カテゴリ:ニュージーランド( 314 )

ホビットに会いに・・・

さて、前夜はがっちりの雨だったグレノーキの翌朝はどうだったかと言いますと・・・。

朝方雨は止んで、8時過ぎたころからだんだんと晴れ間がでてきて昼前には

快晴〜!!!058.gif058.gif

雨上がりの快晴は空気が最高〜!

カフェで朝食を食べたあとは、更に奥に進んで国立公園のエリアまで足を伸ばしてみることにしました。

そのエリアの名前は、「パラダイス」

まさにその名の通り、そこはパラダイスでした。

ほんじゃ、一気にその風景を駆け足で!

b0334436_02581872.jpg
b0334436_03014076.jpg
b0334436_03040258.jpg
b0334436_03500465.jpg
b0334436_03553504.jpg
この山、ごん兵曰く
ロード・オブ・ザ・リングのロンリーマウンテンだ・・・・
とか言ってますけど、きっと適当に言ってると思います。

それにしても、こんな所だったら映画も撮りたくもなるよな〜と、単純に思いました。

だって、本当に雄大。そして美しすぎる!
人里離れていることもあって、道も砂利道だしもちろん民家はないし、あの映画にはもってこいの場所じゃないかな〜。
今にも杖持ったガンダルフとかホビットが出てきそうだ。

結局車で行ける所まで行って(ちなみにそこまでは4WDじゃないと行けない場所)、その先はみんなで国立公園の中をちょっと散策してみました。

b0334436_04073266.jpg
b0334436_22550199.jpg
b0334436_21534726.jpg
「あ! あそこにホビットが歩いてるぜ!!!」
「おっ、ホントだ〜」 

なんて、大のおとな4人でバカ言いながら1時間ほど歩いたかな。

ここは ↓  「パラダイスの谷」と言う名前がついてます。
b0334436_23093505.jpg
昨日の雨で湿った植物が、グイグイ息してて日が差しているところでは真っ白な蒸気があがってました。

途中で川でも遊びました。
「誰がグリーンストーンを探せるか!」なんつって、大人4人それはそれは真剣!037.gif
b0334436_23174402.jpg
・・・結局誰も見つけられなかったけどね。

その後遅いランチを食べて、川でちょっと釣りして(釣れなかったけど)、夕方ワナカまで帰ってきました。

それにしても、この日は見事な天気!
前日は雨でなんにも見えなかったのに、翌日はこの晴天!! ありがたいなあ。

b0334436_23204949.jpg

大人4人、いっぱいバカ言って、いっぱい笑って、いっぱい食べて飲んで、いっぱい遊んだ週末でございました。

ありがとう〜! 自然に、仲間に、出会った人々に!

今日も訪問ありがとう!
よかったらポチお願いします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-01-24 23:35 | ニュージーランド | Comments(0)

バイクでツーリング

さて、前日に想定外の特訓カヤックでくたくただった私たちでしたが
予定通り、翌日には友人夫婦とお出かけ。

朝6時に起きて、お昼のサンドイッチを(友人に)作って(もらって)、クーラーボックスにあれこれ突っ込んで出発。

お互いトレーラーにバイクを積んで車2台で出発。
友人のバンは手作りのキャンピングカーになってて、その日はどっかでキャンプしようという企み。
私たちはもちろんテント〜。

でも天気予報はちょいとヤバい感じ。
雨は朝には上がるでしょう〜とか言ってたけど、その雨 ”まだ” 到着してない模様。

なんとか持ってくれ〜!

まずはクィーンズタウンへ。
観光で有名な場所だけど、なかなか地元に住んでいたりすると乗る機会もないワカティプ湖の観光蒸気船「アーンスロー号」に乗ります。
b0334436_20211701.jpg
バイク積む人は早めに来て下さい、と言われていたのでその通り早めに行き、バイクを積んだあとは近くのカフェで朝食。
そのカフェでおやつのマフィンなんかを買ったり、ちょっと遠足みたいでなんか楽しいよ〜。

・・・

って、今回はこの蒸気船に乗るのが目的ではなく、この蒸気船で今はほぼ観光場所となっているウォルターピーク農場まで行って、そこから約60キロのところにある湖までバイクで行ってこよう!っていうのが本日の予定です。

この蒸気船の乗客はほぼ観光客。
そして、バイク組の私たちと、あと6、7台マウンテンバイクのツアーで来ている人たちもいました。
ちなみに私はこの蒸気船乗るのは14、5年ぶり。
むか〜し、日本の家族が遊びに来た時に乗ったのと、アメリカから友人が来た時に乗った以来。
そしてなんと、ごん兵は初めて!
この4人でニュージーランド生まれはごん兵だけだと言うのに、彼だけが乗ったことなかったんです。
・・・ま、意外とそんなもんでしょうけどね。

約30分で到着。
b0334436_21400100.jpg
この建物は元々農場の持ち主の家だったらしいですが、今は観光客用にレストランに改造されてます。
もちろん、まだたくさんのメリノ羊も放牧されてますけど、乗馬やお土産や、レストランと大幅に事情を広げてる・・って感じでしょうかね。

b0334436_21323668.jpg
バイクも船から降ろして・・・と。
あ、ところで、私はこのツーリングには参加しませーん。
後ろに乗っていく?とごん兵にも友人旦那にも誘われたんだけど、バイクの後ろに乗ってガタガタ道を120キロも乗るのはちょっといいや〜。
私は農場近辺で本でも読んで時間潰してるから楽しんできて〜と、3人を送り出しました。

行ってらっしゃ〜い!
帰りの船に遅れないようにねえ〜。
b0334436_19395048.jpg
ってことで、彼らが戻ってくる間、私は持って来たKindleで読書をしたり、乗馬したり、湖畔で昼寝したり(それもぐっすり!)、カフェでお茶したり、まあそれはそれはゆったり過ごさせていただきました。

前日のカヤックで濡れて冷えてしまったせいか、ちょいと鼻水が・・・と言う風邪の始まりを感じたので、こののんびりが良かった。

せっかくだし、と思ってやりたかった乗馬もしたんだけど、ちょうど晴れ間が見えて、木漏れ日が射す森林の中を歩くのは気持ちよかった〜。
(終ったあとは、案の定、尻がすっごく痛くなったけど・・・)
b0334436_21444931.jpg
乗馬っていったって、私これでたった2度目の初心者も初心者。
でも実は、密かに「いつか馬に自由に乗れるようになりたい。馬と友達になりたい。」と思っていたりするのよ。
そう・・・・・いつかね。
あっちこっち移動の生活を終えてワナカに落ち着いたら・・・・ね。 

さて、、そんな感じで気ままに時間を潰していたら、思ったよりも早く3人バイク野郎が帰ってきました。
ホコリだらけになって・・・・!(鋪装された道なんてないから当然だろうけど)

バイクなんてしばらく乗ってなかったので「ケツがいて〜!」と言ってましたけど

「びゅーてぃふる〜だった〜」

と、ごん兵またまたご満足した様子。

彼らが帰ってきて、船が着くまでまだ1時間半近くあったのでみんなでコーヒーなんぞ飲んでまったりと過ごしてたら・・・

057.gif057.gif057.gif

うわっ、すっごいタイミング〜。

さあ、この日の予定ではクィーンズタウンで船を降りたあとは、グレノーキと言う更に湖を奥に走った小さな町に行ってキャンプするわけだったんだけど、船から降りて車に乗った頃には雨が本格的に降り出してきちゃった。

この雨の中、テント張るのは無理だな〜
ってことで、その日はモーテルに泊まる事にしました。

友人二人は、バンがあってすっごく寝心地の良さそうな大きなベッドが設置されているので、彼らはモーテルでシャワーとトイレを貸してもらって(10ドル)バンで寝てました。

ところで、このグレノーキと言う場所は、あの「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の撮影がメインで行われた場所でも知られてます。

聞いたことはあったけど、行ったのは私もごん兵も初めて。

その日は雨ザーザーでなんにも見えなかったけど、明日は晴れる・・・らしいっ!

私は昔日本では「雨女」と呼ばれていたけど、自称「晴れ男」(ごん兵)がいるので、是非ここはお天道さん058.gif
頑張っていただきたい!


続きまーす。
よかったらお帰りの際にここをポチっと!


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-01-23 22:24 | ニュージーランド | Comments(0)

カヤック遊びと後悔

今朝7時、まだ太陽が山の後ろにある涼しいうちにと思ってボブと散歩してきました。

普通、朝7時と言えば、町が動き出していいはずの時間なのに

この村は・・・・し〜〜〜〜〜〜ん・・・・すっごい静か。

犬の鳴き声もしなければ、普段うるさいオンボロバイクやオンボロトラックや車の音もなく、もちろん人間は誰一人外に出てない。

元気に鳴いているのは鳥だけ。

と言う完全夜型のアンデス村の朝は、とても平和な感じで気持ちよかった。

さて・・・

ちょっとニュージーランドのお遊びの話が少し残っているのでちょっと・・。

今回のNZ滞在では、さすがに頸椎を骨折したばかりのケガ人がいるので、せっせと上半身を使い身体をひねるカヤックはしばらくお預けだな〜と思ってました。
しかし、かなり回復してきててアルゼンチンに戻る前にできるだけ『遊び道具』を使いたい、じっとしてられない男は、ある日、、それも午後遅くなってから、、、

「カヤックで川下りをしてみよう!」

なんて言い出しましてね。
大丈夫なの?まだやらないほうがいいんじゃないの?
第一、私一人で漕げなんて言わないでよー。カヤックだって一人じゃとてもじゃないけど持てないよー。

と言う私の言葉は、その時完全にごん兵の頭のてっぺんを通過してました。(=聞いてない)
ダイジョウブ、ダイジョウブ〜と言い張るので行ってきました。

なんだかんだ用意してカヤックを川に降ろしたのはもう夕方。
まあ、日没が9時近いのでまだまだ余裕っちゃあ、余裕なんですけど・・。

大体どのくらいかかるの〜?

と言う私の質問に、怪我ほぼ完治(だと思っている)男は、
「今日は軽く足慣らしだから短くしよう。下るだけだから1時間もかかんないよ〜。漕ぐのもたいした事ない、川の流れに乗って舵をとるだけだから〜。」 などと余裕をぶっこく。

b0334436_21192237.jpg
しかし・・・・

この上の写真のような水たっぷりの川を下るのだけならよかったんだけど、なんと最初の川は水量がだいぶ減ってて何カ所も降りてカヤックを動かしたり、フンフン唸って漕がなきゃならなかったり、膝まで水につかったり、そんでもってカヤックに飛び乗ったり、、、、とにかくすんご〜く大変だったんです。

ちょっと前に釣りに行ったときにはたっぷりあった水が、その時にはだいぶ減っちゃってたんですねえ。002.gif

で、メインの川(上の写真)に出た時点で既に1時間半経過〜〜〜!!
おまけに、このメインの川に出るまでがごん兵が思っていたよりもはるかに長かった。

カヤックなんて初心者だし久しぶりなんで腕は痛いわ、背中は張るわ、そして腹は減ってくるわ、帰りが遅くなってしまって泊まらせてもらっていた友人たちを困らせやしないか心配だわで、「かる〜く簡単に」と勝手な憶測をした男に文句たれたれの気分だったんだけど、言ったところで早く帰れるわけでもカヤックが進んでくれるわけでもないので、ひたすら漕ぐ漕ぐ!
思いっきり文句言いたかったけど黙って漕ぎました!汗びっしょりで。013.gif

途中であっちこっちで大きなトラウトがスーイスイと横切るときだけは、「あ〜っ!」だの「オ〜すげ〜」だの感動してたんだけど、すぐ無言で漕ぐ!前進あるのみ。

途中で友人が、「今晩はピザだよ〜ン。何時に帰ってくる?」
と言うテキスト送ってくれたので、更に慌てて漕ぐ漕ぐ!037.gif

イチ、ニ、イチ、ニ、と言うかけ声の代わりに、「ピーザ、ピーザ」とつぶやきながら漕いでた私でした。

で、ワナカ湖の河口に着いたときはすでにカヤック漕ぎ始めて2時間半経ってました〜。015.gif015.gif015.gif

のんびり流れにまかせて〜なんてことはほぼなし。ひたすら漕いでました。。疲れた〜。

まるで昔の夏合宿の特訓だな。。。(大昔、やったんです〜)


b0334436_21225222.jpg
河口に着いたら、若者二人がこんなちっちゃなボートを川に降ろすところでした。
いいなーエンジンがあるから楽だよねえー。

着いた時は、私たちの下半身はびしょ濡れ〜(乗ったり降りたり何度もしてたのでね)
汗びっしょりだった身体も夕方涼しくなって一気に冷えてしまった。

さすがに、元ケガ人も腰が痛そうだったけど、行こうと決めたのも何度も念を押したのに大丈夫って言ったのも本人だからね・・・。
「だから言ったじゃん!おバカだねー034.gif」なんて言いませんでしたよ。(ホントはのど元まで出かけたんだけど飲み込んだ) 
本人も口には出さなかったけど「選択間違った」と絶対思っていたはず。

でも強がって、「ちょっと痛いだけ」とか言ってましたけど、実際には腰、かなり曲がってました。

そして終いには、「人間は経験から学ぶんだ」とか言っちゃってました。(いろいろ認めたたくないんだね)


・・・・それにしても、、なんなんだろうね。
時々、私はあの男のこと理解不能になります。
私だったら、もっと完全に治るまでじっとしているし、あんな強烈なアクティビティーなんか絶対しないのに、なんで痛くてもやりたがるんだろう?
ガキじゃあるまいし そこまでしないとわかんないんだろうか、あの男は? 

・・・とカヤックを漕ぎながら考えていた私でした。

ディナーに遅れた私たちは、友人が作っておいてくれたピザとビールを頂いたんだけど、私は手に力が入らずビールが持てな〜い!と言う情けない状態。
おまけに濡れた身体が冷えきっちゃってブルブル震えてました。(あとで友人が毛布かけてくれた)

おかげさまで、私この後この夏2回目の風邪をひくこととなります。(無謀な男のおかげで)007.gif

疲れきってる私たちを見て、友達は
「明日のツーリング大丈夫かい?」って聞いてきたんだけど、

「もちろん行くよ〜!」とごん兵。

そうなんです。

翌日はもともと友人夫婦と一緒に、クィーンンズタウンに遊びに行く事になってたんです。

バイク好きな二人が中古のバイクを買ったごん兵をツーリングに誘ってくれたのでね。

翌朝は6時起床。

寝る前に、「腰にクリーム塗ってくれ〜」と痛みで唸っていた男は、その痛みがなんだか「頑張った証」とか「鍛えてる証拠」だとか思ってるようでして・・

「あ〜、カヤック楽しかったな〜」と、ご機嫌で大変満足しておりました。やっぱおかしい?・・。

そして、目をつむってものの1分で爆睡してました。

・・・・・よかったね、楽しくて。(棒読み)  

へっくしょん!

ってことで、翌日のクィーンズタウン&ツーリングの話続きます。
よかったらここ↓ポチお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-01-23 01:09 | ニュージーランド | Comments(0)

残りわずかだニュージーランド

ぎゃ!

やべ〜やべ〜、時間がねえ〜。。。

家に入れない10日間、あっちこっち泊まり歩いてヤドカリ生活してましたが、今日やっと我が家に帰ってきました。

帰って来る前は、こんなところへ行ったり
b0334436_03580753.jpg
b0334436_05312863.jpg

こんな広大な景色の場所を歩いたり、
b0334436_04294917.jpg
こんな美しい光景を見たりして
b0334436_04595417.jpg
ニュージーランドの夏を満喫しました。



が、しかし・・・・

明後日の朝にはアルゼンチンに向けて出発〜〜〜〜〜〜〜〜!

そして待っているのは、

あれこれと買い置きしておいた食料や日本から送ってもらったいろんな品物がスーツケースのほぼ8割を占めるであろう荷造り。

さっき、始めたんだけど、10分で気持ち悪くなって休憩。。。。037.gif


いつもそうなんだけど、私は荷造りをすると気持ち悪くなると言う症状に襲われます。(大掃除でも時々なる)

アフリカ生活でももういやと言うほど、”詰めちゃ〜取り出し、詰めちゃ〜取り出し”の荷造りを繰り返して来たけど、何度やっても嫌なもんな嫌。
面倒くさいのは変わりません。
そして、数ヶ月に一度こんな荷造りを繰り返しても、別に荷造りが上手になったわけでもなく、効率良くできるようになったわけでもなく・・・
あえて言うと

雑になってる〜〜!!!


・・・・ ダメじゃん、わたし〜。

昔年に一度ニュージーランドから日本に帰ってたあの頃の荷造りの方がよっぽどこだわってキレイに詰めてた気がするな。

でも、考えてみれば、「意気込み」が違うから、それは仕方ないのかもな・・と自分で言い訳を言ってみたりしてね。

年に一度の日本への帰省は楽しみであり、アフリカや今回のアルゼンチンに行くのは、「楽しみ」と言うところからはだいぶ遠いところにあるからね。お仕事ですから一応。(働くのはごん兵だけども)

「いかに心地よく生活できるようにするか」と言うのを求めて、重たい食料や生活用品を持って ”行かなければならない” 荷造りというのは、全然楽しくないです。はっきり言って・・・。当然かあ〜。

特に、ついこの前、私たちが住むアンデスの村で強盗事件があったと言うニュースを聞いてから、特に憂鬱。。。ってか心配になっちゃったよ。

実は

オラたちが住むアンデス村にはアルゼンチン人以外の外人の配偶者は私しかいないんだけど、たまたまオーストラリアからご主人に会いに来ていた奥さんが家にいる時ナイフを持った2人組の男が押し入って脅しお金を要求したらしいです。それも日中で、旦那さんが留守の間。
奥さんは大きな町でカウンセリングを受けているほどショックを受けているそうだ。
そして、なんとそれは私たちが村を出てニュージーランドに帰ってきた2日後だかに起こったらしい。

005.gif005.gif005.gif

オイオイ、もし私がそこにいたら私がターゲットになってたってこともありえたりするわけ??
もし、そんな災難が自分に起こったら・・


うわ〜〜〜〜〜!怖い怖い。怖いよ〜!
ど、どうする私?

・・・・

・・・・


そんなことが起こりえる所に帰らなければならないっていうのは、更にドンと鉛を追加させられた感じで気が重いんです〜。

だから荷造りも更に面倒臭さが増すわけです。(でっかいナイフ持って行こうかな?とか考えたりね)



でも、こんな美しいニュージーランドで散々遊んだんだから、当然だ〜!と怒られそうなので(誰に?)
前向きに気持ちを切り替えて荷造り再開します。

ニュージーランド滞在残り1日。
明日荷造りが終了すればブログアップするかも・・・・ですけど(たぶん無理)

なので、次回のブログアップはアルゼンチンに着いてからになると思いまーす。

今日も訪問ありがとう
よかったらポチ応援お願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-01-15 18:04 | ニュージーランド | Comments(0)

ファームステイその3 鹿

いやいや〜、いろいろあってブログの更新がついて行けません。。。

でも頑張ります。

まだ、ファームステイのことが書き終わってなかったんだよね。あらあら・・040.gif

ウサギさん狩りをした翌日の朝は、この家のファームを見せてもらいに行きました。
b0334436_18470625.jpg
友人のお兄さんのファームは、「鹿」。

大きな区分けされた場所に、年齢とかオスとかメスとかいい血統とかに別れているんですけど、その数合計300頭。

一昔前のニュージーランドでは、乳牛と羊が大半を占めていたけど、値段が高い鹿がだいぶ幅を利かせてきて、あっちこっちで鹿のファームを見かけます。

鹿のファームって、いったい何を売って商売するんだ?

「肉が高く売れるの?」と聞いてみたら。。。。

肉ももちろん売る事もあるけど、ほとんどは鹿の角。ベルベットが目的なんだそうです。
b0334436_18483661.jpg

そのベルベットは中国で高ーく買い取られるそうで、そのベルベットの使い道とは・・・・・・・

さてなんだと思います????

答えはもうちょっと引き延ばして・・・・っと。

ちょうど、季節的なこともあって、ここも赤ちゃんラッシュでした。
b0334436_18594880.jpg
赤ちゃんはどんな動物でもかわええ。

でも、ちょっとびっくりしたのが。。。。。

親と常に引っついている羊や牛とはちょっと違って、生まれたての赤ちゃんは牧草の中に隠れてるんです。
b0334436_19031535.jpg
鹿の群れがいるフェンスに囲まれた中を、普通に歩かせてもらったんだけど、うっかりすると蹴飛ばしてしまいそうになる〜!!

友人兄曰く、「母親が ”ここにいなさい”と言って聞かせると親が来るまで動かないんだよ」
と、言う事ですが、本当のところはわかりません。

b0334436_19012178.jpg
だけど、普通にこうやって歩いているとまず見えない〜!!
友人兄の前にも一匹います。


b0334436_19054439.jpg
ほらね。ここまで’近くに行ってもわからないくらい。
うまーくカモフラージュされて、それもじっとして私たちが触っても動きません。

触ってびくりともしないのはいいんだけど、気がつくとちょっと離れたところから母親がじーっと睨んでいるんで怖い。
ま、当然ですわな。

1時間ほど広大なファームを散歩したあとは、奥さんの手作りスコーン!

b0334436_17274234.jpg
もう、見て頂いてわかると思いますが、このスコーン絶品でした。
いろんなスコーン食べてるけど、これ一番!
スコーン大好きなごん兵は、唸って2個もぺろりと食べてました。

今度奥さんとゴルフする約束したので、その時に作り方教えてもらお〜。

いきなり訪ねて行った初対面の人たちでしたけど、まあそれはそれは温かく迎えてくれて、アルゼンチンに帰る前にまた絶対来てね!と言って頂きました。

いや〜、楽しいファームステイでした。
ありがたやー。


ひざびさのアップにも関わらず訪問ありがとうございます!

あ、鹿の角の使い道、書くの忘れてた〜〜
すみません、、、明日必ず。。。

人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-13 19:18 | ニュージーランド | Comments(4)

ファームステイ2 うさぎ狩り

警告:これからの文は、人によって非常に不快になる可能性がありますので、ご了承ください。

さて・・・・

”狩り” と名のつくもので経験があるのなんて、「イチゴ狩り」と「さくらんぼ狩り」くらいの私。

それなのに、いきなり予告もなしに、あのぴょんぴょん跳ねて可愛いウサギを銃でやっつけてしまう行事に参加させられちゃって、まあ大変。

わけがわかんないまま、着いて行くしかないわな・・・・の状態です。

でも、意外な方法で狩りをしたのでちょっとびっくりでした。

まず、前回のブログで書いた通り、干し草の塊をドカンとトラックの荷台に乗せて出発。
(さて、ウサギは干し草食うのか??)

最終的には、男4人と女は私と、もう一人オランダから4日前!!にニュージーランドに着いたばかりの21歳のピチピチ(死語?)のギャル(もっと死語?)と言う、あれよあれよと言う間にすごい人数で「狩り」とやらに出発しました。

で・・・・

うさぎ狩りがどんなだったかと言うと・・・・

運転するのはファームの地形をよく知る主人。
狭い助手席に友人のお兄さんと私。
荷台には男二人(ごん兵はそこ)、オランダ人21歳ピチピチギャル。

友人のお兄さんが大きな懐中電気を持って周りを照らしてウサギを探す係。
男二人に挟まれたトラックに荷台にいるピチピチギャルは、大きな電灯を持ってウサギを探し、探したらずっと銃で撃つまで照らす係。
そして男二人は、見つけたウサギを ”撃つ” 係。

と、なっておりまして、道もないファームのガタガタ道をグルグル回るわけです。
私?。。。私は、狭い助手席で無惨にも撃たれるウサギを見てギャーギャーわめく係・・・・でございました。

で、誰かが見つけたら、「いたぞ!」と言う合図の元、電灯係(スポッティーと呼ぶ)が、びっくりしてアタフタしているウサギを照らし、車でなるべく近くまで行きそこで・・・・バンッ!!

不運にも撃たれてしまったウサギは、その場で完全に息がなくなっているか確認され、トラックに積まれたり、翌日の他の鳥の餌の為にそのままその場所に残されたり。。。

。。。。

。。。

でも、今でこそ、こんな風にかるーく書いてる「超うさぎ狩り初心者」の私ですけど、最初に目の前でウサギが撃たれてしまったのをみるのはかなりきつかったです。

そんな私を見て、ケラケラと笑うオッサン二人。

で、前半半分を終えたところで、友達の友人が「今度はお前さんが荷台に乗ってみろ!」と、無理矢理21歳ピチピチさんと交代させられスポッティー係に。。。。

もともとそんなに視力もよくないのに、夜のファームでちょこまかするウサギなんて見つけるのは非常に難しい。

何の罪もない(彼の意思ではなくね)、無垢なウサギを殺すことにかなり抵抗があった私ですけど(今も抵抗はある)
でも、なんなんでしょうね、やれと言われその場にいたら、いつの間にかウサギを探している自分がいるわけですよ。
あ〜、なんで残酷な私。

まあ、そんなわけで害虫と言われるウサギを殺す手伝いをしてしまった私です。

b0334436_17185163.jpg
で・・・・・ですよ。

最後の最後に、友人のお兄さんが
「ここまでやって証拠を俺の妹(私の友人)に見せないってことはないだろう!!」
と、嫌がる私に無理矢理死んだウサギを持たせパチリ。それも両手に!!!!!!!オーノ〜!
(実写は自粛します)

うわ〜、まだ生温かいんですけど〜。。。002.gif
そして、意外に重い。。。。

この写真撮った瞬間に手から離しちゃったけど、いや〜〜〜〜〜もう絶対しない!

っていう体験でした。


ごめんよ、ウサギさん。

でも、ニュージーランドのファーマー達にとっては、害虫なのでこうゆう行動も仕方ないこと。

ごん兵曰く、「毒を盛られ苦しんで死ぬよりいいだろう」

と言う事だけど・・・・。

まあねえ、個人的な意見は多数あると思うけど、こんなのは日常なニュージーランドの田舎なのですよ。

ちなみに、その晩はしばらく寝付けなくて変な夢まで見ちゃって大変でした。


ホントは、もっといろんな話もあるし写真もあるんだけど、さすがにちょっと控えます。


あ、うそう、最初に言った干し草ですが、荷台に乗ってガタガタの道無き道を走るので危ないので、荷台に立つ人間の後ろにサポートとして置くんです。。そして、運転席のある天井のところには銃を構える大きなスポンジを置きます。

とりあえず、後ろには干し草があるし、片手で車の手すりにつかまっていればなんとか落ちる事はないようです。

で、家のケガ人ですが・・・・

もうそれはそれは興奮しちゃってそのときは痛みも忘れてしまっていたらしい。バカだよね。

私の運転が荒いと文句垂れるわりに、あんなガタンガタン飛び跳ねるトラックの荷台では真剣に銃を構えてたんだけどーーーー・・・
なにそれ!?バカもん!って言う感じ。

帰ってから、「おねがーいしまーす。クリーム塗ってくださーい」と懇願する男の尻をパチーン!と叩いてやりました。

あ〜!!!そうだ。
実は21歳ピチピチさんですが、後で聞いた話だと・・・・なんと彼女はビーガン!!!!(純粋菜食主義者!)
な、、、なぜに、そんな娘さんが、自ら好んでファームステイをするのか???意味不明。

「楽しかった〜!」って終ったあとに言ってたけど・・・・・。う〜〜〜〜〜ん。 ホントのところはどうだったんだろう?


と、そんなワイルドなニュージーランドのファームでの体験のお話でした。

あ、まだ翌日の話もあるんだった・・・
すみません、もうちょっと続きます。

今日も訪問ありがとう
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-09 17:47 | ニュージーランド | Comments(0)

ファームステイその1

あらあら・・・・。

クライストチャーチでバタバタ忙しく遊んだり用事を足したりして、ブログもろくに更新できないでいたらだいぶ遅れをとってしまいました。

まだ、ブログではクライストチャーチにすら着いてないんじゃん・・・・042.gif

さらに。。。

私たち・・・・・すでにワナカの家に着いちゃってるんですー!!! 汗、汗。 はい、がんばります。


えーと、予告した ”ファームステイ”、ですが、ただクライストチャーチのそばに友人のお兄さんの家がファームだったって言うだけ。
「絶対行きなさいよ!」と、言うとってもキウイらしい強引な友人の言う通り、初めて会うお兄さん夫婦の家にお世話になりました。

着いて早速、まるでずーっと知り合いだったかのような図々しさ楽しい雰囲気の中でビールなんぞを頂く。

b0334436_13165162.jpg

ちょいと小高い丘にある家は、ゴルフのピッチングなんか簡単にできるでっかい敷地です。
ほらね↓。。。ホントに図々しくやってる人がいる〜〜。だれ〜?
b0334436_17301907.jpg
さて。。。

夜、美味しいチキンのロースト丸焼きを頂いて、近くのワイナリーから頂いたと言うワインを飲んでのんびりと団らんしていたら、そこのご主人(友達のお兄さん)が、

「さあ、俺はこれからうさぎ狩りに行くけど、一緒に行くかい?」

なんて、かる〜く「スーパーに買い物でも行くかい?」みたいなノリで誘う。

ごん兵は骨折ケガ人だし、私は鉄砲もハンターもまったく興味がないので、ノーと言うのかと思ったら・・・・

「そりゃ、行くでしょ〜!」

と、笑顔満々のうちのケガ人。

私は、きっと「え?」って顔、してたんでしょう。
奥さんの方が、「行かなくてもいいのよ。私と家にいましょ」と言ってくれたので、そうするつもりだったんだけど、ケガ人男に

「一生に一度の経験かもしれないんだぞ!」

と、言われ、ケガ人が悪さでもしてまた怪我を悪化させるかもしれないと言う心配もあり(良い嫁!)仕方なくついていくことにしました。


奥さんに、「寒いから毛糸の帽子かぶって行きなさいよ!」と言われ、二人で帽子を借りて、私は手袋まで借りて9時半過ぎに出発。
b0334436_17551823.jpg
でっかい銃を持って今晩の作戦を練る男たち。

「銃で狩りなんて何年ぶりだろう〜!」と興奮しながら庭で構えの練習をするごん兵。
b0334436_17253685.jpg
いったい、ウサギをどうやって狩るのか、見当もつかないまま車に乗せられて行った場所は、ご主人の友達の家。
その家は羊と牛のファーマーでワナリーも持ってると言うお方。
その広大な土地にいるウサギは、農場の人にとっては”厄介者”なので、やっつけてしまうわけです。

で、どうやって狩りをするかと言うと、
b0334436_18041160.jpg
まず、、、、

トラックに干し草の四角い塊を積む。。。。。

。。。

。。。

。。。

なーんでだ?!

長くなったので続きは明日!
引きずってすみません。。。

でもよかったらポチお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-08 18:08 | ニュージーランド | Comments(0)

ニュージーランドの西海岸

今、私たちはクライストチャーチに来てます。(あれこれ所用で)
いつもは4時間ちょっとで一番近いルートで直行するんだけど、今回は違うルートで行ってみるか〜ということで西海岸周りでやってきました。
(途中2泊)

本当は水曜日に出発予定のはずだったんだけど、あまりにも天気が良かったので家でゴロゴロしているのはもったいない!
ってことで急遽荷造りして出発。

快晴の中、西海岸に向けて峠を越えます。 こんな景色を眺めながら。。。
b0334436_12581623.jpg

b0334436_12592864.jpg
途中観光客が結構車を止めている場所があったので、私たちもその流れに乗って行ったところがここ。↓↓

b0334436_13010848.jpg
b0334436_13103884.jpg

まあ、なんてキレイな青なんざんしょ。
名前も「ブルーホール」。
知らなかった、、、家から1時間ちょっとのところにこんなキレイな場所があったなんて。。
水がもうちょっと温かくて、水着持ってて、一目を気にしない度胸があって、髪もすぐに乾かせる場所があったら・・・・私は泳いでたね。
・・・ってくらいキレイでした。

b0334436_13062381.jpg
この川に行くまでに行く道がこんな感じで↑ニュージーランドの天然の木や植物が生えてて気持ちいい。

おまけにTui(チュイ)と言うニュージーランドの鳥が見事な鳴き声で迎えてくれます。エコーが聞いた鳴き声は癒されるー。
b0334436_13241330.jpg
喉のところに二つ白いボンボンつけちゃって〜おしゃれ〜。


”天気のいい日はその日だけ” と言う非常に冷たい天気予報だったんだけど、そうゆう「冷たい」天気予報だけはあたるのがニュージーランド(?)で、夕方からはどんどん雲が出て来てさむ〜。

そんな中、私たちはフランツジョセフと言う観光地へ一泊。
すぐ近くには氷河があるんだけど、天気も良くなかったしケガ人はそこまで歩けないので今回は見ないでおしまい。

どうでもいい事ですが、、ちょっと気になったので書き留めさせて頂きます。。。

前に西側に行ったのはかれこれ6年前のこと。
その時と今回を比べて明かだったのが・・・

日本のお隣の国の人(中国人)がいーーっぱい!!!! だったってこと。

びっくり〜。
普通のバー&レストランでは3人も働いていたし、町中、あっちにもこっちにも家族連れや団体がウロウロ。
ちなみに我が日本人観光客らしき人は一人も見かけませんでしたー。


翌日はファームステイ!

今日も訪問ありがとう〜。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-07 05:33 | ニュージーランド | Comments(2)

釣った魚!

066.gif ジャン!!!!! ほらねっ!
b0334436_18430678.jpg
あ〜、よかった。写真アップできて・・・。

このまま、「釣った、釣った」と証拠を見せないまま「嘘つき釣り人」になるところだった。

この日、釣ったのは。。。。 ”私だけ”!ムフフ。
実は、最初に釣った魚は、ごん兵が散々遊んでた魚で、一度食いついたんだけど ぴょ〜ん!と跳ねて逃げちゃったんです。
で、今度は私の(ルアー)でやってみろ、と言うので試してみたら、ものの2回ほどトライしただけで食いついて来た、、と言うラッキーなもの。

そして、2回目もごん兵が見つけた魚で、「ほんじゃ、また今度も私のでやってみよーか〜?」とエラそうにやってみたら。。。

釣れちゃった!ほらっ。 
(ごん兵に持たせてるけど私が釣った)
b0334436_04321574.jpg
これがビギナーズラックと言うものですかね。

。。。

ただね〜・・・

釣れたのはいいんだけど、私は魚を触るのがかなーり苦手で、いつもごん兵にあれこれやらせてるんです。

でも、結局一匹も釣れなかったごん兵は、きっと腹の中ではプンプンしてたんでしょう。
「今日はお前がやれ!」
と、えらく突き放されまして、ぎゃーぎゃー言いながら川でハラワタを出したり鱗をキレイにしました。

そしてその夜、1匹は家で頂き、もう一匹はお隣さんへおすそ分けしました。

。。。

ところで、

お気づきかもしれませんが、

夏のニュージーランドで、それもお日様が出ているのに、私たちのいでたちは完全な「冬」。

この日、南風が妙に冷たくて気温もろくに上がらず、フリースどころでは全然ダメ。
このダウン着てても足元がスースーするほど寒い日。 見た目はあったかそうなのに。
b0334436_04311413.jpg
これは夕方7時ごろ。
向こうに見える山ではパラグライダーで飛んでる人がいて、家のケガ人かな〜り羨ましそうに眺めてました。

これはワナカの湖。
b0334436_04473452.jpg
向こうの山が白いですーーー。
もちろん、ここの水は真夏でもチョー冷たい!

さて。。。

ところで、私たちは今、クライストチャーチに来てます。
ちょっと遠回りして、西海岸を回ってきました。
b0334436_04592164.jpg
めずらしく快晴の西海岸。
(コッチ側は雨がすごく多いんです)

いろいろ用事があるのでクライストチャーチには数日滞在予定。

ここに来るまで2日間泊まったんだけど、まあその間にものすごい体験をしてしまったのでまた追々アップします。

今日も訪問ありがとう!
よかったらポチを!


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-05 05:04 | ニュージーランド | Comments(4)

もしも魚だったら

私が  

だったら。。。。

b0334436_17565081.jpg
こんなすばらしい自然に囲まれたキレイな水の流れる川に住みたいよな〜〜〜〜
。。。なんて思うのはおかしいかしら?


でも、本当にこの川縁を歩いててそう思いました、ええ。

だって、聞こえるのは美しい鳥の鳴き声と、川の流れる音だけ。
そして川の水ってば、もうため息がでるほどの美しさ。


蛇もいなけりゃ熊も出ないなんて、こんな良い場所ってある? って思うんですけど、どうでしょう?

b0334436_18140973.jpg
さらに。。。


普通に、魚が泳いでるのが見えたりするんです。


。。。


そうなれば、やっぱり釣ってみたくなるのが人間というもの。(違う人もいる?)


私は別に特別な釣り好きでもないんだけど、唯一家のケガ人が今できるアウトドアアクティビティでもあるし、こんなキレイな場所だったら別に釣れなくても散歩するだけでも十分楽しい。

でも、やっぱりまだ私には煩悩がたっぷりあるんですねー。

釣り竿を持てば、”釣りたくなる” んです。


そして。。。。。

釣っちゃった〜!!!!

もんね!

それも2匹も!


でも、「釣り人は嘘つき」と言われるように(ホントか?)、釣ったものを見せなければ意味ない。
「俺の釣ったのはこーんなにデカかったんだー。でも最後の最後で逃げられたんだ。いや〜あれはデカかった!。。。マジで」
と言っては、実際の大きさよりも倍以上に両手を広げて、いかに逃げた魚が大きかったかを自慢するオヤジと同じになってしまう。


。。しかし。。。。

なんと、今使っているネットがどうにもこうにも魚の写真をアップしてくれない!!!

あ〜あ、これで私も嘘つきオヤジと同罪。。。

どうか、明日はなんとかアップできますように。


実は今日は、家ではなくニュージーランドの西側に来ています。
明日、泊まる場所ではなんとか頑張って証拠写真を載せたいと思います。
お楽しみに(?)。。。

今日も訪問ありがとうございます。
いや、絶対うさん臭い。。。と私の魚話を信じない方は是非ここをポチしてみてください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-12-02 18:52 | ニュージーランド | Comments(2)