猫おばさんのアドバイス

クライストチャーチに行ったときのことです。

ゴンが必ず立ち寄るホームセンターみたいな場所があるんですが
そこは「男達のトイザラス」!

なので、私は隣りにあるアニマルショップに行ってくるね〜と
お互いに好きなお店に別れました。

ワナカにはそのお店はないので、どうしてもこの辺りで買えないエサなんかは
そのお店のオンラインで買ってるんだけど、やっぱり行けば足を運んでしまう・・・。

だって・・・・

こんな子達がいるんだもん♥️
b0334436_07174441.jpg

今は時期なんだろうねえ。
いっぱいいましたおチビちゃんたちが!!😼😼


b0334436_07222002.jpg

👆この子猫!!!いいよねえ〜。とっても自立心があって。(ホントか?)
他の兄弟はみんな丸まって一緒に寝てるのに
この黒猫ちゃんはこうやってお客様、、、はたまた将来の飼い主さんを待ってこうやって可愛くちょこんと座ってた♥️
か〜わいい〜〜〜〜♫

じーっとここでいくらでもこの子猫たちを見ていられるけど
そうもしてられないので、家のボーイズ達のエサを買いましょう・・・・

と、思ってドライフードセクションに行ったんだけど
そこでしばらく立ちすくむ私。

なーにがいいかな〜〜。
何を喜んで食べてくれるんだろう〜?
チキンか?それともサーモンか???
こっちはコマーシャルでよく見るけどホントに身体にいいんだろうか?
こっちは地味だけどナチュラルって書いてあるからヘルシーなのか?

などと、考え始めたらもうダメ!

そしたらそんな私をきっとしばらく見てたんでしょうね。
お店のおばさんが声をかけてくれました。

これこれこーで、家の子は親(←私)の躾が悪く
食べ物にはうるさくてですね〜〜〜と我が恥を披露したわけなんですが
そのおばさん、とーーーーーっても親切にアドバイスをしてくれました。

なんとそのおばさん(推定年齢65歳)は現在6匹の猫を飼っていて
一時は8匹の時もあったんだって〜!

で、うちと同じサイミーズもいた事があり、その猫はなんと24歳まで生きたらしい。

え〜!!何をあげてたんですか?
長生きの秘訣は?
などと、もう質問しまくりのサイミーズ母(←私)。



結局は、私は完全に甘やかし過ぎだそうでして・・・(わかっていたけどもさ!)
どんどん自分で自分の首を絞める事になるわよ!と優しく注意されましたわ。あはっ。

そして、新しいメーカーのドライフードを手に持っていたんだけど
「家に食べないのがあるんだったらそれを食べるエサと混ぜてあげなさい」と言われ
持っていたエサを棚に戻しちゃったよ。
おばさん、お店の利益にはならないけどいいのか????あはは

でも、そうやって本当に猫のことを想ってアドバイスをしてくれてるのが十分伝わりありがたかったなあ。


そして、その猫おばさん、、、、「猫たちは私のベイビーなのよ♥️」と言って
ほらっと見せてくれた腕にあったのは・・・・


ジャン!!!!
b0334436_07253058.jpg
この黒猫が目に入らぬか!!キラ〜ン☆

すご〜〜〜〜い!これこそ猫おばさんだ!


これは娘が彼女の誕生日プレゼントにさせてくれたタトゥーなんだって。
もうだいぶ前に天国に行った猫ちゃんだそうですよ。
これ、結構上手に彫ってあるよねえ。
目の輝きなんかすごくリアル!

思わず、「いずれは私も・・・」とか一瞬思ったよ。
そう、この子達の可愛いタトゥーを両肩あたりに・・・・♥️
b0334436_07423731.jpg

う〜〜〜ん、、、、こんな風にかわいいと(←親ばか)やっぱりどんどん甘やかせたくなってしまうんだよねえ。
でも、猫おばさんの言葉をしっかり受け止めてちょっと改善していこうと思ってます。


またクライストチャーチに言ったら猫おばさんに会いに行こうっと♫



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2018-01-23 07:48 | ニュージーランド | Comments(0)

お出かけ

6週間留守にしただけで
「あ〜〜〜家はいいなあ〜」とか言ってたから
しばらく家でじーっとしていたいのかな〜と思ったら・・・・

じっとしてられないおじさんは、急遽「クライストチャーチに行こう!」と言い出し
昨日からクライストチャーチに来てます。

目的はいちおう「カヤックを取りに行く」っていうことなんですが
私は知ってる・・・・。
ワナカ地方、天気予報によれば風が強くて飛べる確率が少ない、ってこと。

彼の希望とすれば、「クライストチャーチに行けば飛べるかも〜。友達もいるし〜」っていうのだというのが見え見えなんですな。
もちろん、カヤックも預かってもらっているのは本当なんだけど
預かってくれている友達は数日後にはワナカに来るので彼達に持ってきてもらうことも十分可能であり
私は内心「なぜわざわざ・・・??」

あと、おじさんの本当の目的は「飛ぶ事」なんだってことが彼の準備の仕方でわかっちゃったもんね。

だって、クライストチャーチに2泊で行くっていうのに
なーーーーーんにもお泊まりの準備する気配もなく
彼が心配しているのは

「飛ぶのにクライストチャーチはダウンジャケットいるかなあ〜」だの
「ラジオ(無線)は3つもって〜」だの見事に飛ぶことだけ。

もちろん着替えに何を詰めたのかなんてさらさら興味なんかないし(←バカモン!人になんでもやらせるんじゃねーよ!)
私がゴンの着替えのパンツもって来なくても全然わからないだろうと思うよ。

っていうか、私が勝手にバックに詰めたものを着るのでラクっちゃあらくなんだけど。


まあ、私は仕事は休みだし
クライストチャーチに行ったら納豆買ってこれるし
あと、数日前に到着したイギリス人の友達のフィアンセにも会えるし・・・
ってことで一緒にきたわけなんで、いいっちゃあいいんですけどね・・・・。



で、今朝はさっそく「飛べるかな〜〜〜」と丘へ。⇩
b0334436_10165201.jpg
私と友達のフィアンセは、同じような「飛ぶ事大好きな」パートナーを持ってるので
意見がバッチリ合い、二人でいつも「まったくね〜〜・・・」と、言い合ってます。


天気はいいんだけど、風がだんだんと強くなってきてしまい
残念ながら丘のてっぺんにあるカフェでコーヒータイムに変更〜♪
男達はがっくしし、女性達は「わーい!♫」とまったく逆の反応103.png


こちらがカフェから見える景色⇩

b0334436_10294902.jpg


コーヒーを飲んでいる間に、ちょっとだけ風が止んだように感じた男達は
「反対側なら飛べるかも!」と今度は丘の逆方面に行ってみる。
(ホント、、、好きだよな〜〜〜とつくづく思う)

b0334436_10320805.jpg

でも、飛んでたのは風に強いハングライダーが1機だけ。
ペラペラのパラグライダーではちょっとあぶない風なので本日は断念。。。



明日はもうワナカに帰りますけど
帰る前にジャパンマーケットで買い物して帰りまっせ。
クーラーボックス忘れずに持って来たもんね。

できれば猫たちにお土産も買いたい♥️。
友達が猫たちの面倒みてくれてるんだけど、まあ今のところウサギのバラバラ死体も見る事なく
平和に暮らしているようです。
(ウサギのバラバラ死体が彼女の恐怖!)

b0334436_10371025.jpg

今日も訪問ありがとうございます








人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2018-01-20 10:41 | ニュージーランド | Comments(0)

モンゴルから帰国

極寒のモンゴルからゴン帰国しました〜!

6週間は本人が想像していたよりも大変で長く感じたそうで
「こんなにホームシックになったのは生まれて初めてだった〜」
と還暦2年も過ぎたいいオッサンが弱音をはいてました。。。あはは。
(・・・・っていうか、こんなことブログで書いていいのか?本人は知らないからいっかあ〜)

まあね、真夏のニュージーランドからマイナス30度近くなる冬のモンゴルへ行ったっていうのも
いろんな意味でキツいけど、たぶんアレだと思います。
日本人には、、、いや、私にはいまいちわからないけど
家族で過ごすべきクリスマス&ニューイヤーに一人ぼっちだった・・・ってことがかなり堪えたんだじゃないかなと思います。
たぶん初めてじゃないかな、知らない国で一人で過ごすクリスマスって・・・。

で、こんなこと言っちゃあ、なんですけども
私は日本を離れて一人で(シングルでっていう意味でね)クリスマスも正月も迎えているので
内心・・・
「なにを甘えてるんじゃい!」
くらいに思ってしまうんですけど・・・・ダメですかね?厳し過ぎますかね?

でも、世の中にはそうゆう人いっぱいいると思うし
そうゆう「寂しさ」を経験できたことも貴重なことだと私は思うんだよね。

まあ、それが若いときと還暦過ぎたときじゃ
いろいろ感じ方も違うんでしょうけどね。

と、言う訳で「初めての体験」をいっぱいして帰ってきたゴンです。



ところで・・・

空港に迎えに行って、家に着いたら
なんとこんなサプライズがありました。
b0334436_16195525.jpg
お隣さんが気を聞かせて「おかえり!」の風船を置いておいてくれましたよ。


ボーイズ😼😼たちも、「あ、とーちゃん帰ってきた!」・・・とは言いませんでしたけど
なんか、ゴンのまわりをずっとくっついて歩いてました。

特に ”とーちゃん子” のモンティは思いっきり甘えてます〜〜〜♥️
b0334436_16215383.jpg

あと、今回は成田経由で帰ってきたんですけど
成田で数時間の待ち時間があったらしく、こんなものを買ってきました。

b0334436_16393636.jpg
103.png103.png103.png106.png106.png106.png106.png

あはは!って笑っちゃいけない?
なんかいかにもガイジンが買いそうな(喜びそうな)お土産だ。
。。ってことで、お隣さんにあげました。

そしたら
「これ、全部食べれるの? アタマも?」って聞いてきました。あは!



帰ってきた翌日はさすがにお疲れのようで寝坊してましたけど
その日は1日中庭仕事をしてましたよ。
どーも私の手入れが気に入らなかったらしい・・・144.png


今日はこちらは30度近い気温。
50度の気温差に身体がちょっとびっくりしてるようですけど
「家はいいな〜〜〜」とご機嫌なゴンです。



今日も訪問ありがとうございます



人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2018-01-15 16:52 | ニュージーランド | Comments(0)

アクティビティいろいろ

日本からのお客様が無事お帰りになりましたが
帰った翌日はちょっとぐったりしてました。

でも、帰り際にはみなさんが「すごく楽しかった!」と言って下さったので
とりあえずはヨカッタヨカッタ。

天気がパラグライディング100%の状態ではなかったので
不完全燃焼で「もうニュージーランドなんか来るもんか!」とかなったらどーしようかと思いましたけど
そんなこともなく皆さん笑顔で帰国しましたよ。ホッ💦
(っていうか、私の前では気を使ってそうしてくれてたのかもしれませんがね・・・)


で、前にもちょっと話しましたけど
午後に風が強くなって飛べない日は違うアクティビティもいっぱいしました。

同じ空のアクティビティでもちょっとアドレナリンの出方が違うスカイダイビング
b0334436_10244689.jpg
b0334436_10292105.jpg

『あまりの降下の早さにびっくりしたな〜〜〜💦』
と、62歳のおじさまが興奮気味に言ってました。

あと、女性はパラグライダーのパイロットだと言ったら、パラシュートを開いてから操作をさせてくれたみたいで
「すごく楽しかった!」とこちらも興奮気味でニコニコ😀





あとは、乗馬。
b0334436_10233005.jpg


これで、湖が見渡せる場所まで行ったり
ワイナリーの側も通るそうで、これもまたみなさん美しい景色に感動してて
馬で通り過ぎただけのワイナリーは、馬を下りてからみんなで改めて出かけたようですよ。

ただし!
25歳の男の子が一人いたんですが、彼は年齢証明ができるものがないかどうか聞かれ
まさかそこでパスポートがいるとは思わず携帯してなくて、なんと残念ながら飲ませてもらえなかったらしい。。。。149.png149.png

彼はすごく残念がっていたけど
「若く見える証拠♪」だよ!!と、慰めちょっと羨ましくも思う50のオバさん。。。。あはは。

ちなみに私は30歳の時に、カジノのレストランで年齢証明ができずに入場を拒否されたことがあります。
その時は友達と一緒に入れないことにすごく頭に来たけど106.png(若かったからね)
今となっては、「若かく見えたのね、私も・・」と、ちょっと嬉しい出来事として懐かしく思い出しますねえ。


あと、帰る日はみんなでワイナリーでランチを食べたんですが
その前にテイスティングをしたいということでみなさん3つのワインを試飲してました。
(私も飲みたかったけど、さすがにお仕事中だったのでぐっと我慢・・・103.png
b0334436_10304881.jpg
これで、5ドル☝️

25歳のボクちゃん(?)は、ワインテイスティングではパスポートを握りしめて出す気マンマンだったんですが
なぜかここでは年齢も聞かれずあっさり通過。
「あれ?」って顔してましたわ。あはは。




さて・・・



仕事を終えた翌日・・・・・

家にいるもんだから猫たちが寄る寄る♥️
b0334436_11015634.jpg


今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2018-01-14 11:12 | ニュージーランド | Comments(0)

楽しんだもん勝ち

久しぶりにフルで
それも日本人相手に仕事をすると・・・

「仕事の大変さ」やら「懐かしい日本の習慣・文化」が身にしみますなあ〜〜〜。
(※日本の習慣と文化に関しては善くも悪くもありますがね・・・)


でも、とりあえず明日でその仕事も終わります。

パラグライダーを飛びに来た人たちなので
目的は「飛ぶ」ことなんですが
こればっかりは、私達がどんなに念入りに計画してもねえ・・・

だって、相手は「お空」なんだもん。


でも、ほぼ当たらない天気予報が幸いして
結構飛べました!思ったよりもずいぶん飛べた!
天気予報ハズレ、バンザーイ!

第一軍の「勝ち越し」に対して
第二軍の結果は、勝ち越しでもなく、負け越しでもない、、、3勝3敗!
っていうか、なんて言うんだ?・・・イーブン?(ちがうか・・)

b0334436_10023323.jpg


ところで、今回いろいろと思ったんだけども・・・。

日本の貴重なお休みを使って
わざわざお金を払ってくるわけだから
もちろん、「飛ばなきゃ!」って気持ちはよお〜〜〜くわかる。
・・・あ、ウソです。・・・・よーくはわかんまいけど、ちょっとはわかります。

でも、だからってそんなにがっかりされると、、、、こっちもがっかりしちゃう。
さらに「どうするんですか?」とかいう質問まででてしまうと
それこそお天気を変えられない人間ですので、答えに困りますわな。

まあねえ、誰かを責めるのは人間の性ですから(大げさ)
そうしたくなるのはわからんでもないですが
機嫌が悪くなっちゃって、一緒に来て楽しもうとしている人たちまでそのオーラに巻き込んでしまうと困りますよねえ。


もうさ、来ちゃったんだし
それこそお空の機嫌は私達にはどうしようもすることはできないんだし・・・・。

だったら、今できることで楽しんでしまったほうが 絶対お得♪だと思うよね。


でもね、なかなかみんながみんなそう思える訳ではないのでね。
そうなると、やっぱりグループの旅っていうのはいろいろありますね。


でも、中でも今回のこのチャンスを思いっきり生かそうと言う人もおりまして(ありがたや〜)
天気が悪くなって飛べなくなった午後に
カヤック、乗馬、スカイダイビングなどと短期間にもかかわらず、かなりこなしてましたよ。(エライ!)
(私だったら、湖畔あたりでブラブラしたり、カフェでお茶飲んだりするだろうけど、アクティブな人たちは違うんだね。あは。)


明日はどうも天気予報が当たりそうで
どう頑張っても飛べそうにありませんが
明日の夕方には帰国されるので、まあそれは許してもらえるでしょう。

ってことで、ランチはワイナリーで
残りの時間はお買い物をしてもらうことになってます。
(奥様や家族にお土産買わなきゃねえ109.png


年に一度のガイドお仕事。
こうやって、日本人を相手に仕事をすると
ちょっと錆び付いてきた私の「日本の習慣・文化」に刺激を与えてくれるので
やっぱり日本人としては、こんな貴重な経験は感謝感謝ですな。


ってうか、そうでないと、とんでもない場面でとんでもない失礼や失態をしそうでね・・・・あはっ💦



今日も訪問ありがとうございます


人気ブログランキング
[PR]

# by miki-argentina | 2018-01-09 18:10 | ニュージーランド | Comments(0)