カテゴリ:旅:フランス( 28 )

旅の聖人に出会った

フランスの話終わりーとか書いておきながら
こんなのがあったのでちょっと・・・・。


アネシーの道脇(山の道)でこんなのを見つけました。👇

b0334436_08181339.jpg

なんだ??

と思って中を見てみたら・・・・

b0334436_08204576.jpg

杖持ったヒゲおじさんがイヌ連れてた!
ひょうたんなんかも持ってる。


もしかして、なんかお地蔵さん的な役割の人?

と思って、説明書きでもあるんかと思って探したけどなし。


なので、その真ん前で働いている友達に「なにこれ?」って聞いてみたら


「え?そんなのがあったの?」


エ〜ッ!!!!!!????

アナタ、ここで毎日働いていて、目の前にあるこのおじさんや小屋すらも目にしてなかったんかい?!

「アハハ〜!忙しくて仕事に集中してるからよーん!」とかごまかしていたけど
本当に私に言われるまで気にかけたこともなかったらしい。
本当に5メートル離れているかどうかって距離の場所で毎日働いているっていうのに・・・。
でもまあ、そんなもんよね。地元の人って。


なので、更に友達の仕事仲間に聞いたら
どうやらこれは、旅の聖人(?)らしい。
日本でも七福神みたいに、神様それぞれ『担当部署』が違う・・・ってことみたいです。(たぶん)



・・・あっ! 


そういえば、こんなのいっぱいあった場所思い出した!


アルゼンチン!


そりゃああっちこっちにこんなのがあったっけな〜っと。


こちらがアルゼンチン版。👇
b0334436_08415107.jpg

中はこんな感じで本当の人間の写真だったり、マリア様みたいな像だったりしたけど
なぜか、それこそ人里離れた場所にこうゆうのがあったな。
b0334436_08422464.jpg

でもって、訳のわからない空のペットボトルがまわりに大量にあったっけ。
b0334436_08543735.jpg


地元の人に言わせると、「安全祈願」で置いてっているらしいが
ただのゴミ捨て場じゃねえか?
と、知らない人は絶対思うはず。




いずれにしても、誰もが「安全」な旅を願うのは共通なわけで
私は聖人とかキリストとはとんと縁のない人間ですが
フランスであのひょうたんおじさんには手を合わせてきました。

おかげで無事に旅ができた169.png




今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-08-05 17:11 | 旅:フランス | Comments(0)

フランス動物大賞発表!

フランスの旅(後半)で出会ったネコイヌたち。

友達の家の側に近所のイヌが時々訪ねて来てまして
外で私達があれこれつまみながら飲んでると必ずやってきました。

名前は覚えてないが、すっかり慣れちゃってるイヌ達。

キャンキャンうるさく吠える「じいさん顔」👇
じっと「なんかくれ〜」と睨んでます。
b0334436_09401238.jpg

それと一緒にやってくるフレンドリーで可愛い顔しておこぼれを待つ白黒君。
b0334436_09222722.jpg



それから数日後に友達の家でクレープパーティをしていたら
玄関にぶブンブンとシッポ降って立っている白いイヌがいたのです。

こんな風に、入ってはいけない入り口に前足ちゃっかり入っちゃってるけど・・・👇
b0334436_09420901.jpg



「あれ?この子はどこの子?」と友達に聞いたら
なんと、前の写真の白黒君だった!!!


ウソ!?
じゃあこの間の黒い模様は???


・・・・
・・・・


車の下とかに潜り込んだ後の汚れだった!!!!
アハハハハ〜〜!!!






次!

古い町を散歩してたら、ちょっと熱い視線を感じたので
ひょいと上を見上げたら・・・・

2階の小さな窓に・・・・きらりと光る目!!キラリ〜ン!😼😼

b0334436_09525607.jpg


な、なんか、すご〜く睨まれてたヨ・・・。

b0334436_09542279.jpg



田舎に行ってばかりだったので
あっちこっちに野良だか飼い猫だかわかんないネコがいっぱいいました。



で、今回の旅で出会った動物たちのトップはやっぱりこの子。


ポリックス16歳162.png162.png162.png
b0334436_10004536.jpg

人なつっこさ&ひょうきんさ満点!!172.png

可愛かったなあ〜〜〜〜〜♥️♥️❤️



・・・・

・・・

さあ、、、、
もうフランスの旅話は書く事なくなったかな。。
いや、また途中で思いつくかもしれないけど
とりあえず今回の3週間の旅の話はこれでおしまいにします。

長い間お付き合いくださりありがとうございました!


今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-08-04 10:10 | 旅:フランス | Comments(0)

田舎訪問

日本に帰って来てもう1週間以上経つのに
まだフランスの旅日記書いてますが、もう少しお付き合い下さい。


うっかり書き忘れていたけど
2つ目の滞在先では、滞在先の友達の両親が住む小さな村へ飛びに行ってきました。

田舎に滞在していた私達だけど、そこはもっともっと小さな田舎町で人口150人弱。

友達曰く「ここの8割が家の親戚」っていうほどの小ささですよ。


ところで、フランスの小さな町に必ずある公民館(?)みたいな場所は
何処へ行っても綺麗に花が飾られてキレイだったんだけど、ここも同様でちょっとしたらロッジ?とか思ってしまうほど可愛い。👇

b0334436_10485952.jpg

この水↑はすごーく冷たくてもちろん飲めます。
ペットボトルにじゃんじゃん汲んで持ち帰り〜。



例の如く、夕方6時過ぎに「そろそろいい感じの風」となり
ゴンは友人からいろいろ注意事項やらを聞いて飛ぶ準備。

b0334436_10323564.jpg

夕方のフライトは穏やかなので、友達が「飛ぼう!」と誘ってくれたので
私も一緒にフライト。

前の記事でも書いたけど、私は何度もこうやって友達に運良く乗せてもらっているんですわ。
で、実はここに行く前に滞在した70歳のPさんも、タンデムのパイロットなので
「オレと飛ぶかい?」って聞かれたんだけど、実は私は5年ほど前に彼に乗せてもらったこともあったし
大きな声では言えないけど、やっぱり70歳ともなるといろいろ・・・と思って丁寧にお断りしたのです。

でも!!

実は今回滞在した友達の彼の方は、フランスでもトップと言われるパイロットで特にタンデムでは
あっちこっちから声がかかり、撮影とかでもお呼びがかかるほどのテクニックの持ち主なんです。
(ソロフライトの自己最高記録はなんと350キロ!)

まあ、そんなスゴい人だし、きっとスムーズに飛んでくれるんだろうなーなんて思っちゃって
ついつい、「ほんじゃ!」と便乗させてもらったのす。(都合のいいヤツだ、私)

でも、事前に何度も「ジェットコースターみたいにクルクル回らないで〜!」とリクエストしておいてから・・・・。
(酔っちゃうからね!)



で・・・・


彼とのフライトはどうだったかと言うと・・・・


さすがっ・・・ だった!


タンデムって、正直言ってあまり長い間乗ってるには座り心地悪いし
独特のゆらゆら感がある。
あえて言うならブランコに乗っかってるような感覚がある。
だからちょっとふわっとした上昇気流とか風に乗っかると嫌な感覚になるんだけど
(・・ってちょっとどうでもいいテクニカルな話をしてしまったが)

彼は違った!!
ハーネス(私が乗っかるやつ)が違うのかわかんないけど
とにかく乗り心地良かったのですよ。


8人ものパイロットに乗せてもらってるので
こんなこと言っちゃあなんですけど、比べられるんですねえー。
あ〜贅沢なこと言ってます、私。


飛びながら余裕で(酔わずに)写真も撮れたし。👇

私達の後にゴンも飛び出し、一緒にふーらふら。
b0334436_11083961.jpg

時々低ーく飛んでベランダで涼んでる人の家のすぐ側を通過して手を振ったり
もうすぐ木に足が・・・!って所まで近寄ったりといろいろ遊ばせてくれたけど
全然気持ち悪くならなかったし、とにかく座り心地がよかった!上手だった。
さすがだな〜。


村の教会と墓地を上空から・・・・👇
b0334436_14281726.jpg


夕日が沈むちょっと前はとにかく風も穏やかだし景色が美しい〜!
b0334436_14285427.jpg


そんなんで1時間ほど飛んだあとは
友達の両親の家へちょっと立ち寄り挨拶をすることに・・・・。

で、その友達の両親の家はなんと築130年!
b0334436_14270727.jpg

わざわざ古い家を買ってもうかれこれ30年くらい住んでいるそうです。
(入り口には猫チン)

周りは草原で1週間前に生まれたと言う馬なんかがいたりします。
b0334436_14363636.jpg

そこでビールから始まり、ワイン、おつまみとバンバン出て来て
「ちょっと」のつもりが思いっきり頂く事になってしまうわけです・・・。あはは。

b0334436_10513930.jpg

最後はやっぱりチーズ。
下の細長いのも👇チーズですから。
b0334436_10564401.jpg


この家にはネコが3匹いたんだけど
その中のボス猫がこちら👇
b0334436_14414222.jpg

家族でも彼女に触れるのはお父さんだけ!!
友達がお母さんでも触ろうとすれば、「シャー!!」と爪がマッハで飛んでくるそうですよ。怖!


そんな怖いメス猫のおかげで、あと2匹は彼女に隠れてそーっと家に入ってゴハンを食べるだけで
あとはずっと外にいるらしいです。
ちなみにその2匹はオス・・・・。あ〜〜〜かわいそ。

b0334436_14442766.jpg


初めてお邪魔したのにも関わらず
とってもフレンドリーで楽しい時間を過ごす事ができました。



今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-08-03 14:49 | 旅:フランス | Comments(0)

フランスのお食事

3週間のフランス田舎滞在中
レストランで外食したのは数えるほど。

夕食なんか外で5回も食べてないんじゃないかな。

その中でも一応外食として食べたものを記録しておきたい。
自分の為に・・・・。

アネシー滞在中、やっぱり食べてしまったガレット(クレープの甘くない版?)👇

b0334436_09031383.jpg
中身が映ってないけど、中にはマシュルームとベーコンとチーズが入ってます。
そとはカリカリ、内側はもっちり。♥️



アネシーの最終日、友達と湖畔のレストランで食べたのはこちら👇
b0334436_09050925.jpg
いい具合の量で、味も最高に美味しかった!
最後にはゴンが隣りからパンでソースまできれ〜〜〜に拭き取って(?)食べたので皿はウェイターがニヤッとするほどきれいだった。


ゴンが食べたのはこちら👇
b0334436_09381708.jpg
いつものように、私がこの伊勢エビを1つ頂き
ゴンも私の魚を食べていろいろお試し。
これも美味しかった!


あと、美味しかったのがこれ。
b0334436_09411245.jpg
左のミートボールみたいなのは
魚のすり身を揚げたもので、ちょっとカレーの風味が効いてビールにはピッタリのおつまみ。
右のは絶対シュークリームだ・・・と思って食べたら、チーズ味だった!さすがフランスですな。
ちょっとモチモチしてて、これも美味しくて2つともあっと言う間に完食。


あとはどこでも売ってるバケットのサンドイッチとか、そんなもんをランチで食べてたりしました。

食の文化が奥深いフランスはこうゆうところがいいなーと思う。
フランス人はイギリスの食文化をバカにするっていう話を聞くけど
なんか・・・わかる気がするよ。。。

イギリス=フィッシュ&チップス・・・だもんな。
(それをニュージーランドもしっかり受け継いでいるんだが)


あと、写真に残してないけど
ゴンは友達の家に滞在中、いっつも友達とアイスクリームをデザートに食べてました。
3週間で2週間は食べてた!!

なぜか知らないけど、全て男性陣はみーーーんな「アイスクリーム大好き」だった。
ちなみに女子はほとんどそれを見てるだけだったな。

っていうかさあ、夜11時とかにアイスクリーム、それもどんぶりみたいなボウルにどっさり食べるってことが恐ろしい素晴らしい!


あれで私も同じようにあのアイスを食べていたら今頃はジーンズもまったく入らなくなっていただろうね。
すでに体重増加してしまったというのに・・・。



今日も訪問ありがとうございます。


ニュージーランドランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-08-02 10:04 | 旅:フランス | Comments(0)

歩き&飛びの充実した1日

フランスの3週間の滞在での最終フライトになった帰国前日。

コメディアン・セバスチャン(友達)は、
「ゴンと一緒にクロスカントリーをする」とその日は午前中で仕事を切り上げて帰ってきました。

パラグライダーでクロスカントリーとは、もちろん長距離であっちこっち行く訳ですが
それにはただの青空晴天だけじゃだめで、ある程度雲があって、風もある程度あって・・・と結構ウルサい。
贅沢っちゃあ贅沢な話。

ほぼ快晴にちかく、クロスカントリーに最高の条件とまでは行かないお空でしたが
今日だけしかない!という根性で二人は山のテイクオフへ。(👇アネシー湖)

b0334436_09430135.jpg
でもって、ヒャッホ〜!と言うかけ声と共に飛び出して行きました。↑(青がゴン、黄色がコメディアン)


私は前日の夜遅くのバーベキューで眠かったので
どっか木陰で本を読みながら昼寝でもしようーーという魂胆。

でも、パラグライダーのテイクオフはものすごい人!
b0334436_10010851.jpg
なので、そこからもっと上に上がるハイキングコースを歩いて木陰でも探そうと登り始めました。

この日の気温は33度!
あっち〜!!

木陰のあるハイキングコースは涼しくて気持ちいいけど
やっぱり暑いくて結構な上り坂なので汗だく。

途中で何度も引き返そうかと思ったんだけど
なぜかそう思うたびに前から、どうみても私よりも遥かに歳を重ねたおばさんたちとすれ違ってしまい

「げ!あの人が歩いたんなら私もこんな場所から引き返す訳には行かね〜べ」

と、妙なプレッシャーを感じて、結局最後まで歩いてしまったわけですよ。

たまに靴下も履かず、ウォーキングサンダルみたいな軽装であるくお婆ちゃんみたいな人も見かけてびっくりよ。
それであそこまで行って来たんですかあ??と聞いてみたかった!
これが日本だったら、完璧な山歩きの服装+日焼け対策をした人ばかりなんだろうけどここは「日焼けしたい」白人達の集まり。
帽子も被らず、水さえも持ってないで歩いている人たちもいっぱいいたし
それがみんな明らかに70台って感じの人たちだったから更に驚き。

そんな風に、初老のフランス人人たちに背中を押されて頑張った50台の私が見た絶景はこちら👇
谷間には牛や羊達が放牧されてて、首につけられた鈴がカラーンカラーンと鳴っててまるでハイジの世界。
(ハイジを知らない人にはなんだかわからないだろうけど)

b0334436_09064568.jpg


結局、ゴンとセバスチャンは湖を超えて反対側に行って
また戻って来て、今度は湖の端に行って・・・と3時間半、40キロ以上飛んで終了。
大満足のフライトだったらしいですよ。


夕方(っつったって、夜8時過ぎなんだが)仕事がまだ終らないマリオンを待つ間
私達は下に降りて湖畔で身体を冷やす事に。

車の中にいつでも泳げるようにとタオルと海パン(・・って今も言う?)持ってるセバスチャン。
準備いいなあ〜〜。
ゴンは、薄いショートパンツを履いていたので、それだけでバシャーン!
b0334436_09274827.jpg
ビール一口だけ飲んで、二人は湖に身体を冷やしに行きました〜↑

いいよな〜男って。。。ってこんな時に羨ましく思うよね。
私もひょいとショートパンツで何も考えず泳いでみたいもんだ。

b0334436_10123346.jpg
「気持ちいい〜〜!!最高!」と湖でリフレッシュした二人は
ビール2杯目に突入し、本日のフライトについて語り合ってました。
(そんな間に、びしょびしょだったショートパンツは乾燥)


その後仕事を終えたマリオンが加わり、湖畔のレストランで美味しいディナー。
(ちなみにマリオンはパラグライダーの会社で働いているので、天気のいい日は終るのが遅い)


充実した1日でございました。

ディナーで食べた料理は次回に・・・。


今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-31 10:38 | 旅:フランス | Comments(0)

宵っ張りフランス人とパラグライダー

最近の私達の友達って言えば、ほぼ9割がパラグライダー関係なので
当然、今回訪ねたアネシーのカップルもパラグライダーのパイロット。

夕方、インストラクターの仕事が終わった彼を待って
みんなで一緒に飛ぶ事に。

b0334436_10060653.jpg

日本と違って、夏は思いっきり日が長くこの時点↑↑でだいたい6時半ごろ。
まだまだ日が高い!
遊ぶのはこれからだ!

夕方のこの頃は風も穏やかになるので、飛ぶのには最高!
ってことで、友達の彼の方がタンデムパイロットなので一緒に乗っけてもらいました。


アネシーからスイスのジュネーブまで40分もあれば行く距離なんだけど
私達はフランス側から飛んで、実はスイスに降りました。
パシポートなしでいいの?とか冗談を言いながら・・・。

私の足の先で指しているのはスイスのジュネーブ👇
b0334436_10093923.jpg

夕方7時半を回っても30機以上のパイロットが飛んでたよ。👇

b0334436_10134429.jpg

実は、私はラッキーなことにタンデムのフライトはかなり経験豊富で(もちろん、乗っけてもらう方)
あっちこっちで友達に乗っけてもらってて、今回は8回目。パイロットも8人目(全部違う人)。

友達のセバスチャンはもう根っからのコメディアンで
飛びながらず〜〜〜っと歌うわ喋るわですごいエンターテイナー。

彼の彼女マリオンとゴンはソロで飛んでいたんだけど、すれ違うたびに
ヒューヒュー、ワオワオ叫ぶし、飛んでるときも鼻歌ずっと歌ってました。


自分の彼女がすれ違うときなんか
「ひゃっほ〜!!あいらぶゆ〜!!!」とか叫びまくってたし103.png103.png
(私の耳元で叫ぶから耳が痛かったんだけど・・)

飛んでるマリオンとセバスチャンの足👇
b0334436_10200138.jpg

この日は残念ながら見えなかったけど、向こうに見える山の向こうにはモンブランが見えるはずなんだそうです。↑



結局1時間半くらいゆーらゆーらと飛んでたんだけど
私はうっかりカメラに集中し過ぎて

「パラグライダー酔い!!」


ずーっと前にも一度、クルクルとジェットコースターみたいに回って降りた時に気持ち悪くなったことがあるんだけど
久しぶりの「乗り物酔い」になってしまい写真撮影はこれでおしまい。

車を運転するれば酔わない・・・と同じように
自分でパラグライダーを操作すれば大丈夫ってセバスチャンに言われ
後半は私がずっと舵を取ってました。
(一応、ライセンスはあるのである程度はわかってるつもり)


そして・・・・・

もう日が落ち始めた頃を見計らってスイス側にランディング。
山はかろうじて日が当たってるけど、地上はすっかり日陰。

ゴンも後から降りて来た。👇
b0334436_10222922.jpg


で、言っときますけど、この時点で夜9時ですから。。。ええ。

まだまだ夜はこれから!!
ってことで・・・・

セバスチャンが働いているパラグライダースクールのみなさんとバーベキューをすることに。

でも、火が熾きるまでは遊ぶ。(宵っ張りのフランス人たち)
b0334436_10264079.jpg

これはフランスが発祥地のゲーム『ペタング』↑

重たいボールを投げて的に一番近づくっていうゲームなんだけど
相手のボールにぶつけたりして点数を稼ぐ・・・っていうような内容。

ビール片手に真剣に遊ぶ大人達。

でもって、いよいよ暗くなってボールが見えなくなったところで肉が焼けた〜〜!

夜10半、ディナーの開始でございます。
(ニュージーランドだったら寝る時間だ)
b0334436_10020675.jpg

美味しい肉をセバスチャンが調達してくれて
友達のマリオンがズッキーニとライスのグラタンを作ってきたのでそれも頂き
みんなで12時過ぎまでワイワイと飲んで食って・・・。

そして、やっぱりここはフランスなんですねえー


最後にこうしてこんなでっかいチーズが出て来るわけですよ!!

b0334436_10290640.jpg
で、チーズとパンとワインと・・・と交互に頂いていると永遠に終らない・・・。🍷🍷🍷

でも翌日はみんな朝8時半からスクールがあるので
「そろそろ寝た方がいいんじゃね?」との私の提案で日付が大幅に変わったあとにお開き。

(っていうか、私が超眠かったんだけど129.png

私が言わなければもっと長く宴は続いていたでしょうな。



この晩、私達が帰って寝たのはもうすぐ2時・・・っていう時間だったのにも関わらず
翌朝セバスチャンは朝7時過ぎには家を出てました。
若いって素晴らしい!!


そして、更に翌日はゴンが飛ぶのが最後の日ってことで
セバスチャン午前中で早退してきて、ゴンと一緒にクロスカントリー(パラグライダーで長距離を飛ぶってことね)
をすると張り切って帰ってきました。


続きます。


今日も訪問ありがとうございます。


人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-30 10:42 | 旅:フランス | Comments(0)

ちょっと都会のアネシーへ

フランスについて、2日だけはリヨンの町の中だったけど
それ以外は2週間ずーっと田舎ばかりに滞在。

それが私達にとっては心地良く
フランスの田舎の雰囲気はまた美しかったので最高だったんだけど
帰り際、4日間はちょっと大きな町アネシーに移動しました。
(大きいって言ったって、私達がそれまでに滞在した田舎よりは・・・っていう程度ですが)

実はそこでも友達訪問。

彼らはワナカで約1年パラグライダーの会社で働いていたフランス人で
今年夏が終わったあとにフランスに帰ったばかり。

なので、それほど久しぶりでもなかったんだけど数ヶ月ぶりの再会。


「せっかく来たんだから山だけじゃなくて、町を案内するよー」
と言う彼女のお言葉に甘えて彼らのアパートから歩いて町中へ。

町って言っても、大都会じゃないのでこじんまりとした町中を歩くのはけっこう楽しい。

b0334436_10360621.jpg

b0334436_10224380.jpg

彼女もなかなかこうやって町の中を観光する事は滅多にないらしく
「私もここ初めて〜。勉強になるわ〜」とか言いながら案内してくれました。


ここは👇昔、刑務所だった場所。
b0334436_10240252.jpg

なんか今まで入れることはなかったらしく
たまたま通りがかったら中を見学できるってことを知り早速入ってみました。


b0334436_10281107.jpg

この上の写真の扉。
受刑者はこの扉の向こうにいて、面会の人が来るとこの扉の合間から話をしていたそう。

木がツルツルに変形しているのがわかります?
みんな手をかけるのでこうやって丸くなってしまったんだそうです。
歴史とみんなの手垢が刻まれたドア・・・・ってことでしょうか。

受刑者の仕事は硬貨を作る事。
てっきりここはキッチンなのかと思いきや、硬貨を作る場所でした。👇
b0334436_10272226.jpg

さすがにサマーホリデー中ということもあり、お昼近くになると人がいっぱい!

人ごみが苦手な私達は込み合う前に家に退散。。。
b0334436_10341989.jpg

午後は、友達の彼の方が働いているパラグライダーサイトへ行って飛ぶ事にしました〜。


続きます。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチっと!


ニュージーランドランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-29 10:40 | 旅:フランス | Comments(0)

ネコと過ごすフランス休暇

フランスの2番目の滞在場所は
ひょんなことから「ネコシッター」をしながら、人様の家に滞在しました。
(って話は前に書きましたが)

その家は、高台にあり、家の前にはワインのブドウ畑。
そしてその先には小さな空港があって、年がら年中『いろんなもの』が飛んでました。

セールプレーンやら、ヘリコプターや、スカイダイバーもぴょんぴょん!

そうなれば「空」大好きな男は暇を持て余すことはまったくなく
いっつもこうやって空を眺めてました。

b0334436_09585943.jpg

友達がレスキューヘリコプターのパイロットで
ちょうど彼らが病院にドクターを迎えに行くルートがこの家の真上で
ゴンは彼が通ると手を振って、友達もグィーンと期待を揺るがして応答してたりしてました。
(オイ、緊急事態だぞ。遊んでる場合じゃないぞ!とか私は思ったんだけど・・・・)


もちろん一番大事な「ネコのお世話」も忘れてませんですよ。

夜は家の中から出さないと行けないので
(本当は一緒に寝たかったけど、猫ドアがない家だったの〜〜)
しぶしぶ出て行くネコ・ポリックス君なのですが

私達が家にいるときはずーーーっとくっついてます。


こんな感じで👇  ♥️♥️
b0334436_10062063.jpg


ゴンがソファにごろ〜んとすると・・・・・
たいていこんな感じで寄り添ってくるので、ゴンもメロメロ〜。

b0334436_10093238.jpg


ポリックスの尻でパソコンが見えなくともじっと我慢。
ごんもネコには怒れないんだな・・・・106.png👇106.png
b0334436_10270686.jpg


朝は入り口でじーっと鳴かずに待っているのが気の毒になっちゃって
私は朝4時すぎとかに目が覚めると、一旦ドアを開けて入れてあげてました。


そうすると・・・



私達の間に、どってり〜と横たわって私達が起きるまで一緒に寝てた・・・!!!
かわい〜〜〜〜い!
(飼い主さんにはナイショだぞ)
b0334436_10064816.jpg


でもって、夜中じゅう遊び歩いていたポリックス君は
そのまま午前中ほぼ熟睡👇
b0334436_10090269.jpg

かわいすぎてベッドも直せないっちゅうの!



実はこの家には1歳になったばかりの女の赤ちゃんがいるんですが
私達が初めて会った時に、このポリックスをむぎゅっとつかんで立ち上がろうとしてたし
きっとこのポリックス君もゆったりと人間の大人の膝に乗っかる間もないんだろうなと思います。

お母さんは救急ドクターだし、お父さんは高校の先生で
それに1歳の赤ちゃんが加わって、みんな忙しくしてる家族。
お父さんもお母さんも(っつったってまだ30台の若者)、そんな忙しい生活してるのに
さらにパラグライダーはするは、パラセーリングするは、ロッククライミングはするは、マウンテンバイグはほぼ毎日するはで
もうどうゆう身体してんの????っていうほどのアクティブなカップルなのです。


だからこんな風に、私達が外で涼んでのんびりしてると
かならずポリックスもやってきて、どっちかの膝に乗っかってゴロゴロゴロゴロ・・・とくつろぐんですな。
b0334436_10165263.jpg

ところで・・・・

その家の1歳の女の子。

その子がそれはまあ可愛い子で、全然人見知りもせずにっこにこ!
食べてしまいたいほど可愛い女子でした〜。

b0334436_10241273.jpg


赤ちゃんがポリックスをムギュっとつかむ3秒前👇

b0334436_10311956.jpg

でも、ポリックスはそんなに嫌がる訳でもなくじっとしてました。
わかってるんだろうな。。。きっと。



そんな人の家でのゆったり1週間。

日中は出かけてることがおおかったけど
夜9時過ぎまで太陽が沈まないこの場所では1日が長くほんとうにのんびりすごしました。


実はこのネコシッターはとってもラッキーだったんだけど
更にラッキーなことがありました。

私がちょっと体調を崩して、その女医さんに相談したことがあったんだけど・・・・
いろいろ診断してくれて、さらにちょちょーっと処方箋書いてくれて、ハンコをポン!
「これで薬局でもらえるから〜」とあっさりドクター検診してもらっちゃった。

病院にいくほどでもなかったんだけど、やっぱりドクターの所見は大事なので一安心でした。


私達が立つのと入れ替えで、家の主が帰ってきたので
帰り際に彼らには会う事ができなかったんだけど、ちょっとまた不思議なご縁を感じました。
またどこかできっと会うだろうな・・・と。


今日も訪問ありがとうございました。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-28 10:44 | 旅:フランス | Comments(0)

アイデアと可愛い町

さて、友達が教えてくれた『可愛い町』行ってきました。

ただね、その友達は
頭の中はパラグライダーの事で一杯の方達なのですよ。
ゴンと同じく。。。。

なので、彼らが「かわいい」と表現する町がいったい何をもってそう思うのかが普通と違うところ。
だって、彼ら(パラグライダーのパイロット)は、

『空からの』景色の善し悪しを中心としてるから・・・。



でも、いやいや結構本当に可愛い町だった!


結構急な山道をぐんぐん登っていくと
こんな谷間に小さな町が見えてきます。

b0334436_14220096.jpg

スキー場があって、夏の今の時期はトレッキングをする人が多いようで
ポール(ストック)を持ってバックパック担いだ人たちが結構いました。

b0334436_14232229.jpg

b0334436_14245645.jpg

私達はアイスクリームを食べ食べ、民家やお土産屋さんが集まる路地を散歩。

どこの家もおしゃれ〜。

b0334436_14230057.jpg
b0334436_14235727.jpg
b0334436_14341351.jpg




なんなんだろうな。
こうゆう家や街全体を飾るセンスって・・・。


b0334436_15103878.jpg
たぶん古〜い家なんだろうけど、可愛く見せてて
それがいい味を出してる。




・・・・



あとは、アイデア。創造力。
b0334436_15092198.jpg



長靴もこんなんになっちゃって・・・・103.png103.png
b0334436_15265958.jpg

ちょっと見習おうと思ったよ。

b0334436_14223400.jpg


今日も訪問ありがとうございます。




ニュージーランドランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-26 15:33 | 旅:フランス | Comments(0)

フランスでバッタリ!?

日本に無事帰っていますが、ネットがまだつながっていなくてアップできませーん。
(人んちの借りて本日アップ中)


時差ぼけと旅疲れがまだ取れないのと
この日本の湿気にどっしりと浸かってるって感じですけど
少しずつ回復、順応している・・・って感じかな。

さて、まだフランスの話がたっぷり残ってるので書いていきます。

実は、フランスに滞在中
ニュージーランドの同じワナカに住むカップルと偶然同じ所で飛んでたってことがありました。

友達っていうほどでもないので、二人がヨーロッパを3ヶ月もパラグライダー旅行してる・・・
っていうのも知らなかったんだけど、たまたま同じ場所に来てた〜!!

世間は狭し!!
(っていうか、パラグライダーの世界はホント狭い!!)


テイクオフで偶然の再会にびっくりしておしゃべりするゴンと知人👇

b0334436_11231290.jpg

二人はパラグライダーとテントを担いで3ヶ月もあっちこっちを飛んで旅をしてるらしくとってもタフな二人。

彼の方はおそらくNZでもトップじゃないかというほどのクロスカントリーエキスパートなので
この日も彼は風の向くままに飛んで行き、そこから数時間行った待ちに降りたそうで
彼女はそこまで車で行って、そこでテント張って次の日もその辺りで飛ぶって言ってました。

す、スゴすぎ、たくまし過ぎなキウイです。


ゴンと彼女は一緒に飛んで、一緒に降りてきたんだけど
山のむこーーーに見える彼の方を見て、「今日はどこ行くんだろうね〜」と呑気なこと言ってます。👇

b0334436_11395444.jpg

私はというと・・・

山の上から車を降ろし、町の中を散歩〜。

町って言っても、小さなスキー場の麓の町なので観光地。
マーケットやらお土産屋さんやらを回ったり、クレープ食べたり・・・・。


b0334436_11465699.jpg


それにしても、どこへ言っても思うけど
どこの村でも花を飾って綺麗にしてありますなあ。

これで花があるとないとでは家の感じも、街全体の美しさもまったく違ってくるよねえ。
b0334436_11222467.jpg
b0334436_11551666.jpg

この村にはあちこちに水が出てて、これがすごおーく冷たくて美味しかった!!
この山の裏は氷河があるらしく、水も新鮮なんだな。
いろんな人もペットボトルに水を入れて飲んでたので私達もさっそく真似して2リットルのボトルに2本補給してきました。

b0334436_11501449.jpg



私達はその日はまたネコシッターしている知人の家に帰ることになってたので
そのままワナカの知人とはバイバイ。

でもその知人が、「帰りにあそこに寄って行ったらいいよ。可愛い町だよ〜」と教えてくれたので
帰り際に立ち寄ってきました。


うん、確かに可愛かった!!!

ので、その続きは次回に。



今日も訪問ありがとうございます。


ニュージーランドランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-07-25 11:59 | 旅:フランス | Comments(0)