手術終了

ゴンの手術、無事終りました〜

8時に病室を出て、戻って来たのは午後4時!
手術自体は1時半頃終ってた(と言うゴンの記憶)らしいんだけど
手術終っても、「リカバリールーム」と言う部屋でちゃんと目が覚めるまで
監視される場所にいて、オッケーサインが出たら部屋に戻ってくる・・・っていうシステムなんだそうだ

ほんと、病院なんてお世話になったことがないから
なにもかもが初めてで「へ〜」「そ〜なんだ〜」と新しい発見ばかりだわ

さて・・・・

サイボーグだの、アイアンマンだの、ガンダムだの言ってたゴンの足

あのサーボーグはあくまでも借りだって話をしましたが
あれが外され、本来の壊れてい所(骨折ね)を今回の手術で修正しました

アブナくて、ブログに写真なんか載せたら怒られるんじゃないか?
と言ってたんですが、もうなくなったのでここで一部だけ載せようと思います・・・が

どうでしょう?

見たくない人は、これから下には行かないで下さい

でも、これが足の骨にドリルで穴をあけてくっつけてある(ぎゃ〜!)
と思わなければ大丈夫!
何か工事の部品だと思って見てみて下さい

いいですか?

行きますよ・・・


↓↓


ジャン!
b0334436_17532798.jpg
↑これが腿に突き刺さっていて〜〜〜060.gif
(あえて明るく行きます)


そんでもって〜〜

これがスネのところに突き刺さってました〜〜〜060.gif
(はい、明るく、明るく〜・・・024.gif
b0334436_18004906.jpg
足全体の写真を載せてしまうと
真っ黒にアザが足中に広がっているし
こんな超合金合体!ガンダム!(なんだそりゃ!)みたいな器具がくっついていて
あまりにもグロなのでやめときます
(友達には配ったが・・・)


手術は足専門、特にひざ下が得意(らしい)外科医はドクター・チン
きっとチンっていうからには、きっと「陳さん」(=中国系)だろうな〜
と思ったらやっぱりそうでした

でも、きっと二世あたりかなっていう年代で50歳は過ぎているかな?という感じのベテラン
結構腕利きのドクターと聞いているせいか、なんか賢そうに見えたりするのは私のベールのかかった目で見てるからかな
陳ドクターの説明も淡々とわかりやすく、彼の回りにコバンザメの如く着いて歩く若い研修医たちを引き連れてあるく
ドクターにはちょいとオーラが違ってた・・・気がしたな

そんなベテランのドクターでさえ

「これはひどい中のひどい怪我ですよ。」

「こんなのは年に3人あるかどうかの稀な怪我だからなね」

と言われたので、ゴンもそれまで
「あと、2、3週間したらリハビリで歩くよ!」なんて
手術の前に言ってたんだけど、どうもそんなことはできなそうです
最低6〜8週間は足をつけない生活だし、その後もいた〜〜いリハビリが待ってるらしいし

昨日はモルヒネとかほかの強い痛み止めが2本チュウブで入ってて、酸素もしてて
半分起きてるんだか寝てるんだか・・なんども同じ事聞いたり、話してたかと思うとこけっと寝込んでたり
うつらうつら・・・

今日はまだ痛みが激しくて、痛み止めも強くされバンバンドラッグが注入
午後は新聞でも読んでみるかな〜と読み始めたんだけど、1分も字を終えずバタンキュー
クスリって怖いけど、痛みは半端じゃないのでドクターナースも知ってるのでみんな真剣に面倒みてれてくれてます
30分おきにチェック

昨日はさすがにご飯は食べられなかったけど
今朝はヨーグルトを食べ
私のパンも二口ほど食べ始めたので、食欲は戻りつつあります


あ、事故の話をしようとして書き始めたのに忘れてた・・・


明日にしまーす


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチお願いします


人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-01-27 18:55 | ニュージーランド | Comments(0)