初めてのヒッチハイク

やっぱりあまりやたらに口にするもんではありませんねえ。

前回のブログで、このあたしが(!)いるからゴンはパラグライダーで何処へ降りてもへーきなんだ、、、などと書きました。

しかし!!!いや〜びっくり。
書いたその日になんとヤツは初めてのヒッチハイクで家に帰ってくるハメになっちゃったよ!!005.gif005.gif

いや、私はずっと飛んでるゴンを車で追ってたんですよ。無線も持って。
b0334436_11455691.jpg

なんだけど、昨日はまあクロスカントリー日和だったようで
多くの人があっちこっちに飛んで行っちゃって、ゴンももれずに飛んでった〜。

ほとんどの人が、湖の向こうに見える山をまずはめがけて飛び、そこを超えたら更に先の山を目指します。
b0334436_11531298.jpg

まあ、それは良かったんだけど
いい具合に上昇気流を捕まえて、高度を保ったゴンは隣町まで行ってしまい時間にして4時間飛びっぱなし。

実は私は6時からピザ屋のバイトが入ってたんだけど
まあ午後1時から飛び出せば遅くとも5時には降りて来るだろう・・・と甘く考えてたんですけど
4時半になってもまったく降りて来る気配はなく、今度は川越えでその先の町まで行くよーとか言う無線が入ってきちゃった。

もうダメだ。
私はバイト行かなきゃ!

ってことで、無線で「ヒッチハイクで帰ってきてくれたまえ!グッドラック049.gifと伝え空に浮かぶゴンを追いて帰ってきちゃいました。

まあでも、こうゆうときニュージーランドって気が楽です。
あっちこっちでみんなヒッチハイクしてるし、私達も何度もヒッチハイクする人たちを車に乗っけてるので
とりあえず車が走っている道に出ればなんとかなるわけです。

ゴンも運良くすぐに拾ってもらったらしく、なんと家まで送ってもらったそうですよ!(んまあ、なんてラッキーな!)


ヒッチハイクは危険が伴わないっていうわけじゃないけど
男だしね。あとこの辺りは若者のバックパッカーもけっこうヒッチハイクしてるからみんな見慣れてるっていうのもあります。
それにあんなでっかいパラグライダーのバックを担いだ、それも還暦過ぎのオッサンが「乗せて〜」と親指立ててたら
もしかしたら「あら気の毒なオジさん・・」っていう情けがかかるのかもしれませんね。


おかげさまで私はバイトに遅れる事もなく出勤できました。
(ちなみにこのバイトは友達が日本に2週間帰っている間、週に2回だけのピンチヒッター)


今日も訪問ありがとうございます。
よかったら押してってください。


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-12-03 12:21 | ニュージーランド | Comments(0)