ニュージーランドの山小屋

ニュージーランドのハット(山小屋)はいろいろなタイプがあるようで
この前行った所のように、管理人はなく早いもん勝ちで泊まれる所(1泊5ドル)や
今回行ったマウント・アスパイアリング・ハットのように管理人さんがいて、設備もいろいろ揃っているような場所があったりするみたい。

行く前には、通称ドック: DOC ( Department Of Conservation) と呼ばれる
自然保護管理センター(?)みたいな場所で宿泊チケットをを購入して行くんですが

今回のハットは前回の5ドルに比べちょいとお高く30ドル。
まあ、トイレも水洗だったし、中には暖炉やガスもあったのでその辺はそれなりの値段なのかもしれません。
(ちなみにガスがあるのはこれからの時期の夏の間だけ)

メインの建物には20人以上泊まれ、離れもあって全部で30数名泊まれる大きなハット。

着いたらイギリス人の22歳の若者がコーヒー飲みながら本読んでた👇
暖炉もあるど〜!!(前回はなくて寒かったっ)
b0334436_04274413.jpg
右のドアの側にあるのも寝るマットレス。
他にも15人ほど寝られるバンクス(二段ベッドみたいな寝床)があるんだけど、この上の場所は山を見ながら寝る事ができるので
着いた時点でみんな先取りしてます。

私達は誰もいないこっちの場所で寝ます。👇
b0334436_04412839.jpg

玄関には泥だらけの靴がこんな感じで・・・・👇
b0334436_04424249.jpg

着いてからまだ時間がたっぷりあったので、荷物を一旦降ろしてからちょっと先まで足を伸ばして
夕食前の腹ごなしにお出かけ〜。


マウント・アスパイアリング国立公園とあるので、ここからがちゃんとした国立公園なのかな。
b0334436_10205187.jpg
ハットまではただただ木も林もない谷間を歩いて来たんだけど
最初のハットを過ぎると一気にニュージーランドらしい木々が生い茂る森林に入ります。
歩くならやっぱりこうゆう場所を歩くのが好きだなあ〜
でも、これから先のハットまであと2時間も歩き、更に急な山道を登るらしい。
ん〜〜〜・・・・次回かな。



さて・・・・

そろそろ今日泊まる人たちが集まり始めたハット内。
みんなそれぞれご飯の用意を始めたので、私達も今回初めて買ってみたキャンピングフードをいただく事に・・。


イギリス、フランス、ドイツ、そしてニュージーランドと多国籍のハイカー達がワイワイとそれぞれご飯の用意をしながらおしゃべり。
b0334436_10265210.jpg
私達の夕食はローストチキン・・・・・・と言う名のドライフード。
お湯を220ml注ぐ、とありゴンとワタシで
「220mlってどのくらいだ?」とか「このカップの8分目くらいでいいんじゃね?」と適当な会話をしてたら
本格的なトランパーの一人がちゃんと量れるカップを持ってて貸してくれました。

「ダメダメ、いい加減にすると味が全然ちがうんだから!」とのアドバイスを受けたのでその通りに!
b0334436_10233890.jpg
お湯を注ぐだけでマッシュポテト(もどき)も出来上がり〜

b0334436_10290209.jpg
まー、どう見てもローストチキンじゃないけど、味は意外や意外、美味しかったんでびっくり。

そして、なんと他の人たちもみんなこの同じメーカーの夕食!
一人は照り焼きビーフ味で、もう一人はシェパードパイ(ひき肉とポテト)で
「あ〜、ワタシもそれが好き〜」だの「オレが好きなのはタイカレー」とかみんな情報交換してました。

「次回はタイカレーだな・・・・」と密かにメモって・・っと。037.gif


あ、もちろん重たい赤ワインも担いで行きましたよ。(ワタシが!!)
あっと言う間になくなったけどね。
前回同様、ゴンは「やっぱり2本持って来るんだった」とか言ってたよ。おいおい。


日が高いので電気が必要になる時間はほぼ9時近く。
それまでみんなでお茶飲みながら、そこへ管理人さんのオジさんも加わっておしゃべり。
オジさんは紙を持ってやって来て
「これから明日の天気の発表をします!」と宣言しみんなを笑わせてた。


夜は暖炉の火もあるので寒い事もなく、結構気持ちよく眠れました。
前回のハットは火がまったくなかったので、えらく寒くてウールの帽子被ってダウンジャケットまで着て寝袋に入ったからね。

ゴンなんか寝袋に入って5秒で寝落ち!!早過ぎっ!
私は前回持って行かなかったKindle(電子本)を持ってったので寝袋に頭まで入ってしばらく本を読んでからおやすみ〜〜〜。



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-11-22 10:49 | ニュージーランド | Comments(0)