ギブアップ?!

えーっと・・・・

散々ハウスキーピングの事を書いてきたんですが
実は、すでにギブアップしてる・・・・・

・・・って言ったら吹き出します??

ちゃんちゃらおかしすぎて、情けなさすぎでしょ〜、そりゃあ〜・・。ねえ。


実は、3日間、3時終了の予定を大幅に上回り
夕方6時5時までせっせと掃除をした翌日
私はゾンビのようになってました。

う、動けない・・・。

身体が痛いとかそんなんじゃなくて
なんかもうびっくりするほど身体が動かない。

そして、それからどんどんとテニス肘が悪化していったのであります。
テニス肘で肘を痛めて1年半、鍼やフィジオやカイロプラクティック、タイガーバームに日本の湿布・・・
とにかくいろいろやってきて、ここんとこやっと大丈夫になってきたかな〜〜
と思って来たところだったんですが、一気に1年前の症状に逆戻り〜!

おもいっきりゴンに呆れられましたわ。122.png
そりゃそうだ。
逆の立場だったら「ばっかじゃないの?」とか言うだろうな。

でも、さすがに3日じゃ辞められないでしょ〜。
それこそ文字通り三日坊主!

は、はずかし〜〜。
人生最短のお仕事!!


でも、その頃には私の右腕は曲がらないほど痛くなってしまってまして
終いには隣りのおばちゃんまで出て来て「お願いだから辞めて!」なんて言われ
ゴンにはもう口聞いてもらえないほど呆れられたので

止むなく制服持ってマネージャーに会いに行ったのです。
(っていうか、現実的にみんなの足をひっぱる形になるn


そしたら、制服のバッグを見たマネージャーは速攻で察した顔してた。

そして
「アナタは速攻で辞めた700人のうちの一人よ。だから気にしないで」

と、慰められた・・・・あはは。


それだけみんな続かないってことなんだろうけど
それにしたって私はその中の一人にはなりたくなかったなあ〜
と言うのが本音っていうか、体育会系の意地っていうか。。。。


あと・・・

「アナタはいくつだっけ?50?・・・・あ〜、私は50歳以上は今まで雇った事がないのよね、実は。でもアナタはフィットそうだったからできると思ったのよ〜。40過ぎたらこの仕事はダメよ。あちこち痛めちゃうし・・・」

なんてことも言われ・・・。
(オイオイ、じゃあナゼ雇った?と内心思ったが)


でも実はその15分後には、なんか知らないけどマネージャーのお手伝いをして欲しいと言われ
なんとそのまま制服を持ち帰り、仕事も続行することになったのですよ!

仕事と言っても、掃除ほどの労働ではなく倉庫の整理とか
要はおばちゃんマネージャーのお手伝いってことで。

時間も6時までは働かなくていいっていうし
「もっと良い仕事が見つるまででいいからさ」と軽く言われたので
そんな感じだったらいいっすよーと受けてしまったのです。


・・・と言う事で、ハウスキーピングの仕事はギブアップしたんだけど
おばちゃんのパシリで同じ安い時給でもうちょっと続けてみる事にしました。


相変わらずハウスキーピング部門(私も一応その中に入ってる)では最年長ですが
なんかいろんな国の若者と喋るのは結構楽しい。

昨日はインド人とマレーシア人の若者といろいろ喋ったし。


と、そんな感じで、とりあえず
私の仕事耐久期間をかけた友人たちは今の所誰も当たってません!!



今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-10-18 04:30 | ニュージーランド | Comments(0)