春のお祭りとたくましい女性

家の前の桜並木(正確には八重桜並木)の桜が満開ですが
b0334436_06465291.jpg
ここから1時間のアレキサンドラと言う町ではチェリーブロッサム・フェスティバルが開かれてました。

・・・って、もう3週間も前の話だった・・・・あはは。

60周年だか70周年だかの記念日で、ニュースでも放送されてたほど大きなお祭りでした。
(大きなって言っても、あくまでニュージーランドの規模だけど)

私もゴンも行ったことがないので、どんなもんかと行ってみました。

大きな広場ではいろんな出店が出てたり子ども達用のお遊びがあったりと賑やか。
b0334436_13332558.jpg
b0334436_13272947.jpg
いいねえ〜、こうゆう田舎っぽいのが・・。

あと、いかにもファーマーカントリーっぽく丸太切り大会もやってました。
(いや、そんな名前じゃないけど)

でっかい丸太に何回斧を入れて真っ二つに割れるかっていうのが競技なんだけど
いや〜みんなすごいわ。

やる前に斧を研いじゃったりしてるしさ
ぺっぺっと手にツバつけてすんごいやる気。

まずは ”薪を割り続け50年(50年っていうのはうそ)”・・・・とかいうベテランのおじさん。
b0334436_13484166.jpg
まずは片側をどんどん割って行って、今度は反対側を攻めます。
早さではなく、何回薪を入れたかなので一回一回の斧を降ろし方が半端じゃない勢い。
あと、きっとどこからどうやって攻めるかっていうのも経験がモノを言うんでしょうな。(きっと)

このベテランおじさんは30回くらいだったかな。
ちょっと本人は納得いかなかった様子。

つづいて、経験は少ないが若さと力では負けてない若者!

見てこの腰のひねりを!!
b0334436_13451923.jpg
もうねえ、やっぱり若さですな。
斧の走りが違います。(・・と知ったようなことを言っちゃう)

いやいや、素人の私から見ても明らかに斧の勢いが違うんだってば。
だから一度斧を入れただけでバキッとすんごい音と共に斧が食い込むんですわ。


で・・・

この若者はベテランを軽くかわして23回(だったと思う)で優勝!
最後は愛嬌で「ふ〜っ」と息で倒そうとしてたのが笑えた〜。
b0334436_13471898.jpg
と・こ・ろで・・・

こんな丸太割りは男のやるもんだ!って思ってたんですわ、私。
たぶん、みんなそう思ってるんじゃないかなあ。ねえ。

だけど、さすがキウイのオンナは強いっすね。(いっぱい強いオンナを知ってる)

なんと、この薪割りに女性も参加してました。
彼女はNZチャンピオンだそうで、彼女のたくましい斧さばきにおったまげ!005.gif005.gif005.gif
b0334436_13400353.jpg
見てよ、このたくましさ!

彼女はたぶん40代。
旦那さんもこの競技に参加してるたくましい夫婦です。

あ〜こんなの見ると、いかに自分が柔かってことを痛感しちゃうね。
私、薪なんて割った事なくてゴンにびっくりされたんですよねえー。
家の薪はちょっと大きいので小さめに割らなきゃならないんだけど
私もできるだろうな〜と思ってやってみたら・・・いやいや全然できなくてそれ以来私は一切手は出してません。

「足の位置が違う!柄を持つ手が反対!うわ〜〜っあぶねー〜もういい!やらなくて!」
とゴンはとても見てられなかったそうですよ。
いや〜、自分でもびっくりなほどできなかったんですよね。

ニュージーランドの、それもファーマーで育った人たちや、ファーマーに嫁いだ奥様達は本当にたくましいです。
日本の「か弱さがかわいい」っていうのは、この国ではあまり通じないかもね。


ところで、薪を割り終わった人たちですが
さすがに体力を消耗するようでえらく疲れたようでした。

私達は見てるだけで腕や腰が痛くなりそうだったもん。
ご苦労様でした。
賞品がっつりもらってください。



小さな村の春のお祭り。
いろんな意味でニュージーランドらしかったな。
私達はこの薪割りを見ただけで結構楽しめたので満足でした。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチしてってください。



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-10-18 15:49 | ニュージーランド | Comments(0)