カテゴリ:ニュージーランド( 296 )

訪問ひつじ

つい数日前、、、

誰もいないはずなのに、外でカタカタと板張りのベランダを歩く音がした。

「お隣さんでも来たか??それとも、、、?!075.gif

と、見てみたら、、、、

b0334436_06442446.jpg
子羊さんが2匹〜!!!!!


ゲートを開けておいたもんで、ちゃっかり入って来てた。。。。
b0334436_06502305.jpg
刈ったばかりの芝が入った袋をクンクン。。。

この2匹は道を挟んだご近所さんの羊さん。

奥さんが子どもを連れて出て行ってしまったらしく(きゃっ)、隔週で遊びに来る子ども達を喜ばす為に(?)子羊を飼っているんだそうだ。

でも、その家ゲートがないのですぐあっちこっちに逃げだして、今日はここんちー、午後はあそこんちー、、、とご近所さん周りをしているんです。

そして、この間はとうとう我が家が当番だったらしい。

さすがに人間慣れしていて、私が外に出て行っても逃げるわけでもなく
怖がって逃げるどころか、私にミルクくれ〜!とメーメー鳴いて寄ってくる。

b0334436_06515212.jpg
「おばちゃん、なんにもくれないのー?」

と、2匹に追いつめられ、思わず冷蔵庫から牛乳を取り出したんだけど、ごん兵に
「まだ哺乳瓶がなきゃ飲めないだろう〜」と言われ、あ、そうなの?と断念。 
(犬みたいにペロペロ飲めもんだと思ってたーー)

b0334436_06540290.jpg
この後、違うご近所さんが一匹を抱きかかえ、もう一匹はその後を着いていき無事家に帰されましたけど、哺乳瓶とかあったら。。。。

家の子にしちゃうところだったぜ!037.gif (あまりにも可愛くて。。)
庭狭くて飼えないけど。。

ただ。。。

ちっちゃいもんは、ほぼなんでも「かわいい〜」と思えてしまう日本人の私と、羊の国で生まれ育った人間(ごん兵)は視点が違う。

こんな可愛い子羊を見て、まず最初に言ったのが

「お〜、食べごろの大きさだな。。。

。。。。。

。。。

まあね、確かにラム肉は美味しいし、私も好きだけどもさ。


後で聞いた話だと、この羊たち既に名前がついているそうで、その名前っていうのが笑える。

ローズマリー と ミンティー

ラム肉は、ローズマリー(ハーブ)で味付けして、ラム肉はミントソースで!

と言うのが常識のここならでは!の名前。ウケる。。

せっかく子ども達の気を引こうと頑張ってこの子羊の面倒を見ているお父さん。。。
羊もあっと言う間に大きくなるし、子ども達も大きくなった羊に興味を示さなくなったらどうるんだろう??

。。まさか、、食べやしないよね。


「今日、ラム肉のバーベキューするから食べにおいで〜」
とか、招待されたら(知らない人だからまずそれはないけど)、それは。。。??? きゃっ、考えたくない。



今日も訪問ありがとうございます。
よかったら応援おねがいします。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-22 10:13 | ニュージーランド | Comments(1)

寒いけど楽しい我が家

ニュージーランドの家に帰ってきてから毎日お世話になってます。↓ これ。

b0334436_05513841.jpg
これで家中が温かくなるし、ただ火を見ているだけで落ち着くー。

この間は、町は晴れていたんだけど、山がかなり怪しい雲行きでどんどん降りて来たと思ったら一気に風と雪まじりの雨。
そして朝窓を開けてみれば、すぐそばの山が真っ白でした。ブルッ〜!025.gif
b0334436_05523228.jpg


さて


昨日外でちょっと庭仕事してたら、こんな可愛いお客様。
b0334436_05520193.jpg
この子はお隣さんの犬。名前はホリー。

お隣さんとは何度も一緒に食べたり飲んだりしててお互いを行ったり来たりしてるのでホリーも当然顔なじみ。
どうも、ご主人様が芝刈り機を出していたので怖くて逃げてきたらしい。

「勝手知ったる他人の家」そのもので、ホリーはさっさと家に入り、何かうまいもんは落ちてやしないかとキッチンをウロウロしたり、家中を散策。

その後は、外が雨になってきちゃったので、今度は家で私と遊ぶ〜。
b0334436_05582679.jpg
2時間近く家にいて、それでもご主人様が心配して探してたら困ると思ったので、携帯で

「もし心配で探してたら。。。お宅の、なんか小ちゃくて白黒のもんが家に遊びにきてるよー。」

とメッセージを送ったら、ご主人から

「了解!今からレスキュー隊を出動させます!」と返事が来て、奥さんが迎えにきました。あはは。

その家は、猫ちゃんも2匹いて、その猫もたまに遊びに来るんだけど
昨日はホリーが居たので、猫のハリーは入ってきたくなかったらしく、遠くからこっちを見てミャーミャー鳴いてました。

この間は、お隣さん家でご飯をごちそうになった時、私が猫を抱っこしてたらそのまま寝ちゃってすっげー可愛かった。
膝の上で寝るんじゃなくて、人間の赤ちゃんの縦抱っこみたいされるのが好きみたいで、顔を私の首にくっつけて両手は肩。
グルグル鳴いてて抱いている私が癒されたーーーー。(あー、猫飼いたい!)


今日もワナカは寒い模様。
風が冷たいです。

でも天気がいいので、ケガ人は
「釣りに行きたい!」 などと申しております。

お隣の猫と犬と同様、あいつをじっとさせておくのは非常に難しい。。。。。

今日も訪問ありがとう!
よかったら応援お願いしまーす。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-20 06:22 | ニュージーランド | Comments(4)

小さな島のでっかいファーム

さて

私たちの家があるワナカは、小さな空港はあるものの今は使われていないので
最寄りの空港はクィーンズタウン。

オークランドから飛行機で約1時間半でクィーンズタウンで、そこから車で1時間弱でワナカに着きます。

クィーンズタウンの空港のすぐそばにモールがあるので、そこにあるカフェでケガ人男にコーヒーを飲ませておいて私は買い物。

とりあえず、ちょっとしたスナックと明日の朝食(パンとか)だけを買って、あとは明日ゆっくりスーパーで買い物しよう〜!!

「すぐもどるね〜」

と、ごん兵に伝えて出かけたんだけど、

あれ?
b0334436_05351836.jpg
トローリー満タン!!です。
軽いスナックと朝食を買うつもりが、あれ〜?ビール2ダース、ワイン1本が下の方に隠れてるう〜。
新鮮な野菜や果物、美味しそうなサーモンとか見ちゃったら。。。。ねえ。

気が付いたら、こんな大量買いしてました。 (あ〜、楽しかった〜!)


クィーンズタウンからワナカに向かうのにはちょっと峠を越えます。
霙が降ってたって前に書きましたけど、ごん兵に撮らせた写真がこれ。
b0334436_05314680.jpg
あまり寒さは伝わってきませんが、さぶかったっす。 ほれ、2度。
b0334436_05321215.jpg
まさか、もうすぐ夏のNZで暖炉は使わないだろう〜と思ってたけど、
忘れてました。
油断はできないニュージーランドだってことを。。。
でも、家の中で暖炉の火を見ながらまったりとするのは嫌じゃないので、二人とも結構喜んでたんだけどね。
まあ、自分たちの家に居られるってことがまずうれしいので、寒かろうが暑かろうが(滅多にないけど)全然オッケーなんです。


翌日は快晴!

私たちの郵便物を集めてくれている友人宅に遊びに行きました。
前に帰って来たときは、ちょうど家を新築している所だったんだけど、すでに引越し済み。
ほんじゃ、見学がてらに。。。と、引越し祝いのワインとアルゼンチンからの土産を持って行きました。

b0334436_05404820.jpg
ええ、ここその友人(カップル)の土地です。家はまだ見えません。。。。

100エーカーだかなんだかと言う、とにかく馬鹿でかい土地にポツンと家が建ってました。
遠くから見たら、「ポツンと」小さく見えるけど、ベッドルームが5つ。バスルームが3つもあるでっかい家。
b0334436_06042416.jpg
彼女のフィアンセ(9年一緒に住んで最近婚約!)がヘリコプターのパイロットなので、あっちこっちにいろんな「おもちゃ」があって、ごん兵大喜び。

b0334436_05364772.jpg
そして。。。。。

あ〜、、、こんな景色がリビングから見えるなんて。。。なんて贅沢なんざんしょ〜。

b0334436_05374836.jpg
ここで座ってお茶を飲んでると、聞こえて来るのは羊と鳥の鳴き声。 
久しぶりに話に花が咲く私と友達を待つ間、ごん兵はずっと双眼鏡であっちこっちのトレッキングを探して遊んでました。

100エーカー(どっかで聞いた話だと東京ドーム8個分とか)のこのでっかい土地。
ほとんどはファームランドなので、近所のファーマーさんに貸しててもうすぐ羊がどっとやってくるそうだ。

その友達とはもうかれこれ15年も前に一緒に働いていた同僚。
偶然、同じ町に引っ越してきてました。私よりかなり若いのにすっげーしっかりしている。
9人兄弟の6番目と言う、大家族の中に生まれ育ったからか、通信教育で9人の子ども達を育てたドイツ人の両親の温かい愛情のせいなのか、ファームでいろんな動物に囲まれて育ったせいなのか。。。。

さらに、彼女のお母さんは、子ども達9人のセーターや帽子はすべて手編み!と言うすごい人。
何種類もの色を細かく混ぜ合わせているすっごく味のあるセーターで、実は私もそのお母さんから手編みのセーターと帽子を頂いたことがあって、そのセーターは今でも大事〜にとってあります。

そんなしっかり者の彼女なので、こんなでっかい家であろうと、ちゃんと管理するんだろうな〜とひたすら感心するばかり。
なんたって、彼女でっかい芝刈り機に乗って巨大な庭の芝刈りもできちゃう。

。。。う〜ん。。。。私には今の家くらいの大きさで十分だな。。

と、テキパキでっかい家を動き回る彼女を見て思った次第であります。



今日も訪問ありがとう!
よかったらポチをお願いしまーす。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-19 06:30 | ニュージーランド | Comments(4)

びっくりした

オークランドのホテルは、かなり奮発して ”オーシャンビュー” の部屋を予約。

部屋はまったく同じで、海が見えるか見えないだけで、なんでそんなに違うの?

とたまげちゃったけど、海とか山を眺めるのが大好きな男の為に予約したわけですよ。(良いツマっぽいじゃん!)

で、初日の部屋からの眺め。
b0334436_05295650.jpg

b0334436_05350026.jpg

別に外に出られれば眺めなんて。。。と普段なら思うんだけど
さすがにケガ人男がいるんでね(予約したときは怪我してなかったけど)、ずっとベッドに寝ているごん兵にとっては、何艘ものフェリーやボート、でっかいコンテナーを運んだ巨大船を眺められ

”ちょっと高かったけど奮発してオーシャンビューを予約して良かったな〜”

などと思っておりました。

。。。。

しかし!!!

翌朝、寝ぼけ頭のまま、ふら〜と起きてカーテンを開けたら。。。。

目の前がーーーーーーーーーーー


ど〜んっ!!

こんなんなってた〜!!!!!!
b0334436_05355689.jpg
な、なんだよこれ〜!!???? 

一瞬、何が起きたのかまったく理解できなかった。。。

で、よく見れば。。。。。

b0334436_05411220.jpg
でっっっっかい客船!


いやいや。。。びっくりなんてもんじゃない。

目覚めのぼんやりした頭にはちょっときつかった。。。
いったい自分がどこに居るんだかわからず、「あれ?ここどこ?」って感覚になってました。

夜中だか朝方だかにこっそり(?)停泊したらしい。
まったく気づきもしませんでした、私たち。

それにしても。。。。。。


”ちょっと近すぎやしませんか?”
b0334436_10523264.jpg
「オーシャンビュー」とうたって、余計なお金を取っておきながら、この景色。
うっかりカーテンを開ければ、すぐ目の前に向こうの船の客室からも覗かれてしまう。

聞いたところによれば、3000人以上の人たちが乗船していたそうで、私たちがチェックアウトした時にはみんなゾロゾロ降りてきてて
タクシーやらバスやらで狭い道路がごった返してた。

。。。。。よかった、その日チェックアウトで。

これで1泊しかしない人で、わざわざ「オーシャンビュー」を予約して、こんな景色が目の前に広がっていたら。。。。

そりゃあないでしょ〜?! 状態でしょうねえ。

私の友達数人は、
「返金してもらった?」
「ありえない。返金求めるべき!」

と言ってたけど、きっと返金を求めたりクレームつけた人はいただろうな、、、と思います。

まあ、私としては

こんな間近で同じ目の位置で船の中を ”覗ける!” ことが結構面白かったし、すぐチェックアウトしなきゃならなかったのでそれほど苦にならなかったので別に良かったんですけどね。

なかなかこんな風に客船を見る事ってないもんね。

ええ、モノは考えようです。

でも、また泊まるか?って言ったら。。。。  

答えは No!ですね。

だって不必要に高過ぎ!
フロントの女性は無愛想だし(さすがNZのサービス)
「オーシャンビュー」としてお金を踏んだくっておきながら、なーんにも弁解もお詫びもないヒル○ンさんの気高さっていうか、図々しさを改めて見ちゃった感じ。

でも、レストランには行ってあげてもいいけどねー。。。(何様?わたし)


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-17 11:13 | ニュージーランド | Comments(2)

食べた食べたシーフード!

ただいま〜〜!!!!

昨日、ワナカの我が家へ到着しましたー024.gif

昨日空港から家に向かう峠を途中は、なんと みぞれ。霙。ミゾレ。。。ですよ。

「12月1日から夏だ!誰がなんと言うと、どんなに寒かろうが夏だ!」

と言うキウイ(ニュージーランド人)だから、11月の中旬に雪が降ろうと、”別に” 驚くことではないんですけどね。

さて、、、

ワナカの話の前に、オークランドで食べたもんの話を書いてないのでアップします。
(ネットがアルゼンチンの10倍くらい早いので写真もバンバン載せちゃう!)

まず

オークランドに着いた初日。
動くのが大変なごん兵の為に、ルームサービスでもいいよな、、、と思っていたんだけど
どんなに痛くても、ドクターがベッドで寝てろ!と言っても、”動きたい”男の希望でシーフードを食べに行く事に。

その日食べたのは
b0334436_10160092.jpg
カキ大好き男の 「まずは、オイスターでしょ〜」の一言でこれを頂く。

b0334436_10165572.jpg
私は、米気分だったので、巻寿司。

ごん兵はカレイ。
b0334436_10241746.jpg
適当に入ったレストランだったけど、夜は予約で満席。
早めに行って正解でした。

で、翌日。

ホテルのレセプションで「シーフードのおいしい店を教えて〜」と聞いたら。。。

ここ。。。

そう、ホテル内にあるレストランだってー。
そりゃ、職員だったらそうゆうだろうな。。。と思ったんだけど、どうもそこのシェフが「マスターシェフ」と言うテレビに出たとかでかなりおススメらしい。
話をしていたら、ポーターのマオリ人のおじさんも話に加わり「後悔は絶対しないよ!」とガンガン押す。

そこまで言うんだったら頂いてみましょうか?。。。となりますわな。当然。
でも、夕食は予約で満席だっていうので、ちょっと早めの5時半に予約。


結論から言いますと。。。。

5つ星!!いや、7つぐらいあげてもいいってくらい美味しゅうございました。

特に、最初に出て来た、パンにつけて食べる「トマトムース」。。。。
b0334436_10260065.jpg
トマトの味はあまりしなかったけど、もうねえー唸るほど美味しかった。。。ってか唸りながら食べてました。
バルサミコ酢をカラメル状態にしたものが下にあって、そのバランスが最高!!!
ナイフに付いたムースをきれ〜に舐めたくなるほど。 う〜ん。。。。すばらしい!
あれを食べに行くだけにオークランド行ってもいいかも。

他には
b0334436_10252508.jpg
ホタテや↑
b0334436_10263010.jpg
貝類に埋もれたタイ。↑

b0334436_10270012.jpg
そして、「絶対おすすめ」とウェイターに言われて、2日連続でオイスター!↑


。。。。。。。。

さすがにあれだけ勧めただけあって、みんな美味しかった〜。
大雑把な味付けが多いニュージーランドの料理を期待してたんだけど、いやいやどうして、とっても繊細な味でびっくりしちゃったよ。

実は、今回のオークランド滞在はごん兵の怪我の前に決めていた滞在で、2週間遅れの誕生日を贅沢なホテルで。。。と私が2ヶ月前くらいに決めたんです。

で、怪我のことでバタバタしてて、誕生日のお祝いだってことを予約した時に言ったことをすっかり忘れてたんだけど、1日目ホテルのスタッフがこんな気の効いたもんを持ってきてくれました。

b0334436_10143936.jpg
「ハッピーバースデー!」と元気に入って来たホテルスタッフに、ベッドで寝てるごん兵びっくり。私もびっくり。

あ、そうだった。。。。私が言ったんだ。。。と後になって思い出した次第。あはは


怪我でろくに動けないごん兵にとっては、このホテル滞在を満喫したかどうかは疑問だけど
彼が食べたかったシーフードを思いっきり食べて、それはそれは幸せだったんじゃないかな、、、と。。思いたい。

私は満喫したよ〜。

今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-16 11:09 | ニュージーランド | Comments(1)

ここはどこ?

来ちゃったよ。

帰って来ちゃったよ。

ドクターは「13時間の飛行機なんて無理!」と首ブンブン振ってたのに、そんなの振り切って帰って来ちゃったもんねっ。

b0334436_08515307.jpg
と、言う訳で

言う事聞かない患者と、その連れ(私)はニュージーランド、オークランドに着きましたー。
上の写真は、ホテルのロビーから見た朝5時のオークランドハーバー。
どっかの豪華客船が停泊してました。

気温9度。。

と、到着前に機長が言った時は、なんかの間違いかと思ったけど、「マジ」でした。
もうすぐ夏とは思えない寒さのオークランドです。
そうなると、私たちの家があるワナカなんてきっとまだ真冬。

あ〜、それにしても忙しかったなあ〜。

病院に一泊して、翌日はレントゲン撮ったり、救急車で別の施設に行ってCTスキャンみたいなのを撮ったりして最終的にドクターの診断が下されたのが夕方4時を回ってた。

その後、薬を買いに薬局に行きーの、診断書を書いてもらいに違う施設に行きーので、夜の7時半にまた私は村まで2時間半かけて帰ってー

10時過ぎに着いたあとは、荷造りと片付けと、あれこれキャンセルやお知らせのメールを打って、夕食も食べずに1時に就寝。
翌朝は6時前にごん兵の同僚が鍵を来るので5時過ぎに起きて、洗濯して、部屋の片付けをして8時半にタクシーでまたごん兵の病院に戻りー

ごん兵を着替えさせて、またそこから2時間かけてメンドーサの空港までレッツゴー。

「車椅子なんてヤダ」と、わけのわかんないプライドを持つバカな男と
「絶対車椅子!」という看護婦さんの命令に挟まれた私。

あれこれ考えて、空港で椅子に座っているごん兵を待たせ、チェックインを一人で済ませた時にスタッフの人と口を合わせてもらい
「会社の人が事前に電話で事情を説明して車いすの手配をしておいた」
ってことにして、無理矢理乗せました。

なんなんでしょうね、あの男の変なプライドは。
かっこ悪〜とか思ってるんだろうな奴は。特にキウイの男はそうなのか?
私は「バッカじゃないの〜?!」とマジで言いそうになった。。

まあ、でもねー

本来はすべての到着先で車椅子が待機しているはずなのに、チリのサンティアゴに着いたら。。。

誰もいやしね〜。。015.gif015.gif


という現実。亀のようなのろさで歩きましたとさ。
さすが、南アメリカのサービスっすね。


ごん兵から電話を奪い取り
ごん兵に隠れて会社の通訳の子に電話し、
スペイン語で詳しい内容を説明してもらい、
空港スタッフにも口を合わせてもらい「車椅子」を用意し、
「会社が準備したんならしょうがねーなあ。」、、と渋々車椅子に乗るごん兵の後ろでスタッフと「作戦成功!」のウィンクをし、
後の空港ではすべて手配済み、、、と言うスタッフの言葉を信じて安心してたのによ〜。

なんかすべての苦労が水の泡。。。って感じでした。(いや大げさか?)

。。。。。。。

「とてもじゃないけどエコノミーはダメだよ!」と言うドクターのアドバイスでビジネスに変更したんだけど

目ん玉1メートルくらい飛び出るほどのお値段でございました。
いや〜、LAN航空さん、とっても強気。サービス最低なくせに。。。

エミレーツだってそこまで出せって言わないよーきっと。


そんなわけで。。。。

今、オークランドです。
オークランドなんて来たの15年前!
乗り換えで通過はしてるけど、町に来たのはほんとーに久しぶりです。
b0334436_08525165.jpg
ホテルの部屋からの眺め。
オークランドらしい、雨が降ったかと思えば青空が覗いたり、またザーッと降ったりと忙しい天気です。


本来の目的は、ごん兵のちょいと遅い誕生日もかねて、田舎の家に帰る前にオークランドの町でシーフードでもいっぱい食べる〜?
と言うことだったんだけど、今回はきっとホテルから出る事はなく養生の2日間を過ごす事になります。
家に着くのは明後日〜。


訪問ありがとうございます。
よかったらポチをお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2014-11-13 10:41 | ニュージーランド | Comments(2)