は
いつものように無線、携帯、カメラ、双眼鏡を首からぶら下げ追っかけます
b0334436_12310278.jpg
確かにコンディションはかなりよく、スムーズに上昇気流を捕まえて山から山へ移動していきました

途中、家の前を通ったので私は無線で
「トイレ休憩したあと追っかけまーす」と報告して
トイレ、水分補給、洗濯物取り込んでまた追っかけ

ワナカは軽く超え、隣町まで行くとの無線が入った時には既に2時間以上経過

その日はゴンの姉夫婦がこっちに向かっていたので
私はそっちとも連絡を取り合い、無線、携帯と大忙し!

そして・・・

4時間と30分後・・・・

もう夕方5時近く70キロ離れた小さな町に降りました〜
グラウンド・クルーの私はあっち行ったりこっち行ったり
途中でゴンを見失い無線も通じず・・冷や汗・・・ってこともあったけど無事ミッションを終えました042.gif
b0334436_12313968.jpg
車でクライストチャーチからこっちに向かっているゴンの姉に、途中で待っているいるように伝え
彼らが着いた10分後、私が着いた5分後にゴンは降りて来た、と言うすっごいタイミングでした
上の写真の道脇(右側)カメラを構えているのがゴンの姉と義兄熊さん

二人はゴンが飛んでるのは初めてだったのでえらく興奮してました!

ちなみに車では70キロ以上走ったし、ゴンも途中で高度を上げる為にあっちこっちグルグル回ったりしてたので
距離的にはすっごい長いんだけども、テイクオフしたところから着地したところまでの直線距離でしか認めてもらえないので
それで計ると48キロ!

でも軽く規定の30キロを超え、おまけに2年ぶりに会う姉夫婦に出迎えてもらい
ゴン本人は大満足だったようです


グライダーをパックしているところに駆け寄ってハグしていた義理兄熊さん↓
b0334436_12330841.jpg
当然、その夜は「お祝いだ〜!」ってことで
近くのレストランでたらふく飲んで食べました・・とさ

b0334436_13044618.jpg
ハッピーすぎて目がおかしくなってます・・・↑


ちなみにこれは夜8時近く
夏時間になったのでとっても日が長くなっているニュージーランドです


ちなみにゴン姉たちは4泊、そして真ん中で友人夫婦が1泊重なり友人達も4泊していき今日帰っていきました
はっきり言って食べ過ぎた1週間・・・
でも楽しかったっす

またその話はあとで・・・


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてお帰り下さい。

シマ子の腹もパンパンになってきてます!


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-16 13:10 | ニュージーランド | Comments(0)