カテゴリ:ニュージーランド( 334 )

早起きとアルゼンチンの思い出

数日前の早朝。

b0334436_04252137.jpg
『早起きは三文の得』っていうけど
これを見ただけで三文得した気分になります。
三文がどのくらい価値があるのかわからないけど・・・・・。


最近、ゴンがまたちょっとだけ仕事をし始めたので
朝送って行く時にこんな景色がみえるのですよ。

まだ日が昇る寸前の、キンキンに冷えた冬の朝。
昨日はマイナスで車のフロントガラスが凍ってました〜〜135.png
とうとう冬がやってきたヨ。。。。



まだ町はかろうじてポプラの葉っぱがくっついている感じですが
これでちょっと強風でも吹けば全部散ってしまうでしょうねえ。

でも、この時期のこの辺りの景色を見るとやっぱり思い出すのがアルゼンチン。

あそこもポプラがあってこんな同じように秋になると黄色に染まってたっけな。

アルゼンチンのド田舎👇
b0334436_04371807.jpg


こっちはニュージーランドの田舎👇

b0334436_04383619.jpg
ニュージーランドの山も木がない禿げ山が多いので
ちょっとあの私達が住んでいたアルゼンチンのド田舎に似てるなあ〜・・・と思う事も多い。

「でもやっぱりニュージーランドの方が綺麗だよね」

と、最終的にはそうゆう言葉で締めくくってしまうんだけど。
(ごめんよ、アルゼンチン・・・)


でも、あのド田舎でも田舎なりの美しさがあったな。。。。

・・・・えらくさぶかったけどね!!!
(マジであんな寒い家で生活したのは初めてだった)


アンデスの雪山の麓にある私達が住んでた村👇
b0334436_04341503.jpg

ゴンが毎朝5時に出勤して行ったのでこんな朝焼けもよく見たっけ👇
b0334436_04480607.jpg

・・・・なーんて前の写真を見てたら・・・・



きゃあ〜〜❤️❤️
こんなかわいい奴らが出て来た!
b0334436_04530406.jpg
左から・・
サブ、近所の犬。本名はシモン(ということをだいぶ経ってから知る)
黒いチビ子、近所の犬。家に来たがってよく門の外できゅんきゅん鳴いてた。
ボブ、元野良。私達がアルゼンチンに着いたその日からうちの子になった。図体のわりに異常なほどの臆病者。

なつかしいなあ。
ボブは隣町の犬好きな人にもらってもらったんだけど、元気でやってたよ。。。と言う報告が時々友達が来ます。


きっとあの田舎も今頃はきっとポプラの葉も散って
相変わらずのカラカラの乾燥した初冬を迎えているはず・・・・


毎日の散歩道だったとこ
b0334436_05002736.jpg

今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-05-05 05:04 | ニュージーランド | Comments(2)

冬に備えて貯蓄中

最近、ちょっとやらなければならないことがあって
いつも以上にしていることがあるのです。

それは・・・・

外食!

アフリカやアルゼンチンに住んでいた時は
数週間の休みでニュージーランドに帰って来ると
新鮮な美味しいものが食べられる!!としょっちゅう外食してましたけど
すっかりここで生活が落ち着いてからは滅多に外食はしなくなったんだよねえ。


なんだけど、ちょっとここんとこよく外で食べてるんです。
自分だけで食べるのは罪悪感(太るからね)でいっぱいになるのでゴンにも食べさせてる。



こんなものや〜
b0334436_07270238.jpg

こんなのや〜
b0334436_07250484.jpg

はたまた、こんな甘いものや〜
b0334436_07131641.jpg

最高に脂肪をつけてくれるこんなもんまで!!!
b0334436_07255073.jpg


・・・なので、寒い冬に向けて順調に体調を整えている(脂肪を蓄えている)私なのです。



・・・・う〜ん、やばいぞ、こりゃ!




今日も訪問ありがとうございます。
こんなん作ってみました。👇


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-05-04 07:41 | ニュージーランド | Comments(0)

犯人は誰だ?

スコティが撃たれて、弾を取り出してしっかりした証拠ができた後すぐに
写真を撮ってご近所さん20件くらいに配って回りました。

内心は
「撃った人が読みますように・・・・」

または、あわよくば
「撃った人を知ってる人が読みますように・・・」ってこと。


そしたら、翌日電話が鳴った!

近所だけど会った事のない女性から。


ドキドキしながら話を聞いてみると
どうやら近くのファーマーさんはペットがファームに入り込むのを異常に警戒してて
前にも猫を撃ったことがあるから怪しいわよ!ってことだ。

彼女も最近子猫二匹を飼い始めたので心配で心配で眠れないわ〜〜〜とのこと。
そう、あの美人姉妹のお母さん!

 この子〜👇
b0334436_07430291.jpg

「お宅の猫たちはウサギには見えないけど、家のはウサギに間違えられる可能性があるから怖くって〜〜!」
と、子猫たちの安否を心配しているのがよーく伝わってきました。

警察にも報告しようと思うって言ったら
「是非是非!!お願いだから絶対に報告して!その時に例のファーマーのことも言ってみて!!」って言ってました。

ゴンは「名前を出したり特定するのは危険だから、あくまでも自分たちは知らないってことにしとけ」と言うので
私達は警察にはいいませんでしたけどね。


そして、その美人姉妹のお母さんからの電話の翌日・・・

今度は犬を散歩させてる近所のおじさんにバッタリ。

会った瞬間おじさんは
「犯人は見つかったかね?」

と、聞いてきた!

いや〜警察には報告したけど、きっと見つからないでしょうねえー
と言ったら、おじさん、ぐっと近寄ってきて声を押さえてこんなことを言って来た。


「本当は知ってるんだろう?誰が怪しいか。
きっとこの辺の人たちはみんな知ってるはずだよ。」

さらに

「言っちゃえよ!きっとオレが疑ってると同じ人だから!」

なんて言って来た〜〜!!


え〜〜!!!誰?誰?
知らないよーって言ったら、

「知らないのかい?お前さんちのすぐ側にいるだろう?潔癖性の庭いじり大好きで猫嫌いなじいさんが・・・。

・・・・

へ?? 
あの、『A』じいさん??

どうも、その人の話だとAじいさんは以前に
「オレの庭を荒らす猫は殺す」って言ってたらしいんです。
ひえ〜!!Aじいさん、怖っ!

でも、実はAじいさんはゴンが足を怪我してた時に家の芝を刈ってくれてた人なのよ〜。
確かにいろいろ口うるさいことで知られてるじいさんだけど、私達とは仲がいい(と私達は思ってる)
家が猫を飼ったことも知ってるし・・・・。
だからまさか・・・とは思うんだよね。

私達はAじいさんは疑ってないんですけど
どうもおじさんの話だと近所の人はみーんなそう言ってるって。。
え〜!!!そうなの!?



・・・そして、数日前に新聞に載った翌日・・・・

今度は違うとなりのおじさんがやって来た。

そして開口一番

「オレじゃないよっ!!」

104.png104.png104.png104.png104.png

私達はおじさんがライフル銃を持ってて、裏庭のウサギをたまに撃ってるっていうのを聞いた事があるので
実はまっさきにおじさんの顔が浮かんだんですけどね、おじさんも「おまえんとこの猫には悪さはしないよ」
って言ってくれたので、まさかーーと思っていたんですよ。

きっとおじさんも「あ、オレが疑われてる!」って思ったんだろうね
ちょっと慌て気味でやってきたよ。

そして、そのおじさんも私の耳元で「知ってるかい?ペット嫌いのじいさんがいるって・・・」ってささやいた。

143.png149.png141.png!・・・・・オーノー!!この人も同じ人疑ってるよー。

聞かなかったことにしておこう。


・・・とまあ、こんな感じであっちこっちでいろんな憶測が飛び交っているようです。

どっちにしても、ある程度の人たちにはこの事件というか状況は伝わったと思うので
一応私達のミッションは終了ってことにしたいと思ってます。

これで肝心の「犯人」がこのことを知らなければ意味はないんだけど
どうか伝わっていますように、、、と願うばかり。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-05-01 07:14 | ニュージーランド | Comments(0)

新聞一面だ!

スコティが撃たれた事件の事後報告をさせていただきます。

いろんな人からのアドバイスもあって、ポリスへ行きました。
ゴンは、ちょっと渋々してて
「どうせポリスなんて何もしてくれやしないから無駄だよ」
なんて言ってたんだけど、私に尻を叩かれ一緒に行ってきましたよ。

一通りおまわりさんに報告して、おまわりさんも一応紙に書き留めておいてくれたんだけど
その後の一言が笑えた・・・。


「近所に 猫嫌いな意地悪じいさん はいないかね?」


あはは、、、ウケる〜。
やっぱそう来るか!
一応「いないと思います」。。。と答えておきましたけど・・・。
(心当たりはなきにしもあらず・・・ってことはそっと胸の中で)


あと、その後に地元新聞社(週に1回の無料新聞)にもメールしまして
こんなことがあったんですが、ペットを飼っている人や銃を持っている人にこのトピックを投げかけてはくれませんか?
と送ったら、なんと速攻で電話がきちゃいました。
ほんと、メール送って5分もしない内に電話が鳴ったのでびっくり!


一通り私達の話を聞いて、スコティの写真を送ってくれって言われて
編集者のお姉さんに、一応どんな記事になるのか印刷する前に知らせてね〜と言ったんだけど

なんと2日後には記事になってました。

・・・事前に教えてくれって言ったのに・・・。

それも、私はおまわりさんからの電話で記事になっていることを知って
おまわりさんが「今日の記事、興味深く読ませてもらったよ。」なんて言うのを聞いて
慌てて町まで新聞を取りに行った次第。


その新聞がこちら👇

b0334436_13045345.jpg

どっかに小さく載ってると思いきや
なんと1面だった!!!!150.png

ちょうど、NASA宇宙局のバルーンの打ち上げがあったので
さすがにそれには負けたけど・・・(負けたっていう言葉はおかしいか)
堂々と一面の半分を飾ってた・・・・
って、自慢してどうする!?

それにしたって、こんな大きく載っちゃっていいのか?
正直びっくりよ。

でも新聞の記事によると、同じような事件が多く
同じ週に安楽死させなければならい猫もいたらしいから
ある意味、大きく取り上げるべき内容なのかもしれない。


この新聞は町の道脇とか、スーパーの入り口とかカフェとかに無料で置かれているものなので
誰でも読む事ができるし、家にも配達されるのでおそらくかなりの確率で読む人がいるはず。

私達としてはうちのスコティを撃った人だけではなくて
もしかしたら本当にいるかもしれない「猫嫌いな意地悪おじさん」とか
ウサギなんかを撃って遊んでいるティーンエイジャーとか
そうゆう人にも注意を呼びかけたいので、なんとか多くの人に読んでもらって
少しでも同じような事故が起きないことを願うばかり。


ところで・・・・・


近所20件くらいにもスコティの写真と撃たれた事実を書いて配ったんだけど
ちょっと反応があったのでびっくり。

それは次回に・・・。

今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-29 16:34 | ニュージーランド | Comments(0)

猫たちのジャングルジム

家の隣はずっと空き地だったんですが
最近、うちの猫たちのジャングルジムができました。
それもこんなでっかいの!


ほらね👇
b0334436_11393232.jpg

家のフェンスに足場がくっついているので余計に登りやすいらしいです。
私達が気づかないと、屋根の上から「オーイ!オーイ!ここだよーん!」とわざわざ声をかけてきます。

最近の規定らしく、ジャングルジムには落ちてもいいようにネットが張られてまして(緑のやつ)
遊ぶ子どもたち(猫だが)にとっても安〜全!
普通の猫はちょっくら落ちるわけないと思うけど、うちの猫(特にモンティ)は非常に危なっかしいので
こうゆう安全対策をしていただくと、遊ばせる親としてもありがたい配慮でございます。


b0334436_07443960.jpg
(誰もいない遊び場を独り占めのモンティ👆)


ただ・・・・

残念なことにこのジャングルジムが開放されるのは
朝8時前と夕方5時以降。


そう、筋肉モリモリ兄ちゃんたち(大工さん)が遊んでいない時。
ガーガートントン音を立てるおっかないもん持ってウロウロしてるからね、あまり近寄れません。


あ、そうそう

たま〜に、きれいな双子の姉妹も見かけます。
家の子達と違ってとっても控えめなので、ほとんど家の側には来ないんですけど
かなりの美人姉妹!
しかもまだ若い!(半年くらいか?)
3件隣に住んでるらしいんですけどね。一度家に入ってきたことがあるけどそれ以降ほとんど見かけません。
(家のオトコたちがなんか悪さして怖がらせたんじゃあるめーな・・・)

彼女たちもきっとジャングルジムでも遊びたいんだろうけど
なんせ家の二匹が陣取ってるからね〜。
是非仲良く遊んで欲しいんですけど。

偶然、道脇にいたのを発見して車から降りて慌てて撮ったボケ写真一枚👇
b0334436_07430291.jpg




この大きなジャングルジムもそう長くは遊べないと思うので
それまでは安全にエンジョイしていただきたいと思います。
b0334436_12221700.jpg

ちなみに、このジャングルジム(じゃなくてちゃんとした『住宅』)の持ち主さんには「遊び」の許可をいただいています。

・・・とっても猫好きな夫婦でよかった〜〜。



今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチっと。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-28 12:28 | ニュージーランド | Comments(0)

だまされたボランティア

この前の日曜日
近くでバイクのサーキット・・・っていうのか
多くのライダーたちが集まって山のトラックを走ろう!っていうのがあったので行ってきました。
b0334436_10053657.jpg

そこは3件のファーマーさんが、普段は一般の人たちは立ち入り禁止になっている山のトラックを公開し
ライダーたちから集めたお金を地元の小学校へ寄付しようっていうチャリティー行事。

結構有名になりつつあり、遠くからきているライダーさんもいたようで
合計でなんと800人以上の参加者!!!

別に競争ではないので、適当にいくつかあるトラックをバンバン走る・・だけ。

そして、その参加費は全て学校に寄付。
ファーマーさんも地元に貢献して満足。
ライダーたちも埃まみれになりながらガンガンぶっ飛ばし大満足・・・・っていうみんながハッピー!っていう行事です。(きっと)

今年で3回目だそうで、年々大きくなっているこの行事に
ライダーでもなければ、小学校へ通う子どもがいるわけでもない私が何故行ったか?と言うと・・・・

なんと柄にもなくボランティア!!!

それも、いつのまにかボランティア名簿に私の名前が載ってた!っていう怪奇現象。。。。149.png149.png


実はゴンはそこでバイクをぶっ飛ばしてみたいと以前から言ってて
ついでに、普段は視察できない山の上に行って、パラグライダーで飛べるかどうかをチェックしたかったらしく
そのサイトをチェックしたら「ボランティア求む!」の記事を見つけたのでとっとと私の名前を書いたらしい。(←オイっ!)

「地元に貢献するなんて素晴らしい!いろんな人にも会えるし!」

と、いかにボランティアに参加することが素晴らしいかを語っていたので
てっきりゴンもボランティアするのかと思いきや、、、、

・・・・

ブォン!ブォン!
b0334436_10153804.jpg
オイ!何してんだよ!

・・・・・


「オレもサーキットを作る為に参加してるんだよ」

・・・・


よくよく聞いてみたら、ヤツは自分がここで走る為にちゃんとお金も払い込んでいた(それも1ヶ月も前に!)

まあ、てきとーにフンフンと返事をしていた私も私なんだけど。。


で、ライダー・ゴンが行ってしまった後は
私はハンバーガーやらソーセージやらを売ってました。

(赤いテントの中だったので真っ赤になっちゃった写真。それも忙しくて1枚しか撮れなかった!)
b0334436_09565474.jpg
参加者は大人から、なんとちっさい子どもまで!!!

公道でなければ子どももこんな生意気なバイクに乗れるらしく
びっくりするほどいっぱいいました。
b0334436_10334322.jpg

子どもはもちろん、Pee Weeコースと呼ばれるお子様専用のコース
(PeeもWee英語で「オシッコ」の意味だけど、子供用のバイクは「Pee Weeバイク」って言うんだって〜104.png

それにしても、まるでヘルメットが歩いてるんじゃね?と思えるようなこんな子(青いシャツの子)が乗れるの〜?
乗ってもいいの〜〜??とびっくり。
私はこの頃まだ補助輪つけて自転車乗ってたっていうのに、すでにバイクって・・・。
b0334436_10204717.jpg
ちゃんとしたバイクのウェア着ちゃって・・・。か〜わい〜!


水が流れる側溝にはまって重いバイクを動かせなくなってる坊や(7歳くらい?)👇
b0334436_11033950.jpg
しばらく見てたけど、誰も助けに行く気配なく
「オーイ、大丈夫かい?」って声をかけたら

「ダメ、重たくて動かない・・・」と半泣きだったので
エプロン姿のおばちゃん(私)がひょいっと押して出してあげました。


大人のコースは結構長く、ゴンは3時間以上も帰ってきませんでした。
途中で何台も壊れたバイクや、荒れた道にはまって動けなくなってるバイクもあったりしたそうで
思ったよりもキツかった・・・と鼻の穴までホコリだらけにして帰ってきまたよ。

(ゴンが途中で撮った写真👇)
砂ボコリが立ってるのがコース
b0334436_11093011.jpg
b0334436_11102867.jpg

でも途中でレスキューされなくてよかった。

だって、もしもバイクが壊れたら
ヘリコプターでレスキュー・・・・・200ドル!だそうですから・・・・!!!

こんな感じでヘリがバイクを持ってきてくれます。👇(ちょっと逆光で見にくいけど、バイクが吊るされてます)
b0334436_09575515.jpg

結構荒れた道を走るし、アドレナリンバリバリ出放題のライダーばかりらしいので、当然ケガ人も出る・・・ってことで
ちゃんと救急車も待機してたよ。
b0334436_10194908.jpg

ハンバーガーを買いに来た若者が手を吊ってて、ヘラヘラと笑いながら

「手首折れてるらしいわ、あはは〜。でもバイクは無事だったからよかった〜!あ、バーガーとコーラちょうだい」

・・・た、たくましすぎ。痛くねーのかな?
アドレナリン出し過ぎて痛みも感じないのかな?

実は結構ケガ人多かったみたいで、私達女性陣がハンバーガーを売るテントの前にいた救急車の中は常に誰かが治療受けてました。

こんなあぶねー遊びをするのはやっぱりオトコでしょう。。。と思ったら
女性数人見かけました!!男性同様顔中見事にホコリだらけだった!すげ〜〜!!


ボランティアは3時間でいいよーって言われたんだけど
ゴンが戻って来なかったので結局4時間半働き、ハンバーガー約300個売りました!
ソーセージ&パン(食パンにソーセージを挟んだもの)は軽く100個。
持ってったエプロンはケチャップだらけ。


終ってから、主催者に
「今晩ハンバーガーとソーセージの夢見るの間違いなし、だよ・・・」って言われました。



去年はだいぶ寒かったらしいけど
今年は暖かく風もなく、そんでもって去年を200人も上回る参加者だったそうで大成功!
(ハンバーガーだけで3000ドルだもんな)

唯一、コーヒーを売ってるお姉さんが
「今年は暖かすぎて去年よりも売れなかったわ・・」と言ってたので彼女にはイマイチだったらしい。
・・・なので、私達が帰る前に2つコーヒー買いました〜。


そんなわけで、ちょっとだまされたっぽい感じはあったボランティアだったけど
たった4時間だったし、一緒にハンバーガー作ってた人たちは楽しい人たちばっかりだったので行ってよかったかな。


最終的な利益は知りませんけど、きっとかなりたくさん集まったはず。
子どもたちの為に有意義に使って欲しいね。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-27 11:20 | ニュージーランド | Comments(0)

うるさい湖畔

一昨日、夕食前の腹ごなしに散歩に行った時のこと。

湖は家から5分もあれば着くんだけど
夕方の静かであるべき湖畔は・・・・・・

・・・・

いた、いた!中国人の方々
ワイワイガヤガヤ・・・
どうしてそこまで大きな声で話さなきゃならないんだろう、、、って思うけど
ほんと声が大きい方々でいらっしゃる。
b0334436_07164017.jpg


最近ぐっと増えて来たあの国の方ですが
この時期は特に目立ちます。


で、、、ですねえ。。

近寄ってみたらば、なんか音楽が聞こえてきて
誰かがスマホとかで音楽聞いてるのか?と思いきや・・・・

上の写真にも紛れてるんですが

なんと、オルガンだかピアノだかわかんないけど(音でわかるだろう!って言うツッコミはなしで)
わざわざあの泥でぐちょぐちょの湖畔に持って来て弾いてました!
b0334436_07183877.jpg
(観光客入れないで撮るのに一苦労・・・の一枚👆)


残念ながら中国人の方々の声が大きすぎて、きれいな音色もちょっと雑音が入り過ぎでしたが
その中国人たちはえらく感動していたようで、ピアノを弾いているおじさんの脇にあった空き箱に
ポンポンとお金放り込んでました。(さすが!)


たしかに、日が沈む頃に
ピアノの生演奏を聴きながらこんな秋の景色を見る・・・・なーんて
とっても良さそうな気はするんですが、実際にはあまりの雑音にちょっと残念・・・だった。

ピアノのおじさんはいっぱい「おひねり」?をもらっていたようなのでヨカッタと思うけどね。



さて、


中国人の方たちで賑やかな場所を去り、私達は湖畔のいつもの散歩道へ。

秋もぐっと深まり葉っぱもだいぶ落ちてきました。
太陽は山の向こうに沈んじゃったのであまりキレイには撮れてないけど
実際はそれなりにきれいでした。
b0334436_07285935.jpg


b0334436_07302048.jpg
ところで、数日前はこの辺りでもオーロラが見えたらしいです!
テカポあたりでは結構見られるっていう話を聞くけど、この辺でも見られるとは・・・。

見たかったな〜〜。

b0334436_07344919.jpg
今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-26 07:43 | ニュージーランド | Comments(0)

風邪の治療はぜひ猫で・・・

二週間ほど前に私が知人からもらった風邪を
ゴンにも分けてあげました。128.png

たいした事はないんだけど、昨日その風邪ひきゴンがソファでまったりとしていたら・・・・

「わ〜い!ブランケットだ〜〜!157.png157.png
b0334436_08272435.jpg

と、二匹😸😸もブランケットへダイブだ!!!

でもって、オトコたち(人間1+猫二匹)は、このまま3時間も!ソファでグーグー!!!!!!

ゴンは二匹の熱とブランケットでほっかほか。
猫たちもお互いの体温とゴンの両足に挟まれてほっかほか。

猫たちは途中でポジションを変えつつも、それはそれは気持ち良さそうに寝てました。
b0334436_08254372.jpg
こんな寝顔を見たら、動くに動けなくなってしまうわなあ〜。
結局ゴンはトイレもギリギリまで我慢して、猫たちの為にじーーっとして耐えてました。122.png
まあ、そうでもしないと風邪でも外で何かしたがるオトコなので、ある意味身体には良かったはず。



それにしても・・・・

よくまあ、こんなに長く成長したもんです。

b0334436_08300377.jpg

あ、スコティのお尻のおハゲ(手術の痕)が見えてる。。。

もうすっかり元気なスコティですが
来週また獣医さんに行かなきゃならないので、また嫌われます・・・私。


今日は短めです。


訪問ありがとうございます。
よかったら押してってください。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-25 08:42 | ニュージーランド | Comments(0)

猫の家、改装しました。

うちのキャットツリー、改装しました。
(って、実はだいぶ前の話なんだけど)

スコモン(スコティとモンティをこう呼ぶ友達がいるの〜)が子猫だった頃はこんな風に・・・・
b0334436_06560234.jpg
ちょびっとはみ出てるけど、あんな小さな筒に二匹とも入れてました。

でもって、ここが一番落ち着く場所だったのか
いっつも二匹はここで昼寝してたもんです。
b0334436_06593891.jpg



しかし、すね毛が生える青年(?)に成長した今、、、

一匹ですらはみ出るようになっちゃって
それでもまだそこは二匹にとって落ち着く場所みたいで、なんとか頑張って入ろうとするわけです。

b0334436_06582207.jpg
はみ出たモンティと、仕方なく外で寝るもそれでもモンティに押され迷惑そうなスコティ☝️☝️




なので、見かねたゴンが二匹が一緒に寝られるようにダブルベッドを作成したのですよ。


 こちら☟(二匹が入っていた筒は倉庫へバイバイ)
b0334436_07044200.jpg
私は、バスタオルを敷いたり、柔らかいクッションを置いてあげたり
なんとか寝心地のいいようにとせっせと寝床を作成しました。

スコティはすぐに気に入って居心地良さそうにしてたんだけど
問題はモンティ・・・・。

なぜか、新しいベッドにまるっきり乗っかることはなく
尻は今までベッドがあったとこ。上半身は新しいベッド・・・って言う半々で使用してます。
なんでだ??

b0334436_06473282.jpg

まあ、モンティはいつもマイペースだし
こうやって暖炉の前でドテ〜〜ンと寝るのも好きなので、これは個人の趣味ってことですな、きっと。
b0334436_07121733.jpg

どっちにしても前よりは断然寝心地はいい・・・と思うので良しとしていただきたい。


ただ・・・

1歳半になって、だんだんとアイデンティティがはっきりしてきたのか
二匹がくっついて寝るってことが少なくなって、私としてはちょっと寂しくもある今日この頃ですよ。


あ〜あ、こんな風に寝てた頃が懐かしい〜
・・・・・ってか、どっちがどっちかわかんね〜! (まだどっちもまだすね毛が生えてない白い!)
b0334436_06541649.jpg

さて・・・

スラックガンの弾も取り、傷口もだんだん良くなってるスコティ。
モンティもシャーシャー言わなくなって、いつも通りに戻りました。(ヨカッタ〜)

ローカルのFacebookページ、だいぶ熱も収まってきましたがまだコメントをする人が多くてびっくり。
なんと、スコティの事件の1週間前は、他の猫が銃で撃たれて前足切断となってしまったと言うコメントもありました。

狩りをする人が多い地域ではあるし、ファームも多いのでちょっとそうゆう危険はあるのかもしれないけど
それでもあってはならないこと・・でしょー。

いろんな人のアドバイスもあり、一応ポリスに報告することにしました。
きっとポリスはなにもできないし、しないと思うんだけど一応ね。



今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチッ押してやってください。


人気ブログランキングへ

[PR]

by miki-argentina | 2017-04-24 07:28 | ニュージーランド | Comments(0)

弾摘出手術

一昨日、獣医さんでスコティの左足に入ってたスラックガンの弾を取ってもらいました。
やっぱり、獣医さんの予想通りメタルの弾だった。。。。

入っていた弾はこれ。

b0334436_06095053.jpg

オモチャとして使われているものにしては危なすぎる!!!!

と声を大にして言いたい。

獣医さんから帰ってきたスコティは本当に悲しそうに鳴いてて涙まで流してたよ・・・。145.png145.png145.png
b0334436_06082897.jpg
怒りが収まらず、ゴンはさっそくこの間ちょっと触れた
ローカルのFacebookページに写真とコメントを載せました。

犯人を捜す、と言う意味ではなく
猫を飼っている人たちに向けての警告、、、として。

そしたら・・・・

燃える燃える!
すごい反響で、コメントがすごいことになってます。

99、8%くらいの人が、同感してくれてるんだけど・・・・

やっぱり、いるんだよね。
「猫嫌い」な人って・・。

わざわざコメントなんてしなくていいのに
「オレは鳥の見方だな」って・・・。
(鳥を猫が捕まえるからね)

そしたら、そのコメントにドバッと反応。

「なに!だったら猫を撃ってもいいってアナタは言ってるわけ?133.png


と、速攻で誰かがコメントしたら
そのコメントに同感する人がドバッとまた反応・・・・みたいな。

投稿した私達本人はまったくコメントしてないんだけど
ネット上ですごいことになってます、今。。。。冷や汗。

でも、ある意味、こうやって意識を向ける事が大事だと思うので
どんどん熱く語っていただきたい、、、とそっと端から見ております。あはは。
(私、公に意見の言えない日本人だから)


さて・・・

自分の事でそんなに町が熱くなっているとはまったく知らないスコティですが
手術当日は本当にこっちが泣きたくなるほど弱ってたんですが
翌日はだいぶ元気になって遊ぶようになりました。

あと問題だったのが兄弟のモンティの反応。

スコティが帰って来た途端
シャーッ!!!!
ウ〜〜〜〜!
と威嚇してやんの!

ぎゃ!!なんて事するのよモンティ〜!!!!!!!???

ついこの間自分が怪我をして獣医さんから戻って来た時には
スコティは心配そうに側に言ってペロペロと舐めてあげたりしてたのに
おまえってヤツは・・・・と思わず怒ってしまいそうになったんだけど
ゴンいわく、「獣医さんのニオイがイヤなんだよ」。

あ〜そうなの???
でも、それにしたってスコティが気の毒〜。

スコティは帰ってきてもまだ麻酔が効いててヨロヨロなのに
私が立つと後とついてきてしまって、なんとか私の膝に乗ろうとしてました。
なので、トイレにも行ってなるべく立たなくてもいいようにしてから、ずっとスコティは私の膝の上で寝てました。
b0334436_06423762.jpg
結局その晩は私はリビングのソファでスコティと一緒に寝て様子見。


翌日は声もいつものようにかわいい鳴き声に戻ってて
ごはんも普通に食べたので一安心。


・・・・・

ってことで、一旦落ち着いたので
今度は、犯人を捜せ!・・・・ってことじゃないけど
とりあえず二度と起きてほしくないので近所さんに伝える手紙を書いたりローカル新聞に載せる準備をしているところです。


それはまた追って報告します。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

[PR]

by miki-argentina | 2017-04-22 07:16 | ニュージーランド | Comments(0)