ニッポンの温泉町へ

日本での夏の思い出話つづきます。

私達が日本にいる間、千葉から友達が遊びにきたので
車で草津温泉まで行ってきました。

家から車で2時間ちょっとってところかな。


有名な湯畑👇
ん〜〜〜〜、この硫黄のニオイ!!懐かしいなあ。
一緒に行ってた友達の子ども(中学生)は「くさっ!」・・・・でしたけどね。
b0334436_06372852.jpg


豆腐やさんを経営している友達の実家から湯畑に歩く道にはこんなサイン👇

b0334436_07005051.jpg

日本の名湯の1つである(たぶんだけど)群馬の草津温泉ですが
私の草津温泉の思い出と言えば

スキー!(しかない)

それもバリバリの昭和の時代!・・・あはは103.png103.png103.png


10歳で小学生総体で初めて行って、それからほぼ毎年大会やら合宿やらで年に数回は行ってました。
昔はなんかすごく遠い所にあるって気がしたけどなあ。


今回は、その私のスキー仲間である草津出身の友達と待ち合わせて
地元をよおく知ってる彼女と草津温泉街を散策。

・・・って言っても

「あ〜、この焼き鳥屋はおじさん家〜」
「この酒屋もおじさん家〜」
「あそこの花屋はおばさん家〜」
「この釜飯屋は昔のスキー仲間の家〜」

と、親戚・知人だらけなんだけどね。106.png106.png


おじさんややってると言う酒屋をちょこっと覗けば、店番をしていたおじさんが

「お〜〜!寄ってけ!」と、ゴンには生ビールとつまみをさっと出してくれて
私達にはトウモロコシの茹でたのとコーヒーを出してくれて
千葉の友達がびっくりするほどのおもてなし。(もちろんフリー)
まあ、よくある田舎の暖かいおもてなし、、っすね。


あとは、みんなで足湯に使ったり・・・
b0334436_06370231.jpg

温泉卵を食べてみたり・・・
b0334436_07071011.jpg
ついつい、買い物しちゃったり・・・106.png106.png

b0334436_07011093.jpg
b0334436_07043259.jpg

だって、こんな可愛い箸置きみたら買いたくなっちゃうでしょ〜?ねえ。


箸置きってこっちでお客さんに出すと
それだけで結構いい話題になって話が弾むんだよね〜。

だから私達も「いかにもニッポンらしい」をテーマにいくつか購入してきました。


パンの形とか買ってもたぶんお客さん達はなんの反応もしないと思うけど
例えば「アジの開き」とか見たら、絶対「なにコレ?」って聞いて来るよね。

ホントは、全部買い揃えたいくらいだったんだけどねえ・・・。



帰りは温泉まんじゅうをお土産に買って帰ってきたんだけど
そのときも地元の友達のアドバイスを参考。

「○○のあんこは美味しいんだよ!」

と言う事で、彼女おすすめのお店で購入してきました。



夏という事もあり、湯畑を歩く若者の中には浴衣(温泉宿で出されるのではなく、お祭りで着る浴衣)を着て歩くカップルも多く
なかなか良い風情でした。
ガイジンさんも結構いたしね。


私達が行った1週間後くらいには天皇皇后陛下が草津に行かれる・・・と言うニュースが出てましたけど
昔はなんとも思わなかった草津温泉、、、いやいやなかなか素敵な町で
行く価値のある場所なんだろうな改めて感心しちゃった。

ちなみにゴンは草津温泉大好き。

6、7年前の秋に一度行ったんだけど
その時に湯畑の周りの居酒屋で酒を散々飲んで
二人とも千鳥足で宿まで帰った。。。と言う楽しい記憶があるので
「草津」と言えば、あの思い出が蘇るらしい。


・・私はまだやっぱり
小学校、中学校、高校と、毎年嫌々トレーニングした
坂だらけの硫黄のニオイのする寒い町。。っていう印象が強いけど
オトナになって何度か行くようになってから、だんだんと草津の印象が変わりつつあります。
良い意味でね。

・・・・温泉アレルギーだけども。122.png



今日も訪問ありがとうございます。



人気ブログランキング
[PR]

by miki-argentina | 2017-09-23 07:27 | 日本 | Comments(0)