カテゴリ:ニュージーランド( 321 )

撃たれた?!

一難去ってまた一難、、、いや二難の我が家の猫たちですが・・・。

最初の一難(ドロボウ猫事件)が去ったと思ったら、
今度はモンティが犬だか猫にかじられ血だらけ!!!

怪我をしたモンティは獣医さんから帰ってきたその晩は
見ているこっちが悲しくなってどよ〜〜ん、と落ち込むほど弱っていたんですが
ちゃんと歩けないにも関わらず、夜中にゴンの足元でゴロゴロ言いながら寝られるようになってたし
翌朝には、いつものように「ワオ〜」とダミ声でご飯を要求するようになって元気になりました。

ゴンの膝の上でノックアウト気味のモンティ👇145.png145.png
b0334436_08270268.jpg


しかし・・・もうひとつの「難」の方ですよ、問題は!!

スコティ君なんですけどね・・・。
b0334436_08162408.jpg

モンティの怪我の前夜にスコティの後ろ足のお尻方面に硬いしこりを見つけました。
149.png141.png148.png
なので「明日の朝獣医さんに予約取らなきゃね」なんて言ってたんですが
その予約の電話の前にモンティが怪我をしたので救急でモンティを連れて行って
その時に「実はもう一匹の方も診てもらいたいんです〜・・・」とお願いし、すごい混んでいる予約の中
なんとか午後3時半に予約を取りました。

ちょうどモンティの麻酔も切れ始めて、3時過ぎに迎えに来てくださーい、と言われていたのでちょうどいい。

で、獣医さんにしこりを診てもらったんだけど・・・・


まさかのとんでもない獣医さんの言葉・・・・。


「う〜〜〜〜ん、、、、、これ、スラッグガンで撃たれてるわね


一瞬、獣医さんがなにを言ってるのかわからず、ぱーどん????

撃たれてる・・・って言いました?センセー」


獣医さんは、その硬いしこりを私に触らせ
「ほらね、こうゆう形をしている弾があるのよ。それにほぼ間違いないと思うわ」と・・・。


オーマイガー〜〜〜!!!!!!!!
なんてこと!!!!
誰?!誰だそんなひでえことをするヤツは!!

獣医さんいわく
免許なしでも持つ事ができるスラックガンと言うのがあるらしく
この辺では子どもgがふつ〜に持つことができて、ウサギだの鳥だのを撃って遊んでいるらしい。
弾はメタルでできていて私の小指の爪くらいの大きさ。
でも銃自体は本物に近い形をしてて、打ち所が悪ければ人の命さえも奪ってしまうほど危険・・・らしい。

「近くに子どもいる?きっと近所の子どもが遊びながら撃ったよ。」

あ、、、遊ぶ・・・・って言いました?センセー。。。
メラメラ・・・(怒りのわき上がる音)

「でも足で良かったわね。打ち所が悪ければ命はなかったわよ」

と言われた時には、気持ち的にはもう速攻で110番しようかと思ったほど動揺してました。
(110番は日本だけどね)

でも、不幸中の幸いでスコティ本人は元気なので、獣医さんは
「どうする?弾取る?今すぐに取らなくても大丈夫だとは思うけど、取っとく?」

とえらく軽いノリ。(この辺の軽さがよくわかんないんっつうか、キウイっぽいんだな)

とりあえず来週その弾を取り除くことにして帰ってきました。


それにしても撃たれたスコティがそんなに痛がっていないのはどうゆうことなんだろう。
でも、そういわれてみれば確かに数日前、すごい勢いでスコティが家に帰ってきて
じーっと不安そうに外を見ていたことがあったんだよね、実は。

その日はすごく怯えてて、犬とかに追いかけられたのかな、、と思ってたんだけど
もしかしたらその日の出来事だったのかも。


でも、この辺にそんな銃を持って遊ぶようなティーンエイジャーはいない。(と思う)

じゃあ、だれだよ!!

・・・・

・・・・

ってことで、犯人を探すため今いろいろ検討中です。

ただ、はっきりそれがスラックガンと呼ばれる銃の弾だってことが判明するまでは行動できないので
来週取り出してはっきりしたら行動に移す予定。


ところで
ちょっと瞬間湯沸かし器の気があるゴン。
たまたまその日は講習で1日出かけてたので、モンティの怪我もスコティの診断も立ち会ってなかったので
夕方帰ってきてから全部知ったわけです。
帰ってきてからぐったりするモンティに涙を流し(涙もろい気もある)
そのあとのスコティの銃事件に関しては、そりゃあもう湯沸かし器ですからね、沸く沸く!!!ガンガン沸騰しました。133.png

まあまあ・・・とビールでなだめ冷やして頂きました。128.png


今は二匹とも元気なのでいいんですが、やっぱり心配は心配。
なんだか平和な住宅街が急に物騒な場所に思えてきちゃったな。




今日も訪問ありがとうございます
ついでにちょこっと押してってください。

人気ブログランキングへ

[PR]

by miki-argentina | 2017-04-15 08:40 | ニュージーランド | Comments(0)

一難去ってまた一難

前回のつづきです。


最近メールボックスに入っているものと言えば・・・

ほぼ9割が広告!!

なので、うっかりするとろくに見もしない事が多いんだけど
その広告に混じって1枚の封筒がメールボックスに入ってました。

宛名は私とゴン。
手書き・・・(最近プリント文字が多いから珍しい)
差出人は知らない人。

なんだ?と思って開けてみたら・・・・・
1枚の手紙と現金がぱらり。

手書きの読みにくい手紙を読んでみたら・・・・・・


ひえ〜〜!!!!149.png149.png149.png149.png

あの、うちの猫モンティが盗んできた『編みかけセーター』の持ち主!
電話でプンスカ怒っていたおばあさんだった!


怖々読んでみると・・・

「この間は編みかけのセーターとお金を息子に渡してくれてありがとう。
でもせっかくいただいたお金は受け取れないのでお返しします。
あの時(電話でプンスカ)は、動揺していましたが
編み物はまったく損傷がなかったので、とってもハッピーです。」

というような内容。

うわ〜〜〜びっくり!

おばあさん、この間も来てたみたいなのに(息子さんから聞いた)
直接返すんじゃなくて手紙にしたのね。
まあ、わからんでもないけど。


いやいや、まさかわざわざお金を送ってくるとは思わなかったな。
あれだけ「高いウール」だのを連発していたのに。

きっと息子さんにも「頭がおかしくなったんじゃないの?」とからかわれ
それが近所の泥棒猫の仕業だった・・・ってこともあって、プンスカも倍増したんだろうな。
でも、
「編み物も無傷で戻って来たし、よくよく考えてみたらあんなに怒っても仕方ないことだったのね・・・。ちょっと恥ずかしいわ。」
とか思ったのかもしれない。


一瞬、「よっしゃ!」と思ってしまった私だけど
逆の立場だとして、こうやって手紙を書くことも結構勇気のいることだと思うので
そこはありがたく頂いて気持ちよく一件落着!としたいと思います。

それにしても、今回のこのドロボウ猫事件は、一人(おばあさん)を除いてみーんなに大ウケでした。103.png102.png106.png

Facebookに載せたら
「じゃあ、編み物完成させて返したら?」 とか
「モンティ、きっと寒かったのよ」 とかみんな言いたい放題。
内輪だけですけどかなりの盛り上がりをみせていました。
でも動物好きな人だったらきっと笑って済ませてくれるだろうけど、みんなそれぞれ受け取り方は違うってこと・・・だわね。

おばあさんが電話でプンプンして延々と文句を言ってる時に
「じゃあ、猫によく言っておきます〜」
とか冗談で言おうと一瞬思ったりしたけど、言わなくてヨカッタ〜。


まあ、いずれはあのおばあさんも、近所のおばあさん達に笑い話としてお茶のお供にしてくれることを願います。



さて、、、そんなことで一件落着したわけですが・・・・



実は、一難去ってまた一難、、、いや二難。

昨日、モンティがネコだか犬だかに噛まれて怪我をしてしまって緊急で獣医さんに駆け込むという大騒ぎがありました。

今朝はすっかりいつものワオワオ吠えるモンティに戻ってるので一安心ですが。


いつものやんちゃ坊主とは違って、悲しげなモンティ😭
b0334436_06144669.jpg


あと、実はスコティも獣医さんに連れて行ったんです。しこりがあって・・・。
でも、獣医さんから信じられない言葉を聞き唖然149.png・・・・と言う昨日でした。
(結果から言うと病気ではなかったです)


またその話は次回にします。

今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

[PR]

by miki-argentina | 2017-04-13 07:00 | ニュージーランド | Comments(2)

編み物の持ち主発見!

ちょっと前に書いたモンティー・編み物事件(こちら→😼)の話ですが
「どうなったんでしょう?」と言うメッセージを頂いたので、あれからの経緯をちょっと報告したいと思います。

うちの息子(ネコ)が盗んだブツはコレだ。👇

b0334436_06531723.jpg

実は正直に言うと、このセーター(だかなんだか)の主の反応がちょっと私達の気分を落ち込ませてしまったので
どうやって書いたらいいものか・・・と思っていたんです。

そんなところへ、読者さんからのメッセージ。
そして、なんと同じ日にすごいタイミングで意外な展開を見せることがあったのでコリャ報告するのにいいぞーと思ったわけです。


クンクンとニオイを嗅ぐモンティ👇
b0334436_06273938.jpg
まずモンティがこれを家に持って帰って来たとき、「どこから〜〜???』っていうのが私達の最初に言ったこと。
だって、この辺に編み物をするような人いないんだもん。

こんなことを言うのもなんだけど
実はあの編みかけのウール、、、、ちょっと独特なニオイがしたんです。
それもこっちのお年寄りのおばあさんたちがよく使うデオドラントのニオイ・・・。

ゴンも「こりゃあ、どっかのおばあさんのだな」と言うくらい明らか。(失礼)

おばあさん?・・・・いや、おばさんかもしれないがこの辺でみたことないぞ。どこだ????
モンティはあまり遠くには行かないので、近場のはず。

隣は70歳の一人暮らしのおじいさん(元・オールブラックスのラガーマン)
彼にはよく会うのでさっそく聞いてみたら、

「アハハ〜〜!このジイ様が編み物するように見えるかね?・・・ありがとうよ110.png

とお礼言われました。・・・ってことで、彼のものではない。


他にこの辺りに住む人は私達よりも若い人が多いので、あまり可能性がないぞ・・・・と思って
とりあえず、「ご近所の皆様へ」と手紙を書き10件ほどの家のポストへ入れておきました。

そしたらその2日後・・・・

プンスカと機嫌の悪そうなおばあさんから電話があったんです。
編み物の持ち主だ!!ひえ〜!!!

彼女はうちの斜め前に住む男性30代の息子を訪ねて泊まりに来ていたそうなんです。
その息子は最近、奥さんが子どもを連れて出て行ったので一人暮らし。
そこへ、ちょっと遠くの町から遊びに来ててそうです。
天気がいいので外でのんびりと編み物をしていたらしく
ちょっとトイレに立って戻ってみたら、さっきまで編んでたセーターが消えていた!・・・・と言う事らしい。

いったいなにが起こったのかわからず息子さんにそれを話すと、なんと息子さんはお母さんに向かって
「頭がおかしくなっちゃったんじゃねーの?」と相手にしなかったらしいんです。(息子さんの話)

そんなこともあってか、そのおばあさんそりゃあプンプンと怒ってましてね。
私はいたって真剣に聞いていたんだけど「笑い事じゃないのよ!」と、かなりご立腹(怖〜〜!)

他にも
「あのウールは高いのよ」とか
「私のせっかく編んだものが破壊されたと思うと悲しい!」だの
「もう編み物は二度とそこには持って行かないわ!」なんてことまで言ってて
電話口からも怒りの熱がプンプン伝わってくるのがわかるくらい。

「うちの息子は忙しくて家にいないだろうから、メールボックスに入れて置いてちょうだい!プンプン!132.png133.png

と言う事だったので、たまたま家に帰って来たその息子さんのところに例のブツを持っていきました。

「高いウール」だのと何度も言ってたのでちょっとお金(ウール一玉分くらい)を入れて・・・・。

そしたら・・・・

今度はゴンがプンスカ!

「全然壊してないし、ネコがやったことにそこまで怒るなんておかしい!そんなババア人にお金までやるなんておかしい!必要はない!クレイジー!133.png

と・・・。(ク、クレイジーとまで言われちまった!)

うちに今泊まってる友達もゴンと同感らしく、お金をやる必要なんてないと。

でもこっちじゃ気の効いたお菓子詰めとかないし、散々お金のことを言ってたんだからちょっとのお金で彼女の気が済むんだったらいいじゃん!
・・・っていうのが私の意見。

「お前は日本人すぎる!」といろいろ言われたけど、その息子さんのところにお金を持って返しに行きました。

そしたら、息子さんはケラケラ笑って、「お金なんていいよ〜」と言ってくれたんだけど
これはお詫びの印で・・・ってことで、と受け取ってもらいました。

この話をいろいろな人にしたんだけど、みんな揃って大笑い。
みんな「ネコだからね〜。怒ったってしょうがないよねえ〜」と言う反応をしてるんですが
そのウールの持ち主おばあさんだけがプンスカでございました。
まあ、当然と言えば当然ですが・・・。



はあ〜〜あ、でもこれで一件落着!

と、プンスカばあさんのことももう忘れようと思ってました。

モンティーにもよく言って聞かせたわけですが、なんせヤツはネコですからね・・・・。難しい。
b0334436_07075231.jpg
「ワシが何かしたかね?」



そして、もうすっかりそんなことは忘れかけた昨日・・・・

一通の手紙が届いたんです!!



続きます。

今日も訪問ありがとうございます。
よかったら押してってください。


[PR]

by miki-argentina | 2017-04-11 08:34 | ニュージーランド | Comments(2)

美味しいリゾットみっけ

ちょっと前にぷらりと出かけた隣町で食べたリゾットが

オーマイガー!思いのほかウマかった!

っていうどうでもいい話なんですがね・・・。

あんなにちっちゃな町なくせに、のにあんな美味しいリゾットが食えるとは!・・・・参りました。

b0334436_07045148.jpg
・・・・・あれ???
あまり美味そうに見えないね。ボケてるし・・。

いや、でも皿を舐めたくなるほどウマかったのですよ。
私も、食べてびっくり!みたいな・・・。

あまりニュージーランドではそうゆうことはないのでね。
って言うよりもリゾットは自分で作った方が断然ウマい!と常々思ってるんだけど・・・
あれは負けたね。かなりウマかった。私には出せない味。

ただ腹が減っていた・・・ってことも若干あるかと思うけど。

ここは前にも書いたけど、フルーツ農園が盛んな町なんだけど
ここはむか〜し昔128.png、ゴンがご幼少の頃、おじさんとおばさんがここに住んでいたので夏休みになると遊びに来ていた町だそう。

「あの頃はもっと大きな町だと思ったけどちっちぇ〜なあ〜」だの
「おじさんたちはこの辺に住んでいたはずだ・・」だの

いろいろと思い出がある町だそうで、行くと毎回そのおじさん宅があったであろう場所を
ゴンの当てにならない記憶を辿り、グルグルと車で探しまわるんだけど
毎回見つからない!・・・っていうね。



私達がランチを食べた場所は川沿いにあって
昔の建物かわいく改装してカフェや小物のお店などになってて、意外にオシャレな場所でございます。
b0334436_08120699.jpg

b0334436_07492570.jpg

ところで、腹が減った時に食べるものは私はぜったいに「ご飯もの」「甘くないもの」だと思うんだけど
ゴンは違うんだな〜。

腹減った〜とか言って、こんな甘いシナモンロールを食べてました・・・・。
b0334436_07453089.jpg
食文化、習慣の違い・・・ですかね。


・・・ってことを書いてたらリゾット食べたくなったので
今日のディナーはリゾットの確率90%です。



んまっ!なんてかわいい寝顔なのかしら!
b0334436_08201547.jpg
・・・・って思うのは、私だけだよな。スンマセン


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-10 08:22 | ニュージーランド | Comments(0)

車大好きネコ

うちの長身ネコ、モンティは車が大好き。

でもエンジンのかかっている車はおっかないから近づかない。

近所の人たちが窓を開けて車を止めておくと、へ〜きな顔して中で車の中に入ってっていろいろ物色しているらしいです。

車の持ち主がモンティに気がつかないと、わざわざ「ワオー」と吠えて教えてくれるらしい。(お利口!←親ばか)
(ちなみにモンティはニャアとは鳴かないネコ。ワオー、ギャオーと吠えます)


今、うちに友達が泊まってるんですが、そのおじさんが大好きで彼の車も大好き!

車に乗ってるおじさんに「ギャオー!」と吠えてるモンティ👇
b0334436_06362442.jpg
それでも中に入れてくれないと・・・・・

こうやって覗き込み・・・・👇
b0334436_06380379.jpg

頭も突っ込んで「入れてくれ〜!」と吠えます。
b0334436_07454651.jpg

でも、こんなことしてうっかり車が走り出して一緒にどっかに行っちゃったりしたら大変だし
第一車はアブナイモノとして覚えておいてほしいので、なるべく注意してるんですがね・・・



さて・・・・

ここ数日ぐっと冷え込んできたワナカですが
うちの猫たちも暖かい場所を探し始めました。


日向で毛繕い中の2匹👇
b0334436_07531487.jpg
昨日の朝はがっつり霜が降りたし
夜は気温2度!!

そろそろ暖炉の用意だな。(今はヒーターを使用中・・・・あ、電気毛布もね!)



今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-08 08:01 | ニュージーランド | Comments(2)

羨ましいおっさんパワー

ついこの間、ゴンと友達はカヤックでとなりの町まで下っていきました。

二人とも還暦過ぎたオッサンおじさまですが、「心は少年!」(←本人たちのコトバ)だそうです。

b0334436_11080855.jpg
隣町までは通常の道で50km以上。
川は結構くねくねなのでそれ以上はあるかな。

ちょっと冷たい風が吹いてたので、暖かい紅茶を水筒に入れてサンドイッチも持って出発〜。
b0334436_11091569.jpg
「けんかするなよ〜!」
b0334436_11095668.jpg
「川に落ちるなよ〜!」

と、送り出し私は家で待機。


・・・・・・・・・

それから5時間半後、GPSで到着場所まで近くなったのを見計らって私は迎えに行ってきましたよ。
トレーラー引っ張って。(車が引っ張ったんだけど)


ちょうど私が着いたのと同じくして少年たち、、、いや違った、おじさまたちも到着。👇
(小さいけど見える?右側だよ)
b0334436_11174902.jpg
水の流れが急なところで波があり、二人ともかなり濡れてたけど
着替えも用意していったので大丈夫でした。

到着して落ち着いたおじさんたちはなんかおじさん二人はえらくご機嫌で、おもむろになにを出すのかと思えば

ビール!!🍻でかんぱーい!

ちゃっかりカヤックに入れて行ったらしい。


「喧嘩しなかった?」って聞いたら

「ゴンがオレに水をかけた!」
「いや、そっちが先に大量の水をオレにかけたんじゃねーか!」

と、子どものようなことを言い合っておりました。


でもすごく楽しかったようで、なんとこのおっさん2人
何回かにわけて、この川を下っていずれは東海岸まで出る予定を立ててます。

だいたい300Km。
途中、ダムが2カ所あるのでそこは当然車で移動ですけど、あとはカヤックで海まで行くぞ!って意気込み。

家からどんどん遠くなるので、もっと先に行ったらテントを持って川辺に泊まるっていうことを予定してるそうですよ。

・・・・おっさん、エネルギーすげーな。・・・と思っちゃう。

どこからそのエネルギーがくるのか知りたいわ。



今日も訪問ありがとうございます。




[PR]

by miki-argentina | 2017-04-06 11:36 | ニュージーランド | Comments(0)

りんごのおちゃけ

こっちは実りの秋です。🍎🌰🍇

この前、近くのフルーツ村、、、あ、ちがった。クロムウェルと言うフルーツ農園がたくさんある町に行ってきました。

町のシンボル(?)がどどーんと!
b0334436_12101011.jpg


b0334436_11501835.jpg

あるあるっ!
いろんなフルーツがどっさりだ!

ここにはたま〜に日本から来た友達やお客さんを連れて行くんですが
今回はゴンがリンゴを大量買いするために行ってきました。

この店の一番前にある大袋を買うらしいですよ👇 
b0334436_11350098.jpg
この5キロだかの袋で7ドル(600円弱くらいか?)

日本じゃ傷のついたフルーツなんてお店に出ないけどこっちはへ〜き。
とくにこうやって農園直営だと、こうやって豪快にくずリンゴを売ってくれます。

こんなにいっぱいリンゴを買ってどーするかってーと・・・・


ガーッ!ガーッ!

b0334436_09141353.jpg
と、みんなジュースにしちゃいます。

で、それにイーストを加えて・・・・・👇

b0334436_12025066.jpg

根気よく待つと・・・・(1ヶ月だかそんくらい)

アップルサイダー(おちゃけ)の出来上がり!っちゅうわけです。


日本でサイダーっていうと、おなじみの三ツ矢サイダーのジュースを想像するかと思いますが(え!もしかしてしない?)
サイダーはあくまでも、おちゃけです、おちゃけ。アルコールもビール以上になったりするから要注意!(アタシが)
ついついぐぐーっと飲んじゃう口当たりなのですよ。

ちなみに私は一切『手出し』『口出し』はしません。
あくまでもゴンの趣味なので私は後で味見するのが仕事。

去年も作って近所のおじさんにあげたり、友達が来た時に景気よくどばーっと飲んじゃったりで
あっという間に終っちゃったので、今年はこれを2回か3回くらいに分けて作りたい・・・とオヤジは申しております。

リンゴはあと一袋待機中だぞ〜

あと、次は洋梨サイダーを作るって言ってるぞ〜

是非美味しいおちゃけ、作ってください。

今日も訪問ありがとうございます。
ついでに押してってもらえると嬉しいです。👇


[PR]

by miki-argentina | 2017-04-05 12:16 | ニュージーランド | Comments(0)

うちの長いねこ

夏時間が昨日で終りました。
秋です、秋。🍁

寝る前に時計を1時間送らせる、っていうのが夏時間から冬時間に変更する時のお決まりですが
仕事をしていたときは「やった〜〜1時間寝坊できる!」と嬉しく思ったもんです。
でも仕事もしてなくて、そして昔ほど睡眠を必要としなくなり
更に猫たちが5時過ぎからワイワイ言い出す今ではたいした影響もなく
ちょっとさみしいような、複雑な気持ちでございますよ。

ちょっと前まで朝晩ヒーターが必要になるほど冷え込んでいたのに
昨日の夜はこの時期にしてはいやに暑くて寝苦しくてですね
そこにスコティが妙に張り付いて寝てくれたので、暑くて暑くて夜中3時間くらい眠れず起きてました。
(ゴンは眠れないんだったらどかせ、、と言ってたけど、やっぱり寝た子は起せない!。。。かわいくって126.png


これは👇私達が先月出かけていた時に留守番で泊まっていてくれていた友達が送ってくれた写真。
3日目くらいでこうやって友達の布団で寝ていたらしい。(スコティ)
b0334436_08024157.jpg

猫って丸まって寝るっていう印象があるけど
暑くなるとさすがに 伸びます。

こんな感じで。
b0334436_07584580.jpg

特に家の猫は長いので、なんか猫じゃなくて別物に見えてくる!
b0334436_05494482.jpg

小さい時は私の膝の上で伸びてもまだ大丈夫だったんだけど
最近は私の足の長さじゃ足りないってほどに長くなってます、うちの子たち。

b0334436_08091625.jpg

あと、ずっしりと重たい。。。。。
(スコティ4、5キロ)
b0334436_08060280.jpg

どのくらい長くなったかな〜と思って、去年家に来た頃の写真見てみたんだけど・・・・・・


ジャン!!!
b0334436_08115937.jpg
子猫の時から長かった〜!!!!アハハ


でも猫ってやっぱり丸まって寝てる姿がかわいいよねー。

例えこんな寝相でも・・・106.png
                           モンティ赤ちゃんの頃。
b0334436_08170911.jpg

・・・・と、子猫だった頃の写真を見始めたら止まらなくなってしまったのでこのくらいにしときます。


さあ、これから猫たちが丸くなる季節がやってきます。

今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

[PR]

by miki-argentina | 2017-04-02 08:21 | ニュージーランド | Comments(0)

バテた登山

昨日の朝焼け!!!

b0334436_05315053.jpg

外に出た途端、「うわ!なんだなんだ?!」ってくらい空が真っ赤か。
この辺の人たちはみんな見てたみたいで、Facebookでも結構みんな写真載せてるくらい珍しくキレイな朝焼け。

早起きはしてみるもんですねえ〜・・・・・
って、普通仕事に行く人はこの時間にはちゃんと起きてるんでしょうけど。

実は昨日、友達と近くの登山コース:ロイズピークに出かけるので早起きしたんです。
そう、弁当作りもあったしね。🍙🍙

そしたら、出かける前にこんな綺麗な朝焼けになっちゃってて
ゴンが見送りながら

「君たち、本来ならこれを山の上から見るんじゃなかったのかい?」

なんてイヤミを言ってくれたけど、いいのいいの。


山の下に車を置いた時はこんな感じの色に変わってましたけどね、それでもキレイキレイ。
b0334436_06095249.jpg

この山は町からすぐってこともあるのか、最近異常なほどの人気で、朝早く登ってご来光を拝む(?)人たちもいたりして
(って、こっちの人が朝日を拝む習慣があるのは聞いたことはないが・・・)
いつも駐車場は車であふれてます。

天気予報では西風でお天気は崩れる・・と言うことだったので
「朝焼け」はやっぱそのサインだよね。

そして登ってしばらくした時の空はこんな感じ。
b0334436_06102934.jpg
朝日が昇るのを見ようね〜と出かけたんだけど、お天道様は雲の向こう・・・・139.png
だけど・・考えたら木もなくまったく日陰のない裸の山で
この強烈なニュージーランドの紫外線の浴びながらを片道3時間登るなんてーのはとーてい無理!・・・よね!
ってことで、おばさんたちにはこのくらいが「登山日和」


友達はこの山には何度か登ったことがあるらしいけど、実は私はてっぺんまで行くのは今回が初めて。


ワナカの町と湖を見下ろしながら登ること3時間。


途中、息を切らしながら登る私達を「なにしてんの?」と見てる羊さん☝️
b0334436_06110118.jpg

他のハイカーたちはほぼ9割が若者。
それも20代と思われるようなピチピチばっかだったけど、私達頑張りました。
3時間後、頂上に到着! 👇 
b0334436_06533577.jpg
でも、ヘロヘロで、おまけにすんごい寒くてさっさと写真だけ撮って下山。

っていうか、燃料切れで早く風の吹いてないところに座ってお弁当食べたかっただけなんだけど・・・。

さすがに、体力使ったあとのメシはウマい。
梅干しと昆布のおにぎりを食べ、Yuちゃんの手作りブラウニー(うまっ!!)で糖分を補給しました。
(スンマセン、食べる事に専念してて写真ナシです)


さて、今度は下りです。

そして、私の弱点は「膝」。

登るのは全然平気なんだけど、ちょっと長い下りになると膝がダメ。
途中、ジグザクに歩いてたらYuちゃんに「なんか後ろでせわしないんだけど〜!」って言われちゃったけど
そうやって歩かないと痛くて歩けないんだもーん!😭
b0334436_06580753.jpg
最後はもう痛みで泣きが入りそうで、いっそのこと転げ落ちてしまおうかと思ったけど頑張って降りてきました。


合計16km
山の頂上1578m
標高差約1200m
往復5時間ちょい。
30719歩(帰りは特にジグザグに歩いたし、足の長〜いYuちゃんよりかなり多めか?)

気持ち的に盛り上げようと、「私達は今3000メートル級の山を目指しているのよね!」
なんて言いながら歩きましたわ。


クタクタ、ヨロヨロになって帰って来たらスコティがソファでこんなんなってたので
思わず私も昼寝しまったじゃないの・・・・。
b0334436_07411914.jpg




「寒くなる前に、軽く行っとく?」
なんて言ってかる〜い気持ちで出かけた登山。

思ったりよりもキツい山だったのか
はたまた思ったりよりも自分の体力がなかったのか・・・・

どっちにしてもバテました。145.png
甘く見てました。スミマセン。参りました〜!


でも行ってよかった。楽しかった!


今日も訪問ありがとうございました

気分は富士山登頂?


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2017-04-01 07:50 | ニュージーランド | Comments(0)

食べた食べたクライストチャーチ

はて・・・

クライストチャーチでの夜。

腹を空かせたオンナ二人は
人気の日本食レストラン「Kinji」さんへ。

せっかくなので日本酒をいただきすよ。113.png

b0334436_13362650.jpg

b0334436_14292268.jpg

「ワタシはこれが食べたいな〜」
「ワタシはこっちかな〜」

「とりあえず、このくらいにしとく?」
と、4品注文して、「締め」として「最後にはご飯もの食べようか?。。。なんて言ってたんだけど
ここのレストラン、どれもボリュームたっぷりで食べきれないほどの量でございました。

口に入れて出る言葉と言えば「美味しいねえ〜〜〜〜〜〜」だった・・・ような。



これはカレイの唐揚げ👇
b0334436_05085363.jpg


美味しい料理だとやっぱり酒も進む。
そして当然オンナふたりだもん、話もバンバン進む。
大満足で帰宅しました。

ホテルに帰ったあともワインを飲んだ・・・って話は聞かなかった事にして。




そして・・・・


不思議なことに、前夜あれだけ腹一杯食べたのに
朝の私達は「お腹空いたよね〜、何処行く?」とまた食べるハナシ。


ってことで、近くのカフェに行き、パンケーキをいただきましたよ。

b0334436_05232661.jpg


翌日のクライストチャーチは朝は小雨がぱらついていたけど
私達が外を歩く時は止んでくれて傘もささずにオッケー。
(っていうか、傘持っていってなかったんだけど・・)


その日は、ペットショップ行ったり、マーケット行ったり、日本のパン屋さんにあんぱん買いに行ったり・・・

と、非常に充実したクライストチャーチの滞在となりました。


また400キロ強の道のりを運転して帰らなければならなかったので(Yuちゃんがね)
お昼過ぎには出発して帰ってきました〜。
いや〜、一人で880キロの運転、、、、ご苦労様でした。Yuちゃん。



今日も訪問ありがとうございます。



[PR]

by miki-argentina | 2017-03-30 05:43 | ニュージーランド | Comments(0)