可愛いじいちゃん入院

本日の記事を書く前に・・・

数日前の夕食〜〜
野菜スープにポテトサラダといろんな豆たち
デザートはチョコレート・ブラウニーとクリーム
b0334436_18474862.jpg
ついて来たメニューをみたら ベジタリアン用でした!
誰だい?注文したのは?
相変わらず、選んだ本人は覚えちゃいませんでしたよ・・・・

まあ、二人とも肉食獣ではないのでベジタリアンでも全然オッケーなんだけども

あと、これはどっかのレストランとかお店から配達してもらったみたい
いつものように、病院のふたがしてなくて、ラップが巻いてあって賞味期限のシールが貼ってあったから・・・

味はこれまた、なかなかいけた!
あとブラウニーも美味かった!

で、そのブラウニーをゴンと半分こして食べてたら
斜め前にいる89歳のじいちゃん(また入院してきたばかりの新入りさん)が
「オイ!」と私を呼んで、手で「おいで、おいで」してきたんです

何かしてほしいことでもあるんかな〜と行ってみたら
「オレはこのブラウニーはいらないからお前さんが食っていいよ」だって〜〜

さすがに、その時には腹いっぱいでもう食べられなかったのでお断りしてたんだけど
その後もそのじいちゃんは、来る看護婦さんみんなに勧めてました

その可愛いじいちゃんはこちら↓
b0334436_18594130.jpg
まさか、入院するとは思ってなかったらしく
老眼鏡もラジオも持って来てない、とかで退屈してました

私に8時20分に「今何時かね?」と聞かれたので答えたんだけど
その30分後・・・

「もうそろそろ10時になるかね?」

なんて言ってるほど時間を持てあましてて、
「まだ9時になるところだよ〜」って教えたら
「はあ〜〜っ」と思いっきりため息をついててなんか気の毒になっちゃった

足をタップしたり、テーブルをタッタと叩いたり、歌を歌ったりしてて
なかなかお茶目なじいちゃんなんだけど
私が買って来たさくらんぼを少しあげたら

「これでオレの口を塞いで、下手な歌を歌わせないようにする魂胆だね・・・074.gif

なんてジョークも言えちゃう、頭はまだまだしっかりしてるじいちゃん

話をいろいろしたいんだけども
じいちゃん耳が遠くて私が叫ばないと話が通じないのが残念037.gif

それでも、60歳まで煙草を吸ってたから肺がやられちゃったんだ、とか
どこどこのフィッシュ&チップスが美味しいだとか、いろいろ話を聞かせてもらいました

60歳まで煙草を吸って、肺を病みそれでも89歳まで長生きしてるってすごいなあと思う
私が、「煙草吸わなかったら100歳は軽くいけるね!」って言ったら

「そうだな〜〜。でもオレも100歳まで生きなくていいや〜」
なんて笑ってました


さて・・

実は私、この記事をワナカの自宅で書いてます

急遽外泊許可が出たので昨日の夜帰ってきました
もちろん、ゴンを連れて・・・

いいのか?
まだ骨バラバラの状態だよ?
手術を待ってる状態だよ?
トイレにも一人じゃいけないんだよ?

などと心配するのは私だけみたいで
看護婦さんも
「そうよね〜こんなに長く病院にいたくないわよね〜」
とゴンの意思を尊重して、あれよあれよと言う間に話が決まり来週の月曜日まで外泊〜

もうねえ、なんかいろいろびっくりしちゃうんだよねえ
この外泊のこととか、ニュージーランドの医療ケアのシステムにちょいと

「ニュージーランド、見直したよっ!049.gif



その話はまた次回に!


今日も訪問ありがとうございます
よかったらポチしてってください




人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2016-01-20 19:26 | ニュージーランド | Comments(2)

Commented by ぎんじろう at 2016-01-21 08:49 x
オーストラリアでもそうやけど、病気とかで様態が急変しそうにない患者は、医者に相談したら定期的に帰宅許可がでるみたいですな?日本みたいに何でもかんでも病院のせいにする人が少ないみたいなので、そういうところは臨機応変に対応してるみたいですよん。まー、救急病院が救急病院になってないというのは、日本以外どこでも同じみたいですが。先日、大怪我で救急に運ばれた人が、診察まで6時間待たされたよ!と言ってました(笑)
Commented by miki-argentina at 2016-01-24 11:42
> ぎんじろうさん
まあ、国によって。。。ってことなんでしょうねえ。
どっちにしても健康が一番!。。ってことですね