お子ちゃまトレッキング?

山小屋お泊まりトレッキングの話の続き。

山小屋を出て、また来たあの道を通って帰るわけですよ。あの道を!
嫌がらせで作ったんじゃないの?とか思わせるようなものすごいアップダウンの道。

小屋を出て、すぐ川まで下り
下ったと思ったら這うような急な坂をエッサカホイサと登ります。
b0334436_17214102.jpg
☝️まだ膝がしっかりしてないゴンは、またこれで落ちてくじいちゃいけねーと真剣ですよ。


でも、ある程度覚悟して歩き始めたし、なんだかんだ言っても来た時よりは下りが多いので少しは楽。
あと、考えてみればバックパックの重さが違うんだよな。
行きでは食べ物、飲み物が満タンだったわけだけど
それがほぼなくなっている訳だからバッグは軽いわけです。
まあ、ほぼ自分達の身体に入っているわけだが・・・。
b0334436_17321583.jpg
帰りはそれほど多くの休憩もせずに
たまーに魚を見て足を止めたりする程度でせっせと歩いてきました。

マスのメスとオス数匹の駆け引きをじっと見つめる男。
b0334436_17354715.jpg
☝️魚見えます?

ゴンのポールの右側に2匹はっきり見えるでしょ。
ここにいたのは全部で4匹。
オス同士で牽制しあったり、メスがせっせと卵を産む所を作ってたりと、なかなか見てて面白かった〜。
b0334436_17365434.jpg

そして歩く事2時間、「今日は平日だしさすがに誰にも会わないねえ」と言ったその途端
前からなんかすんごい勢いで人が現れたんです。

え?なに?!
っと、静かな森の中に別な空気が流れた感じ。

実は3人のグループはマラソンをしていたんですよ〜。
いや〜びっくり。
普通に歩くのでも木に手をかけたり、慎重に慎重にコケないように歩いているっていうのに何故走る?!
あぶね〜んじゃね??

なんて言ってるのは柔な私達くらいなんですな、きっと。

あとで調べてみたら、ここはウルトラマン・・・じゃなくて、ウルトラ・ランと言う山を越えるマラソンのコースなんだって。
鉄人レースとかとも言われているレースも毎年開催されてる。(らしいです)
そしてなんと更に驚いたのが2016年の女子のこのウルトラ・ランの優勝者の名前がニッポンジンだった!!
8時間とかここを走っちゃうんだって〜〜〜
ひえ〜〜〜!すごいわ〜。ど〜ゆう心臓、体力、気力を持っている人なのかしら・・・。

で、私達が会った3人組も、そりゃあもうすんごーく楽しそうにみんな笑顔だったのよねえ。
喋っている時も足踏みしてたし。。
あ、きっとトレーニング中だったんだよね。今思えば。。

いや〜〜、、気をつけてね〜
うっかり足踏み外したりしないでね〜
よく足元見て走ってね〜
と後ろ姿を見ながら思わず言っちゃった。

まだこの林の中は楽だけど、この先が大変っすよ!
b0334436_17430539.jpg
あと密かにびっくりしたのが、彼達きっと私より年上だと思うんだよね。
(違うかもかもだけど・・・)←外国でよくある勘違い
でも明らかに40、いや45は超えてる。オジさんは頭真っ白だったし。

えらいなあ〜。すごいなあ〜。鉄人だな〜。
・・・
・・・
っていうか・・・・・これが 楽しいのか?みんな。。。
んーーーちょっと私にはわからない別世界だわ。


さて・・

その「中年鉄人3人組」とすれ違ったあと
しばらくすると今度は私の3倍くらい大きなバックパックを担いだ女の子3人組がやってきました。

ハローと挨拶すると、彼女達は私達に
「クィーンズタウンからやって来たの?」
なんていう変な質問をしてきた。

「へ?私達はワナカだけど」・・・と言おうとしたらゴンが
「いや、俺たちは1泊のなんちゃってトレッキングだよ」なんて言ってる。

前にも話した通り、このトレッキングは数日かけてクィーンズタウンの近くのアロータウンまで続いている。
このピチピチ20代前半(きっと)の若者は、私達が反対側から歩いて来たのかと思ったらしい。
・・あはは、笑っちゃうほど絶対無理だし。

そしてこの3人娘さんたち(カナダ人)は当然クィーンズタウンまで行こうとしてるわけよ。

彼女達は軽ーく
「5日くらいクィーンズタウンまで行けると思うのよね。楽しみだわ!」
なんつってすっごい嬉しそうに笑ってましたよ。

これからお天気ずっと崩れる予定ですよ。
雪も降るって天気予報のおじさんが言ってたっすよ。
寒いよ。暖炉もないよ。
食べ物は十分あるの?

・・とオバちゃんは心配だったけどゴンが一言
「They will be all right. They are YOUNG!

そう、ヤングだよね、確かに。
それは絶対に強いよな。
雨も寒さも何もかもが彼らにとっては貴重な楽しい経験になるんだよね、きっと。

頑張ってね〜!!
グッドラッ〜〜ク!!
b0334436_18061277.jpg
と、彼女達の後ろ姿をカメラに収めた時ゴンが

「あっ!!オーーーイ!!!」」
と彼女達を呼び止め、何言うかと思ったら

「魚見た?え?見てない? あそこにいっぱい魚いるし、その先にもいるからちゃんと川の中も見て歩くといいよ!」
と教えてあげてました。

オーマイガ〜!ワオー!それは楽しみ〜!!と女の子達はきゃっきゃとゴンにお礼を言ったので
おっさんホックホク❤️でございました。


・・・

そして帰りは4時間弱。
もっと帰りは早いかと思ったけど、結構時間がかかりました。

ゴンにとってはもちろん怪我以来最長最大のトレッキング。
最後はさすがに足が痛かったようだけど、本人は大満足❤️でございました。


結構疲れた〜と思ったんだけど、あの鉄人達に会ってしまったので
私達のお子ちゃまランチみたいな、初心者ハイキングはちょっと情けない気もするんだけどね・・。



と・こ・ろっで

天気予報通り、翌日は雨☔️、山は雪⛄️
すんごーい寒い日が続いたので、あの4日だか5日かけて山を越える3人娘の事がちょっと心配。
暖炉もないから暖を取るのは寝袋のみ。
どうか無事着いていますように。


今日も訪問ありがとうございます。
よかったらポチお願いします。




人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-10-15 18:41 | ニュージーランド | Comments(0)