カテゴリ:ニュージーランド( 396 )

モンティ蜂に刺された!

家の裏のファームに自然に増えてどーしよもなく生えてるブラックベリー
2回目の盗みフルーツ狩りに行ってきました。


やっぱり自然に生えているとは言え
だ〜れも怒りはしないとは言え
さすがに明るい時に行くのは、気のちっちゃい私達(?)には無理なので
夜9時過ぎに行きました。

夜9時でもこんな明るさ⇩
ブラックベリーの薮、見えるかな。大きな木(左)の右側にもっさりあるのが全部ブラックベリーです。
b0334436_07461006.jpg

まわりを見渡してもだ〜〜〜〜れもいない。。。
b0334436_07480955.jpg

この夜は、スコティがどっかに行ってて
モンティだけが着いてきたんだけど・・・・


なんと!!

モンティそこで蜂に刺されてしまったのお〜!!149.png149.png149.png149.png

なんか飛び跳ねてて顔のところをせっせと手で引っ掻いていたので
まさか、、、と思ったら・・・・


家に帰った頃にはどんどん腫れてきちゃってこんなんなっちゃった〜〜!お〜の〜〜!!

左側が飴舐めてるみたいにぷっくり〜〜〜😭😭
b0334436_07534989.jpg
あまりにかわいそうだったので、ちゅ〜るをあげてみた106.png


オロオロしながらGoogleで調べて
腫れが引かなければ獣医さんへ、、、とあって
次の日は土曜だったので、どーしよ〜〜とドキドキしたけど
元気だったし、翌朝にはすっかり元通りのサル顔・・・じゃなくて、ハンサムなモンティに戻っておりました。

あ〜よかった。。。。



さて、モンティがハチの犠牲になってしまったブラックベリー狩りですが
だいぶ採れてもうジャムが軽く10瓶くらいできそうな量になりました。

でも、せっかくなのでフレッシュなベリーを使って
デザートを作ってみた。

となりのおじさんのリンゴがいっぱいなってて
それももらったのでアップルとベリーでこの上にクランブル乗っけて焼いたよ。
b0334436_08004420.jpg


今度採りに行く時にはモンティがいない時にいこーっと。


あと、知ってました?ブラックベリーの木って強烈だってことを。
何が強烈って、生命力がすごくて根っこが地面を這いつくばって何百メートルと言う先まで到達するんだって。
隣りのおじさんがそれはそれはブラックベリーを嫌ってて
そんな話をしてくれて、私は「へ〜〜」と呑気に聞いていたんだけど・・・・

なんと、実はうちにも生えてきたのですよ!!!!

おそらくうちから100メートル弱のところにあるでっかい親薮からコンクリートやら民家やらの下をズンズン・・・・。

ブラックベリーは美味しいけど、とにかくトゲが激しいので
民家にはふさわしくないフルーツではあるんですけどね。
ちょこっとでも服が触っただけで、ズッ!と引っかかります。
なので、小さいうちに切るんだけど、それでも根っこがしっかりしてるからまた伸びて来ちゃう。

すごいね。ブラックベリー。

もしかしたら、そんな強いブラックベリーだから
栄養もいっぱいあるのかもねえ。。。
今度調べてみよっと。



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング

[PR]

by miki-argentina | 2018-02-19 08:05 | ニュージーランド | Comments(0)

また放浪するネコ

久しぶりにハリネズミ見た。
b0334436_02503586.jpg
きっとまだ赤ちゃん・・・?かな。
ちょっと小さくって、それでもってとってもシャイだったわん♥️

『見ないで〜〜💦』👇 ってあっち向いてじーっとしてた!アハハ〜
b0334436_02521301.jpg


クライストチャーチの友達の家では
猫のエサが外にあったんだけど、それをこのハリネズミが食べに来るらしく
私達が外で飲んでいる時にも、なんかカリカリ音がする・・・と思って見てみたら
でっかいハリネズミ君がエサ食べてた!ってことがあったけなあ。



さて・・・・

最近のうちの😼スコティはまた放浪癖が復活したみたいです。

可愛い声出して、とっても臆病な仕草するくせに、やることは大胆なヤツ158.png👇114.png
b0334436_02512166.jpg

ここ最近家にいる事が多くなって出かけてもすぐに戻っていたのに
最近は丸一日顔を見せないことがある・・・。

でもって、夜寝る頃になってひょっこり戻って来て私の横で寝る。
朝は4時とか5時に起きてどっか行っちゃう。

メシも食わずにどこ行ってんだ〜!!??コラっ💢

と、考え始めると余計にストレスになるので
「ダイジョーブ、ダイジョーブ・・・ちゃん無事に帰ってくる。ナンマイダー・・・」
と念仏のように唱えて待っているんだけど
やっぱりね心配なんですよ。
だって、たまにこの辺でウサギ狩りをする銃の音が聞こえて来るしさ〜〜。


昨日なんか朝4時に出てって帰ってきたのは夜8時半!!オイ!💢
朝も食べずに出かけていたのでさすがにお腹空いてたらしい。
えらくがっついて食べてましたよ。

最近ウサギは捕って来ないので、きっと赤ちゃんウサギがいない時期なんだろうな〜。


はて、スコティのブラザーはと言いますと・・・

相変わらず「おうち大好き」な、ダミ声ボーイ😼です。👇  最近のお気に入りの場所で昼寝〜〜
b0334436_02572931.jpg

出かけては2、30分もすると戻ってきて
「あ”〜〜あ”〜」と他人が聞いたら「何その声・・?!」って眉間にシワ寄せて言われてしまいそうなダミ声で鳴きながら家に入ってくる。
でもって、リビングを一周したらまたどっか行って、
私達が無視してると、屋根に乗っかって「おーい!」と私達が出て行くまで鳴く・・・・

兄弟でもスコティとモンティは全然ちがって
モンティはとっても『かまってチャン』なのです。
でも、それはスコティのいない時に限って・・・なんだけどね。
スコティがいると、「オレは甘えないぜ」みたいな素振りでぜったいに膝に乗っかったり甘えたりしないんだよねえ。
プライドがあるんだね。面白っ!

さて、放浪猫のスコティですけど
昨日の夜またGPSくっつけました。
今日いつ帰ってくるかわかんないけど、また追跡してみます。


今日も訪問ありがとうございます。
ちょこっと押してってくださーい⇩


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-16 03:34 | ニュージーランド | Comments(0)

ゴーストタウンで金を探せ!

さて、昔の金で栄えたおそらく他の質素な町とは正反対のきらびやかな(?)ゴールド鉱山の町。

そして、そうゆう場所は世界中にいっぱいあると思うけど
今は・・・・だ〜れもいない寂しいゴーストタウン👻

なんだろうねえ、この差。
でもよくあるある・・だよね。


このメイスタウンは1860年代、ニュージーランドの南島がゴールドラッシュの時代に同じく栄えた場所。
それにしても、よくあんな場所まで行って金を探そうと思ったよなあ〜と思うようなとんでもない山奥です。

でも、あったんだね〜。
見つけた人、もう飛び上がって喜んだだろうねえ〜。

だって、こんなんが出てきてみ〜〜!👇
b0334436_11203823.jpg
私だったら誰にも言わず、せっせと一人で掘てったな。。。。
(あ〜所詮私も煩悩の塊の人間よの〜お・・・127.png


でも上のあんな写真見たらそりゃあ誰でも煩悩がわさわさしてくるってもんでしょ。


ってことで、私達も川に足突っ込んで金探ししてみましたよ。

b0334436_11281311.jpg
一緒に行った友達なんか上半身ハダカで水の中まで潜りそうな勢いだ!103.png

ゴンのとなりにもう一人のハダカの少年がいますが
彼はバックパッカーで数日かけてハイキングしているフランス人の男の子で
私がいたらちょうど歩いてきたところに来て鉱山の事にちょっと詳しいゴンにいろいろ話を聞いているうちに

「ちょっとだけオレもやってみていいですか〜?」
なんつって、ゴンと一緒に宝探ししてました。



でもね〜〜。
もう150年も前の話で
なが〜い間みんなゴールドを求めてこの川を掘り続けたわけだろうし
結局ゴールドがなくなってしまったから、閉山となりゴーストタウンとなったわけだから
そんなにあるわけね〜!っていうのが常識ですわな。

でも、いやですね〜人間の欲って。。。。

「いや、もしかしたら・・・ひょっとして・・・ムフフ」
「みんなが見落としている場所を私がピンポイントで見つけたりして〜♪」

なんていうほんのわずかな望み、希望、夢を抱いてしまうもんなんですね。

でも忘れてた自分が「飽きっぽい」性格だってことを。
ものの30分もしない内に儚く消え去ってしまうのが現実でしたわ。アハハ

男達は結構真剣にモノも言わずにせっせと探してましたけどね・・・。



結局この日、私が得たものはこの辺りでやっかいな「蚊」に目いっぱい刺されたことくらいでしょうか。
足を出すのが恥ずかしくなるくらい真っ赤に腫れた刺され後が20カ所はある。
男達は全然へーきだったのに私だけ。。。。。122.png 今もかい〜の💦




今でもこんな昔使われた機械も残ってまして
きっとまだまだ整地されてなかったあの道を
車もなしでよく通ってきたよなあ〜と感心させられます。
きっと馬かなんか使ったんだね。

b0334436_11264990.jpg



・・・と、言う訳で

この日はちょっだけメイスタウンの鉱山と町の歴史を学び
あとはピクニックと川遊び(の振りしてゴールド探し)の楽しい野外学習となりました。

b0334436_11520986.jpg

行く前は友達とかなり盛り上がっていたゴンでしたが
さすがにあのボッコボコの道と20数回の川越えで腰が痛くなったようでして

「う〜ん・・・・もうしばらく来なくていいかな・・・」なんつってましたよ。106.png



ちなみにこの日は土曜日だったんですが
私達以外にたった1台だけ車が入山していたようで
途中木の陰に停めてありました。
きっと、どっかで宝探ししているんだね。

まあ、それだけすごい道を行かなければたどり着かない場所ってことですね。


でも、ゴールドが絶対採れる!となったらわんさか集まるんだろうな。
もちろん、そうなったら私も行くさ!136.png106.png


今日も訪問ありがとうございます

あれ?今日はバレンタインデーだったね!
うちは特に何もなしでございます。124.png
人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-14 12:06 | ニュージーランド | Comments(0)

ゴーストタウンへ

数日前、昔の鉱山跡地に遊びに行ってきました。

メイスタウンと呼ばれる鉱山で栄えた町があった場所。

そこはアロータウンと言う、クィーンズタウンから20分ほどのところにある小さな町から
どんどん山奥に入って行ったところにある、今は誰も住んでいないゴーストタウン。

何年か前、私のスバルで行ったことを確かこのブログでも書いているんだけど
4WD、それも車高の高い車じゃないと絶対無理な場所。
だって、川越えが22回だか23回!!!

私のスバルはそれはもう酷使され
あまりにかわいそうになり途中で引き返して来た・・・・っていう結果だったんだけど
今回はゴンのトラックで!


こんな川はまだまだ可愛いよ👇
b0334436_03325114.jpg
『こうゆうところを走る為の車だからな!114.png』となんかご機嫌なゴン。


場所によってはドアまで水が来そうな深いもあって
もう私は「オイオイ💦」言いながらドキドキもん


すごい急な道や川を何度か渡って、そろそろ腰が・・・って頃になると
こんどは渓谷にある狭い道を走っていくわけですが・・・。

右側の道⇩が私達が走る道だけども、道はガッタガタ〜〜!!!!

b0334436_03314467.jpg
しっかりつかまってないと、頭は天井にぶつかるわ
身体があっちこっちほん投げられるわで大変・・・・。

高所恐怖症の人はちょっとお尻がムズムズしてきちゃうような崖っぷちを走ります。
もちろんガードレールなんてないよ。
b0334436_03374016.jpg

距離的にはそんなにないんだけど
とにかく道が悪いのでノロノロ運転で、1時間半かかってメイスタウンに到着。


・・・と言っても、今は古い建物が2軒あるのみ・・・・
b0334436_03442863.jpg
いったいここで何が行われていたのか、何故栄えたのか
ちょっと通りすがっただけじゃ絶対にわからないような閑散ぶり。
まさにゴーストタウン👻

かろうじてこんな案内があるからそれを見れば、「あ〜なるほどね」ってわかるけどね。
b0334436_03532809.jpg

さて・・・



せっかく金ががっつがっつ採れた場所にきたのでね
ちょっと私達も一攫千金を狙ってみますかあ〜?
ってことで・・・・。


長くなるので今日はこれでおしまい。
続きは明日〜。


今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-13 03:59 | ニュージーランド | Comments(0)

野生のブラックベリーとコソ泥達

うちの裏側はファームというか、野っ原というか
きっと誰か主はいるんだろうけど、なんかほっとかれてる・・ぽい広大な土地が広がっています。

たまに羊とか牛とか放されているんだけど、いつもじゃなく
家の猫たちの遊び場でもあります。(GPSで確認済み!)

で、前から知ってはいたんだけど
そこにはもう巨大なブラックベリーの薮が広がっているんです。

ブラックベリーって、それはそれは強靭な生命力があり
地面、家、コンクリートの下をズンズン伸びていて何十メートル先まで子孫を増やすらしく
実は、家の隣りのおじさんはなんとかそれを撲滅しようとしている・・・らしい。

でも、野生児男はこうゆう自然に生えてくるものが大好きで

「ブラックベリーがだいぶ熟して来たぜ!今日採りに行くぞ!」と大張り切り!!


家から歩いて2分くらいの場所ではあるんだけど
やっぱりフェンスがあるわけだから、堂々と入っていくわけにはいかねーべ。。。

と言う私の意見で、作戦は薄暗くなった夜に決行することに。。。114.png

夜9時半頃(ってまだ十分明るいんだが)ボウルを抱えコソコソと・・・・
・・・・・いやいや、全然コソコソなんてする気はないし、この男👇・・とモンティ😼
b0334436_09454596.jpg
うちの猫たちはこの辺で遊んでいるのので
私はできれば2匹がいない時に行って、その辺でバッタリ会う!・・・っていうのを期待していたんだけど
なぜかこの夜は2匹ともずーっと家にいて、そして私達のあとをテッテケと着いて来た106.png106.png かわえ〜♥️

「とーちゃん、かーちゃん、どこ行くの?😼😼」

と、2匹ともなんか興奮気味!

b0334436_09555855.jpg

男達はズンズン進んでいくんだけど
私はやっぱり誰かに見つかったらどうしよう、と心配でビクビク。

でもゴンは「見つかったって大丈夫。誰もこんなブラックベリーを採ったって文句は言わないから」
なんてえらく呑気だ。。。。さすがキウイ💦


で、目的のブラックベリーですが、それはこちら👇(ちょっと暗くて見づらいかな)
これが自然に増えちゃってるんだけど、巨大も巨大!

b0334436_09593213.jpg

もうでっかい木みたいな大きさなので、ベリーの数も半端じゃない!
でもって、ブラックベリーのトゲってすごいのね〜。
もうチクチクとか可愛いもんじゃなくて、バリバリの強靭なトゲですよ。

b0334436_10023839.jpg
(手がベリーで紫だらけ、でも写真は撮りたいし、、でなんとか撮った写真👆トゲも見える?)



ついつい美味しそうなのを採ろうとして手を伸ばせば
がっつりトゲだらけの薮に服は引っかかるわ、手は傷だらけになるわで,イテテイテテ言いながら
気がつけば私も真剣になって採ってしまってたわ💦


その間、だいたい30分くらいだったでしょうか
さすがに暗くて見えなくなって来たので帰って来たんだけど
猫たちはずーっと側にくっついてて、帰りも一緒に帰ってきましたよ。

ブラックベリーを盗む採るゴンと、待つ猫たち👇(猫たち、見えるかな?木に乗っかってます)
b0334436_10020175.jpg


採って来たブラックベリーはボウルに2個。
せっかくだから朝食用にちょっとだけ残してあとは全部冷凍庫へ。
b0334436_10172281.jpg


あと、1週間くらいするともっと熟してくるので
またコソコソとでかけていく予定。。。あはは。

そしておそらく全部ジャムになるかな。。。
気が向けばケーキか?


それにしても、こんなフレッシュなブラックベリー🍇🍇
あんなふうに野生にどんどん生えちゃっていいのか?って思うよね。
さすがニュージーランドだなって気もするけど。


今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-11 10:29 | ニュージーランド | Comments(0)

チュイがやって来た

うちのゴンは、飛ぶのが好きだけあって「鳥」が好き。
生まれ変わったら「アメリカン・イーグルになりて〜」とか言うほど好き106.png

だから、甘い水を庭に置いたりなんかして鳥が集まるのを楽しみにしているんですが
家の砂糖と蜂蜜の消費量の大半はもっぱら鳥様が占めていらっしゃる!

主にそのあま〜い水に誘われてくるのは
ベルバードと言うニュージーランドでは良く見る鳥や、ちっさな緑色をしたナントカって言う鳥(名前忘れた)だったんだけど・・・・・


なんと、数日前初めて我が家にニュージーランドの鳥、チュイ(Tui)がやってきました〜〜!

b0334436_09552845.jpg

チュイはニュージーランドのビールの名前にもなってますよ(こんな感じで👇)
b0334436_10361857.png

鳴き方がユニークなんだけど、良かったらこちらで聞いてみてくださいませ 👉 こちら★



鳥好きなゴンはもうそりゃあ大興奮ですよ。
ほとんど泣くほどの勢い103.png

この辺りは大きな木が少ないからチュイはいないんじゃないかなあーと
思っていたので、この何年か頑張って甘いお水をせっせと鳥達にあげていた甲斐があったってもんです。
(蜂がブンブン飛んで来て大変な時もあったな・・・そう言えば144.png


b0334436_09562445.jpg


それにしても、このチュイ君の首の白いフサフサ(?)・・・面白いよな〜
b0334436_10455272.jpg

チュイ君
「おっ!こんなところにあま〜い水があったんだ〜!うほっ♥️」

と、思ったかどうかはわからないけど
ここんとこ毎日顔見せてます。

だからゴンもせっせと甘いお水作りに忙しいっすよ。




でも・・・・


チュイ君も含めて他の鳥たちよ・・・・・・。



知ってるかい?

我が家には鳥の天敵、、と言われている猫チンがいるってことを・・。
それも2匹もいるんだぜ!😼😼




・・・・・

でも君たちはラッキーだよ。
だって、家の猫たちなぜか、家に水を飲みにくる鳥達には興味がなさそうなんだもん。

b0334436_09544721.jpg
ホラね👆

チュイ君がいるのに、モンティお昼寝真っ最中ですわ!アハハ106.png



今日も訪問ありがとうございます

人気ブログランキング

[PR]

by miki-argentina | 2018-02-07 11:07 | ニュージーランド | Comments(0)

元気なおっさん達とサポーターの妻たち

ニュージーランド・パラグライダーオープン終了!♫🎵♪🎶

それにしても8日間ってーのは長過ぎっ!
3日くらいにして!

まあ、私は飛んでこそいないけど
ほら、やっぱり内助の功っていうの?
縁の下の力持ちっていうの? (って自分でいうか?)
そうゆう人たちがいっぱい関わっているわけで
でもって、そうゆう人たちはたいていパートナーだったり奥さんだったりするんですよ。(声を大にして言うよ!)

朝早くランチ作ったり
汗臭い服を洗ったり
日焼け止め忘れずに塗るように何度も言い聞かせたり103.png
特に、ゴンくらいの年齢の人たち(これが結構いるんだな)は物忘れがひどくなっているので
スタートでサインインをしたかどうかをチェックしたり
(ゴンは一度忘れて私の友達の奥さんがギリギリに教えてくれてセーフで思いっきり冷や汗💦)
あまり思い通りに飛べなかった日にゃあ、機嫌が悪い男の相手をしなきゃならなかったり・・・。
冷えたビールをきらさないように冷蔵庫を常にチェックしたり。
(自分のワイン🍷の補充は絶対に忘れない!)


山の上のスタート地点には、そうゆうスポーター女性達が結構いましてね
みんなそれぞれ何人かを受け持って、それぞれが降りたところに車で迎えに行くんです。

だから、山に行ってから大会が終る夕方6時近くまで
ずーっと、無線を聞いたり、ネットのGPSで何処にいるかを検索したりしながらパラグライダーで飛ぶ人たちを追っかけながら待機してるわけ。
おまけに今回は事故が多かったので、それを無線で聞いてたりしてるだけでもう精神的に疲れる。
やっぱり、事故があった場合、まず真っ先に自分のパートナーの心配をするのは当然のことで
私の友人なんか自分のパートナーは無事だってわかるまでもうパニックになったりしちゃう。

どうしても待ち時間が多くなるので、何人か知らない人ともおしゃべりをする機会があったんだけど
北島から来てた女性が、「ボーイズがあーでこーで・・・」って話してるから
てっきり息子達が大会に出てるのかと思ったら

「私のダンナよ〜!もう彼らはパラグライダーをしている時はティーンエイジャーよりもたちが悪いわよねえ〜。」
「あれしたか、これ忘れてないか、オシッコはしたかっていちいちチェックしなきゃなんないんだもん!アハハ〜」

と、きっとそこにいるほぼ全ての奥様が「ウンウン!」と思いっきりうなづくことを言ってましたわ。


だから、☔️で中止になった日なんかは、サポーター達の休息日でもあるわけなんだけど・・・・・・


なんだけど・・・・


ゴンと友人はカヤックで川下りに行く!!!と言い出しまして・・・・。
ちなみに、ゴン62歳、友人63歳。
二人とも赤いチャンチャンコ(還暦)とっくに過ぎてるんですけどっ


よくやるよな〜〜おじさん達・・・⇩
b0334436_09284493.jpg
 
結局その日も、友人の奥さんと私はランチを作り
1時間かけて川上まで車ででかけ二人を降ろし
またそこでも、アレは持ったか、コレは忘れてないかとチェック・・・。


山は雨でものすごい風の強い日だったのに
ヒャホー!と叫びながら、ものすごい笑顔で下って行くおじさん達の姿を私達は唖然と見送りましたよ。

b0334436_09065329.jpg

私達は一旦家に帰り
二人で紅茶を飲みながら『ダウントン・アビー』のDVDを観てつかの間の平穏な時間を過ごし
そして、GPSのサインで『着いたよ〜〜』と言うのを確認してまたボーイズのお迎え。

結局おじさん達、5時間!も川を下ってきて湖に到着。
b0334436_09124799.jpg

b0334436_09211228.jpg

ゴンの友人は兄弟じぁねーの?ってほどいろいろ似てまして
やりたい事、行動がまあ同じ。
おしゃべり好きなところも似てる。

大会中は二人は我が家に滞在していたんだけど
私達オンナは夜は疲れてさっさと寝るのに、だいぶ年上のはずであるおっさん達はなぜか元気で
夜12時過ぎまでぺちゃくちゃパラグライダーのことを熱く語り合っておりましたよ。

でも、ある意味、二人がいてくれた事で私のストレスはだいぶ発散されたと思います。
それは友達(奥さん)も同じだと感じていたようで
これで二人っきりで、大会でピリピリしているダンナを一人で受け止めなきゃならなかったらもっと大変だったよね〜・・と。





・・・・まあ、でもとりあえずおじさん二人とも怪我もなく無事大会を終えたのでヨカッタ・・・。



友達カップルは今日クライストチャーチに帰ったので
家も久しぶりにお客様のいない静かな家になります。

今晩こそ録画してあるテレビを観たり
の〜んびり過ごすんだろうな〜〜と思いきや
ゴンは夜7時に友人のファームに狩りに行くそうですよ。
ほ、ホントにじっとしてられないおじさんだよ💦


でもいいや♪
ほんじゃ、私はゴンの観ない『ダウントン・アビー』の残りを観みながらチビチビ一人で飲ませてもらいましょ。


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-05 14:24 | ニュージーランド | Comments(0)

クレイジーな夏と猫

私達が毎日パラグライダーの大会で家を長く留守にしているので
猫たちはさすがに不満げです。

父ちゃんが日よけにスクリーンを取り付けた途端
モンティはまるで『でっかいハンモック〜〜!♫』とばかりに乗っかってミャーミャー

b0334436_09014819.jpg
『こっち来て〜〜!』と呼ぶので
じゃれてあげたらご機嫌♫
b0334436_09041304.jpg
でもって、そのまま寝てしまった・・・・・アハハ〜 103.png103.png113.png113.png
b0334436_09045536.jpg

さて・・・・・

先週の初めまでは、異常な猛暑だったニュージーランド・オタゴ地方でしたが
天気予報通り、一気に、、、、それもまさかそこまで?!ってほどの気温差で
一昨日の朝はなんと一ケタ!!まで冷え込みました。

その数日前は36度でジリジリ焼け付くような日差しだったのに
なんと、一昨日の格好はみんなこんな・・・⇩

b0334436_09301711.jpg



でもって、山は真っ白⛄️⛄️⛄️!!
b0334436_09330323.jpg

快晴だけど、風は冷て〜〜〜!!!
b0334436_09400145.jpg



ウ・・・ウソでしょ〜〜?!

・・と、オーストラリアや香港から来ていたパイロット達は
あまりの急激な変化にびっくりしてましたよ。


ま、そりゃそうだよね〜
2日ぐらいで30度近く下がってしまうなんてありえん!って思うのは当然。

でもねえ〜まあ、ここまでは珍しいけど
こうゆう天気は結構ニュージーランド、十分あり得るからね〜。

だって、去年1月22日はすぐ近くのスキー場に30センチの積雪でしたから・・・あはは。
言っときますけど、1月は真夏も真夏、日本で言えば8月ですから。


暑くてエアコンつけてもヒーヒー言って
夜はシーツのみをかけて窓全開で寝ていたのに
ここ2日間は夜は寒くて外はジャケットが必須だし
夜も毛布がっつりかけて寝てます。
おかげでよく眠れる〜〜〜。

一番良くわかるのが、家の猫たち。

暑い時は夜中どっかに行ってたのに
ここんとこまるで冬のように私の腕枕でぬくぬくと寝てる。
(👆母ちゃんは嬉しいわけだね)


今日も日中でもフリース着てないと肌寒く感じる陽気。

だから、家では冬服も夏服もずーっと出しっぱなし〜。
ダウンジャケットなんか万年玄関にかかってるしね・・・あはは!(単なるナマケモノ?)


そんなクレイジーなニュージーランドの夏☀️⛄️


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-04 09:55 | ニュージーランド | Comments(0)

人間のエゴをパラグライダーで学ぶ私

さあ!
日曜日から始まっている2018年ニュージーランド・パラグライダー・オープン
中盤を折り返し益々盛り上がっております。
b0334436_12124979.jpg

・・・っていうのはウソ。

お空と風の状況が悪く、火曜、水曜、木曜とキャンセルになってしまってます。

そして、記録的な猛暑を記録した一昨日(34度!!!)はいったいなんだったんだ???!!
って感じで、本日の気温13度・・・・ブルッ153.png153.png149.png149.png


おまけに、珍しくかなりの雨と雷☔️☔️☔️
どこもかしももカラっからに乾いていたので潤っていいんじゃない?って感じですけど。


さて今回の大会。
なんかいろいろ起こってまして
去年に比べるとちょっと盛り上がりに欠けてます。(ワイワイ楽しいっていうのが全然ない)

実は大会初日から緊急用に開くパラシュートを投げた人が2人もいましてね。

あれです。緊急用のパラシュートっていうのは
もう本当にパラグライダーが修正不可能になってしまい
あとはその緊急パラシュートしか頼る事がないって時に投げて身を守るものですけど
私、日本で長くインストラクターをしている知人に
「今まで何回使った?」って質問したことがあるんだけど
その時の答えは「ゼロ」でした。

だから、はっきり言ってそれほど何度も使うものではないんだけど
やっぱりニュージーランドのこの南アルプス付近の荒れがちな天候のせいなのか
はたまた、『大会』っていうだけで『勝ちたい!』っていう人間の欲のせいなのか
初日に2人、そして翌日も1人。
さらに、1日目にケガ人が出てヘリコプター救助。
2日目にもなんとヘリコプター救助要請。
2日目はかなり危険な天候状態になってきたので、飛んでる途中で

「すぐに降りるように!」との無線が全員に入ったわけなんですが
急な、それも荒れた風向きになってきてしまい、降りるのも大変!って状態だったのです。

それでもみんな安全な場所を選んで降りたんですが
一人は降りた後に強風で川に飛ばされ全身びしょ濡れ!
カメラ、携帯もお釈迦・・・・。
まあでも、身体は擦り傷程度で済んだのでラッキーだったんですけどね。

あと、私達の友人は強風でなかなか降りられず、結局木にぶつかって降りるような感じになってしまったようで
腰を強打し圧迫骨折・・・。今シーズン彼女はしばらく飛べないでしょうね。

実はその日は大会がキャンセルされる前に、一人パラシュートを投げてましてその人も腰椎骨折。。

だ、大丈夫なのか?
ってほど立て続けにいろんなことが起こり、無線からはパニック状態の声がひっきりなしに聞こえてくるし
終ったあとも誰が怪我をした、誰があーなった、こーなった・・とみんなアブナかった話ばかりで
ちょっと異常な感じがします。



それにしても、こうゆう状況を端から見てて思うんだけども
なんでみんなそこまでしてやりたいのかなあ〜。

私も20代前半までずーーーっと『競う』スポーツをしてきた人間なので
「お前が言うな〜」って言う感じですが、まあちょっと自分のことは棚に上げておいて・・・。(スミマセン、若かったので)

もうこれって人間の煩悩とか欲とかそうゆうもんなんじゃないかな〜と。

学生の部活とかサークルとかクラブとか
そうゆう時代を過ぎたオトナの人たちが『なにか』を求めて競うスポーツ。

その『なにか』ってなんなんだろう?と彼らを見てていろいろ考えるよ。

何か目標を持って立ち向かう姿勢は大事だし
上を見て到達するっていう向上心も大事なのはよくわかる。

あと確かに『勝てば』気持ちはいいもんだよね。
でも、これってはっきり言ってその人の自己満足なんだろうなあ、とも思える。

勝つ事で周りから崇められる。認められる。ちやほやされる。
もう、そんなことされればそりゃあ人間のエゴなんてものは嬉しくなっちゃうのは当然。
そして、そこで自分自身にも『自信』がつくからね。

さあ、また頑張ろう!っていう新しい目標ができて
それに向けて頑張って努力していくっていうのは大変素晴らしいことではあると思うんですが
ただ、そうしていく行くうちにだんだんと・・・・・・

もしかしたら、必要のないエネルギーをどんどん蓄えていっているのかも。

気がつけば、自分より高い人をなんとか降ろそうと企んでみたり
下手したら、人間的にすばらしいのに自分よりも上だっていうだけで嫌いになってしまったり
はたまた、自分よりも技術が低い人を意味もなく見下したり。。。

自分がその中にいないから余計にそうゆうのがはっきり見えてしまうんだろうな。

自分も学生時代ははっきり言ってしまえば勝つ事を目標に練習していたし
上手な先輩は無条件で崇めちゃったりもしたし、自分を慕ってアドバイスを求めてくる後輩がいることでも絶対嫌な気持ちはなかったはず。

だけど、もうそうゆう10代の体育会系の経験はとうの昔のことであり
今、こうやって競っている人たちを見てると、誰もが持ってる人間の面白さ(愚かさって言ってもいいかな)
を客観的に見れて勉強になるよ。

同時に、「あ〜〜、私はこの中には入りたくないなあ〜」「入ってなくてヨカッタ」とも思うけどね。あは。




それぞれが、いろんな思い・目標を持ちながらテイクオフをする準備してます⇩

b0334436_12113737.jpg

私がとにかく願うのは
「ここで飛ぶ人たちが安全に飛べますように」ってこと。
私も歳をとったってことなんだなあ〜あはは


・・って、すでに友人一人が怪我をしてしまったんだけどね。


いやいや、、、、スポーツには怪我はつきもんですけど
できることなら、「安全に飛べる」ってことをまずありがたく思って欲しいなあ。
数週間前に知人がパラグライダー事故で亡くなっているので特にそう思うよ。


いいじゃん、人より遠くに飛べなくったって
いいじゃん、人より長く飛べなくったって

広大な自然を空から眺めながら飛べることを楽しもうよ!


なーんて、大会出場者に言ったら怒られるよね。


ところで、今晩から明日にかけて山は雪が降る・・・っていう予報ですってよ!!!
どーなってんの?



2日前はあまりの暑さに水を被っていた人もいたっていうのに・・・・⇩
b0334436_11593015.jpg

ちょっと、今日は愚痴っぽく長々と書いてしまいました。
サポーターで疲れ気味っていうのもその原因か?

読んでくれてありがとうございました!


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-02-01 13:57 | ニュージーランド | Comments(0)

パラグライダー大集合

暑い暑い!
今年の夏はいったいどうしたっていうんでしょう?
もう連日30度超えの猛暑です。

30度や33度くらいは日本じゃ最近では普通なんでしょうけど
こっちはこの強烈な紫外線のおかげで焦げそう〜〜122.png

そんな中、今ワナカでは『ニュージーランド・パラグライディング・オープン2018』が開かれていて
もちろんゴンも2回目の参加をしています。


100名以上の参加者とサポーター達で大賑わい。
b0334436_05205303.jpg

どうしても、飛ぶ人を迎えに行ってレスキューしてくる必要があるので
必ず運転手、リトリート・ドライバーが必要で
私も去年に引き続き4人のパイロットが降りた地点に迎えに行くお役目を引き受けてます。


これが大会開始のちょっと前のブリーフィング。
当日のタスクを公開しているんですが、みーんな真剣・・・・

b0334436_05214966.jpg

1時間くらいの間に100機ものパラグライダーがポンポンと飛び出していくのは
見ている方はちょっと楽しくもあり、ドキドキもする。。。

でも、100の機体が空を飛ぶのをみるのはちょっと圧巻!


既に飛び出している人とこれから飛ぼうとしている人たち👇
b0334436_05254250.jpg
ただし、、、、

このワナカではよくありがちな強風が吹き始め
昨日2日目は途中で中止。

大会は今週末日曜日まであるんですが
ちょっとお天気がこれから悪くなりそうなのでどうなることやら・・・。


と、そんな訳で30度超えの暑さで、強烈な紫外線を目一杯浴びながら
丸1日外で過ごしている私はちょっと疲れ気味・・・あと、焦げ気味・・・141.png103.png


朝早く出かけて夕方まで帰ってこないので
猫たちはちょっと不満げです。


行かないで〜〜〜(?)と私の足につかまるモンティ♥️
b0334436_05304729.jpg

今日も訪問ありがとうございます





人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2018-01-30 05:33 | ニュージーランド | Comments(0)