<   2015年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ラッキーなフライト

ブエノスアイレスの空港でさえ、結構おしゃれなバーがあったりしたので
当然リオにもあるもんだと思って、空腹のまま空港に行った私達・・・。

しかし、そこは私達の期待を多いに裏切ってくれました。

なーんにもない。
ろくなお土産屋さんもない。
ラウンジにはラップに包んであるサンドイッチしかない。

そんな
2016年にはオリンピックが開催されるリオデジャネイロの空港。

なんかびっくりだねえー。
まさかこれほどひどい空港だとは・・・

とゴンと散々言いながら搭乗を待ってました。

そしたら、突然アナウンスで名前を呼ばれたんです。

な、なんだ?
なにか手違いでもあったか?

とカウンターに行ってみたら・・・。

・・・

・・・


「調整をしてまして、お客様にはファーストクラスにアップグレードさせていただきました」

024.gif024.gif024.gif

ひえ〜!!うそ〜〜!!!

いや〜びっくり。
まさかのアップグレード!!

ずっと前に、ガーナにいる時にドバイからバンコクまでファーストクラスにアップグレードさせてもらったことはあったんだけど
まさかの2回目!

それも14時間と言う長時間のフライトでのファーストクラスはもう言うことなしです。ええ。

「Enjoy your flight!」

なんて言われて搭乗券を渡された私達の顔はもうデレデレ。

思わず、「神様ありがとう!ついでに、冴えないリオデジャネイロもありがとう!」とお礼を言ってしまいました。


今回は真ん中の二つ。
電動でこうやって仕切りが降りてお互いに話をできます。
そして、寝るときは通路側のドアは閉められるので完全なプライバシーを保てます。
b0334436_21481095.jpg
席に着いたすぐあとには、ドバイの名物(?)デイツ(ナツメヤシ?)とアラビアのコーヒーを頂きます。
b0334436_22010100.jpg
b0334436_22024756.jpg
そんでもって、スリッパやパジャマなんかも用意してくれます。
b0334436_21503438.jpg
「あ、たぶん着ないと思います・・・」と言ったら
「じゃ、記念にお持ち帰りください」と言うのでもらってきました。

b0334436_22053045.jpg
机の上にはハーブの眠くなるニオイのするもの、目を覚ますもの、足のマッサージクリームなどが置いてあって(↑)
引き出しにはレターセットまで!

もちろん、アメニティバックはブルガリで、香水やら化粧水やらいろいろ入ったのがもらえます。(ビジネスクラスでももらえるけど)


さっそく軽くワインなぞを頂こうかな。。。と思ってお願いしたら
おつまみがいっぱい〜。
b0334436_22091674.jpg
b0334436_22064333.jpg
もうね、なんか恐縮してしまうほど丁寧で素晴らしいサービスです。

どう転がっても根がエコノミークラスの私なんか、なんか寝るのももったいない気がしちゃってねえーーーあはは。


・・・

で、少し寝てからは朝食をいただいたんだけど、そんなに腹も空いてなかったので軽くシリアルとヨーグルトで・・・

ってお願いしたら

「デトックスのジュースなどもありますけど」 とか
「美味しいパンもありますけど」とか

言われちゃって・・・

b0334436_22102894.jpg
そんなこと言われれば、「じゃあ〜・・・」って言うでしょ。。。。一般人は。 ねえ?

で、こんなにどっさり運ばれてきてしまったんですねえ。
もちろん、食べきれませんでしたけど。


そして結局メインの料理を食べるほど腹が空かないまま、あと数時間でドバイ・・・って言う時
フライトアテンダントさんが、「何か軽いお食事でもお持ちしましょうか?」と言ってくれ、何ページもあるメニューをめくってくれたので
調子にのって、ポートワイン(甘いワイン)とチーズボードを頂きました。

b0334436_22152522.jpg
ひえ〜〜!なんか過ごすぎ。
これって、デザートメニューにあったんだけど、これをデザートで頂く人がいるんだなーとびっくりしたもんです。

ワインもバンバン注ぎ足してもらっちゃって・・。

なんかあっと言う間の14時間が過ぎて行きました。

結局寝たのは3時間くらいかな。
ゴンは6時間くらいぐっすり寝てましたけど。

エミレーツはビジネスクラスでも寝る時にマットを敷いてくれるんですが、もちろんファーストクラスも敷きマットを敷いてくれて
布団は羽根布団だったりします・・・・。過ごすぎ。

トイレに行って帰って来ると、布団がきれいに整えられてるし、もう一般人の田舎者の私なんか恐縮しっぱなしです。

あと、飛行機を降りてからシャトルバスでターミナルに行くバスもファーストクラス用は違います。
こんなんだよ〜〜。
b0334436_22204062.jpg
なんか、石油王国のリッチさに改めておったまげて手がブレてボケちゃってますけど・・。


私たちは、アフリカにいる時になんどもエミレーツを使ったのでゴールド会員なんですが
それで本当にたまたまラッキーでファーストクラスにあげてもらっただけ。

でも、こんなのに普通に自腹で軽くファーストクラスに乗る人って実は結構いるんだろうなあー
と思うと、世の中って広いな・・・と思っちゃいますね。


で・・・

ドバイから成田までもポイントでビジネスクラスにアップグレードして帰ってきたんですが


人間って・・

っていうか、私達ってホントダメだなーと思いました。

だって、エコノミークラスに比べたらビジネスなんて天国みたいなのに
ファーストクラスで来ちゃったら、なんかビジネスが狭く感じちゃって、なんか料理までも「あれ?」とか思えちゃってね・・・。

本当煩悩のかたまりっていうか、ちょっと自分が情けなくなりましたね。




でも、

それにしても
本当に幸運なことにとっても良い思いをさせていただきました。
ありがとうエミレーツ航空さん!
ありがとう神様!

・・・また別の機会によろしくおねがいします。・・・なんつって。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-29 22:37 | 旅: | Comments(6)

コパカパーナビーチ

コパカパーナビーチ・・・

きっと、白人が羨ましがるような小麦色の肌をした
ビキニ姿のおねえさま達がビーチで怖いくらいに日焼けに専念していたり
はたまた、腹筋がくっきり割れているようなムキムキおにい様達がギラギラ汗かいてビーチバレーをしていたり・・・

そんなイメージを勝手に持っていました、私。

でも・・・

実はこの日あいにくの曇り。
前日27度あった気温とは逆に肌寒いくらいのビーチはちょっと寂しかった・・・・。

ビキニのおねーちゃんもいなければ(残念だったね、ゴン・・・)、シックスパック(腹筋が6つに割れていることを言う)のおにーさんも
いませんでしたよ。 

b0334436_23063352.jpg
b0334436_23003521.jpg
聞く所によると、ここのビーチは大分人口的に手が加えられているらしいですね。
砂を入れて大きくしているらしいです。

確かにこのビーチ大きい。

でもって、
さすがにあっちこっちにビーチバレーのネットが張ってありました。
きっと夏はムンムンするほど人で溢れ帰るんだろうな〜・・


ホテルは少し離れたところだったんだけど、運動がてら歩こうってことで頑張って歩く事2時間!!
途中でココナッツジュースを飲んで休憩しながらがんばりました。
誰だよ、1時間で着くよ〜なんつったのは!!! (・・・・ツアーガイドだよ!)

まあ、でもビーチを見ながら歩くのも悪くない・・・運動だ!と言い聞かせ二人で最後は黙々と歩きました。


ムチムチのビキニ姿のお姉様たちはいませんでしたけど
こんなのはいらっしゃいました・・・


b0334436_22564251.jpg
あ〜あ・・・・。

でもって

この男はこんなアホな格好してます。

b0334436_10545214.jpg
「オレの尻をみんなが見てるとこ〜」 ・・・とか言って。 ←バカ



ところで・・・


正直に言ってもいいでしょうか。

このコパカパーナビーチって、やっぱりリオのメインビーチっていうか、『有名どころ』なわけですよね。
でも・・・
なんなんだろう。
天気のせいなんだろうか?

ちょっと荒びれた感じがしました。

ビーチ沿いにあるホテルもなんか、錆びちゃっててパッとしないホテルが多かった。(高いくせに)
あと、あちこちにフードスタンドがあるんだけど、そこを通るたびに臭う・・・しっこ臭 020.gif020.gif

きっと、店が閉まった後に酔っぱらいがしちゃうんだろうな。

是非オリンピックの時にはきれいになっていてほしいものです。
b0334436_10572638.jpg


あと、ホテルで某アメリカの航空会社のフライトアテンダントの人と会ったんですが
彼女は地元(ブラジル人)の同僚に言われたそうです。

「ビーチで泳がないほうがいい」   って。


もちろん、理由は「汚いから」。

海に流されているもの、彼らは知ってるんでしょうな。



さあ、山の下の私達の泊まってるホテルが見えてきました。 
この時点で歩いて1時間半経過・・・・。


b0334436_22572830.jpg
ホテルに着いた時は足がパンパンでした。


そして、翌日リオを出発する日は雨057.gif057.gif057.gif

夜遅くの飛行機だったので、その日はホテルで映画見たり、ロビーでコーヒー飲んだりのんびり過ごし
ドバイまでの14時間の長時間のフライトに備えて充電してました。


あと、もう一個言っていいでしょうか。

リオデジャネイロの空港・・・・。

もうたまげるほどさびれてます。
これでオリンピックで世界中の人を迎えるつもりなのか?とびっくりするほど何もありません。

夜は空港で軽く飲んで食べて飛行機に乗ろうかな・・・などと思って行ったら大間違い!!
オシャレなバーもカフェもなく、ラウンジもオンボロでした。

なので、結局何も食べずに飛行機に乗る事になったわけですが

なんと・・・

ここで神様は私達にものすごいプレゼントをしてくれたのでした!!


さてそれはなんでしょう。

つづきはまた次に!


ところで、私達すでに東京です。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチ応援お願いします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-29 11:20 | 旅: | Comments(4)

とりあえずリオの見どころへ

あれでしょ
やっぱり、リオデジャネイロに来たのなら行かなきゃダメでしょー
・・っていう場所ですよね。

コルコバードのキリスト像。

なんか、タクシーとかバスに乗って簡単に行けそうだよね・・
と思って自分たちで適当に行こうかと思ったんだけど

ホテルの人に聞いたら、いろんなツアーがあるよ、と教えてくれたので
そっちに参加することにしました。

結果的に 大正解。

想像していたよりも道が混んでるし、乗り換えたり、チケットをあちこちで買ったり
そうゆうのをいっさいやってくれるツアーガイドさんがいてくれて大助かりでした。

そうゆうのを知らずに探しながら人に聞きながら迷いながらやっとたどり着く・・・・っていうのが旅の醍醐味
・・っていう人もいると思うけど、私達にはちょっと無理。

特にホテルの人やパラグライダーで知り合った地元の人が口を揃えて
「危ないから一人では行ってはいけない場所」と言ってたし。・・・さすが、南米。

で、ホテルから車で1時間。(距離は短いのに道が混雑!)
遠くに見えてきました。キリストさん。
b0334436_23495807.jpg
一昨日の気温は27度だったので、余裕こいて超ショートパンツで出かけてしまった私でしたけど
山の天辺はブルブル震えるほどさぶかった!

b0334436_23525844.jpg
自分がキリストさんとはあまりご縁がないので、ここに何かを感じる・・ってことはなかったけど
一応見て来た・・って感じ。

きっと誰もがそう思うんだろうけど、

思ったよりもちっちゃかった!・・・・っていうのが感想。

それにしても、みーーーーーんな写真を撮る時に両手を広げて撮ってたけど、やっぱりそれが「お決まり」なんだろうか?
b0334436_23565794.jpg
ちょっと、手の広げ方が違うんじゃね? っていうお姉さんを撮ってみた。037.gif


ほんの30分くらいしかそこにはいなかったんだけど、雲の流れが早く何度もキリストさん雲の中に隠れたりしてました。
b0334436_23541845.jpg
カナダから来たと言うオジさんは、「あ〜ここに来れて幸せだよ〜〜」と興奮してましたけど
やっぱりある意味宗教的な関係があるので、人によって感じ方もそれぞれなんでしょうね。

ゴンなんか、「オレは奈良の大仏の方が感動した」なんてキリストさんの足元で言ってたので
「オイ、コラ!そんなこと言うと怒られるぞ」と注意しておきました。


さて・・・


次は、シュガーローフマウンテンへ連れてってもらいます。
b0334436_00143402.jpg
ゴンドラに2回乗って右側の山のてっぺんまで。


頂上からはリオの町が一望でき、空港もすぐ側に見えて、景色は最高。

しかし、その写真がないんです・・・。

実は
30分ほど時間があったので、喉が渇いた私達はビールを買ってぐびぐび飲んでベンチに腰掛けてのんびり〜〜〜
している間に、あれよあれよと雲が多い、小雨まで降って来て写真を撮るどころじゃなくなってしまったのでした。

青空が一瞬にしてグレーの空に・・・。
あ〜あ。

通り雨だったようですぐに止んだけどね。 
でもさぶかった〜。

参加したツアーはそこからランチを食べ夕方5時まであったんだけど
私達はこの二つだけとりあえず・・ってことで予定通りそこで解散。
コパカパーナビーチでピチピチのギャル(死語)がビーチバレーでもしてる姿でも拝ましてもらおう・・・と散歩することにしました。


その話はまた次回に!


今晩の夜中2時日本に向けて飛びまーす。
ドバイまで14時間+日本まで10時間。
なげっ〜〜!!!

ってことで、今ホテルで充電中。

今日も訪問ありがとうございます。
よかったら応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-26 00:31 | 旅: | Comments(0)

リオデジャネイロに寄り道

バッタバッタと引越しを終えて・・・

1年ちょいお世話になったカリンガスタ村にバイバイして・・・

・・

今は、リオデジャネイロに来ています。

カリンガスタ村を出て、サンファンまで行って一晩泊まり、翌日ブエノスアイレス経由でリオデジャネイロに飛んできました。

結局、本当にアルゼンチンの首都には一度も立ち寄らなかった・・・と言う
ある意味失礼な外国人かもしれない。
(乗り換えと空港の移動で立ち寄っただけ!)


冬の寒かったカリンガスタはいったいなんだったんだ?
って思うような陽気のリオデジャネイロですが、それでも季節は涼しい時期になんだってね。
昨日は27度もあったど〜。

ブエノスアイレスからたった2時間ちょいで着いてしまうリオ。
来年はいよいよオリンピックだもんね、いろいろ頑張っているんだろうな・・・と期待してやってきました。
b0334436_06241482.jpg
コパカパーナのビーチにこんなのがあったんだけど、ちゃんと写真撮るのに ”カネ” 取ります。

リオには夜中の12時半に到着。

で、翌日の午後は風もよかったので、飛びたくてウズウズしている男がじっとしているわけがありません。

さっそく行ってきました、飛びに・・・
b0334436_06341210.jpg
さすがに日曜日。
そして観光地っていうだけあって、テイクオフ場所はもんのすごい人!人!人!

パラグライダーとハングライダー両方のテイクオフがほんの小さな敷地に設置してあるので
まるで、「ガーナ・パラグライディング・フェスティバルか?」と思ってしまうほど人が溢れてました。
この上にはハングライダーが20機くらい待機中!
パラグライダーも私達が行った時には軽く20機は待機してました。(テイクオフはちっさいのに!)
b0334436_06345016.jpg
そしてすごいのがパラグライダーのテイクオフの場所の上にある、踏み台・・・・っていうの?
人が座っている上のところから、ハングライダーのパイロット達がバンバン飛び出すんですけど
これがまだすごい。

ドタドタドタ〜!!!と走る音が聞こえたかと思うと、ビューンとパラグライダーを準備している人たちの頭スレスレを通り抜けて行きます。
こんな感じで・・↓   こえ〜〜〜!
b0334436_06222758.jpg
ここで飛ぶのにはライセンスを見せて1000円ほどの「飛び代金」を支払えばオッケーと言うとってもシンプルな手続き。
さらに、初めての、それもよそもん(外人)が行ったにも関わらず
テイクオフの係の人や地元の人たちはみーーーんな親切でびっくり。
日本とはその辺がちが・・・

ゴンはとっても気持ちよく飛ばせてもらったと話してました。

b0334436_06404919.jpg
私はもちろん見てただけ。見てるだけで十分。
っていうか、下に見えるゴルフ場がちょっと気になってしまった・・・。(是非、いつか!)

ゴンは30分くらい飛んで下のビーチに降りてごっきげん。
ビーチも広いので、パラグライダー、ハングライダーがバンバンランディングしてて
同じ所でサッカーしてる人がいたり、泳いでる人がいたり、なんか、みんなで共有って感じです。
b0334436_06470448.jpg
夕方はホテルのプールサイドでビールとピザを頂き〜!
b0334436_06570015.jpg
いいな〜、夕食を夜9時まで待たなくてもいいって。
好きな時間(食べたの夕方5時だった)に夕食が食べられるっていいな〜。

アルゼンチン最後の日も、お腹空いているのに夜8時半にもなってもどこも開いてなくて嫌になったんだよねーー
(あ〜、もうそんな思いはしなくていいんだなあームフ)

リオデジャネイロには3泊しかしませんけど
今日は一応有名どころの観光もしてきたのでそれはまた明日にします。

今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチ応援お願いします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-25 07:04 | 旅: | Comments(2)

ありがとうカリンガスタ村

今日、アンデスの麓にあるアンデス村・・いや、ちゃんとした名前で言おう
「カリンガスタ村」を去りまーす。

去る日でもゴンは朝6時に仕事に出かけました。
でもお昼頃には帰ってくるそうで、そのあとサンファンへ言って送る荷物だの事務手続きを事務所で終らせ全て終了。

いろんな人にバイバイを言うのはあちこちでしてきたので慣れてきてはいるものの
中には意外に感情的になってしまう人たちもいて、あえてクールに去ろうとしている私の気持ちがググッと揺らぐときがあります。

昨日はいつも行ってた店、フーゴの所に挨拶に行ったんだけど
彼、涙いっぱいためてたよ・・・・・002.gif

他にも店にお客さんがいたので私は短めに挨拶して帰ってきたんだけどびっくりだったな。

昨日の夜は、トマト缶の残りとツナ缶で最後の夕食はパスタ・・って決めてたんだけど
午後ゴンから電話が来て、
「隣のティムが肉買って来るからバーベキューしようってさー」
だと。

男って、そうゆうことを普通に何も考えずに決定するよねー。
肉だけでよし・・・なんてことはないわけで・・・
って言ったって、サラダも何も作れないっすよ。冷蔵庫の中空っぽだからね。

いいよいいよ、肉だけで〜

と軽く男は言うけど、じゃあ、使い切ろうと計算して残してきたパスタ、トマト缶とツナ缶とかどうする?

ってわけで、パスタも作りました。

そしたら、なんか「最後にビールでも、と思って」と
ゾロゾロと他の人も集まり結局7人にもなってしまった夕食でした。
ワイン3本空き〜!

b0334436_18443008.jpg
今朝の我が家のテーブル。↑
コーヒーテーブルは私達が買ったものなので友人にあげました。
置いておくとずるい人たちが盗んで行く・・って話を聞いたのでね。

ゴンの服や靴下なんかは、いつも車を洗ってくれるカルロスにあげたり、隣の家のガーデナーのおじさんにあげたり
私の服は今日教会に持っていきます。


・・・

カリンガスタ村・・・・1年ちょっと住まわせてくれてありがとう。
村人はみんないい人でした。  

b0334436_18502454.jpg
毎晩毎晩、野良犬の鳴き声と、壊れたマフラーのオンボロ車やバイクの騒音と、ドスドスという音楽が鳴り響く村で
毎晩耳栓をして寝て、それでもうるさくて目が覚めて・・・

一番静かなのが普通人間が動き出す 「朝」 そして、シエスタのお昼寝時間。

そんな村に1年住まわせてもらったけど、ここの習慣に慣れる・・までは行かなかったなあ。残念ながら。
あと5年くらい住んだら野良犬の鳴き声も聞こえなくなるのかもしれないけどね。

あと数年したら

「あ〜、あんなうるさい場所で寝てたねえー。」

と、茶飲み話(私達の場合酒のつまみ話)になるんだろうな。


・・・・


さあて・・・

私もこれから朝ご飯食べて荷造りの最終点検と掃除しなきゃだ!


今晩はサンファンに一泊です。

今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチ応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-21 19:05 | アルゼンチン | Comments(6)

うれしい出来事

現実逃避(片付け)でブログ本日2回目のアップです。

なんだかびっくりしちゃうんだけど
こうゆうことってあるんだなあー。

と、思った出来事があったので・・・・。


2ヶ月くらい前だったかな、この村に薬局ができたんです。
薬局って言っても、気の毒なほど品薄でいったい何処にあるのかさえ知らなかったほど小さい店。
クスリも箱じゃなくて、箱から出されて一個一個で売らてました。

行く用事もなかったので行ってなかったんだけど
ゴンが風邪引いててのど飴が欲しいって言うので今日行ってみた。

そして、そこでのど飴と頭痛薬を買った時
初対面の店のお姉さんが

「私と友達になって英語を教えてくれないかしら?」  

なんて言ったんです。

とっても親切な薬剤師(たぶんね)さんで、今まで知らなくて残念。
そんでもって、よりによって 『明日この村を去る』 、、、と言う日に ”お友達リクエスト”

「明日ここを去るんだよ〜、残念ながら・・・」って言ったらすっごーーーくがっかりした顔してて
私もなんか申し訳なくなっちゃった。

細かいお金がなかったら、2ペソ分おまけしてくれたので
じゃ、代わりにこれを・・・と、家の鍵のキーホルダー(キウイの形の)をあげたらすっごい喜んでくれました。

そして、家に向かって歩いていたら・・・

名前は知らないけど、道で会えばいつも笑顔でオーラ!と挨拶してくれる女性が
両手にいっぱいの荷物を持って歩いてたんです。
片手にはでっかいバケツ。そしてそのバケツにはビールの空大瓶5本と他にもなんかいろいろ。
もう一方には、2リットルの油、缶詰数個、20個くらいのパンが入った袋。

あまりにも重そうで、道に一旦置いて休んでたところに私が通りかかったわけ。

「大丈夫〜?」って言ったら「シーシー!大丈夫よ!」と息を切らしてた。
でもあまりにも気の毒だったんで「手伝うよ!」と半分持ってあげたんです。

言葉は通じないけど、まあよくしゃべる人。
で、どこに行くのかさっぱりだったけど歩く事10分。
彼女の家に到着。
b0334436_01193455.jpg

じゃあね〜!と帰ろうと思ったら、中に寄って寄って〜!!と家の中に入れてくれました。

わっ!地元の人が住む家の中に入るの、「初体験」!!
これまたよりによって、明日ここを去るという日に・・。

おじゃましま〜〜す!
b0334436_00515648.jpg
うわっ、けっこうきれい。(あくまで思っていたよりも・・っていう意味でね)
大きな冷蔵庫(冷凍庫かも)もあるし、ガス代もあったよ。
旦那さんはゴンと同じく鉱山で働いているらしいから、一応ちゃんとした収入があるんだなっていうのがわかりました。

ストープもあって家の中は十分暖かかった。
b0334436_01164395.jpg

建ててどのくらい経ってるの?って聞いたら。。。。たった2年!
新築じゃないっすかあ〜!

きっと出来上がったときもこんな感じだったんだろうね。

で、私にくっついてきたサブとクロを見て
「家にも犬がいるのよ。子犬がね」 と言ってたんですが(これ、私スペイン語でわかった!)
行ってみたら、なんと本当に生まれたばっかりみたいな子犬が5匹もいました!!!

ひえ〜!!!!どうしましょう〜〜!!
b0334436_01264803.jpg
白黒のが一匹で後の4匹はクロ。
なんかよく見えませんけど、お母さんのそばに4匹のチビちゃんがウヨウヨしてました。

私の友のクロがいて、この母親犬が大分警戒していたのでゆっくり見る事ができなかったけど、久々にこんな小ちゃいのを見ました。

んもう〜たまんね〜な・・・・016.gif016.gif016.gif
b0334436_01221536.jpg
「持ってく?」

って聞かれたけど、、、、、それはちょっと難しいよね。037.gif



そして、彼女は
「今度アルゼンチンに来る事があったら、我が家に泊まればいいわ!」
と言ってくれ、これまた明日去ると言う日に、お互いの名前を知ってお友達になった・・・と言う・・。
んもう〜〜ナゼ今なの?

帰り際には、「これ、私が作ったの。持ってて。」とお土産まで持たせてくれました。
b0334436_01081848.jpg
胡桃入りの、ドルセレチェ。
甘ーい、ゼリーみたいなものなんですけど、手作りだそうです。

あ〜〜〜 
ありがたいなあ〜。
うれしいなあ〜。

こんなお付き合いがもっとあったら、きっとここの生活は更に楽しかっただろうなーーー

・・・なーんて思ってしまうけど

逆に、こうやって最後までもフレンドリーな人たちに出会えたことは嬉しいし、良い思い出として持っていける。




この二つは今日の午前中の出来事。
そしてよりによって、「もしかしたら良い友達になれてたかも」な人たちに出会ったなんて・・・。

残念と言えば残念だけど、ちょっとほっこりと心が温かくなる出来事でした。


ささっ!
また動かなきゃ。


今日もまた訪問ありがとうございます。
よかったらポチ応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-21 01:36 | アルゼンチン | Comments(0)

野良犬とお別れ・・・あと1日

サブの調子もイマイチだったし、私も忙しかったのでちょっと散歩は中止してたんですけど
昨日あまりにも滅入ってしまったので散歩行ってきました。

あ、滅入った理由は
そりゃもちろん、「荷造り」「片付け」っす。

いつも通りのコース。

b0334436_18175666.jpg
でも・・・・・
いない・・・・
ボブがいない・・・・007.gif

このクロは、相変わらずチャンスがあれば我が家の前で待機してて、買い物とか散歩にくっついてきます。

あ、そうそう
いつも胡桃農場の家の前を通るんだけど
そこには3匹くらい(実際はもっといるかも)の巨大犬がいるので、毎回吠えられます。

でも、私がシーザーミラン(アメリカのドックウィスパラー!)のマネして「シーッ!」と言って追い払う仕草をすると
「あ、このオバさんはおっかない人だった・・・」みたいな顔して見事に一瞬にしてUターンして帰ります。 満足〜〜の瞬間。

ずっと前に子犬が4、5匹生まれてて、ボブのあとを追いかけてきたりしたんだけど
実はあの子犬もらわれていったのか、はたまた飼い主さんに処分されたかわからないけどあっと言う間にいなくなったんです。

そして、あれからかれこれ半年くらい経ってるでしょうか。
いや、もっと経ってるな。

また子犬が生まれてました。遠くから数えただけで6匹。
どうするんだろう、あの子犬たち。・・・と心配になる。


実は、ゴンの会社でこの村の犬達の去勢手術キャンペーンをしていています。
もちろん、アルゼンチン人のアイデアじゃないよ。(よその国の人たちのアイデア)

こんな小さな村におそらく2百匹は軽くいるであろう野良犬&飼い犬
野良犬なんてもうどこにでもいる国だし、大きな町でも大型犬があっちこっちで車にはねられて死んでるのにほっとく国。
アフリカ並みのゴミだらけの国なので、ゴミを漁って生き延びている犬達。
でも、国としてなんとかしようという気がまったくないらしい。

なので、村中に広告を貼り出し、
「あなたの犬の去勢をします。無料です」と呼びかけ
週末にサンファンから獣医さんにきてもらって手術をしてもらってるんです。
ただ、聞くところによると、無料であるにもかかわらずあまり人が来ないらしい。

ここの村に住む人たちは
犬がわんさかいること、ワンワンワンワンギャンギャンギャンギャン、夜中じゅうに吠える犬の鳴き声なんか全然気にならないらしい。
もうマヒしてるようだ。

それでも、何週間かそのキャンペーンをしている間に
50匹くらいの犬の去勢に成功したらしいです。
えらく低い成功率だけどやらないよりはマシ?・・・・002.gif
いや、子犬はドンドン生まれているわけだし、それが大人になればさらに去勢が必要になるわけだよ。
あーなんか、ここの野良犬事情は永遠に変わらない。

サブの飼い主さんにも言ったんだけど、「ふーん」と言ってまったく興味のない様子。
思わず私が勝手に連れて行こうかと思ったけど、さすがに村人たちはサブが私の犬じゃないことを知ってるのでやめときました。

b0334436_18205209.jpg
サブ郎・・・・
いったいお前は今までに何匹の父ちゃんになったんだ??


今朝4時ごろあまりにも犬がうるさいんで、スリングショットを持って外にでたら・・

我が家の前に8匹の野良犬。
ものすごい喧嘩が始まる一歩手前・・・って感じだったけど私のスリングショットで一瞬にして逃げていきました。


そしてゴンが一言
「あ〜、こんなやかましい所で寝るのもあと一晩・・・・」 


・・・・

そうなんですよ。
あと今晩一晩でこの村ともお別れ〜〜!

昨日はスペイン語と英語のエクスチェンジをしていたグレースと、体育の先生のソニアとお別れしました。
一瞬二人とも涙っぽくなってしまってヤバい雰囲気になったんだけど、あえてみんなで「笑顔で!」と言い合いバイバイ。

今日は友人宅に小さいカーペットとコーヒーテーブルを置きにいくので
今晩私達は段ボールがテーブル。
うーん、引越しって感じ!




今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチ応援おねがいします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-20 18:55 | アルゼンチン | Comments(4)

サブ郎の今後

ボブと言うアミーゴがいなくなり、一見なんともねーような顔してますけど
いったいサブ郎アニキはどう思ってるんでしょうか・・・。

ボブがいなくなった翌日、急に具合が悪そうになってご飯も食べなくなったサブ郎。
目もどんよりしちゃって、立ち上がるのも「よっこらしょ」って感じでした。

で、たまたまサブ郎の本家(もともとの飼い主さん)の所に用事があったので行ったんですが
その時に、オジさんに言ってみたんです。

サブが具合が悪そうなんだけど、私達もあと数日でいなくなるし、心配なんだけどーー。 って。

そしたら、オジさん

あ〜、ヤツはもう半年前のあの時に天国に行ってるべきだったんだよ」

と、えらく関心なさそう。
ひえ〜〜〜っ!
そ、そんな血も涙もないような言い方しなくても・・・。
とびっくりしちゃった。

・・・

・・・

覚えてますでしょうか。
サブ郎が三途の川を渡りかけた時のことを。

野良犬との喧嘩で首の後ろをがっつりかじられ、ハンドボールなみの大きな穴が背中にぽっかり。骨まで見えるほど。
そして、そこに信じられない数のウ○虫がわき、サブ郎の身体をむしばみ始めた。

その時はサブ郎は我が家に出入りしてなかったので、段々ヨロヨロしてくるサブ郎を見て心配していたんだけど
飼い主さんが「もうダメだから人に頼んで今晩殺してもらうことにした」
っていうのを聞き、ゴンとゴンの同僚で我が家にあったクスリをつけて様子をみることにしたわけです。

その時はサブ郎は既に動けなくなってて、側溝にうずくまっているのをゴンと同僚が見つけ保護。
男二人で運び、消毒し、抗生物質をなんとか飲ませたんです。

でも容態はかなり悪く、呼吸も浅く明日の朝までは持たないかもね・・・と言ってたんですが
奇跡的に回復!
三途の川、Uターンして帰ってきたんです。

まあ、そんな事があってから、サブ郎は私達に今まで以上の好意を見せるようになったわけなんですが・・。

でも、きっと飼い主さんにしてみれば、「余計なことをしてくれて・・・」と言う感じだったのかもしれないな、と思うんです。
更に、サブは私のあとをくっついて離れなくなってしまったのでサブに対する愛情はどんどん薄れていってしまったのかも。

飼い主としてみれば、飼い主に忠実であるはずの犬に裏切られたような気持ちになってしまったのかな。。と
私も少し気が重いんだけども。
散々ほうきで追い払い、なんとか我が家に住み着かないように頑張ったんだけど、ダメだったんだよねえ。

でもサブはサバイバーなので、私たちが留守の間はちゃっかり実家に帰って昼寝してるんだけどね。

・・・

そんなわけで、サブもあと少しで実家に戻ります。
ゲートが閉まってても塀を乗り越えて敷地に入ってきてしまうので、知人にチェックしてもらって出すようにおねがいしました。

どうか、飼い主さんが面倒を見てくれますように。

万が一の為に、動物好きのオーストラリア人にサポートをお願いしてるので
彼女が様子を見てもし放っておかれているようであれば彼女の家に連れていく事になってます。
彼女はこの1年ですでに野良犬3匹確保、野良猫2匹確保して飼ってる。
前にいたスペインからもわざわざネコを3匹も連れてきたほどで、彼女の家はいますごいことになってます・・・。


昨日直したはずのインターネット。
今日は3分置きに切れてます。
おかげで写真すらもアップできませーん。

なので、もともとアップしてある、前にも紹介した犬3兄妹の写真を・・・・
b0334436_22133365.jpg
・・・・あ〜・・・ボブ・・・・
元気かな〜。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったら応援お願いします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-20 05:17 | アルゼンチン | Comments(0)

ボブとお別れ

も〜〜〜まったく〜〜!

日曜日からインターネットがつながりませんでした。
そして、さっきやっ・・・・・と開通〜!

まったく、どうしてこうも何度も何度もダメになるんだろう?と思うくらい不通になりますけど
今回は、山の上にあるアンテナだかの部品が誰かに盗まれた・・・とか。
ホントかあ?

ま、いいや、とりあえず直ってくれれば。

さて・・

今日は火曜日。

日曜日にボブを里子に出して2日目経ちました。
どうしてるかな〜〜〜〜〜〜と心配になるけど、元気でいてくれることを願うばかり。

日曜日の朝は、ゆっくり寝てられる日なのに
何故か5時半ごろ目が覚めてしまい、あれやこれや考えてしまって眠れず・・・。
そしたら、ゴンまで目を覚まして本を読み始めた。

「ボブの事考えてる?」 と聞いてみたら

「・・・・・ちょっとね・・・」 だと。

それ以上言わないところを見ると、どうもヤツもすでにきているらしい。

002.gif002.gif002.gif


何も知らないボブは、どっかに散歩に行くもんだと思ってご機嫌で車に乗ってました。
ボブは後ろに乗ってて、普段もたまーに運転しているゴンの耳元をペロっと舐めたり、腕を突っついたりするんだけど
あの日は、何故かそれがすごくて、キューンキュン鳴きながらゴンを突っつき、普段はしないのに私にまでしてきた。

なんかわかってるのかな〜。
と思うと、もうキュンとなってしまって言葉が出ない。
それはゴンも同じ様子で、普段は「ヘーイ!やめろよ〜」なんて注意するんだけど、その日ばかりは何も言わない。

私はよーーーーく知っている。
ゴンが人一倍涙もろい男だということを。
そして、サングラスの奥の目にはたっぷり涙がたまっていたのも・・・・。

さすがに、お別れの時はゴンも私も新しいオーナーさんの前で涙を流してしまったけど
オーナーさんも私達がどんなにボブのことを心配しているかをわかって何度も
「大丈夫だよ、心配しなくていいよ。」と言ってくれました。

新しいオーナーさんは私達がいつも行ってたホテルのガーデナーさん。
ホテルにも犬を連れていくそうなので、ボブは喜ぶはず。(ボブは何度か行ってるので)
一目見て「いい人」だろうな、と思える人で、ホテルの人たちも「彼は動物に優しい人」と言ってました。
ホテルのオーナーさんも「私達も気にかけておくから大丈夫よ」と言ってくれたのでちょっと安心。

そして何よりも、怖がりのボブがまったくそのオーナーさんに怯えなかったこと。
呼ばれたらすぐに彼の足元に行って気持ち良さそうにななでてもらってました。

・・・・

・・・

まあ、こうやって

「きっと大丈夫」

って思わないと、いても立ってもいられない・・・っていうのもなきにしもあらず・・なんだけども。

1年2ヶ月前・・・
ここに来た初日、着いて30分もしない内に玄関でじっとビクビクしながらゴンを見上げていたっけな。
人に頭を触られるのが怖くて、私達に安心してなでられるようになるまで時間がかって
他の犬が怖くて、村を歩くとシッポをそっくり丸め込みキューンキューン鳴きながら歩いてた臆病者だったなあ。
でも、今じゃ自分のテリトリーを主張するようにまでたくましくなり、シッポをピンと立てて散歩できるようになったボブ。

ここでの私の一番のアミーゴでした。

ボブがいなかったら、私の生活はもっともっと大変だったよ。(精神的に)

ボブよ、私達を見つけてくれて  
ありがとう!053.gif

達者で暮らせよ! 006.gif 
(あえておちゃらけます)





b0334436_04121556.jpg

そして・・・・

残ったのは、サブ兄。
ボブがいなくなって寂しいのかどうか、まったく表情が読めない男ですが
なんと一昨日は体調がすぐれず、ブルブル震えててご飯も食べませんでした。
食欲だけはある男なのに・・・。 やっぱり寂しかったんだろうか。。。

でも、今日はすっかりいつも通りのオッサン・・・いや、サブ郎に戻ってますけど。

ただ、サブ郎の今後も心配。
そのこともちょっといろいろあるんだけど、その話はまたあとで。

さて

ここでの生活も残りわずかとなりました。
もう送る荷物3つ作って、あげる物もだいたい整理できました。


ネットが使えなかったので、ある意味荷造りがはかどった・・・かも。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったら応援お願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-19 04:32 | アルゼンチン | Comments(4)

食べたいけど食べられないもの

過去5年間の間にタンザニア、ガーナ(2カ所)とこうゆう引越し(移動)をしてきたけど
どうにもこうにも「学んでいない」ことがある。

前にも話したことはあるけど、

貴重な日本食、調味料などはもったいなくてなかなかどっさり使えない。

「いつかのために」取っておく癖ができてしまってる。

「いつかのため」っていうのは、
例えば私が食事を作れないほど具合悪くて寝込んだ時とか(マラリアの時以来ないけど)
電気やガスなくて料理ができないときとか
ただ単にご飯を作るのが面倒くさい日、とか・・・037.gif

そして、その「いつか」の日を待って待機している貴重な日本食たちは
いつのまにか忘れられ気がついた時には

賞味期限切れ・・・・050.gif

っていう、まったくもって気の毒なほど待ちくたびれてしまっていたりするわけです。
(でも、数ヶ月くらいの賞味期限切れくらいだったら全然オッケー、食うよ!)


で、なんで私がこんな話を書いているかっていうと

そう、今回もそのような待ち組さんが数人待機しているわけなんですよ。

まずはこちら↓
b0334436_18590089.jpg
アルゼンチンには(ってか、私が行く場所には)インスタントラーメンって売ってない。
日本にいればインスタントラーメンなんか食べなくても美味しいラーメンとかうどんがあるからいいけど
やっぱり海外にいると、たまーにこうゆうのが欲しくなるんです。
で、唸るほど美味しく食べられるんです。ええ。

なので、NZに帰った時に、アジア系の店で韓国のインスタントうどんとか日本のチャルメララーメンとか買ってきてました。

ちなみに上の「塩とんこつラーメン」は日本から姉が送ってくれた中に入ってたもの。

で・・・・この残り1個がどうしても食べられない!

そして、カップラーメン。
これはクライストチャーチのアジア系の店で見つけたんだけど、軽いワリにちょいどかさばる。スーツケースになんか入れたら絶対つぶれる。
だから、2個だけ買って手荷物に入れてつぶれないように大事に持って来たものなのです。
そしてこれも残り1個・・・いつ、 ”食べるその時” が来るか待ってるのです。


あと、待機中なのがこの方たち

b0334436_19080107.jpg
あれ?写真が横っちょになってしまったね・・(失礼)


ご飯がおいしくないので、お茶漬けで食べるよりも私はパスタに入れたりしてるんだけど
これも残り2個。


あと、ランチが何回ある?
・・・と考えてこの方達を十分満喫したい・・・と考えています。
(ゴンにはあげないつもり。037.gif このありがたさは彼にはわからないからね)


あと、矛盾しているのが、
ついこの間までケチケチバアさんみたいにちょびっとずつしか使っていなかった調味料とかは
もったいなから・・と言って必要以上に使ってしまうってこと。

今までのケチぶりはいったいなんだったんだ?

だからこの2週間ほど、今までにないほど「日本の調味料」をバンバン使ってます。
醤油、味噌、ダシ、コンソメ、ノリ、ふりかけ、乾燥わかめ、ごま・・・・などなど。

もう、出血大サービス!
バンバン使うよ!
七味なんかもうバンバンかける。なんにでもかける!
残していくのはもったいないからね。

ただ・・・・使い過ぎてしょっぱすぎて、逆に不味くなったりしてね・・・うふふ。
なにしてんだ、私!とか思うよ、ホント。

この間は、ドレッシングにわさびをいれたんだけど、「バンバン使おう週間」なので   入れ過ぎた・・・・。
そしたら、辛いもの苦手なゴンが唸って泣いてました。あはは。

チューブのしょうがでこの間はクッキーを焼いたので、あと料理に1回くらい使えば使い切る。

佐藤仁美さんがお土産に持って来てくれた味噌はまだいっぱいあるんだけど
ゴンの同僚(オーストラリア人女性)が欲しいって言ってたのでダシと共に置いてきます。

キャベツも昨日ざっと目秤して、たぶんあと2回くらい食べられる。
人参は1個の半分しか残ってなかったので、昨日1個だけ買ってきました。
ジャガイモはあと2個。

・・・・ってそんな報告どうでもいいやね。



あ、そうそう
昨日やーーーーーーーーーーっと、送る用の箱が届きました。
b0334436_19300336.jpg
ほんとーーーーーーーに、全てがスムーズに行かないここの国。
この箱を手配するにもなんと1ヶ月かかりました。
それも、最初、会社のオフィスのお姉さんは「DHLではそんな大きな箱はないそうです」とか
「絶対ウソだろう!おめー調べてねーな!」っていう返事をしてきて、わざわざゴンがウェブサイトを送ったら
「あ〜、あったのね」とか言ってたそうですよ。

でもって、「仕事したくない」オフィスの人たちは
「私の担当じゃないので」とか
「誰々に言っておきます」とか
「サンファンのオフィスにはないそうです」とか
「すぐに手配します」とか言いつつ
まったくやる気がなく1ヶ月経過。
終いにはなんと、ゴンの通訳の子がサンファンに出かけ彼女一人でたった1日!で手に入れてくれました。
「やります」と言った人は結局なにもしないまま・・・。

・・・なんだったの、この1ヶ月の何十回というメールのやり取りは!

でも、いいよね、そんないい加減な仕事で通る国なんだからさ。
私が社長だったら速攻バッサリ切るね、そんな役に立たない社員050.gif



さあ、今日も荷造りだ。


・・・で


明日の日曜日は・・・・


・・・・

・・・


ボブとのお別れです。

ダメ・・・すでにヤバい。007.gif


今日も訪問ありがとうございます。
よかったら応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-08-15 19:46 | アルゼンチン | Comments(2)