ドロボウも命がけよ

私達が住んでいたタンザニアの鉱山は既に閉山してるので
本当に今となっては懐かしい場所になってしましましたねえーー

こんな風に鉱山はなっていて
水がたまってあぶねーーっつうのに
そもそも『泳げない」っつうのに

「金」欲しさに、命がけてドロボウたちはこんなところに入り込んでました。
白い丸印のところには数人ドロボウが壁に張り付いて隠れてます↓ (見え見えなんだけど一応隠れてる)
b0334436_07272311.jpg
ただ、どうしてもアブナイ場所に入り込んでくるので
実は10人ほどのドロボウたちが水に溺れて命を落とす事故もありました

ドロボウは入っては行けない場所、危険な場所にわざわざ入ってくるくせに
結局は、そうゆう事故の処理は鉱山の会社がすることになるので会社としてもその処理が大変なわけ


キャンプ(作業員の住宅)の回りでも勝手に穴を掘って金を探している人が100人とかいう単位でいて
見回りに行くと、どどーーーっと林の方に逃げていく・・・ ↓
b0334436_07325148.jpg
どんなに警備をしようが、脅そうが、逃げてはまた戻ってくるので
一度ゴンはそのドロボウたちに話をしに言ったことがありました
(面白そうだから私も着いて行った・・・037.gif

b0334436_07354923.jpg
こんな風にカラカラに乾いた土を6、7mも手で掘っていくんですよ!
それも手作りのシャベルで!!!!
b0334436_07445754.jpg
み、見事な穴・・・・・・


b0334436_07391136.jpg

ドロボウさんたちは何も構造などを考えずにただ穴を掘って、更に横にも掘って行く訳なんだけど
地形的にすごくアブナイ土壌なので、穴の上が崩れてこれまた命を落としてしまう・・と言う事故も発生してしまうわけですよ
(実際に生き埋めで亡くなったどこの誰かかわかんないドロボウさんの遺体を回収するのも会社の役目)


なので

定期的に見回りし、穴に誰もいないのを確認し、ブルドーザーで穴を埋める・・っていう作業をしてました


↓↓
穴に入って人がいないのを確認しに行くゴン

b0334436_07454035.jpg
これがまた「クサい!!!」んだってーー

この中は横にも10m以上掘られているらしく
作業しながらトイレもその中でしてしまうわけ・・・

うへっ〜〜!
想像しただけでも息止めてしまうわ

b0334436_07520265.jpg
こんな風にブルドーザーで穴を埋めたとしても・・・・


下手したら翌朝には別の所に穴掘ってあったりするから
結局これもまたイタチごっこ・・・みたいな感じだったねえーーー


ガーナとは違って、ここは本当に回りに町も村もないので
あんたたちどっかから来たのぉ???
と聞きたくなるような数のドロボウさんがはるばるここまで稼ぎにやってきてたけど
それだけ、ある意味「魅力」、、いや「価値」のある場所だったんだろうな。



ところで
若者のドロボウグループと会って話をしたときのことなんだけど
私のパナソニックのデジカメを見て一人の若者がこんなこと言ったのは笑えたなあー


「ヘイ、シスター!君はそんなカメラを持ってて、アメリカのハリウッドで映画作ってるのかい?」


003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif003.gif

あのちっさいデジカメで「映画」ねえーーー・・・
できないこともないだろうけどーーーーー
まあ、ハリウッドを知っていたのだけでもすごいよ


「そうだよ!」

って言えばよかったな。。。004.gif037.gif


今日も訪問ありがとうございます
良かったらポチおねがいしまーす



人気ブログランキングへ
[PR]

by miki-argentina | 2015-11-27 08:04 | ニュージーランド | Comments(2)

Commented by Korosuke at 2015-11-27 16:57 x
簡単に見つかる物なのですか?
此処ほれワンワンですね。

鉱山が露天掘りなのにもビックリしました。
Commented by miki-argentina at 2015-11-28 06:12
> Korosukeさん
あそこは地層学的に特に金がたくさん眠っている場所なんだそうです。
もう掘り過ぎて少なくなったと思いますけどね。
鉱山はいろいろあって、オープンに掘るのと、地下に入って行くのとありますよ。
またその辺も載せますねー